218
ログインして広告を非表示にする
  • ライトノベル作家 榊一郎先生のツイート 代表作

    『ストレイト・ジャケット』(2000年)
    『神曲奏界ポリフォニカ』(2005年)
    『アウトブレイク・カンパニー 萌える侵略者』(2011年)

    Wikipedia「榊一郎」より引用

    過去の新人賞選考委員経歴

    MF文庫Jライトノベル新人賞選考委員 第0回(2004年) - 第3回(2007年)
    HJ文庫大賞選考委員 第1回(2006年)、第2回(2007年)
    講談社ラノベ文庫新人賞選考員 第3回(2013年) - 第5回(2015年)

    ※他にも就任されているかもしれません。

  • 榊一郎 @ichiro_sakaki 2014-09-07 23:19:28
    ところでふと。ここ最近の生徒や、新人賞の投稿作を見ていて、「うーん」と思う事。原因はむしろ我々(プロの作家や出版社、編集部側)にある事は百も承知だが、やはり困ってしまうのは「まるでアニメ第一話やシリーズ第一巻の様な、物語として多分に引きネタを残した投稿作品」が過半数を占める事。
  • 榊一郎 @ichiro_sakaki 2014-09-07 23:21:08
    受賞作がそのままシリーズ化する例は珍しくないし、そもそも、ラノベでシリーズでないものの方が少ないんだから、投稿者が「そういうもの」と思って書いちゃうのは仕方ない、仕方ないと思うのだけど、大風呂敷広げたまま畳まず、小エピソード一本まとめただけのものがやたらに多い。
  • 榊一郎 @ichiro_sakaki 2014-09-07 23:25:00
    完結している事、の定義は難しい、ラノベだと尚更、なのはこっちもよく分かっているのだけれどね……例えばうちの作品でいえばチャイカの第一巻位の内容で終わってる様な投稿作が普通にある。え? 遺体全部集めるまでやらんの? とか思ってしまう訳ね。
  • 榊一郎 @ichiro_sakaki 2014-09-07 23:41:15
    まあ、いずれにせよ、「ラノベの新人賞にはシリーズ第一作となる事を想定して、敢えて色々ネタを仕込んで、その大半はネタバレせずに(伏線回収せずに)置いておくのが『正しい』」と思われちゃうと、「いや、それは違う、違うんだよ(泣)」と言いたくなるというか。
  • 榊一郎 @ichiro_sakaki 2014-09-07 23:43:37
    続編を執筆可能な作品である事と、風呂敷を畳んでいない作品である事は違いますよ、とでも言いましょうか。例えばJOJO第三部で、花京院仲間になって、エジプトに向けて旅立つ、ところで一巻、としてこれを「完結した」投稿作として送ってこられると、「え?」となるというか。
  • 榊一郎 @ichiro_sakaki 2014-09-07 23:46:36
    まあ、個人的には一巻完結のネタとかも書かせて欲しいんだよなあ、という思いがあったところに、そういう投稿作がやたら増えたというのを、自分でもここ数年見てきたし、話にも聞いてきたので、業界全体の問題(でも商売としては仕方ない部分がある)なんだろうなあと嘆いている処でありますよ。
  • Twitterでの応答
  • team TO @team_TO101 2014-09-07 23:23:49
    @ichiro_sakaki 純粋に投稿デビュー作で一巻完全完結ってのは最近確かに少ないですね。
  • 榊一郎 @ichiro_sakaki 2014-09-07 23:27:57
    @team_TO101 なので、きっちり閉じていない、シリーズ第一巻みたいな投稿作が多いのは、ぶっちゃけ、業界の側に問題があるんですよ。それは百も承知しているので、さて、どうしたものかと頭を抱えている状態。
  • のけもの社会を嘆く神無・京月邸 @kyougetsutei_ka 2014-09-07 23:24:01
    @ichiro_sakaki 最近は漫画でも小説でも、ジャンプみたく読者煽らないと売れなくなっているんでしょうか?
  • 榊一郎 @ichiro_sakaki 2014-09-07 23:29:15
    @kyougetsutei_ka 読者をどうの、というよりも、「ラノベってデビューしたら、そのデビュー作をシリーズ化しないといけなんでしょ? だったらその為にネタは残しておかないと」的な理解をされているのではないかと。そしてそう投稿者が思ってしまうのは、ある意味、当然なのです。
  • Masahiko KIMOTO 木本雅彦 @masahiko_kimoto 2014-09-07 23:24:38
    @ichiro_sakaki 審査側も、デビュー作後に話を広げられるかという観点で評価していたりしないでしょうかね。少なくとも、応募者に、そういう評価軸があるように思われている気がします。
  • 榊一郎 @ichiro_sakaki 2014-09-07 23:31:53
    @masahiko_kimoto まあ、多少そういう評価軸はあるでしょう。ですが――どういえば良いのかな。「続編を書ける話」が、必ずしも「あちこちに畳んでない風呂敷を露骨に残している」訳ではないですよね。
  • 壱札キセキ @Violet_Magician 2014-09-07 23:25:13
    @ichiro_sakaki >榊先生、初めまして。今回このツイートについてお訊ねしたいことがありましたので、リプさせてもらいました。――先生は「引きネタを残した作品」が気になると仰られます。では、続けようにも続けられない一発ネタ(例:主人公死亡など)の場合はどうなのでしょうか?
  • 榊一郎 @ichiro_sakaki 2014-09-07 23:26:59
    @Violet_Magician 普通に主人公生き返らせた作家さんいらっしゃいますよw まあそれは極端としても、引きネタを残したと言うより、「とりあえず意味深に広げた風呂敷を畳んでない」のが、「えっと、畳める……よね? 大丈夫?」と不安になったりするのです。
  • 壱札キセキ @Violet_Magician 2014-09-07 23:34:26
    @ichiro_sakaki >お返事ありがとうございます! ――なるほど。つまり「シリーズものとしての続行も可能だが、応募原稿のみで伏線を全て回収しているもの」が良いということでしょうか? 例えるなら、殺人事件発生から犯人逮捕までを書いたミステリのように。
  • 榊一郎 @ichiro_sakaki 2014-09-07 23:54:36
    @Violet_Magician まあそんな感じです。例えば、これが、敵側にモリアーティ教授とか二十面相がいて、一巻では逮捕されないってのは別に良いのです。しかし、例えば一巻のトリックの全てが解決されないまま、とりあえず犯人は逮捕したぞ、終わり、みたいな話になるとちょっと、と。
  • 壱札キセキ @Violet_Magician 2014-09-08 00:05:03
    @ichiro_sakaki >それは読者としてもあまり読みたくない展開ですね。では変な表現になってしまいますが、投稿作の場合「枚数の多い短編を書く」という意識の方が良いのでしょうか? 短編の場合、時雨沢恵一先生の「キノの旅」などを見ても一つの物語で完結していることが多いので。
  • 榊一郎 @ichiro_sakaki 2014-09-08 00:15:03
    @Violet_Magician そうですね。勝手な言い分になってるのは百も承知ですが、編集部や出版者側から見て理想的なのは「枚数の多い『連作』短編を書く」だと思います。キノの旅はまさにそれですが。<連作短編
  • 壱札キセキ @Violet_Magician 2014-09-08 00:22:28
    @ichiro_sakaki >先生の仰られていることはご尤もだと思います。自分もアマチュア物書きとして注意しなければならないことですし、今回のご回答は大変勉強になりました。改めてお礼申し上げます。――なるほど、枚数の多い「連作」短編が理想なのですね。
  • AKIら @1212__kei 2014-09-07 23:26:25
    @ichiro_sakaki 実際そういう作品が受賞してたりもしますしね......
  • 榊一郎 @ichiro_sakaki 2014-09-07 23:33:09
    @1212__kei そうです。そしてそれが売れもするし、プロもそういうものを出しているので、投稿者を責める訳にはいかんのです。しかし、そもそも広げた風呂敷をたためるかどうかが分からない、という不安がつきまとうので、その辺がどうにも。
  • 我乱堂 @SagamiNoriaki 2014-09-07 23:26:55
    @ichiro_sakaki ちゃんと完結した話送ってくださいね、というのは90年代初期の富士見ファンタジア大賞の関係のドラゴンマガジンの記事で何か読んだ覚えがあるので、昔からある程度はいたんでしょうね…近年はそういう人たちが特に増えた、ということかもです。
  • 榊一郎 @ichiro_sakaki 2014-09-07 23:34:53
    @SagamiNoriaki 完結の定義も色々あるとは思うのです。何というか、「それ、この設定と世界観と物語構造では本筋だよね?」と思う様な部分も閉じずに、主人公達の顔合わせのエピソード一本で終わったりすると、微妙に「うーん」と思ってしまうという。

コメント

  • ええな@ねこガブリエル @WATERMAN1996 2014-09-08 21:08:02
    これはちゃんとした1巻完結型の作品を読んでいないから、というのがあると思うなあ。ラノベって基本的に連作ばかりでしょう、そういう作品を書くのも仕方がないかも。榊一郎「ドラゴンズ・ウィル」、野尻抱介「ロケットガール」、小川一水「時砂の王」、山本弘「時の果てのフェブラリー」、田中芳樹「夏の魔術(連作だけど)」、この辺は読むだけで勉強になると思うなあ。
  • 中島飛行機本が発売中 長島芳明 @nagasimayosiaki 2014-09-08 22:44:40
    見えてきた解は、「地区優勝」「県大会優勝」「全国大会優勝」「武者修行期間」「世界大会優勝」と少しずつスケールを大きくする手がある。編集部は「まずは主役を地区優勝をさせてください。それからです」というところだろう。
  • 幸福太郎 @koufukutarou9 2014-09-08 23:21:25
    シリーズ物ラノベの一冊目ってここで終わってもおかしくないし、続きが出てもおかしくないって感じで不思議な味わいなのですよね。
  • bashiny(ばしにぃ) @hiro_orso_viola 2014-09-08 23:25:06
    入賞作品がそのまんまデビュー、ってのもどうかと思う。漫画ではありえないでしょ。受賞作品を掲載はするけど連載はまた別。
  • wahhaman_ @wahhaman_ 2014-09-09 01:42:50
    (´-`).。oO( デビュー作かはともかく読み切りスタートで連載化はありえますな>漫画 )
  • magius@MLPS @magius776 2014-09-09 03:40:21
    この作家はやたらと目にするがいつも頭を抱えるだけだな。とりあえず1巻完結作品でも募集したらどうかね。集まらなければ解散だな
  • ええな@ねこガブリエル @WATERMAN1996 2014-09-09 05:38:47
    ラノベはもう20年も前から基本的に長編指向で刊行されていて、読者の反応が悪ければ後を出さないみたいな作品が多いと感じる。「とある魔術の禁書目録」「ゼロの使い魔」「魔術士オーフェン」「フルメタル・パニック」ですらそんな感じの始まり方で、これを1巻でおしまいですよ~と言われると釈然としない感じ。
  • ええな@ねこガブリエル @WATERMAN1996 2014-09-09 05:48:41
    前述の夏の魔術は1988年刊行、ロケットガールは1995年の作品だが、1巻で設定を出しきりつつ設定だけで2巻目以降を出したという視点で見ると凄い作品だから。必要なのは設定を出し惜しみすることではなく純粋に物語作りの力であるということが分かる。
  • Akihiro Takada @umebayashi 2014-09-09 08:50:10
    出来がいいのに1巻で完結してしまい、読者を残念がらせる作品もあると思う。紫色のクオリアとか。
  • undo @undosystem 2014-09-09 09:05:12
    確かにシリーズ物は多いけど、なんとか賞受賞作!という触れ込みで刊行されてる作品は普通ここで求められてる条件を満たしてると思うんだけど。投稿者って過去の受賞作を研究したりしないのかな?
  • 江州藤原氏/発達障害当事者なんですこれで @hipponmaster 2014-09-09 10:15:01
    彩雲国物語が受賞したときに、明らかに完結作品じゃなかったと聞いたなぁ
  • 人形使い@冬コミお疲れ様でした! @doll_player 2014-09-09 10:33:48
    映画の予告編効果と同じで、web作品なんかだと完結してない作品のほうが「次どうなるんだ!?」という読者の期待感を簡単に煽れるので1作完結の作品よりも人気がでるものの、結局エタってしまう、というケースはよくあると思います。話を完結させるというのは物書きにとって最低限マスターしておくべきテクニックのはずなのに、それができていない作品のほうが人気を集めてしまうという皮肉
  • bn2 @bn2islander 2014-09-09 11:59:58
    一巻ですべてを完結させてしまうと、シリーズ化した場合成立するのかという不安はつきまとうでしょうね。
  • bn2 @bn2islander 2014-09-09 12:00:52
    もっと言うと、一巻で完結する作品を書いてしまうと、一巻で終わらせるべきだった作品をシリーズ化されてしまう不幸に繋がりかねないような
  • すぎラーメン@3日目東S40a @kafunsugi 2014-09-09 18:27:20
    受験生が赤本で入試問題を研究するように、ワナビもレーベルで出ている本で研究するのが当然の成り行きだと思っていたが、どうやら違うようだ。
  • すぎラーメン@3日目東S40a @kafunsugi 2014-09-09 18:32:54
    このまとめしか読んでないから詳細は分からんが、「まるでアニメ第一話やシリーズ第一巻の様な、物語として多分に引きネタを残した投稿作品」がダメな理由が榊さんから明確に示されてない。だったらある程度の「引き」は残しておいたほうがいいと思ってしまうのは、昨今(というか15年くらい前から)の受賞作の扱いから言って当然の流れだろうに。頭を抱えるのはワナビでしょうよ。
  • Metallis(PIU筐体買取中) @c7R1S0tU 2014-09-09 22:15:42
    ソードアートオンラインの一巻の気持ちよさと続きへのワクワク感は異常
  • ええな@ねこガブリエル @WATERMAN1996 2014-09-09 22:39:58
    たとえば「ゼロの使い魔」の1巻を例に出すと、サイトの召喚から始まる物語はサイトの帰還で閉じなければならないということだと思う。無論「帰れない」という形でも良いのだけど、それははじめから帰れないという形にするのではなく、手の届くところまで行ったが届かなかった、という形で閉じるということだろう。つまり行きて戻る物語でなくてはならないと。
  • akita_komachi @antiMulti 2014-09-09 22:58:37
    完結しない作品が多い印象なので、いわゆるライトノベルは敬遠しちゃう。一巻目が登場人物紹介に終始しているのも嫌。 高千穂遙さんの「ダーティペア」シリーズとか、火浦功さんの「スターライト」シリーズみたいなのは好き。最近だと東野圭吾さんの「ガリレオ」シリーズなんかも読みやすい。
  • akita_komachi @antiMulti 2014-09-09 23:02:49
    「まるでアニメ第一話や・・・・」というのがどんなのかというと、(僕の勝手な想像だと)、物語になんの必要性もない思わせぶりな登場人物や世界観設定(説明)がやたらと出てくるような作品ではなかろうか。 「○○先生の次回作をお楽しみに」な打ち切り作品みたいな強引な終わらせ方と、解決しない謎の数々、みたいな。
  • 言葉使い @tennteke 2014-09-09 23:11:18
    麻耶雄嵩「夏と冬の奏鳴曲」講談社>>例えば一巻のトリックの全てが解決されないまま、とりあえず犯人は逮捕したぞ、終わり、みたいな話になるとちょっと、と。
  • 言葉使い @tennteke 2014-09-09 23:14:02
    推理小説の江戸川乱歩賞が、第38回から受賞作が映像化されることに決まったため、映像化が難しい作品は落とされるようになった、と言う人がいました。映像化(アニメ化)が難しい作品はどうでしょう?
  • 大韓朝帝国皇帝王 @DAIKAN_CHO 2014-09-09 23:15:10
    電撃あたりの受賞作品は一話完結が多かったんだけど、あらかじめシリーズかを考えた設定ってのは時代の流れもあるのかもしれないなあ。クリス・クロスとかブラックロッドとか、古典(あるいは廃盤)になってるかもしれないけど、古本屋で捜してみると良いかもね。
  • 名無し岩手県民(鯨美味い) @iwatekenmin01 2014-09-09 23:17:19
    完結しない作品ばっかの架空戦記のことは言わないでください!!!!!!!!!!
  • まくのうち @McNouchi 2014-09-09 23:19:49
    榊さんが憂慮されてるのは大目的(例えば「魔王を倒す」とか)が提示されてるのに四天王のひとりを倒して俺たちの戦いはこれからだ! みたいなオチになっちゃってることなんじゃないかなと思いますね。続けるにしても魔王を倒したぞ! 完!→「奴は四天王の中でも最弱……」となってればなあ、みたいな印象を受けました。
  • ふぁむ㌠ @phantom0730 2014-09-09 23:31:58
    レーベル側が「掲載に足りうる作品を書ける作者」ではなく「掲載する作品」を求めているのだから、投稿者がソレを汲み取って連載作品のていで投稿するのは当然ですネ。そも原因は氏の言うように作家を育てる土台を引き受けない出版社側なので「何故完結作品を投稿しないのか」では無く「何故完結作品を評価する場を作れないのだろう」と自身を省みる方向で悩むべきです。
  • 間中瑠玖 @ManakaELK 2014-09-09 23:39:19
    ん? 魔王を倒して平和になったら最後の数十秒でゾーマみたいなのが出てきて、登場人物が構えた瞬間エンディングになった、映画版モータルコンバットの話してます?(もちろん2なんて無い)
  • 間中瑠玖 @ManakaELK 2014-09-09 23:42:47
    元書店員としては、ラノベは作家名よりもシリーズ名で売れる傾向が強く、銀賞の荒っぽく始まった続き物のほうが、綺麗にまとまった結果すぐ完結した(する)大賞作・金賞作よりブレイクしたり長く続くことが多く、大賞・金賞・特別賞が1巻完結だと、その作家の次作がスロースターターするという傾向を 個人的には チェーン店総売り上げとかから感じてたので
  • 間中瑠玖 @ManakaELK 2014-09-09 23:47:24
    ヒット作(≒銀賞出身の作品)を見てラノベ目指してた人が、それらの1巻を参考にしたら、それはまぁ続き物が前提の作品が増え続けるのも、仕方ないのでは? と。短編集じゃなくて、かつ1巻完結のラノベって、そもそも本屋に滅多に置かれてないですよね。すぐBになったり無印になったりするし(←オススメ度のことです)
  • 間中瑠玖 @ManakaELK 2014-09-09 23:54:12
    >「ラノベ新人賞で投稿作として求められるもの」と「ラノベの商品として出回っているもの」のギャップの問題  「そもそも出版社がラノベ欄でオススメとして書店に推してくる作品」の時点でギャップが酷い(その作家の短編集、1巻完結の作品だけ無印)んですから、そりゃあ「商品として出回ってるもの」はもっとギャップが出来るでしょーねー。って
  • trueよりも浅い場所 @ibaranika 2014-09-09 23:56:16
    滝川羊の風の白猿神が話題に出てこないのが寂しい…富士見ファンタジアの新人賞で、物語があきらかに完結してないため物議をかもしたものの大賞になった作品…。結局いまにいたるまで続きは出てないけど
  • 有村悠%1/22砲雷撃戦・に-10 @y_arim 2014-09-10 00:40:06
    運良く新人賞とったとして、その後続きが書けるように改稿させるのは「編集者の仕事」なんで、作者はそんなこと気にせず綺麗にまとまる作品書いたほうがいいように思う。
  • 超icbm @ssicbm 2014-09-10 01:42:37
    要するに佐藤大輔みたいなの量産してるんだろ?人気があるから終わる必要がないだけで。 1巻完結なのに十年後に続編出せるような改定と続巻を出したSF作家だって居るんだから、まず完結させるのが優先じゃないかなあと。
  • Soco2@粗忽P @Soco2P 2014-09-10 02:53:50
    McNouchi いや昨今の流れからすると、四天王一人倒すどころか下手すりゃその部下が煽るだけ煽って逃走で終わってるんじゃないですかね。
  • Soco2@粗忽P @Soco2P 2014-09-10 03:03:15
    投稿作がちゃんと完結してないのって、今どきのラノベを見て長編大作前提に書いてくるのももちろんあるけど、ちゃんと話考えてないけど続編やるときにまた練ればいいやー、みたいな甘い考えもある気がしないでもない
  • 高嶋ぽんず@超健全アカウント @ponzz 2014-09-10 08:37:51
    菊地秀行のトレジャーハンターシリーズや魔界都市シリーズなんかが好例。理想はああいう形態なんだろうとは思う。実際、あっちのほうが読み物としてすっきりおさまってて面白いと感じるし。長編も面白いとは思うけど、付き合い感覚もまた大きくなって行くので、新鮮味が薄れちゃう。
  • さく @sakuro 2014-09-10 08:39:29
    ibaranika まっさきに思い出したタイトルがそれでした。言及してる人がいてよかった。
  • 高嶋ぽんず@超健全アカウント @ponzz 2014-09-10 08:46:06
    そして話を完結させる、という点で見れば、現状よほどSS作家さんのほうが優れてるのも事実。話を閉じられないうかというのは、コース料理を作りますと言っておきながら、ラストのデザートを作らないまま閉店を客に告げて帰れと言うようなもの。
  • るぞ @traptrick 2014-09-10 15:07:26
    「旅する主人公」形式がほぼなくなったのが痛い気がする。あれは完結させやすく続けやすい。もちろんこの形式でもオーフェンの秋田氏の投稿作みたいに、主人公のうちの一人死んでたら続けられないけど。
  • るぞ @traptrick 2014-09-10 15:12:31
    水戸黄門形式・寅さん形式、って結構大事。主人公がある特定の問題を片付けて次に行く形式だとプロものもあるけど、あれは主人公に変化が訪れなくて完結感が弱い。最後に旅立つと主人公にも変化があるから良い。
  • るぞ @traptrick 2014-09-10 15:19:32
    時代を語ってしまうと、今の時代安定を求める傾向が強い以上、定住せず定職つかず旅する主人公は、共感を呼ばなくて避けられる。ロードムービーも国内じゃはやらないしね、今。
  • CD @cleardice 2014-09-10 15:38:53
    昔は「新人」を探していたけど最近は「商品」を欲しがってるように見える
  • 大石陽@聖マルク @stmark_309 2014-09-10 21:05:08
    自分は巻数が多い作品って基本的に手を出さないな。やっぱり小説は一巻で完結するものという意識がある。シリーズになっててもそれぞれの話はそれぞれで終わりというか。
  • 藤堂志摩子提督 @eternalsisters 2014-09-11 03:43:02
    ふと思ったけど、「小説家になろう」への投稿小説に慣れきってしまった人ほど、伏線を上手く回収しない、ちゃんと完結させられない小説を書いてしまうのではなかろうか?
  • 闇のうんこ食べ隊 @nonsensecodon 2014-09-11 04:32:33
    いまじゃラノベなんて全く読まないけれど、富士見ファンタジア大賞第1回のリュカオーンは素晴らしかった
  • ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2014-09-11 11:06:16
    こまけぇことはいいんだよ。面白きゃいいんだ、面白きゃ。
  • nekosencho @Neko_Sencho 2014-09-11 18:22:32
    「読者が納得できるレベルのオチはつけろよ」を、言葉を飾りすぎてうまく理解されてないだけのような気がしないでもないw
  • 天たくる @ten_tacle 2014-09-11 20:14:45
    「ブギーポップは笑わない」や「涼宮ハルヒの憂鬱」なんかは一巻で完璧に話がまとまって終わっているのによく続けるもんだと思ったが。最初から二巻以降を考えて消化不良になっていては、これらみたいな傑作にはなり得ないと思う。
  • はくまい @hakusaipudding 2014-09-11 21:49:52
    禁書もSAOも、ちゃんと一巻で大団円というか物語が完結していますよね。 そう、インデックスさんもアスナさんも、一巻で輝いているから一巻を何度も読めばいいんだ・・・
  • Schizophrenie @Schizophrenie__ 2014-09-11 23:28:05
    一巻完結の最近での大ヒット作は何があるのだろう。ライトノベルは流行り廃りが一般小説より速い気がするので、過去の一巻完結の名作は古典に分類され、投稿者は読んではいてもその様な古典的形式では登投稿作を書かないのではないか?
  • 聖ムシモンライヒ好き朽木バエ桜花 @D_reichei_ouka 2014-09-12 00:00:39
    ラノベだから仕方ない、物事を完結できないから
  • ぱんどら @kopandacco 2014-09-12 01:01:45
    問題はどっちかとゆーと一作目で終わってないことじゃなくて、そのせいでつまんない話になる事なんでは。あからさまに引きがあろうと、未回収の伏線があろうと、単体として完成度が高ければ「ちくしょー面白いじゃねえかよ続きも読みてぇー」になるだろうし賞だってもらえるだろう。
  • 生シラス丼のはくまに @haku_mania_P 2014-09-12 02:08:28
    榊さんがすでに書いておられるけど、これ大半は編集側のせいじゃないかなあ。実際、受賞作や新人の作が世にでると、大概「続きがあります」で終わるんだもの。それが元々そうであるのか、編集の意向で書き換えられてそうなったものなのかは、読者には判らない。で、元読者側である投稿者は、受賞ないしデビューするには、そう書かないといけない、そう書かないと選ばれない、そう書いたほうが有利であると分析する…っていうことなんじゃないかな。
  • エビゾメ|2/4砲雷う-13 @ABzome 2014-09-12 06:06:08
    意見がバラつくのは焦点が絞られてないからなのかな…… 「伏線の残し方の是非」と「単体完結が欲しい話」は共通問題のようで全く別々の話題なのかも。
  • nekosencho @Neko_Sencho 2014-09-12 08:45:11
    あー、もしかして、たとえば宇宙戦艦ヤマトでの「イスカンダルに行って放射能除去装置をもらってくる」みたいな大目的を提示しておいて、目先の目的(ヤマトで言えば冥王星基地撃破)達成した程度で終わってるみたいなレベルでの伏線未回収なのかな?
  • 飯だ!KSK! @MprojectKSK 2014-09-12 08:54:35
    勝手に頭抱えてるけど本当に頭抱えたいのは読者の方だろ
  • 飯だ!KSK! @MprojectKSK 2014-09-12 08:56:43
    読者じゃなくて投稿者か。一冊完結が皆無なのに誰も不利な完結型で勝負しようとは思わないでしょ
  • nekosencho @Neko_Sencho 2014-09-12 09:29:29
    逆に考えれば、きっちり終わらせれば目に留まりやすいって言ってくれてるわけだからありがたいんじゃね?どうせ出版にこぎつけるとしたらそれなりに修正や書き直しはあるんだし、次回に向けた伏線とかが必要ならそのときになんとかなるでしょ
  • 大石陽@聖マルク @stmark_309 2014-09-12 13:14:10
    デビューは一冊完結の長編で次からシリーズ、という作家だっているわけだし、一冊完結が皆無? 一冊完結の作品のほうが世間じゃ多数派だろう。
  • バルログ @barurogu555 2014-09-12 14:30:20
    そら「儲け」の事しか考えて無くてそういう作品ばっかり今まで賞与えてきたんだから、書く側もそういうもんじゃないと入賞出来ないと思ってそういうもん書くわな
  • NiKe @fnord_jp 2014-09-12 16:53:12
    この数年、久しく離れていたラノベを買うようになったんですが、ことごとくシリーズものでしたよ。これってどういうことなのかな。
  • 伊藤 @ichi_plus 2014-09-12 17:33:41
    ManakaELK ラノベ関係無いからコメントするかどうか悩んだけどやっぱ伝えたほうが良いかなと思うので・・・映画版モータルコンバット、続編出てるので1作目の引きで気になったのなら是非!
  • 腐っても斉木楠雄アニメ2期見ろ @kusattemoevill 2014-09-13 03:17:27
    1巻完結で最近有名になった作品っていうとオールユーニードイズキル思い出すけど、あれもメジャーになるまで時間かかった(というか映画企画が持ち上がってから知名度大分上がった)から、なんかラノベ業界の1巻完結の立場ってホント危ういんだなあって。
  • 腐っても斉木楠雄アニメ2期見ろ @kusattemoevill 2014-09-13 03:22:35
    とすると、ラノベ業界での最適解は、シリーズ展開可能な1巻完結で受賞→それをシリーズ化して展開→デビュー作完結or並行可能ならデビュー作と同時作業で1巻完結なりショートシリーズに手を付ける、みたいな感じなのかな。 デビュー作のシリーズはあまり長くなると他のが書けないし、かと言って短すぎると小奇麗にまとまるので五巻以上十巻以下が適当か
  • 腐っても斉木楠雄アニメ2期見ろ @kusattemoevill 2014-09-13 03:25:17
    小説でもラノベでも、1巻執筆する上で映画はかなり参考になると思うんだけど、ラノベ目指してるワナビはあんまり映画見ないのかな? 単に傾向を鑑みて伏線大量投入してるだけ?
  • とじぇ @Traveler_Joe 2014-09-13 10:23:13
    結局「作家として:まとめる能力がある」「商品として:シリーズ化できる」の2つの評価軸が作品にあって相反するってことでしょうか。作品としては、まとめ力があることを証明した作家がシリーズ作品を別で書くのが良いと思うのですが、やはり受賞作品をそのままシリーズ化した方が売れる現実ということなのかなと。
  • とじぇ @Traveler_Joe 2014-09-13 10:49:34
    個人的には、そもそも「シリーズが売れる」という前提に対して、今後何冊買えばいいのかわからないものより「n冊で完結」のほうが手を出しやすいという個人の趣味があります。手に取った1冊で満足を得たい派。ので、売り手側は完結した作品ももっとプッシュしても良いと思うんですよね。これゲームだとシナリオ完結させてから作品売りますよね。それと一緒。
  • ogtk5tdh @ogtk5tdh 2014-09-13 10:51:32
    売れるシリーズになる作品、売れるシリーズを書ける作家を見つけるためにあるんじゃないの? 1巻完結でヒット作が次々出るならそれもいいけど、実際ラノベじゃシリーズの方が手堅いでしょ。 あと、トップの作家や編集が自分がこうやってトップになって市場を拡大したというならともかくその他の人間が言ってトップが違うこと言ってたら「それ敗因じゃねーの?」と思うだけだが。
  • oota @oota_kun 2014-09-13 12:29:47
    「受賞作でそのままデビュー」と「基本は連載」という小説と漫画の文化がハイブリッドになってるのがよくないんでしょう。
  • なが @k_watarase 2014-09-13 13:52:59
    次回以降の引きがある作品がだめというか、その作家にたためる力があるか不明なのがだめなんじゃないでしょうかね。完結してる作品ならそれが評価できるけど、あからさまに続く作品だと判断できないでしょうし。
  • こんぽた @cornpt 2014-09-13 16:08:58
    最初から3~4巻分送ってもらえばいいのでは……
  • Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2014-09-13 16:34:59
    明確に賞で優劣を付けるのはどうでしょう? 1巻完結(出版時にも変えない)を最上位として、SS系連作セット1巻分、1巻完結(出版時には相談ののち続刊に変更になりうる、エントリーは最上位と同枠)、続刊前提長編、短編の順とかで優劣があれば、おのずと傾向が変化するのでないか。という希望的観測。
  • ogtk5tdh @ogtk5tdh 2014-09-13 20:29:48
    k_watarase ヒット作のほとんどは完結前にヒットしてると思うのでたためる力って本当に必要なんでしょうか?
  • navyfox @navyfox 2014-09-14 01:56:32
    漫画だと読み切りは珍しくないけどラノベだとそういう媒体が少ないってのもあるんですかね…
  • ephemera @ephemerawww 2014-09-14 02:26:41
    マンガの編集部は「自社の商品を作家に作らせる」発想。だからデビュー作を連載させたりはしない。デビュー作で見るのは「自社の商品を作る能力があるかどうか」だけ。ところがラノベは「売れる商品を持ち込んでくれるかどうか」で見ている。だからこういうことになる。これは逆に言えば作家を育てる気がない、作品を使い捨てるつもり、ということ。反省すべきなのはあんたらだよあんたらw
  • ephemera @ephemerawww 2014-09-14 02:33:42
    応募する方も「売れる作品を書けばいいのか」「この作品が終わったら使い捨てられるのか」となれば、そりゃ続き物の作品を応募してくるわw そもそもラノベの編集部の発想が根本的に甘ったれてる。ラノベは同人やネットでヒットした作品をそのまま出版化したようなのも多いだろう。つまりローカルで売れてるものを仕入れてきて流通販路使って大規模に転売してるだけ。商品をクリエイトする気がない。楽に儲けたいという単なる転売屋だ。編集者を気取ってるがそもそもその能力あるのかよ? こっちが頭抱えるわw
  • ephemera @ephemerawww 2014-09-14 02:46:10
    で、ラノベ作家の側にとっても「売れる作品を書けばデビュー」「作品が面白ければデビュー」は書きやすい。同人誌と同じ感覚で書いてデビューなんて美味しすぎる。漫画家はデビュー作で連載なんてレア。好きでも無いジャンルのマンガを書くように編集に言われることもある。でもラノベのデビュー作で連載ならそんなストレスはない。転売屋でしかない甘ったれた編集部が、自分の描きたいものだけ書いて幸せになりたい甘ったれた作家を募集してる。そんな業界を作ったのはどう考えてもラノベの編集だわw
  • iMizuki_HMP @iMizuki_HMP 2014-09-14 04:13:42
    でも、一巻完結で審査員などから評価が高い作品を書いた作者がその後鳴かず飛ばずという事例がけっこうあったりするのがなあ。 逆に、シリーズ作品募集賞とかやってみたほうがいいんじゃないかとか。 いろいろと手間省く意味で。
  • 雄介 @Cole_Destin 2014-09-14 07:01:42
    ogtk5tdh 現在進行中のシリーズものに人気が出るのは結末が気になるから。あんな強敵をどうやって倒すんだろうとか、このカップルは幸せになれるのだろうかとか、その答えを知りたくて夢中になるんだよ。散々引っ張った挙句何のオチもつけずに投げ出したら読者の期待を裏切ったとして炎上叩きの的になるか、呆れられて見捨てられるかのどっちかだろうな。作品を完成させない作家なんて評価に値しない。
  • ogtk5tdh @ogtk5tdh 2014-09-14 08:07:59
    ephemerawww それが何か問題でも? 応募作の中から「売れるシリーズ作品」「売れるシリーズ作品を書く作家」を見いだすのが編集の仕事でしょ。すでに売れる商品が持ち込まれたらそれを出版するのは当然じゃん。
  • 猫又堂 @nekomatadou 2014-09-14 08:59:52
    昔完結が原則のファンタジア大賞で「物語として多分に引きネタを残した」どころか、「完全に連続物」な内容で大賞取ってデビューしながらそれから今日まで音沙汰がない「風の白猿神-神々の砂漠」と言う作品があってな。続きまだかよ20年近く待ってる奴がここに一人いるんだよ
  • 雄介 @Cole_Destin 2014-09-14 09:01:12
    WATERMAN1996 オーフェンの作者のデビュー作はオリジナルの1巻完結物なので、今回の例には当てはまらないかと。
  • ephemera @ephemerawww 2014-09-14 09:35:51
    ogtk5tdh 転売屋で問題無いというならそもそもこんな愚痴を言うなって話ですよ
  • 伍長 @gotyou_H 2014-09-14 12:35:39
    平たく表現すると、「5巻分の最初の1巻分しか投稿されてこないから、残りで完結してるかどうかわからないから怖い」から 「そもそも5巻分ておかしくね?」が混ざってきて、「投稿即掲載がそんなんだらけだからしょうがない」「投稿は投稿として『投稿分完結であるべき』だろ」 そんであの作家はーこの作家はー・・・という話になってるが、 つまりそういう人たちという「前例」があるわけなので、後続者がそれに倣うのはある意味必然かと・・・
  • arm147GO@舞鶴鎮守府 @arm1475 2014-09-14 17:03:50
    てか、続編書けそうな内容でも、投稿作品自体でひとまず話が完結している作品まで苦言を呈するのは正直如何なものかと
  • arm147GO@舞鶴鎮守府 @arm1475 2014-09-14 17:16:42
    作者の話の構成力を見極めたいならむしろ単行本ですぐ出せるがだらだらと風呂敷拡げる長編はやめて百枚くらいの中編〜短編で募集すりゃ良いだけの話。書き手の自由度を制約するようなもの要求したら極論だがキャラが全員死亡や世界破滅オチばかりになりかねんわ。
  • arm147GO@舞鶴鎮守府 @arm1475 2014-09-14 17:27:21
    確かに切りの良い話は評価に値するけど、やってることは商業作品の募集である以上、オチ以上に構成力を見極める事が大事じゃないの?
  • mnianzinno @mnianzinno 2014-09-14 18:06:04
    個性的なデビュー作だったのに、作を重ねるにつれてどんどんよくあるハーレム化する作家が多いことから考えると、ラノベのデビュー作は「売上考えずに好き勝手できる」最大にしてほぼ唯一のチャンスだと思うんだが、自分からそれを捨ててどうするのか。
  • ミャオ猫 @WAKUWAKUTAKKU 2014-09-14 18:06:36
    そういうのばっか採用してきたのは当の編集側だろ「悪いところもある」も糞も1000%アンタラの責任だ。作家の卵からすりゃ下手すりゃ死活問題なんだからそっちに傾くのは当たり前。なんだか「似たような学生ばっか集まる」とかほざいてる人事部と同じこというんだね。
  • ええな@ねこガブリエル @WATERMAN1996 2014-09-15 09:00:06
    Cole_Destin ラノベが長編前提で開始するのが今に始まったことではないという例ですので。20年こういう作品に囲まれていると1巻完結や短編を想定することが難しいのでしょう。
  • なが @k_watarase 2014-09-15 09:10:27
    ogtk5tdh 風呂敷はたたまねぇ!それで叩かれようが気にしねぇ!!っていうメンタルタフネスなら問題ないと思いますよ。作家は。出版社としてはそこまで割り切れないのではないかな、と。レーベルの信用問題になってしまいますし。
  • 児斗玉文章 @kotodamaxxx1 2014-09-15 09:11:46
    漫画だと、読み切りのラストではヒロインとベッドインしてるのに、好評につき連載したら何故か関係が後退してる恋愛ものとか結構あるけど、あれはあれで仕方ないってことなんだな。
  • ええな@ねこガブリエル @WATERMAN1996 2014-09-15 09:50:49
    漫画だと短編できちんと落せる実力のある人でないと連載を持たせてもらえないという話は聞きました(少なくとも15年位前は)。私は古い人なんで作家も古くなっちゃいますが、椎名高志、藤田和日郎の短編集は面白いです。
  • ええな@ねこガブリエル @WATERMAN1996 2014-09-15 09:57:35
    少年時代に見てものすごく印象的だった漫画短編としては、るろうに剣心の読切版と地獄先生ぬ~べ~の読切版だったと記憶している。細かい部分は忘れたけども、どちらもきちんと落としていながらも続きがすごく気になる作品だった。
  • kkazhiro @kkazhiro 2014-09-15 12:02:49
    作家さんが嘆くのはそりゃそうだろう、なんですが。これは編集さんというか書かれたものを出版して投資を回収する判断の権限を持ってる人の話を聞かないと先に進まない気が。編集と作家でも立場は違うでしょう。
  • 3mのちくわ @tikuwa_zero 2014-09-15 12:49:38
    賞を主催する出版社側が受賞させた作品とは、つまり望まれた作品なワケで、何が問題なのかさっぱり判らない。仮に問題があるとすればそれは投稿者(作家)側の問題ではなく出版社側の問題でしょ、どう考えても。
  • 3mのちくわ @tikuwa_zero 2014-09-15 12:55:52
    結局の話、投稿サイズに合わせた短編or完結した物語を望むならば、それは出版社側が予めそう前提しておくべき話であって、ド素人が生意気な口を利いて申し訳ないが、正直、榊先生が作家風を吹かしているだけのようにしか見えん。
  • ogtk5tdh @ogtk5tdh 2014-09-15 13:38:27
    k_watarase そもそも売れないのも出版社としては問題だと思いますが。
  • Schizophrenie @Schizophrenie__ 2014-09-15 14:45:09
    投稿作で完結していない作品ばかり>だったら1巻完結のラノベをバンバン出版しろよ。 という流れになるのは必然じゃないですかね。一般文芸に比べて一巻完結物少なすぎるのは事実でしょうから(一巻打ち切りはいっぱいありそうですが)
  • なが @k_watarase 2014-09-15 18:27:16
    ogtk5tdh そうですね。商業活動ですから。ただ「未完の作品」とみなされてしまう可能性があるなら、危ない橋ではないでしょうか。榊一郎先生がこのようなtweetをなさったのは、惜しい作品(レベルは高いのに「未完」とみなされて選考基準から外れてしまう作品)を多く見てこられたからではないかなと思ったのです。
  • 久保田弥代/plummet @plummet 2014-09-15 20:03:14
    _(´ㅅ`_)⌒)_ 受賞後の出版物を指して「投稿作」と言っているなんてことはないと思うが、下読みの時にあからさまな「俺たちの戦いはまだこれからだ」な作品と出会ったことはほぼないですな。
  • ogtk5tdh @ogtk5tdh 2014-09-15 22:15:53
    k_watarase 惜しいなら拾い上げて育てればいいでしょ。賞取って売れてるものあるようですし。
  • あっきぃ。@いろいろつぶやくやつ @akkiy_ya 2014-09-16 00:34:08
    GA文庫編集陣の呟きでもあるけど、「○頁不要」や「終盤の展開が~」という評価はかなり多い印象。書き手側は受賞後のことを考えて第1巻を書いて送るけど、選ぶ側として見たら、賞として選考する場合は1巻完結が良いって考えなんだろうな。ワールドそのものは作者が自由に考えていいけど、1冊分にまとめる以上は始まりがあって終わりがある作品にして下さいね、と。
  • あっきぃ。@いろいろつぶやくやつ @akkiy_ya 2014-09-16 00:45:20
    最近読んだのだと「最弱無敗の~」の1巻は色々設定がある中で、過去に国を滅ぼした英雄の正体と主人公の秘密にスポットを当てて一通り明かしている。今度アニメ化される「俺、ツインテール~」1巻は、主人公が謎の少女と会って、その少女に関わる秘密を知り、決意を固めて強敵を倒すまでが描かれている。続き物が多いからと言う人もいるが、ちゃんと区切りを置いている作品はその後も続くし、逆に区切れない作品は途中打ち切りで消えている。大切なのは、これが謎だと提示したものを1冊の中で消費しきることなのではないだろうかね。
  • ミャオ猫 @WAKUWAKUTAKKU 2014-09-16 03:07:19
    ogtk5tdh まさにその労を出版社側(申し訳ないが本当のところはラノベレーベル側)が明らかに惜しんで『即戦力』ばかりに傾いているところに今回のコレが起きているわけで…… 鶏卵論ではないですが「それやってないからこの騒ぎなんですよ」としか。賞取ってるのはレアケースです、ホントに。
  • 天たくる @ten_tacle 2014-09-16 12:48:00
    榊先生の呟きはいつもそんなだけど、きつくならないように言葉を選びすぎて一番伝えたい人に伝わらない内容になっている感じ。続編意識して謎が解消されなくて決着もつけていなくてつまらない話になるのが問題なんであって、面白ければ「まるでアニメ第一話やシリーズ第一巻の様な」作品だろうが榊先生も誰も文句言わないと思いますよ?
  • 天たくる @ten_tacle 2014-09-16 12:58:27
    続編のことなんて考えずに一つの作品として完結させた方が面白い話になりますよ、てアドバイス以上の物じゃない(まとめられた他の作家も皆同意見ですし)だろうに。現に出版されているのはシリーズ物ばかりって反論にも何にもなってないけど何が言いたいのか。
  • くわたろ @kuwataro 2014-09-17 00:30:21
    1冊完結の戦略拠点32098で賞とってデビューした長谷さんは例外なのか
  • クソダサ英字プリントTシャツマン @nobocchinolife 2014-09-25 03:15:05
    ていうか売れるのはシリーズ物ってわかりきってるんだから最初から優秀なシリーズ企画を募集するシステムにすればいいんじゃないのか。単巻で優れた作品も一部にあるからそういうの見習いましょうねなんてマニアが言ったところで世間で売れてる作品がシリーズ前提の作品ばかりならそりゃデビューから生活かかってる作家はシリーズ前提の作品書くでしょう。まあその上で一巻である程度まとまっていたら言うことなしなんだろうけど
  • クソダサ英字プリントTシャツマン @nobocchinolife 2014-09-25 03:18:04
    今の人気ラノベ作家ってデビュー作をそのままシリーズ化してずっと続けているようなことが多いのに、それこそ「勇者が魔王を倒す物語」みたいな長いスパンの作品だとデビューできないっていうのは問題じゃないのだろうか。だから一般人主人公が事件に巻き込まれて解決して新刊のたびに新しいヒロインと新しい事件に巻き込まれるようなストーリーの形ばかりに縛られてしまいがちなのでは?
  • CIA @CIA_urawa 2014-09-30 07:49:59
    作家側がこの内容で嘆くのは理解できる。編集者読んできて同じ内容で語らせてみたい。「漫画で連載前に読み切り描いてみろ」ってのはいい喩えだなあというか。
  • 青霊夢@C93 一日目コス参加 @Blue_Reimu 2015-05-20 08:49:32
    銀英伝も発刊当初「売れなければ一巻で終りね」って編集に言われて、単独としても次回作の伏線としてもいいようになってるのよね
  • クファンジャル好き @stylet_love 2016-09-14 23:36:34
    「最近のラノベ業界」じゃないだろ。未完の作品で大賞を出した富士見ファンタジアの頃からの問題だろ!! 風の白猿神とか!!
  • 流花@Breidablik @ruka_bre 2016-10-18 15:30:33
    これはもっと皆が知っておかないといけない話。
  • 名無しのえまのん @477_emanon 2016-11-20 17:37:49
    長編でもいいけど、作者が飽きたのか詰まったのか続きが出なくなったり、なにかの事情かいきなり話が駆け足になって打ち切り感満載の完結とかしなければいいです…(切実)
  • kosian64v( ・`ヮ・´)v @kosian64 2016-11-26 15:52:27
    逆だよね、むしろ読み手は“一巻”で綺麗に終わって続きあると「えっ?これ続きあるの??」となるから凄い気になる。「半分の月がのぼる空」がそんな感じ
  • 絶望党員 @zetuboutouin 2016-11-26 16:04:47
    読者が触れるのは「2巻も読める作品」がほとんどだけど、新人賞を審査する方は「2巻を読めない物語」を大量に読まされるハメになるんだよね。

カテゴリーからまとめを探す

「ライトノベル」に関連するカテゴリー

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする