2014年8月26日

適切なフィードバックの効果

人が人として育つためには、たい焼きの型みたいに、人としての型みたいなのにはめ込んで焼かないといけない時期もあるんじゃないだろうかと。
0
medtoolz @medtoolz

適切なフィードバックの効果というものを最近考える。人が人として育つためには、たい焼きの型みたいに、人としての型みたいなのにはめ込んで焼かないといけない時期もあるんじゃないだろうかと。

2014-08-07 12:01:24
medtoolz @medtoolz

初めて局所麻酔を体験した虫歯の大昔、子供のころはキシロカインなんて知るわけもなく、麻酔が効いて腫れたような感覚だけが残った頬をひどくひっかいた。いくら掻いても痛みもかゆみも反応がなく、麻酔が切れてからえらいことになった

2014-08-07 12:02:29
medtoolz @medtoolz

@noneter あれ、後から痛いは腫れるはで大変なんですよね。

2014-08-07 12:15:47
medtoolz @medtoolz

近隣の高級老健施設では、お客様のためを理念にかかげて、入居者の要望を常に限界まで聞く。絶対に文句を言わない。できる限界まで無反応で、限界を超えるといきなり投げる。暮らしている人は高収入だった人が多そうなのに、その割に「金持ち喧嘩せず」の反対側にいる人が多い

2014-08-07 12:02:31
medtoolz @medtoolz

あらゆる行為に対する「適切なフィードバック」というものは大事なんだと思う。痛みという反応があることで自らの頬を爪で掘ったりしなくなるし、度を超えた要求をする患者さんには、せめて「それはちょっと大変です」ぐらいの反応を常に返したほうが、結果としてお互いいい関係に落ち着ける

2014-08-07 12:03:33
medtoolz @medtoolz

適切なフィードバックの、じゃあ適切さってどのぐらいなんだというのが問題になってくる。子供がちょっと粗相をしたぐらいで殴る蹴るの暴行を加えたら素晴らしい大人に育つのかと言えば、全然そんなことはない。かといって盗みを働いた子供を褒めたたえたら、やっぱりきっとろくでもない

2014-08-07 12:04:35
medtoolz @medtoolz

子供だろうが大人だろうが、失敗した、誰かの利益を損ねてしまったその人にだって、その人なりの理由や立場、方法論というものがある。「そのやりかたはある問題を解決するのには有効であっても、こういう状況においてはこんな弊害が予想されます」と返して見せることは、ある種の適切ではある

2014-08-07 12:05:40
medtoolz @medtoolz

適切なフィードバックの適切さとは、つまるところは「その人の立場に立ったものの見かた」を行う部分に適切さの根源みたいなものがある。相手の立場に立って考えることは、道徳に書けば一行だけれど、実際にこれをやるのは相当に難しい。

2014-08-07 12:06:43
medtoolz @medtoolz

会社の新人は叱られる。「叱られているうちが花なんだよ」とよく言われる。叱るとはたいていの場合、先輩の八つ当たりであったりもするのだけれど、叱られるが花を行為に読めば、「その人の立場を理解しながらその先にある失敗を指摘してくれる人がいるのは新人のうちだけなんだよ」という意味になる

2014-08-07 12:08:48
medtoolz @medtoolz

生まれたばかりの子供は、手足をランダムに動かす。動作のパターンは、なまじ歩行みたいな定型的なやりかたを覚えた大人よりも、よっぽど多かったりもする。その代わり動作の多様が過ぎると、結果として生まれた子供は移動もままならない。重力と、床という制約が、子供に歩行を獲得させる

2014-08-07 12:09:50
medtoolz @medtoolz

教育というのは制約なのだと思う。ありすぎる自由はときとして役に立たない。ハイハイや歩行は、無数にありうる手足の動作から、特定の動作のみに制約を行うことで実現される。子供は自ら学んで歩くのではなく、床や重力みたいな環境から制約を受け、床や重力に歩かされている

2014-08-07 12:10:59
medtoolz @medtoolz

のびのび育てるのと放置するのとは、似ているけれどまったく異なってくる。のびのび育つ環境とは、親御さんが重力や床を用意する。放置は無重力になる。たかだか重力一つ、これに相当するものをまわりの大人が用意するのだって大変な労力がいる。

2014-08-07 12:12:01
medtoolz @medtoolz

「のびのび」と対比される、悪い意味でのつめこみは、無重力でとにかく子供に歩く動作を徹底させる、というたとえになるんだと思う。これは自分で試行錯誤できないけれど、それでもたぶん、無重力で歩行の練習をした子供は、いざ本番の重力環境に放り出されると、まずは歩こうとするんだろう

2014-08-07 12:12:04
medtoolz @medtoolz

意図や目的を提示しない。強制しない。その状況でできないことのみフィードバックを返しつつ、監視者が好ましいと思える成果を得るための労力はものすごい。冤罪の昔、自白のねつ造に日夜頑張ったあの人たちは邪悪であったにせよ、投じた努力量それ自体は本物であったわけで。

2014-08-07 12:13:07
medtoolz @medtoolz

「のびのび」に寄りかかってその実放置を選択している人って多いんだろうと思う。「お金稼いでるよ、自由も与えてるよ、それ以上何が必要なの?」なんて崩壊家庭で夫婦の会話の典型だけれど、きっと重力や床のない状況での自由って意味なくて。でもそこから相手の立場に立つ労力を投じるのも大変。

2014-08-07 12:14:09
てらじ @TERRAZI

@medtoolz エヴァンゲリオンのTV版最終話の人類補完計画のアレ思い出した。

2014-08-07 12:12:54
のんちゃん @noneter

@medtoolz シュタイナー教育をうたった幼稚園があって、でもその実ほったらかしで......手のかからない教育なんて無いのに。

2014-08-07 12:31:38
medtoolz @medtoolz

@noneter シュタイナー教育って本気でやると担任の先生は自由時間無くなっちゃいますよね。。次の学年を受け持てるだけの体力が自分に残っているのかどうか、先生自身が卒業生を見送った後で自問するそうですし。

2014-08-07 12:35:06
のんちゃん @noneter

@medtoolz 子供の担任の先生は辞めました。辞めたら顔中に出ていたにきびがすっかり無くなっと喜んでました(^^;;

2014-08-07 12:38:21
medtoolz @medtoolz

給食に毒入れたり、猫殺したり、じゃあフィードバックあったのかなと思う。生得の要因だって少なからずあるのだろうから、親御さんにだって言い分はあるであろうにせよ。子供が好ましくないアクションを起こして、フィードバックを適切に返していれば、あるいはエスカレートしなかったのか

2014-08-07 12:15:13
medtoolz @medtoolz

お金を出す。束縛をしない、選択枝や機会を供給する、こういうのはたぶん、適切なフィードバックが、当事者の立場に立って一緒に同じものを見るコーチみたいなものの存在があって、はじめて意味がある。コーチ不在で選択枝だけ増えても、むしろ混乱をひどくするだけで

2014-08-07 12:16:16
medtoolz @medtoolz

ゲームだと自由にやれる人って多いんじゃないかと思う。ゲームのキャラクターって職業やスキルが最初から備わっていて、あれは「これができる」から自由なんじゃなくて、むしろ「これができない」ことがはっきりしているから自由なんじゃないのか。

2014-08-07 12:17:18
medtoolz @medtoolz

役割って大事なんだと思う。結局それは人格そのものだろうから。米軍の捕虜になった人が兵士としての役割を失った時に、真っ先に使い物にならなくなったのは職業軍人だった人で、大工さんとか家具職人とか、「手に職」系の人は規律を保って状況に適応できたとか、山本七平の本に書いてあった

2014-08-07 12:18:22
残りを読む(6)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?