#勝義方便メモ No.10

勝義方便メモNo.10のまとめとなります。 以下は「勝義方便メモ」過去ログ。 1 http://togetter.com/li/200586 2 http://togetter.com/li/219557 3 http://togetter.com/li/266384 続きを読む
4
川口英俊@往生院六萬寺@副住職@仏教 @hide1125

26)要は、仏道を歩む上での逆縁をしかるべく退けつつ、適宜なる順縁を修習していくことが悟り・涅槃へと至るためには必要となるため、その見極めをしっかりとつけていかなければならないというところであります。「覚触」というものもその見極めでなければならないと考えています。 #勝義方便メモ

2014-09-24 08:22:49
川口英俊@往生院六萬寺@副住職@仏教 @hide1125

27)もちろん、山下良道師の「青空」というものもそうであり、仏道を歩む上での順縁となる雲(法雲)でさえも完全に否定してしまうということになれば、そこは大いに問題があることになります。(法雲ももちろん実体としては存在していない、空であって縁起なるものであります) #勝義方便メモ

2014-09-24 08:27:16
川口英俊@往生院六萬寺@副住職@仏教 @hide1125

28)「青空」を悟り・涅槃の境地と同等に扱うのであれば、その境地へと至るための「縁」をどのように捉えるのかが重要なことになるはずです。その「縁」を無視しては、結局のところ何か因・縁なくして突然に顕れるような得体のしれないものとなってしまいかねなくなります。 #勝義方便メモ

2014-09-24 09:03:07
川口英俊@往生院六萬寺@副住職@仏教 @hide1125

29)もっとも大切となるのは、「青空」へと至るための階梯、至るための順縁を得ていくための説明、つまり方便をどのように調えるべきかであり、当然にそれぞれの機根に応じて必要となるはずで、ただ「青空が悟りです」と比喩的に述べるだけでは全く益にならないこととなります。 #勝義方便メモ

2014-09-24 09:10:57
川口英俊@往生院六萬寺@副住職@仏教 @hide1125

30)仏教内におけるコップの中の嵐からの卒業を目指すのが仏教3.0の目的であるべきで、それを仏教1.0も2.0も全てを肯定的・独善的・自己満足的に包括しようとするのは、正直、楽観的な救済理論、あるいは楽観的な現実全面肯定の理論に陥るような気が致しております。 #勝義方便メモ

2014-09-24 09:16:27
川口英俊@往生院六萬寺@副住職@仏教 @hide1125

31)とにかく、悟りとはいかなるものかを比喩的に示すよりかは、自己にせよ他者にせよ、その迷い苦しみの解決へと向けて、釈尊、如来による善巧方便の教説をどのように活かし、カスタマイズして、そして、現実に解決へと至るか、あるいは導くかが重要なことになるはずであります。 #勝義方便メモ

2014-09-24 09:25:38
川口英俊@往生院六萬寺@副住職@仏教 @hide1125

32)仏教3.0の目指すところは、いつまでも宗旨宗派に拘って、正しい、間違っている、優れている、劣っているなどと延々と続く水掛け論からの脱却を図り、各々の仏説に関する宗旨、思想・概念の独善・自己満足的な固定化をいい加減やめるべきであるのではないかと存じております。 #勝義方便メモ

2014-09-24 09:33:31
川口英俊@往生院六萬寺@副住職@仏教 @hide1125

33)仏教内における無益なコップの中の嵐を離れて、仏説、善巧方便の教説についての精錬されたカスタマイズ化を図ることで、個別具体的な方法論にて、各々に処方箋を吟味し施すことで、実際の効能をしかるべくに確かにしていくことが重要なことになるのではないかと考えております。 #勝義方便メモ

2014-09-24 09:38:13
川口英俊@往生院六萬寺@副住職@仏教 @hide1125

34)もちろん、精錬されたカスタマイズ化を図るためには、僧俗問わず、それなりの智慧と福徳の二資糧を確かに積んでいくことが求められるものとなります。その二資糧をいかに積むべきであるのかの精査を進めるのが僧伽のあり方になっていくべきであるのではないかと存じております。 #勝義方便メモ

2014-09-24 09:51:15
川口英俊@往生院六萬寺@副住職@仏教 @hide1125

35)仏教3.0へのアップデートというよりか、精錬されたカスタマイズ化を図るために、とにかく仏説とされるもの、善巧方便の教説についての全てを学び修する勢いで進めながら、基本となる戒・定・慧の三学の実践に取り組むことが大切なことになるのではないかと存じます。 #勝義方便メモ

2014-09-24 10:10:27
川口英俊@往生院六萬寺@副住職@仏教 @hide1125

36)さて、今回、「覚触」ということからやや話がずれてしまったようにも思いますが、とにかく悟り・涅槃へと至るための縁、順縁を無視しては、結局、悟り・涅槃が何か訳の分からない神秘主義的なものへとすり替えられてしまいかねないという懸念が出てきてしまうこととなります。 #勝義方便メモ

2014-09-24 11:27:54
川口英俊@往生院六萬寺@副住職@仏教 @hide1125

37)同じく、「青空」についても、誠にそのような懸念を持つところであります。「空性、青空を悟ること」を目指すのは結構なことですが、悟るための確かなる階梯というものこそが実際に必要となるものであり、例えば瞑想だけで悟れるようなものでは到底ないということでもあります。 #勝義方便メモ

2014-09-24 11:38:21
川口英俊@往生院六萬寺@副住職@仏教 @hide1125

38)仏教3.0は、バランス良くに戒・定・慧の三学の実践、智慧と福徳の二資糧を積んでいくことが求められるものになるのではないかと存じております。ただ、そのバランスを著しく欠いている日本仏教のありようをどう見直すべきかが先になるのも確かなのは確かなのですが・・ #勝義方便メモ

2014-09-24 11:45:07
川口英俊@往生院六萬寺@副住職@仏教 @hide1125

39)いずれにしても、菩提心を持ちたる各々が粛々と三学の実践、智慧と福徳の二資糧の集積に精進していくことが必要なことに変わりはなく、この浅学菲才の未熟者においても、当然に猛省と更なる精進努力が求められることとなります。それだけは確かではないかと存じております。 #勝義方便メモ

2014-09-24 11:51:49
川口英俊@往生院六萬寺@副住職@仏教 @hide1125

40)とにかく、楽観的な救済理論、楽観的な現実全面肯定の理論、神秘主義的な理論に陥ることなく、「空にして縁起なる存在」としての自己を捉えて、仏道成就のために、逆縁を退けて、確かなる順縁を集めていくことができるかどうかが大切なことになるのではないかと存じております。 #勝義方便メモ

2014-09-24 11:57:21
川口英俊@往生院六萬寺@副住職@仏教 @hide1125

41)また少し間が開いてしまっております・・とにかく、くだんの「覚触のZ→Z′ライン」については、覚触の定義の問題もさることながら、何が覚触へと至らせる因縁となるのかの説明が曖昧過ぎるという感じでございます。 #勝義方便メモ pic.twitter.com/6bbLGAtVKw

2014-10-05 09:24:23
拡大
川口英俊@往生院六萬寺@副住職@仏教 @hide1125

42)覚触のラインが悟りの境地であるならば、そこへと至るための因縁抜きにしては当然にあり得ず、それは、確かなる仏道の歩み、戒・定・慧の三学、聞・思・修の三慧の修習、智慧と福徳の二資糧の総合的な集積なくしてはあり得ないものです。例えば「定」だけとかでは到底無理です。 #勝義方便メモ

2014-10-05 09:44:18
川口英俊@往生院六萬寺@副住職@仏教 @hide1125

43)山下良道師の「青空」というものも、それが悟りの境地とするならば同様のことが言えるのではないかと存じております。「仏教3.0」の視座としては、現代社会に適した形で、智慧と福徳の二資糧をどのようにして総合的に集積していくべきかということになるかと存じております。 #勝義方便メモ

2014-10-05 09:53:10
川口英俊@往生院六萬寺@副住職@仏教 @hide1125

44)「仏教3.0」においては、「悟り」の境地が、どこか簡単で単純なるメルヘン的、ファンタジー的なおめでたい思想や方法で到達できるような甘いものではないという再認識とともに、釈尊の善巧方便の真意についての深い洞察が求められるものであるのではないかと存じております。 #勝義方便メモ

2014-10-05 10:13:45
川口英俊@往生院六萬寺@副住職@仏教 @hide1125

45)勝義方便メモNo.10 togetter.com/li/719545 気が付くと一ヶ月近く放置してしまっております・・とにかく楽観的な救済理論、楽観的な現実全面肯定理論、楽観的な包摂主義・包括主義で安易に納得しないようにすることが大切なこととなります。 #勝義方便メモ

2014-11-03 10:10:34
川口英俊@往生院六萬寺@副住職@仏教 @hide1125

46)来年のティク・ナット・ハン師来日を控えて、最近はマインドフルネスという言葉がブームとなり、頻繁に聞かれるようになりました。ただ、マインドフルネス、マインドフルネスとそれが至上主義みたいなものになって流行ると誠に厄介なことになりそうだと認識しております。#勝義方便メモ

2014-11-22 08:44:22
川口英俊@往生院六萬寺@副住職@仏教 @hide1125

47)仏教3.0提唱でマインドフルネスを深く知る山下良道師・藤田一照師、両師の「10/30アップデートする仏教を体感しよう」 onedhamma.com/?p=4976 参加はできなかったのですが、事前質問を受け付けて頂けまして、その内の一つが採用されました。 #勝義方便メモ

2014-11-22 08:45:39
川口英俊@往生院六萬寺@副住職@仏教 @hide1125

48)その拙質問のご回答にて「マインドフルネスが、それで戒・定・慧の三学の実践になる」との趣旨のお答えを山下良道師より頂きましたが、拙生はやはり少しの違和感を覚えざるを得ませんでした。もちろんマインドフルネス・瞑想は三学の基礎になることについての異論はありません。 #勝義方便メモ

2014-11-22 12:19:02
川口英俊@往生院六萬寺@副住職@仏教 @hide1125

49)問題は、マインドフルネスに三学の基本以上の何かを望んでしまうことにより、マインドフルネス・瞑想至上主義的なものに陥ってしまうと、どこか禅宗の坐禅至上主義的(長く坐るだけで偉いみたい)な雰囲気とよく似てくるようになるのではないかと誠に危惧致しております。 #勝義方便メモ

2014-11-22 13:15:33
川口英俊@往生院六萬寺@副住職@仏教 @hide1125

50)とにかく、戒・定・慧の三学の実践、方便行(善徳行、利他・慈悲行)はバランス良く中道的に調えていくことが大切になるというのが、これまでの一連の本考察における一応のところでの拙見解となっております。#勝義方便メモ No.10 togetter.com/li/719545

2014-11-22 13:19:29