VOCALOID調教時に語尾に「-」を付ける意味

VOCALOIDで入力時に語尾に「-」付ける意味について
調教 VOCALOID ボカロ
49
OzaShin @oza_shin
ようやく他のPが語尾に短い「-」を付ける意味が分かった。だってみんな「付けた方が安定する」とか漠然なことしか言ってくれないから…… 音程が下に引っ張られるのは「-」でも解消できるのね。これは便利
タカオカミズキ〔オルタ〕‎‎ @takaokamizuki
語尾に[-]つけるやつは、ゆかりさん使っててロングトーンなのに極端に短く吐息混じりに減衰していくケースの解消にも効果的......なこともある
タカオカミズキ〔オルタ〕‎‎ @takaokamizuki
[-]でダメなら同じ母音で「まだまだ続くよ!抜けちゃダメ」って前の音符に訴えかけてもらう
タカオカミズキ〔オルタ〕‎‎ @takaokamizuki
先のRTのキモは、『後ろに[-]を付ける』というのが音素的弄り的なオマジナイではなく、その位置・その音程に『ノートを置く』ことによって、「ここの位置まで同じ音程で行きますよー」とエディタに指示を出して、ボカロエンジンによる音程変化のおせっかいを防ぐということです(・ω・)
タカオカミズキ〔オルタ〕‎‎ @takaokamizuki
なので、[-]や同じ母音だけじゃなく、「ん」や他の母音を短くくっつけることで、音程の変化を防ぎつつ、ロングトーンの切れ際に発音のニュアンスをちょっと変えるみたいなことも当然可能です
タカオカミズキ〔オルタ〕‎‎ @takaokamizuki
語尾に限らず、フレーズ中で長めの音符のあとに音程が大きく跳躍する場面なんかで、自分の思惑よりも早くに音程が変化しはじめちゃう!ってところを押さえ込むのにも使えます
タカオカミズキ〔オルタ〕‎‎ @takaokamizuki
ノートの継ぎ足しは少なからず声の変化をもたらすので、どちらを取るかはケースバイケースで
タカオカミズキ〔オルタ〕‎‎ @takaokamizuki
ポルタメントの押さえ込みの場合は、①前の音の母音継ぎ足し以外にも、②後ろの発音記号を子音と母音に分割して、子音を前の音程にとどめて母音から跳躍後の音程にしてやるって手も ①[k M   ][-]/跳躍/[4' i  ] ②[k M   ][4']/跳躍/[i   ]
タカオカミズキ〔オルタ〕‎‎ @takaokamizuki
ポルタメントの押さえ込みの場合は、①前の音の母音継ぎ足し以外にも、②後ろの発音記号を子音と母音に分割して、子音を前の音程にとどめて母音から跳躍後の音程にしてやるって手も ①[k M   ][-]/跳躍/[4' i  ] ②[k M   ][4']/跳躍/[i   ]
みろんP @MiRON_P
@takaokamizuki これで跳躍ポルタメントの位置調整できますよね
タカオカミズキ〔オルタ〕‎‎ @takaokamizuki
むしろ次の音の直前にノート置くと、次の音の側の発音が詰まったりのデメリットも出てくるんで、子音分割して対処するほうが多いかも
タカオカミズキ〔オルタ〕‎‎ @takaokamizuki
@MiRON_P ノートを置く位置や長さなんかを調節すれば、PITやPORを弄らなくてもピアノロール側だけでかなり細かく煮詰めることができますね
タカオカミズキ〔オルタ〕‎‎ @takaokamizuki
『語尾にノートを置いて再指定』が使えるのは音程だけじゃなく、「どう弄ってもスタッカート気味に短く切れちゃって音が綺麗に繋がってくれない!」って部分の修正にも使えますよ
タカオカミズキ〔オルタ〕‎‎ @takaokamizuki
「たーる」って歌わせたいのに「た、る」になっちゃう場合 [t a   ][4 M]これを [t a ][a][4 M]こう 弄ったせいで後ろの「る」の発音が詰まっちゃう場合は [t a ][a][4 ][ M] 子音分割してR発声の区間を作ってあげる
タカオカミズキ〔オルタ〕‎‎ @takaokamizuki
|-`)あ、さっきも言ったけど音素の変更を含むノート弄りは発音・発声の変化を必ず伴うので、メリット/デメリットをその場ごとに判断する必要があります。
根気P @konkiao
語尾が下がる現象、私は[Asp]をくっつけて直すのが好きなんだけど、KAITOV3は[Asp]で音程を引っ張れないので、しょーがねーなこの野郎と思って[-]をくっつけてる pic.twitter.com/uf8JkTV0Zy
 拡大
タカオカミズキ〔オルタ〕‎‎ @takaokamizuki
なんだっけ、ノート操作関係もうちょっとあったと思うんだけど、その場に遭遇しないとパッとは思いつかん(・´ω・)
タカオカミズキ〔オルタ〕‎‎ @takaokamizuki
発音そのほか拙い部分は多いですけど、ビブラート以外の歌い回しを全部ノート操作で歌わせた実験作がコレです ◆【IA】The Everlasting Guilty Crown【ギルティクラウン】 (5:28) nico.ms/sm18324189 #sm18324189
 拡大
タカオカミズキ〔オルタ〕‎‎ @takaokamizuki
例によってVSQXは公開しっぱなしなので興味ある方は動画からどうぞ
生バムはなな @Namahamu_BANANA
URL貼っといて何だが発音調整終わってからベタ打ち番聞き直してみたら意外と差がなかったりね(白目)
タカオカミズキ〔オルタ〕‎‎ @takaokamizuki
@Namahamu_BANANA 発音修正にあれこれ手を尽くして行き詰って諦観にひたりながらベタ打ち聞いたら一番綺麗に発音してたりね('`)
タカオカミズキ〔オルタ〕‎‎ @takaokamizuki
ボカロエディタの操作に対する変化っていうネタは既にあらかた出尽くしていて、あとはその「変化」をどう歌声の「効果」として用いるか、っていう所に試行錯誤や経験、想像や工夫が必要になってくるです
残りを読む(10)

コメント

iMizuki_HMP @iMizuki_HMP 2014年9月7日
まとめを再更新しました。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする