Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2014年8月25日

2014.8.25 福島県 県民健康調査に関する 4nwanelsonさんのツイートまとめ

まとめました。
5
4nwanelson @4nwanelson

【県民健康調査検討委】62%が1ミリシーベルト未満 外部被ばく線量推計 今回は推計期間が4カ月未満の人の分を除いた結果。石川徹夫教授「従来は推計期間が4カ月未満の人も含めて推計…これまで説明が不足していて申し訳なかった」民友8/28 pic.twitter.com/tUBTGsRYFT

2014-08-25 19:52:01
拡大
4nwanelson @4nwanelson

【県民健康調査の外部被ばく線量推計結果】 pic.twitter.com/bkggqTsjyN

2014-08-25 19:52:17
拡大
4nwanelson @4nwanelson

【県民健康調査検討委】検査目的明確化へ 甲状腺検査 検討委として議論 「健康を守ることを優先すべき。被ばくの影響をみるなら相応の戦略が必要になる」とし、放射線の影響の解明にこだわるべきではないとの意見が出された。福島民友8/25 pic.twitter.com/oiHsGEUlCu

2014-08-25 19:52:33
拡大
4nwanelson @4nwanelson

一方で「被ばくへの懸念は子や親のストレスになっており、甲状腺がんと被ばくとの因果関係について結論を示さないことはあり得ない」とする声もあった。

2014-08-25 19:53:01
4nwanelson @4nwanelson

星座長は「科学的に限界はあるにしても、現時点でできる分析をして、判明した結果を示すことは検討委の仕事だ」とまとめ、今後委員だけの会合を設け議論を重ねる考えを述べた。

2014-08-25 19:53:07
4nwanelson @4nwanelson

検討委の議論の進め方に関しては、委員から必要なデータをあらかじめ事務局に求めたり、県民の意向を聞く機会を設けるなど見直しを求める意見が出され、県も前向きに検討する姿勢を示した。

2014-08-25 19:53:14
4nwanelson @4nwanelson

【県民健康調査】1巡目ほぼ終了 1巡目では29万6026人の結果がまとまり、このうち2237人が詳細な検査の受診が必要とされる2次検査の対象となり、がんかどうかの詳細検査に進んだ。福島民友8/25 pic.twitter.com/LOyd4IDFX5

2014-08-25 19:53:26
拡大
4nwanelson @4nwanelson

【甲状腺検査の2次検査結果】2011年度 pic.twitter.com/6yINOGZMgs

2014-08-25 19:53:40
拡大
4nwanelson @4nwanelson

【県民健康調査検討委】問診票回答率26% 星北斗座長は「こういう状況をどうしていくのか、われわれも考えていきたい」と、状況の改善に向け検討委として提言をまとめる考えを示した。福島民友8/25 pic.twitter.com/aju8vsrKjS

2014-08-25 19:54:29
拡大
4nwanelson @4nwanelson

【県民健康調査 基本調査の問診票回収状況】 pic.twitter.com/0X95RRHu5l

2014-08-25 19:54:42
拡大
4nwanelson @4nwanelson

【県民健康調査】甲状腺がん診断57人 がんやがんの疑いがあると診断されたのは男性36人、女性68人。腫瘍の大きさは約5〜41ミリで平均14ミリ。事故当時の年齢は6〜18歳で平均で14.8歳だった。福島民友8/25 pic.twitter.com/37yxTuiCby

2014-08-25 19:55:11
拡大
4nwanelson @4nwanelson

鈴木眞一教授「チェルノブイリでみられたような事故当時0〜5歳の子どもには(甲状腺がんが)発見されていない。放射線の影響がない通常の小児甲状腺がんの年齢分布に非常に近い」

2014-08-25 19:55:19
4nwanelson @4nwanelson

県民健康調査甲状腺検査の流れ pic.twitter.com/6LZnKZ8751

2014-08-25 19:55:28
拡大
4nwanelson @4nwanelson

【県民健康調査検討委】大きな地域差なし「放射線影響ない」 10万人当たりのがんの発生率では、避難区域となった双葉郡などの13市町村は33.5人、中通り36.4人、南相馬市と同郡8町村…福島民友8/25 pic.twitter.com/SlOP5HVq3M

2014-08-25 19:55:40
拡大
4nwanelson @4nwanelson

飯舘村を除く浜通りは35.3人と地域による差はなかった。会津は27.7人とやや低かった。…2次検査を終了した子どもが他地域と比べ少ないためと説明している。 甲状腺がん(疑い含む)の発生率[暫定] pic.twitter.com/uVfB4f43Mt

2014-08-25 19:56:02
拡大
4nwanelson @4nwanelson

【子どもの甲状腺がん】確定57人、疑い46人 発症割合 地域差なし 検討委の星北斗座長は甲状腺がんの発症割合に地域差がないことから、現時点で原発事故との因果関係は考えにくいとの従来通りの見解を示した。福島民報8/25 pic.twitter.com/AsMR1Shh0w

2014-08-25 19:58:02
拡大
4nwanelson @4nwanelson

一方で「詳細な分析が必要」とも述べ、年齢や検査時期、被ばく量との関係など、さまざまな条件を加味して今後も調べる考えを示した。 《子どもの甲状腺がん発症割合》 pic.twitter.com/umeIDWx8x0

2014-08-25 19:58:25
拡大
4nwanelson @4nwanelson

《県民健康調査甲状腺検査の流れ》 pic.twitter.com/aoD9QB7uVA

2014-08-25 19:58:53
拡大
4nwanelson @4nwanelson

【県民健康調査検討委】被ばく線量個人差が大 外部、内部との関連分析必要 検討委は甲状腺検査の時期や年齢、被ばく線量など多方面から慎重に分析を進める方針だが、基礎となる個人被ばく線量のデータ収集が進んでいない。福島民報8/25 pic.twitter.com/5opkDtfG0k

2014-08-25 19:59:10
拡大
4nwanelson @4nwanelson

2次検査対象2237人 23〜25年度市町村別 【表①】《平成23年度》 pic.twitter.com/CBBdeM0WCs

2014-08-25 20:01:31
拡大
4nwanelson @4nwanelson

62%が1ミリシーベルト未満 原発事故後4カ月間 外部被ばく線量推計 基本調査の問診票を基に福島医大などが推計した。「4カ月間の推計値であるが、放射線による健康影響があるとは考えにくい」福島民報8/25 pic.twitter.com/xc87huzX81

2014-08-25 20:02:18
拡大
残りを読む(13)

コメント

Yuri Hiranuma @YuriHiranuma 2015年6月21日
末尾の「おまけ3点セット」必見にゃ
0