原子力と日本:電力会社の安全意識-「芯から改まった」か?

まとめました。
震災 電力 復興 福島県 電力会社 原子力安全 安全 原子力 原発事故 原発 福島
6
NPAGW @NPwrAGW
こうした市民努力には敬意を表したい。市民とのコミュニケーションも、東電原発事故の前と後とで「改まり」がなければならない事柄。 →@kannamitsuta 原発再稼働の公開討論会や公聴会求める要請(鹿児島県)  news24.jp/nnn/news872544…
満田夏花 @kannamitsuta
原発再稼働の公開討論会や公聴会求める要請 (鹿児島県) news24.jp/nnn/news872544…
満田夏花 @kannamitsuta
@kannamitsuta 川内原発審査書の説明会。あまりに一方的だと怒る市民たちは、公聴会の開催や、公開討論会の開催を要請したのですが、鹿児島県からはきちんとした回答はありません。 インターネット中継については「市民に生の声を聴いてほしい」と。録画の公開を検討中とのことです。
満田夏花 @kannamitsuta
今日の午後、鹿児島県にも提出! 鹿児島県各地及び県外から15人の市民が参加 ↓ 【署名】川内原発…一方的な「説明会」ではだめ!住民の声を聞く「公開討論会」「公聴会」の開催を! 311.blog.jp/archives/13436… pic.twitter.com/6oxxvBEMmf
拡大
NHKニュース @nhk_news
「課題は原子力関係者の態度変えること」 nhk.jp/N4Fc6JIz #nhk_news
リンク www3.nhk.or.jp 「課題は原子力関係者の態度変えること」 NHKニュース 電力会社が共同で運営する電力中央研究所に、原子力発電所の安全性の向上を研究する新たな組織が設置され、所長に就任したアメリカ原子力規制委員会の…
NPAGW @NPwrAGW
活断層か否かの件は、敦賀のケースと反対に「シロ」と判断されるものもあることを考え合わせれば、原電にとってはある意味で不運だが、相対的に判定が難しい断層に当たってしまっているということ。津波を例に取れば、東電福島第一はダメだったが東北女川は耐えた話に似る。→@sawaakihiro
NPAGW @NPwrAGW
こちらも申し訳ないが見立て違い。その回で「も」委員らから指摘されているが、むしろ原電側の「分からせ」不足。→@sawaakihiro 3:40−41を見ていると、規制委自身がどういうデータをどの程度必要と考えているのか応えられていない。これでは「有識者」会合ではなく「無識者」会合
澤昭裕 @sawaakihiro
3:40−41を見ていると、規制委自身がどういうデータをどの程度必要と考えているのか応えられていない。これでは「有識者」会合ではなく「無識者」会合。第4回 敦賀発電所敷地内破砕帯の調査に関する有識者会合 youtu.be/6aEqqjKx9Ls @YouTubeさんから
拡大
NPAGW @NPwrAGW
プライムニュースでも少し気になる言い方をされていたが、ネット中継される「会合」はあくまで、審査過程の「一部」。→@sawaakihiro 3:33−35のあたりを見ると、島崎委員の発言にショックを受けた。こんな審査のやり方だったのか。要はちゃんと見てないということか...
澤昭裕 @sawaakihiro
3:33−35のあたりを見ると、島崎委員の発言にショックを受けた。こんな審査のやり方だったのか。要はちゃんと見てないということか...:第4回 敦賀発電所敷地内破砕帯の調査に関する有識者会合追加調査評価会合(平成26年9月4日): youtu.be/6aEqqjKx9Ls
拡大
NPAGW @NPwrAGW
「risk-informed performance-based」規制。もう20年も前に、電力会社にも役所にも調べて報告・説明した考え方。どちらも怠けすぎた。→@sawaakihiro 原子力規制委は「自己規律なき独立」からの脱却を bit.ly/1pf3xVo
澤昭裕 @sawaakihiro
原子力規制委員会と電力会社との関係について、最終話です。:原子力事業者は「お墨付き」発想からの脱却を  WEDGE Infinity(ウェッジ) bit.ly/1vox8Qd
リンク WEDGE Infinity(ウェッジ) 原子力事業者は「お墨付き」発想からの脱却を 規制基準を満たして適合性審査を通過することだけを目的とした安全対策に止まるようでは、福島第一原発の事故に対する反省が足りない。
澤昭裕 @sawaakihiro
第3話です。:原子力規制委は「自己規律なき独立」からの脱却を  WEDGE Infinity(ウェッジ) bit.ly/1pf3xVo
リンク WEDGE Infinity(ウェッジ) 原子力規制委は「自己規律なき独立」からの脱却を 「脱原発」は民主的な意思決定によるべきで、安全規制を利用したり歪めたりして達成すべきものではない。
澤昭裕 @sawaakihiro
第2話です。:再び「安全神話」に陥る世論と悪循環に陥る原子力規制活動  WEDGE Infinity(ウェッジ) bit.ly/1v0peho
リンク WEDGE Infinity(ウェッジ) 再び「安全神話」に陥る世論と悪循環に陥る原子力規制活動 規制活動は悪循環に陥っている。規制委と事業者との間の特別権力関係的な関係を断ち切り、正常なコミュニケーションを回復すべきだ。
澤昭裕 @sawaakihiro
今日から連続4回で、原子力安全規制の今を説明します。澤昭裕:原子力規制委と事業者を覆う「相互不信」の危険性  WEDGE Infinity(ウェッジ) bit.ly/XWy6Yh
リンク WEDGE Infinity(ウェッジ) 原子力規制委と事業者を覆う「相互不信」の危険性 規制委は安全に関する「必要条件」を扱い、事業者がそれとは違った次元と質で自律的に安全性向上対策を行うのがあるべき姿だ。
NPAGW @NPwrAGW
島崎邦彦氏の退任会見の動画(前半部)。 島崎氏は何が「素人」で、その一方で何が「玄人」か。また、大震災・原発事故という経験を経て、どんな「科学的態度」を心掛けたか。 ・原子力規制委員会 委員退任会見 (平成26年9月18日)  youtu.be/ne5r33TEv5I
拡大
リンク YouTube 原子力規制委員会 委員退任会見 (平成26年9月18日) 島崎邦彦委員長代理と大島賢三委員が、原子力規制委員会発足時の就任から平成26年9月18日付けで2年の任期を満了し、退任いたします。 平成26年9月18日開催、島崎邦彦委員長代理と大島賢三委員による退任会見を中継します。 ■関連リンク ・原子力規制委員会・規制庁記者会見 速記録 → http://www.nsr.g...
NPAGW @NPwrAGW
石川和男氏と石井孝明氏による、原子力規制委員会に関する批判。 素人、経済性、資料提出と審議の進め方、断層(関電は○、原電は×)、科学的態度、・・ 頷けるほど、あなたも「筋違い」。 ・石川和男のエネルギー世論を斬る!vol 16  youtu.be/7mWAyjB3YKE
拡大
リンク YouTube 石川和男のエネルギー世論を斬る!vol 16 エネルギー問題と、そこから見えてくる経済や社会の現状や展望について、生放送で語る「石川和男のエネルギー世論を斬る!」 http://ch.nicovideo.jp/kasumigaseki-soken エネルギー専門誌『月刊エネルギーフォーラム』と連携し、 放送は毎週水曜日の昼休み(12:30~13:00) 第1...
石川和男(政策アナリスト) @kazuo_ishikawa
外国と交渉したりビジネスすりゃ誰でもわかるはずですが、日本語がそのまま直訳されて伝わることの怖さを日本人は知らなさ過ぎると思います。。 @ishiitakaakiドメ学会なので日本的謙譲のつもりで言ったのでしょうが、これって事業者、また各国規制当局、いや全日本国民にとっては恐怖
残りを読む(170)

コメント

NPAGW @NPwrAGW 2014年9月3日
(参考)「規制委、電力トップと話するってよ」に対する皆さんの反応まとめ http://togetter.com/li/712171
NPAGW @NPwrAGW 2018年2月18日
まとめを更新しました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする