Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2014年8月25日

とある日本の「言語差別」・・・情報保障をめぐる現実

まとめました。
1
Nozomi Tomita @naninunenozomi

昨日プラスヴォイスの電話代理サービスを使って総合病院にかけたら、「明日の朝は空いてるけど、手話通訳者がいるかどうか保障できないし、お医者さんも筆談での対応ができないかもしれないから予約はできません」という。情報保障の保障ができないからといって予約を取らせないのは聞いた事がないと

2014-08-19 07:13:08
Nozomi Tomita @naninunenozomi

反論して、予約をとることが出来た。プラスヴォイスの電話代理サービスがあってよかった!しかし、そういう見方をする人もいるんだね...。冗長な感じの人でした.とチャット先の通訳者さんが言っており、ちょっと気分がよくなったのでしたがこれがアメリカでおきたら差別のケースとして扱われる。

2014-08-19 07:15:31
Nozomi Tomita @naninunenozomi

こんなことが平気で起こっていて、周りの人も普通にそれが普通だよね、って感じで流していたら‥とおもうとゾッとする。アメリカでもコッチでもそれは日常生活のちょっとした機会に起きてるのだろうけど、だからといって個人のしたいことが「手話通訳者がいるいない」で左右されるのってオカしい。

2014-08-19 07:18:44
Nozomi Tomita @naninunenozomi

耳がきこえなくても、筆談はできるし、喋れる人もいるし、逆に全くという人も居る。でも本人が筆談で大丈夫っていってるのに、「いや、手話通訳者がいないと安心できないし、お医者さんに筆談でOKかの確認も取れないし」といって予約を取らせないのってどうなの?私の人権はいかに?

2014-08-19 07:22:38
Nozomi Tomita @naninunenozomi

と、こんな感じで昨日はMacの前で、のたうち回っていたのでした。

2014-08-19 07:23:43
cola/ɐ1oɔ @cola1031

@naninunenozomi そこまできたら、シンプルに医者にかかる権利はどこにいったの?ってなるね

2014-08-19 07:36:18
青だもん @TONARINONANIGE

@naninunenozomi筆談が出来るなら、手話が必要な理由は全くわからないですね。

2014-08-19 09:45:18

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?