漫画家志望の若い皆さんに悩んで欲しいこと。

漫画の専門学校講師やってて、少なからぬ生徒さん達が口にする[悩み]にすごぶる違和感得るのですが、君ら悩む方向間違ってるよと。そんな感じのつぶやきメモ。
マンガ 専門学校 漫画家志望者 ヨタ
156
紗汐冴 @shiosae
やりてえ事が見つからないのは、考え方の一歩目から間違ってるからとしか言いようが無い。考え直せ。
紗汐冴 @shiosae
漫画家志望という人の中で、かなり多数が「何を描いたらいいか解らないんです」などと言って来る。職業漫画家を目指さない前提で言ってるなら、描くこと自体やめたら良いと思います。その方が平穏に人生送れます。
紗汐冴 @shiosae
職業漫画家であろうとする限り、獲得せざるを得ないのは同業他者に互せる存在価値。「替わりは沢山居る」と言われようが気にもならない神経の太さ。自分の替わりは自分しかいないじゃんくらの。
紗汐冴 @shiosae
自分しかいないじゃん位の。の誤り >先の
紗汐冴 @shiosae
職業漫画家って、価値は[誰も思いつかなかったものを描けるスキル]よりかは[誰も思いつかなかった描き方が出来るスキル ]の方が大切な仕事だと思ってやって来た、
紗汐冴 @shiosae
まだ若い漫画家志望の皆さんは、今すぐ「何を描けるか」で悩むとか迷うのをやめて、「何を題材にしても、こう描いちゃう」自分になることを目指して欲しいと思います。
紗汐冴 @shiosae
@nyaa_toraneko 個性なんて、なかば無理矢理造っていくもんですし。「ありのまま〜」なんて言ってる奴には永遠に獲得出来ない。
紗汐冴 @shiosae
やっぱりスマホで長文はグダグダになるね。改行とか句読点とか。 (^◇^;)
紗汐冴 @shiosae
さっきまで言ったこと、専門学校で最初の2年間の卒業生に言ってあげなかったことをすごく後悔してる。
紗汐冴 @shiosae
作家性って、生まれ持っての天才でもない限り、無理矢理造りあげて行くしか無いんだ。
紗汐冴 @shiosae
そして、確立された作家性がなければ、職業としての漫画界に永く留まるのは無理。
紗汐冴 @shiosae
嫌々描かされてる奴が自分で気付くわけねーじゃん。と、講師三年間やって思い知ったり。

コメント

紗汐冴 @shiosae 2014年8月24日
1.2番目だけがRTされてると、意図が伝わらないのでまとめました。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2014年8月24日
この人は人に何かを教えるのにあまり向いてない気がする。
紙魚 @silver_fishes 2014年8月24日
“職業漫画家って、価値は[誰も思いつかなかったものを描けるスキル]よりかは[誰も思いつかなかった描き方が出来るスキル]の方が大切な仕事だと思ってやって来た”コミカライズとかやる人は「誰もが思って読みたがっているものを描くスキル」が求められるだろうし、そういう職業漫画家は確実に必要とされているのでは
紙魚 @silver_fishes 2014年8月24日
なんというか芸術家と職業人が概念として混ざってる気はする。もちろん娯楽ジャンルというのはそれを明確に分けられないというのはあるんだろうけど。
まとめをつぶやきます @qhoto_ 2014年8月25日
漫画もなんでもそうだけど簡単に描きたいものはみつからないプロでも。若い子なんて特にみつからないだろう。なので、アイデアや考えの蓄積をしていく事で漫画家の深みを増すものだと思う。何が売れるかわからないし、その人しかない視点が凄い漫画を生むかもしれない。いまは考えがなくても未来の可能性は実社会でいろんな経験をすれば漫画のアイデアなんて無限。たまごをどう食べるかとかいう漫画が良い例。ストーリーは後からついてくるので、先に描写力をつけるべき。
まとめをつぶやきます @qhoto_ 2014年8月25日
ただ言わんと知てる事はわかる。親に学費払ってきてるやつなんてやる気ないやつが多い。就職したくないから学校くるやつもいる。そんなのは漫画家になるなんて軽々しく言わないで欲しい。自分が将来あると思う人は漫画家になりたいっていう行動力のある人でいまは題材がみつかってない人の事。たぶんこのTweetした人はやる気ない生徒に対してだと思う。やる気ある人は自分で道を切り開いていく。自分が10年かけてカメラマンになったように
まとめをつぶやきます @qhoto_ 2014年8月25日
ただ言わんとしている事はわかる。親に学費払ってきてるやつなんてやる気ないやつが多い。就職したくないから学校くるやつもいる。そんなのは漫画家になるなんて軽々しく言わないで欲しい。自分が将来あると思う人は漫画家になりたいっていう行動力のある人でいまは題材がみつかってない人の事。たぶんこのTweetした人はやる気ない生徒に対してだと思う。やる気ある人は自分で道を切り開いていく。自分が10年かけてカメラマンになったように
矢野としたか@単行本発売中 @edoya1 2014年8月25日
まず、漫画専門学校に通う人の中に「本気で漫画家を目指す人」はそんなにいない。ほとんどの人は「この学校を卒業すれば漫画家になれる・なれたらいいな」と思ってカリキュラムをこなしてるだけ。そういう人を「漫画家志望者」って言わないでほしい。
春川柳絮@日曜日 東-ム19b @ryo_jo 2014年8月25日
誰かしか出来なかったことを、ハウツー化して誰にでも出来るようにさせていくのが教育なんですけどね。
ゴイスー @goisup 2014年8月25日
個性なんつーもんは人から言われて初めて「そうかもねー」ってなもんでしょ。いつから「個性」なんつーもんを自分で決定出来るほどの傲慢さを人は身につけたんだ?
marumushi @marumushi2 2014年8月25日
世界で一つだけの花
小林信行 Nobuyuki Kobayashi @nyaa_toraneko 2014年8月25日
プロの人は、相手の優れた才能を「羨ましい」と思うことはあっても、「若い」ことにしか価値のない人に嫉妬するなんてことはまずないです。簡単に「嫉妬」なんて言葉を使うべきでないです。それは若さ故の傲慢というものです。
明勤夜 @nmensuperedit 2014年8月25日
漫画も芸術の世界だからそれで飯を食っていくのが厳しいのはわかるけど、少なくとも講師をやってた人間がこういうこと言っちゃうのは如何なものかと… 若い人も悩んだ末相談しているだろうし、その答えがこれではあまりにも可哀想
小林信行 Nobuyuki Kobayashi @nyaa_toraneko 2014年8月25日
嫉妬できるほどの才能もない人が、若さ故に自分にはまだ何かの価値があると信じ込み、親の金で専門学校に行ったがいいが、そこでも「何を描いたらいいか解らない」とか講師に相談してくるから、だったら「自分が描けると思うこと自体を辞めれば楽になれるよ」と言われているだけの話。言い方を変えれば、「呼吸をするように常に自分が描きたいもののことを考え、常にそれを描くための努力をしている人にしか、何事かをなすことはできない」ただそれだけのこと。
小林信行 Nobuyuki Kobayashi @nyaa_toraneko 2014年8月25日
ryo_jo 「誰にでも」は、教育であるかぎりあり得ないですね。そんな「誰にでも」何事かができるようにする教育があるのならお目にかかりたい。そういう建前ばかり繰り返すから、若者が唯一持っている「失敗してもリカバリできるだけの時間」すら奪ってしまうんだと思う。これって本当に教育関係者の傲慢というものだと思うよ。
小林信行 Nobuyuki Kobayashi @nyaa_toraneko 2014年8月25日
もうちょっとみんな、今自分が何かをしている時間というのが、他の使い方をすればいくらになったかを考えたほうがいい。『機会費用』という考え方だけど、若者はそれが安いだけの話。教育も自分に対する投資なので、どう投資すれば今、機会費用を費やしても後にペイできるか考えないと、いつまでたっても教育産業の食い物にされるだけ。そういうことを教えるのが、本当の「教育」ということじゃないかな。
小林信行 Nobuyuki Kobayashi @nyaa_toraneko 2014年8月25日
代表作がなかったり、自分で企画を通そうという人が考えるべきことは、今の自分がそのコンテンツを通じて表現できる「売り」なんですよ。その「売り」に早いところ気づかないといつまでたっても、一枚むけない。「売り」というのはただの個性ではなくて、「市場に認められうる特長」のこと。その「売り」をしっかりと掴まえて、商品という完成形まで持って行けるのが「コンテンツ業界で認められる才能」というものです。
小林信行 Nobuyuki Kobayashi @nyaa_toraneko 2014年8月25日
だから「売り」というのは「自分で作っていかなければいけない」し「他人に教えてもらうものではない」。これはプロだったらみんな知っていることです。
春川柳絮@日曜日 東-ム19b @ryo_jo 2014年8月25日
nyaa_toraneko 何か勘違いしてますけど、教育を受ける人に「教育を受ければ出来る」とか言うんじゃないですし、当然現状として、どんな教育にも「教育しても出来ない人」は居ますよ。ただ、それこそ漫画と同じで「どんな仕事でも評価されるものを作る」と考えと同じように、教えて金を取るプロとして「どんな相手でも社会に出して評価される技術、発想を仕込む」というのが「教育をする側」として持ってるべき考えだと思います。
小林信行 Nobuyuki Kobayashi @nyaa_toraneko 2014年8月25日
ryo_jo 不可能なことを、可能なように思い込ませることが教育関係者のするべきことと仰りたいのかな? それはそれで結構なことだと思いますよ。ただ正直いいましてコンテンツ産業向けの専門学校で、そのような「教育のプロ」の方はいませんし、いるのは「実際にその産業でモノを作ってるプロ」のみです。アナタの言う「教育のプロ」は「本物のプロ」に業務委託をしているだけで、何も教育の責任を負っていないのです。
春川柳絮@日曜日 東-ム19b @ryo_jo 2014年8月25日
nyaa_toraneko 不可能なことを可能にしていくのが、科学と技術であり、それを世間に一般化させるのが科学的手法に則った教育ですよ。なんにしろ「金を取って教える立場の人」が「俺には教えられません帰ってどーぞ」と言うのは正直ですが、金を出す価値がないですよね、その人自体に。
小林信行 Nobuyuki Kobayashi @nyaa_toraneko 2014年8月25日
生徒はその講師にお金払ってないですよ。彼らが払ってるのは、専門学校が与えてくれる幻想と、2年間ほどの「無職でない」という社会的立場ですよ。で、専門学校は、彼らが供給することのできない「現場の雰囲気」を伝えられる「プロ」に対して講座料を払っているだけです。だからこそ「現場のプロ」が「そんな基本的なことを聞いてくる人は、ここに来たこと自体が失敗だから、もう一度出直したほうがいいんじゃないか?」と忠告してくれることは、若者の時間を無駄にさせなかったという意味でも、大変な価値のあることだと思いますよ。
明勤夜 @nmensuperedit 2014年8月25日
諦めるのも完結させるのも教育者ではなくて本人ですよ。教育者はあくまでその道を助けるための人物であるはず。その教育者が妥協と否定を提示してどうするんですか。そんなことがまかり通るなら教育者なんて立場はいりません。
小林信行 Nobuyuki Kobayashi @nyaa_toraneko 2014年8月25日
わかってませんね。コンテンツ系の専門学校には「教育者はいない」と言っているのです。いるのは、専門学校の職員(こちらが皆さんの言う「教育者」です)によって業務委託をされている、「現場のプロ」です。現場のプロに期待されているのは、現場で必要とされているスキルと考え方を講座として伝えることです。これは「教育」ではなく、大学でのゼミに近いものです。そのことを混同すると、お互いに悲劇が訪れるということです。
ソフトヒッター99 @softhitter99 2014年8月25日
まあ、別に漫画でなくても、やりたいことがわからないなんてやつは、この業界(会社)に無理していなくていいんやでえてなもんで、それは専門性が高いほどそう言える訳でして。どこまで行っても見つからなければ、食うために、今の場所に甘んじてろ、仕事より趣味にでもいきればいいよねてーことなんですがねえ。
明勤夜 @nmensuperedit 2014年8月25日
要するにあなたは「専門の教師は才能がない人間でもできるといって金をとっている!職員もこれを見て見ぬふりをしている!皆こんなことはやめて早く別の道を探した方が幸せになれる!」こう言いたいわけですよね?いい言葉教えましょうか?「大きなお世話」ってやつです。ここまできてる人間なら義務教育過程を経て人生の道標が少しでも見えてるはずです。その上で何かを得ようと通ってるわけですよ。そういった方に貴方が仰っているようなことを言うのはナンセンスだと思いませんか?
小林信行 Nobuyuki Kobayashi @nyaa_toraneko 2014年8月25日
nmensuperedit その通りです。今、コンテンツ業界の専門学校に来ている若者の多くは、アナタの仰る「義務教育過程を経て人生の道標が少しでも見えてるはず」というレベルになかなか達していないんですよ。これは専門学校だけの問題ではなく、大学での就職活動を控えている学生にも同じように言えることです。そのくらい未熟な人達相手に、逆に「義務教育過程を経て人生の道標が少しでも見えてるはず」と一人前の社会人として扱うことが、悪い意味で「若者の自己責任」の風潮を支えているのです。
小林信行 Nobuyuki Kobayashi @nyaa_toraneko 2014年8月25日
ちなみに僕はコンテンツ業界の専門学校で講師をやった経験がありますし、SlideShareのほうではその時の講義のまとめをあげてあります。その上での意見ですので、現状を知らない人達は理想論で物事を語るのではなく、もうちょっと現状を知ってからにして欲しいです。
明勤夜 @nmensuperedit 2014年8月25日
逆に私は業界人でもありません。教育もしたこともありませんし高尚な教育も受けたこともありません。業界側の視線で語るのは無理でしょう。しかしあくまで生徒はこちら側の目線に近い立場で教育を受けようとしてることも考慮して頂きたい。例え何もかもが丸く収まる正論だとしても、それが全てではないことを解って頂けたら幸いです。
i_say999 @Isay_BLUNIN 2014年8月25日
専門学校の講師に金八先生的な対応求めるのはそりゃ無茶ブリってモンじゃないかね
小橋はこ@ @hako584 2014年8月25日
「誰も思いつかなかった描き方・魅せ方」は教えられない。だからこそ、その時に必要になる画力を専門学校で教えておく…という戦略はそう間違ったものじゃないですし、逆に既にそれがある人は単純練習に思えるんでしょう。どっちも出来ないなら何も出来ないよ
小橋はこ@ @hako584 2014年8月25日
「ITベンチャー起業家の専門学校」があるとして、「誰もが思いつかなかったアイデア」は教えられないけれど、それを思いついた時に実行するためにプログラミングと、アイデアが必要であることを教える。ってのはそう間違ったものじゃない
とおやま@ミスミストのフレンズ @to_yama1192 2014年8月25日
10年以上前、私が学生だった頃から、漫画専門学校とゲーム専門学校は卒業してもその仕事に付けないって有名だったよ。本気でその職業になりたい人は居るけど、それは全体の数%だよ。
masahal @masahal 2014年8月25日
そもそも描きたいものがないのになぜ漫画家になりたいのかわからない
ワス @wsplus 2014年8月25日
まず1万時間かけて1000ページぐらい描かないと人に見せられる絵もアイデアも生まれないよ
竹光からま@例大祭ふ29b @takemitu37 2014年8月25日
大学を卒業したからと言って就職が約束されているわけではないように、専門学校で技術を学んだからと言って漫画家やイラストレーターにはなれるわけじゃないという事が分かっていない人はいるだろうね
きむらー🐣 @negitoro503 2014年8月25日
若い頃「かきたいもの」は無いけど「描くこと」は好きで、今現在モノを作る仕事をしている身としては生徒さんの気持ちも講師さんの気持ちも理解できる。需要と供給が一致していない印象は受ける。 もし自分が生徒さんに「かきたいものが無い」と相談されたら、ネタの発想法が知りたいのか、描くのが好きだから題材が欲しいのかを聴くかな。そこからヒントくらいなら出して上げられると思う。
えろワ @errorworld 2014年8月25日
「そもそも専門学校に来る様な奴らは~」からはじまるダメな若者批判に見えて、実は「そもそも専門学校で講師してるような奴ら~」ではじまる専門学校批判のように見えて仕方がない
えろワ @errorworld 2014年8月25日
「技法」を教えられる事が、まず教育を売り物にしている商売の大前提だと思うのだが「そもそも生徒も求めてない」という需要側の問題と「そもそも教育のプロじゃない」という供給側の話がある。
えろワ @errorworld 2014年8月25日
「プロになるのに役に立つ技法」じゃなくて「幻想とモラトリアム」が売られてるし、買われてるって話か。だとするとある意味で需要と供給が合致してるので、共犯関係的でもある。
えろワ @errorworld 2014年8月25日
言い方悪いですけど、風俗に来た男がやる事やった後に、こんな事はしてちゃイカンって説教するのと同じ趣もある。自分の置かれた環境と選択を肯定できない切実さっていうか、辛いな。
ぱんどら @kopandacco 2014年8月25日
nmensuperedit そういう(一般人の若人)方々に幻想を見せる方向に行っちゃう(教育と言う名を冠した)商売は、主に生徒側に不幸なんじゃなかろうか、という話の流れなのかなと思った。
明勤夜 @nmensuperedit 2014年8月25日
kopandacco 前述のように業界の目線から語った場合はそうなのでしょうね。恐らく噛み合ってないように感じられたのだと思いますが、それは私が消費者側に立って反論したからだと思われます。
山北篤 @Gheser 2014年8月25日
消費者側に立っても、「あなたには向いていないから、他の道を探した方が良い」という講師の言葉は、授業料のため辞めて欲しくない学校側に反してでも生徒のためを思った言葉だって、理解して欲しいなあ。
かえでこ @KaedekoSakura 2014年8月25日
IT系の専門学校だったけど、在学中に無理だと気づいて他業種に行く、って普通にあるから、それも含めて教師の役目だとは思うよ。そのミスマッチに対して無理を通すと、将来鬱になったりするので危険。
かえでこ @KaedekoSakura 2014年8月25日
特に、職人分野は生活に関わるから、厳しめに判定するのが生徒のためだと思う。美術系に進んだ友人(デザインじゃなく芸術)は、早々に心折られてたよ、食っていける人間は限られてるからね。
magius@MLPS @magius776 2014年8月25日
業界目線で話してるというやつがいるが、近年はその業界じたいが傾いてるんじゃないのか。市場に認められうる特長を売りだと言うなら、売り込む先である市場について教えるのもプロの仕事だよな
今そこにある神崎 @Euri_K 2014年8月25日
これ、自分もそういうレベルの身なんでなんとなくわかりますけど、「描きたいものがない」ってのは本当の主張ではないです。正確には「(今の実力で可能な範囲で)描けるものが見つからない」ではないかと。何でも描ける人は悟りでも開かないとそうはならないでしょうし、そもそも相談してきてる時点で「描きたくない」わけではないのはずです。「描きたい」けど「描けない」が本音では?
©higa_idsuru @higa_idsuru 2014年8月25日
技術は金になる。アイデアも金になる。両方持っていれば一人で漫画家になれる。そうでなければ作画家か、原作者になれる。このどちらもない人間が業界で食べていくことができない人。「やりたいこと」とはまた別だけど。
ryouta_1988 @suzusiro_yosida 2014年8月25日
お話思いつかなくても、アシスタントとか作画担当として漫画に関わっていくルートじゃいかんの?w
ぱんどら @kopandacco 2014年8月25日
nmensuperedit 別に私は絵の業界でご飯食べてる訳じゃないですが、この話が「これこれこういう状況だと消費者のためにならず、下手すると食い物にされるだけなので気を付けてね」って話だとすると、それに消費者目線で反論しちゃまずいのでは。
明勤夜 @nmensuperedit 2014年8月25日
kopandacco その程度の喚起や言い方なら私も何も言うことはありません。消費者側にやめるやめないの自由がありますし、私も第三者の視点で物を言うことが出来たでしょう。ですがこの場合は業界人、少なくともその道で成功した人間がその道を目指す人に対して否定、人生の決定を押し付けているように感じられました。よって業界人vs消費者という形になってしまったのです。
明勤夜 @nmensuperedit 2014年8月25日
なんとなくだけど業界の人は責任感を持ちすぎなんじゃなかろうか。専門学校はあくまでその道の学校だし人生の学校じゃない。助言は大切だけどあとは野となれ山となれ。こんな認識でいい気がする。仕事なんて何をやっても大変だし挫折もする。それを0にすることなんてできないんだから。
marumushi @marumushi2 2014年8月25日
多分この人は親切すぎるのだろう。「描きたいものがない人にも仕事だから指導はするけど、それで漫画家になれなくても文句言わないでね」と言っておけばよかったのにw
ROBA @vjroba 2014年8月25日
作品を作りたいという情熱なしに技術だけ覚えてもいいとこアシスタント止まりで、アシスタントとしてもよっぽどの才能か情熱があれば技術が向上する速度も速いが、そうじゃなければそれ相応だろうからアシスタントとしても中途半端になるというのを無駄金つぎ込む前に生徒に教えてあげるのはこの人が真面目だからだと思う。
ROBA @vjroba 2014年8月25日
僕の居るプログラマーの世界だと飯が食えればいいという人が大部分なので技術だけ身につけて現場でソルジャーやってればいいが、漫画家ってそういうもんじゃないんじゃないか。割りきってアシスタントやってれば満足というならいいけど。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2014年8月25日
漫画士って資格ないし、そんな専門学校に通うより美容師とか色彩検定の資格取った方がよくなくない?
kigantetu @kigantetu1 2014年8月25日
「素人VSプロ」ファイッ
りょお( ー`×´ー)は麺独裁者 @ryo_hatsugentyu 2014年8月25日
まぁ、教育ってどこで目が出るかわからないですしねぇ。 あと、教える側としては教える対象のせいとかにしちゃいかん気がする。ピクマリオン効果でやる気がねぇなとか、才能ねぇなって思って接してると生徒潰す例も有るから。
YahiroKob @YahiroKob 2014年8月26日
少なくとも20年前に似た話を聞いた。恐らくもっと昔から言われている事なんだろう。その割に未だに聞く話でもある。
アメーボイド @n4llfSrKkNx4 2014年8月26日
「同人誌出したいけど描きたいものが見つからない」ならまとめた人の言い分も分かりそうだけど、プロの漫画家という前提で読むとだいぶ理想論って感じするは
CD @cleardice 2014年8月26日
たぶんこのまとめ読むよりアオイホノオでも読むなり見るなりした方が色々と利くような気がする
犬沼トラノオ @inunohibi 2014年8月26日
「マンガを描きたい」のか、「マンガ家になりたい」かの違いがあってな・・・、「何を書いたらいいかわからない」というやつは漫画家になりたいんだろうが、当面描く漫画がないわけだ。俺はそういう奴は適当なところで見限りを付けて、別の職でも探すべきだと思う。
犬沼トラノオ @inunohibi 2014年8月26日
というかまさに俺がそうだったわけだが。マンガを描くのが好きで、マンガ家になりたかったが・・・、自分のプロットにダメだししているうちに、何を書いたら良いか分からなくなってマンガ家を諦めた。才能を頼りに勝負して行く厳しい世界だ、覚悟がないならやめたほうがいいな。
犬沼トラノオ @inunohibi 2014年8月26日
覚悟という不用意な単語を使ったので少し修正したいが・・・。劣悪な労働条件や環境を批判するのは当たり前のことだ。今の漫画産業やアニメーターは待遇が悪すぎる。しかし「才能がないからかくものがない」という問題ばかりはどうしようもない。大塚英志氏のように「個性がなくても面白い作品の作り方」を丁寧に指南してくれる人がいるが、その当人のマンガが面白くないからな・・・。
巡航戦車になったおぷ @ef2818 2014年8月26日
inunohibi そおかなあ?オクタゴニアンはおもしろかったですよ!面白くないの方が多いけど。
_ @wholescape 2014年8月26日
漫画家という職能において、作話家と作画家が同一人物である必要は必ずしも無いと思うのですが、専門学校ではその辺どうやって教えておられるのでしょうか。絵は下手だけと話を考えるのはものすごく好きで得意という人と、絵は上手でどれだけ描いても飽きないけれどどうしてもストーリーを書き起こすのは苦手という人もいるでしょう。世で名をなしている方は両技能を兼ね備えた方が多かったりするわけですけれども。
アメーボイド @n4llfSrKkNx4 2014年8月26日
描きたいものがない人は漫画家になるべきではないというのはやっぱり嘘くさい気がするなうね。作りたいゲームが無くてもゲームプログラマーになる人はいそうだし、お話が作れなくてもグラフィッカーになる人はたくさんいるはずだは。上の方にあるようにコミカライズはお話を作る能力を必要としないのに数が多いわけで、描きたいものがないと漫画家になっちゃならんなんてことないなうね
アメーボイド @n4llfSrKkNx4 2014年8月26日
作詞が出来なくても作曲だけやる仕事のやりかたはあるし、歌えなくてもトラックメイキングだけやる仕事のやりかたもあるのに、なぜ漫画家は作詞作曲歌唱全部一人でやれないと漫画家になっちゃならんという話になるのかわからんは
ふぁむ氏 @phantom0730 2014年8月27日
「描きたいものが見つからない」という生徒に「作品のテーマを見いだすコツ」を教えるのは講師の仕事じゃ無いのかね。弱音吐いた生徒蹴り落とすだけなら俺でも出来る。
かえでこ @KaedekoSakura 2014年8月27日
プログラマーがわかり易いんだけど、自分自身にツールやアプリのアイデアを作りだす能力がなくとも、実装するための技術を身につけて、他人の要望やアイデアを形にすると言う仕事は存在する。美術にも協会はあって、一枚いくらの仕事を廻してくれたりするし、漫画家ならアシスタントとかになるんだろうか?
かえでこ @KaedekoSakura 2014年8月27日
けれど、「ザッカーバーグやジョブスになりたい」という人がいたとして、その人に「でも、作りたいものがない」とか言われたら、ちょっと言葉を失っちゃう。それって具体性のない、誰もが持ってるレベルの、憧れと呼ばれる類のものじゃないだろうか?
深井龍一郎 @rfukai 2014年8月28日
作劇能力と作画能力は切り離して考えるのが、日本のマンガ業界以外では普通じゃないかと思う。日本にだってマンガ原作と作画という形で続いている作品がそれなりの数存在するのに、そちらの方向を敢えて塞いでしまっているのには何か理由でもあるのだろうか(まさか講師側にそういう経験がないとか、そういう笑えない理由じゃなかろうな)。
ぱんどら @kopandacco 2014年8月28日
rfukai 私は原作を作りたい訳じゃなく作画だけしたい!原作付きで漫画を描きたい!と思って専門学校に来る人ってあまりいない気がするんだけど、そうでもないのかな?
深井龍一郎 @rfukai 2014年8月28日
kopandacco 「絵だけを描きたいんじゃない話も作りたいんだ」とか言い出した上で「何を描いたら良いか判らない」とか言っちゃう学生が居たら、それはそれでたいした度胸だと思います。そう言ってきても「うるせえ黙ってとにかく手を動かして仕上げてから文句言え」で全然構わないと個人的には思いますけど。
まっさら @massarasara 2014年8月28日
そして後進が育たぬ日本の職人の世界
小國由喜 @okuniyoshinobu 2014年8月28日
「何を描いたらいいかわからない」と言ってる人たちでも、漫画家志望である以上は好きな作品のひとつやふたつはあるでしょう。それを真似してとにかく一本完成させればいいと思います。そしてつぎに、同じような設定やジャンルで異なるパターンの話をいくつも描いていけば、おのずと自分の作風や個性と向き合うことになると思います
きまぐれ翠 @Kimagure_Suisei 2014年8月29日
ふと思ったんですけど、「中二病」ならぬ「プロ二病」ってないのですかねぇ?
ざの人 @zairo21 2014年8月29日
青木雄二 という遅咲きで開花した事例もあるが、大事なのは「今までにあるジャンルでも、より明確に人に提示できる表現力」が大事なのは確かで、すごく絵がうまいというのは、必ずしも面白い作品でもなく、すごくつまらない作品はヒットしない。逆に下手でも大ヒットするのは、シナリオの良さと表現力に尽きる。作家で言うとリリー・フランキーのような緻密な文章表現力ですな。
ざの人 @zairo21 2014年8月29日
多くの漫画家志望は、絵は得意だけど、シナリオ構成力がないならば、既存の作品で自分の好きな小説やゲームをコミカライズする。という流れからはいったほうがいいかもしれませんな。まあそれが出版できるかどうかの大人の事情は別として?ですが。
ざの人 @zairo21 2014年8月29日
なんで漫画家になりたいかは、多大な印税収入を得たいというのもあるでしょう。でもそれ以前に、漫画を描く行為が好きであるかというのも大事だとは思います。そのための好きだからの忍耐というのも大事にしてください。
ざの人 @zairo21 2014年8月29日
誰もが 富樫になれるわけではないが、富樫を目標にするのは自由(苦笑
ざの人 @zairo21 2014年8月29日
あ、書いてて気がついたけど、 「漫画家として儲ける職業を身に着けたい」のか? そうじゃなく「売れなくてもマンガを描き続けること事態が好き」なのか?で 当然まとめ主は前者のことを考えてのことだろうけど、 学校を出たからといって前者になれるかどうかの保証なんてなくて、やはり確実なのは、好きな作家さんの元で、アシスタントをやって修行すること、が地道だけど早道な気がする。
John F Candy @JohnFCandy1 2014年8月29日
[誰も思いつかなかった描き方が出来るスキル]と「「何を題材にしても、こう描いちゃう」自分になる」の辺りで、ぼんやりと言いたいことが見えてくるような気がする。前者が漫画という表現方法の肝で、後者が作るべき個性といったところか(その他の考え方を否定するものではない)。それと、この文脈では学習途上の人が対象なので「ありのままの(自分)」では駄目だという点も大事かな。描く技法もよく分からず、技術も身についていないのが、描きたいことが分からない時点での「ありのままの自分」だから。
John F Candy @JohnFCandy1 2014年8月29日
例えば、何をどうできるのかという基本事項が身についていないのに、それがあるという前提での自分がどうしたいかなんて、分かるわけがない。漫画家になりたいという素志は、漫画をいろいろ読んで、自分も漫画で何か描いてみたいと思った、といったところだろうか。それで、見様見真似で練習始めて、市販の教本読んで、さらには専門学校などにも通うのだろう。「描きたいもの」を具体化するなら「手塚治虫みたいに描けるようになりたい」かもしれないけど、手塚治虫は手塚治虫しかなれなかったわけで。
John F Candy @JohnFCandy1 2014年8月29日
そういうことが教えてもらえる、と思って学校に来ると、本人にとって不幸だろう。デッサンの練習方法やデフォルメのパターン、効果線の使い方といったことは例題で教えてもらえるとは思う。だけど、例えば線の塊がどうして絵になるのか、なんてことは教わりようがない。漫画に限らないけど、今の自分で分かる説明がある、とか、教える人と同じレベルになるまで教えてもらえる、といった幻想はときどき見かけるし、自分にもあった。四苦八苦しているうちに、そんなものはない、とだんだん分かって来るんだけど。
John F Candy @JohnFCandy1 2014年8月29日
教われることは極めて限られている。ドラマなんかで師匠が弟子に「もう教えることは無い。免許皆伝じゃ」と言ったりするけど、その段階では弟子は師匠に全く追いついていない。「教わってる限り、もう伸びしろはないし、後は一人で工夫しても間違わないだろ」くらいなのが免許皆伝のレベル。教わるって要は真似しているという面もある。修(守)破離でいえば、教わって何とかなるのは、一つの流儀に習熟しようとする最初の修の段階くらいなのかも。いろいろな他流にも学ぶ破の段階になると、自分でやるしかない。
John F Candy @JohnFCandy1 2014年8月29日
何せあれこれつまみ食いするだけだから、各々の流儀が用意しているカリキュラムが仮にあったとしても、それに則ってやることは不可能。つまみ食い用の方法なんか提供してないし、つまみ食いする側のそれなりのレベルがあるから、一からなんてまどろっこしくてやってられないはず。他流に学ぶほどになって初めて「自分は何がやりたいか?」を自問自答し始められるのだと思うし、それを他人から教わることができないということも分かるのではなかろうか。
John F Candy @JohnFCandy1 2014年8月29日
それだけ難しいことなので、見様見真似も覚束ない人が「やりたいことがない、教えて」なんて聞きにくるとイラッとしてしまうこともあるんだと思う。その問いが身の程知らずということだけでなく、どうやっても教えられない自分にも苛立つのではないか(さらに、教えられるかもしれないと思う自分の驕慢に、と延々と続く)。で、現実的な解が「描き方を身に着けることを目標にせよ」辺りなのかも。それなら手の貸しようの工夫もできなくはないよ、それで四苦八苦しているうちに、全部分かってくるよ、と。よく分かんないけど。
凪乃司 @tukasa_n 2014年8月29日
何らかの学校に通うことで必要なスキルを習得でき対応する職業に就職ができるのって現在においては東大卒の官僚(国家公務員試験を突破する必要あり)と医学部卒の医者(国家資格試験を突破する必要あり)くらいじゃね? 漫画家がこれに並べられるなんて本気で信じてる人間なんて地上にいないんじゃね
kigantetu @kigantetu1 2014年8月29日
まあ俺の理想の押し付けなんですけどね。
海猫 桃丸 @dreamfactoryjp7 2015年2月17日
始めまして。突然のご連絡失礼いたします。 私、館長 DreamFactoryの海猫です。 ただいま、インターネットショッピングモールを製作しております。 オリジナルグッツを作り、販売できる、ホームページのスペースを無料で使っていただけます。 もしご興味があれば、パイオニアになっていただきたいと、思っております。
海猫 桃丸 @dreamfactoryjp7 2015年2月17日
ぜひ、ホームページを見ていただき、キャラクターたちのグッツ、本を作っていただき、販売しませんか?ぜひ漫画を作ってらっしゃる、お友達もお誘いの上、体験していただきたいと思っています。 宜しくお願いいたします。http://612japan.wix.com/dream-factory
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする