Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
2010年11月21日

ライスのアニメ感想:#35 STARDRIVER 輝きのタクト(8)

STARDRIVER 輝きのタクトの8話感想です。たぶんひと区切りの回です。次回からはまた次の段階へ。
0
テリー・ライス @terry_rice88

STARDRIVER 輝きのタクトEp.8「いつだって流星のように」 結局、退場になったのはスガタではなくサカナちゃんだったというお話。

2010-11-21 22:40:36
テリー・ライス @terry_rice88

南十字島の四方の巫女によって、話を区切っていると考えると作品は4部構成なのかなあと。だから今回の退場は一区切りの意味合いも含めてるんでしょうねえ。

2010-11-21 22:42:59
テリー・ライス @terry_rice88

ともすると、バス停とバス車内のシーンでワコ、サカナちゃん、ニチ・ケイト、新キャラ(EDで確認するとヨウ・ミズノという名前)が四方の巫女なのと思っていいんでしょうね。

2010-11-21 22:46:54
テリー・ライス @terry_rice88

ところでワコ=W、サカナちゃん=S ニチ・ケイト=N(ニチ)、ヨウ・ミズノ=E(ヨの反転)で方角のイニシャルが揃うのですが、さすがにヨの反転で「E」というのは自分で考えておいてどうなんだろうという気はする。ただ反転になんかの意味があるのかもしれない。まあここらはよく分かりませんw

2010-11-21 22:49:08
テリー・ライス @terry_rice88

さて、話を元に戻してサカナちゃんの退場は彼女の青春が終わって、次の段階に進んだってことなのかもしれない。

2010-11-21 22:51:06
テリー・ライス @terry_rice88

「人生という冒険は続く」という彼女の台詞にあるとおり、ヘッドの大きな鳥かごに納まっていた彼女の冒険は南十字島から出て行くことで再び動き出したのではないかと思うわけで。

2010-11-21 22:55:37
テリー・ライス @terry_rice88

バス内の会話でサカナちゃんは「ヘッドのことを好きだったし、向こうも私のことを好きだった。けどお互い好き合っていても上手くいかないこともある。だから島を出て行く」という話をしてましたが、かなり割り切った態度だなあと思います。

2010-11-21 22:58:16
テリー・ライス @terry_rice88

島を出て行くサカナちゃんに対して、島に残るヘッド。人生という冒険を考えるならば、留まっている方に幾ばくかの問題が介在しているのではないかと思うわけで、ヘッドの問題はかなり根深そうに思えます。

2010-11-21 23:00:34
テリー・ライス @terry_rice88

一方、サカナちゃんは四方の巫女としての役目は第一話でとうに終えていて、いつでも出て行けるような状態にあったとも考えられそう。となると、ヘッドのエゴを分かってて自ら、鳥かごに収まっていたということも考えられますね。

2010-11-21 23:02:29
テリー・ライス @terry_rice88

で、結局。サカナちゃんはヘッドを見限ったともいえるし、自分の冒険を再開したとも言える。どちらにせよ、青春といえる、ある時期、フェーズが終わった。人生を成熟させるために島を離れたともいえる。彼女は大人への第一歩を歩みだしたんではないかと。

2010-11-21 23:04:59
テリー・ライス @terry_rice88

で、サカナちゃんの退場を尻目に、ギクシャクしてる主役サイドはその青春の真っ只中で葛藤してる最中と言えそう。特にスガタとタクトは思い切り、ぶつかり合っていましたねえ。

2010-11-21 23:12:55
テリー・ライス @terry_rice88

スガタの持っていたナイフはワコを守るためというのも不器用さ全開でしたが、ロボット戦での殴りあいも、拳でぶつかり合うという青春の王道を走っていると思いました。ただそこをロボットでやってしまう辺りがドラマ的にひねくれているところだと思いますが。

2010-11-21 23:17:28
テリー・ライス @terry_rice88

やっぱりロボットの造形と操縦するキャラの人格が一致してるって考えて良さそうに思います。Cyborg(サイボーグ)ならぬCybody(サイバディ)という。ゼロ時間内で葛藤する人格=ロボットって考えで。ただまだ謎は多いところではある。

2010-11-21 23:21:47
テリー・ライス @terry_rice88

そもそも今回なんか普通に喧嘩すればいいところをロボット戦に持ち込んでいるところは現代的というかヴァーチャルというか、隔絶というかまあ、とにかく表現としても話としてもストレートじゃない。やってることはものすごくストレートなのですが。

2010-11-21 23:24:26
テリー・ライス @terry_rice88

そこいらが面白いとこではあると思うんですけども問題点でもありそうな。核心にはまだ近づかない感じをひしひしと感じますね。

2010-11-21 23:27:30
テリー・ライス @terry_rice88

ゼロ時間内で雨が降っていて、スガタとタクトの戦いが終わるのも、「ヒロインが原因で男二人が雨の中殴りあって喧嘩する」というベタベタな展開を新鮮に見せようとしてるのかなと。こう見てると、すごく青春してる作品ですよね。

2010-11-21 23:30:47
テリー・ライス @terry_rice88

喧嘩が終わって夕日の下で喧嘩した二人が笑いあうというのも青春だなあとw タイマン張ったらダチじゃないけど、ぶつかり合って分かりあうってこともあるだなあと。

2010-11-21 23:33:23
テリー・ライス @terry_rice88

で、結局、ベニオは男の喧嘩に入り込めなかったし、入る余地も与えられなかった。男なんて思うがまま、簡単に操れるっていう彼女の矜持も崩れ去った。少しかわいそうだけど、彼女の役割はスガタを目覚めさせた時点で終わってたんでしょうね。

2010-11-21 23:37:46
テリー・ライス @terry_rice88

まあ、ベニオはおそらく退場なので次回から新キャラのヨウ・ミズノという形なのかなと。

2010-11-21 23:38:55
テリー・ライス @terry_rice88

あ、あとスガタとタクトの喧嘩というか一連の流れはなんだか梶原イズムの匂いがしました。読んだわけじゃないけど「愛と誠」の雰囲気とか例えば「あしたのジョー」のジョーと力石や、「巨人の星」の飛雄馬と花形みたいなライバル関係みたいなのを想起させられましたね。

2010-11-21 23:42:37
テリー・ライス @terry_rice88

青春の旅立ち(サカナちゃん)と葛藤(主役サイド)がよく表されていた回だったのではないかと。人生という冒険は続く。

2010-11-21 23:44:09
テリー・ライス @terry_rice88

面白かったです。それでは今回はここまで。また次回。

2010-11-21 23:44:46

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?