2014年9月17日

なぜ日本は西欧のように仏教を乗り越えられないのか。(未編集逐次版)

http://togetter.com/li/714430 の続き。サヨでないのにサヨといわれるので、ウヨというより中二病を仏教の影響圏とヘイトしたのだが、仏教全般へのヘイトなど可能か?という問いを頂いた。日本は調子に乗ると宗教を忘れるが、今やカルトをはじめ宗教の話しか存在しない。とても近代化した社会とは思えない。近代は仏教からは生まれない。西欧近代も仏教を取り入れたが乗り越えた。しかし、西欧に抵抗する時日本が帰着する仏教はなぜ深層を語るのか?という話題の続き。(現在時系列表示で未編集です) ※レスはツイッターへお願いします。
13
怒れる不動明王 @goubuku_fudou

世界を救えるものは西欧の哲学でも科学技術でもない。日本仏教の、人間以外の動植物はもちろん、自然の山や川②まで生命を見る思想だけが世界を救える。人間の未来に永遠の生命を見る西欧思想ではなく、人類発生から延々とつながる業という欲望の中に人間の本質を見る仏教思想こそが正しく人間を見る!

2014-09-11 15:01:47
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri

相変わらずばかみたいに脳天気な言い方だな。ほんとに、日本の中二病は単純に仏教による思考停止のことだね。単純すぎて解明するまでもない。twitter.com/goubuku_fudou/…

2014-09-11 15:15:14
カメの王子さま @Nuebsburg

@goubuku_fudou うーん。雰囲気だけに終始しないでね。

2014-09-11 15:36:44
怒れる不動明王 @goubuku_fudou

@Nuebsburg なんだその雰囲気っていうのは!馬鹿にしてんのか!

2014-09-11 15:41:03
慈永祐士 @jiei_yushi

仏教がどうとかいう以前に、ある思想信条を奉じている人に対しての物言いとして、在特だとか、盲人の杖を折ったり怪我を負わせたりする心性との違いがようわからんな。twitter.com/sunamajiri/sta…

2014-09-12 02:04:33
カメの王子さま @Nuebsburg

@jiei_yushi なおやはり私も大本さんの物言いはやりすぎだとは思っています。その上でお叱りは頂戴いたします。失礼いたしました。了

2014-09-13 07:47:28
カメの王子さま @Nuebsburg

信じる、ということは、どういうことなのか?(投げやり) 実際には無根拠に信じているのに、信じているとい自覚なしに信じるとき「を信じる」という動詞が欠ける、と考えて差し支えないだろうか。 同様に「と思う」「と考える」

2014-09-14 12:57:58
中嶋 哲史 @J_J_Kant

死後の世界なんてあるわけないじゃないか。バカらしい。

2014-09-14 22:06:42
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri

ああ、Nスペnhk.or.jp/special/detail… か、みわすれた、あとでFC2でみる。立花隆断末魔だった?(^-^)/ @J_J_Kant 死後の世界なんてあるわけないじゃないか。バカらしい。

2014-09-14 22:10:00
中嶋 哲史 @J_J_Kant

@sunamajiri 立花隆も大分ヤキが回っちゃいましたね。ずいぶん前に出た『臨死体験』からむしろ後退している。まったく期待はずれでした。

2014-09-14 22:13:05
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri

死の淵さまよってるんでしょ? 『臨死体験』よりどう後退してるんです?(^-^)/ @J_J_Kant 立花隆も大分ヤキが回っちゃいましたね。ずいぶん前に出た『臨死体験』からむしろ後退している。まったく期待はずれでした。

2014-09-14 22:19:48
中嶋 哲史 @J_J_Kant

@sunamajiri 膀胱ガンが再発して再手術だったようですね。前著ではかなり明確に死直前の脳機能が低下した状態で見る一種の夢で、それは人類全体である程度共通性があるということだったと思うけど、今回は基本的にそれを踏襲しながら、依然魂や死後の世界は未知の謎だとしている。

2014-09-14 22:26:50
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri

仏教徒も神様助けてーっていえば安らかになれるのにねー。@J_J_Kant 前著ではかなり明確に死直前の脳機能が低下した状態で見る一種の夢で、それは人類全体である程度共通性があるということだったと思うけど、今回は基本的にそれを踏襲しながら、依然魂や死後の世界は未知の謎だとしている。

2014-09-14 22:28:35
中嶋 哲史 @J_J_Kant

@sunamajiri 自分の死期が近づくと神やあの世が欲しくなるんですかね(^^)

2014-09-14 22:31:32
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri

そりゃそうよ。私だってちょうど昨晩の今頃、具合が悪くて七転八倒して、どうしようもなくなって、神様神様、神様助けてー、神様と一緒にいたい。近代思想は悪くないけど、貨幣を神と倒錯したのは人類が悪いです、といってたら急に楽になってきて、生還したものwww(^-^)/@J_J_Kant

2014-09-14 22:41:17
中嶋 哲史 @J_J_Kant

@sunamajiri ハハ、苦しいときのカネだのみ(^^)

2014-09-14 22:42:47
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri

いや、お金あってもどうにもならないよ、あの具合がわるい時の苦しさ。昨日は救急車よぶ余力もないぐらい苦しくて、トイレのところでうんうんうなっちゃって、脂汗だらけ。死ぬと思ったよ。神様神様、お金じゃありません、といってたら楽になったよー(^-^)/ @J_J_Kant

2014-09-14 22:50:19
estei @estei_st

NHKで立花隆さんの「臨死体験」をやっていたとは。知らないところでこういった共時性に巻き込まれることがあるので辟易する。表象として語られる(通俗的な)「死後の世界」に興味はない。それとは別に、死の間際の現象としては興味がある。

2014-09-15 00:19:06
estei @estei_st

複数の宗教が、死の間際の意思を問題にしているのは興味深い。チベット密教などでも死に行く人の傍らで特定の経を読むということをするようだし、浄土宗ではかつて死に行く人に阿弥陀如来と繋がる五色の紐を握らせ念仏させるなどのことを行っていたようだ。

2014-09-15 00:32:58
estei @estei_st

おそらくキリスト教でも同様のことがあるのではないだろうか?その宗派の当事者でない場合ただの儀式にしか見えないだろうが、本来は、死の間際には明確に自身の向かう先を思念していなければならない、という理由によるようなのだ。

2014-09-15 00:41:01
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri

やってますねー。twitter.com/maji2003/statu… 右傾化というか重箱化ですね。サヨが煽る軍国主義というより、実際的には、福島の事故による日本の弱体化がよほど決定的で、それを隠蔽するために矛先を拡散させたいだけにしか見えないところが、ダサい。@ujikenorio

2014-09-15 00:42:52
estei @estei_st

以前研究者の方から、ハワイの病院でのチャプレンの活動について伺ったのを思い出した。おそらくカトリックの「臨終の祈り」についてだったと思う。

2014-09-15 00:49:06
estei @estei_st

宗教については現時点では「超越論的」立場を取りたいと思う。困ったときに先人の体験と言葉を参照し、これまで人間は死についてどのような考えかた(という表現は正確ではなく、「経験」と言うべきだと思うが)をしてきたのか、言表されてきたのかを知ることが自分にとって必要ゆえ。

2014-09-15 01:37:02
大本薫 Kaoru Ohmoto @sunamajiri

その番組みるのわすれたけど、死後を「科学」するとか、どんだけ焼きが回ってるのかと思った。「知の巨人」とか書かれていて、どんだけ人生で学んだんだろ、寂しい人やね。@estei_st NHKで立花隆さんの「臨死体験」をやっていたとは。

2014-09-15 01:49:34
estei @estei_st

「臨死体験」は昔文庫で読んだ記憶があります。TVではどのようにアプローチしていたのか知らないのですが…死の間際にあのような現象が起こりうるということを周知するということであれば、意味がなくはないのかな、とは思います。@sunamajiri

2014-09-15 01:53:50
残りを読む(235)

コメント

magius@MLPS @magius776 2014年9月17日
このまとめでもっとも強調すべきは https://twitter.com/jiei_yushi/status/511892267691298816 だろうな。せっかくまとめに余生を割いておいて、中身を読まず自分の発言を強調するだけではつまらんだろうに
1
夢乃 @iamdreamers 2014年9月17日
宗教、やっぱり要らない。 みんな、自分で自分だけの思想を持てば、それでいい。
3
矢塚和哉 @yaduka 2014年9月17日
一体この人は何と闘っているんだろうか
3
ephemera @ephemerawww 2014年9月17日
何がいいたいのかよく分からない。要は近代は仏教から生まれないから仏教を否定するってことらしいが、そもそも仏教は人類社会の発展の糧になるために生まれたものじゃないだろう。死の恐怖を克服するために生まれた人生哲学じゃないのか。それが内面に向いているのは当然だと思うが。人類社会の発展のために生まれたのではないのはアブラハムの宗教にしても同じじゃないのか?
10
ephemera @ephemerawww 2014年9月17日
というか、一神教はエジプト以来、宗教者の利益、世界支配に利用されてきた(というかそのために一神教が生まれたとも言える)。それゆえに西洋社会にとって超克の対象たり得たのだろう。それは一神教が仏教より優れていたからではなく、縁起と用法故だ。日本では仏教を利用して支配者になろうとした勢力は織田信長が殲滅したし、以後も権力層が常に宗教の跋扈を監視統制して抑圧したし、開国後は神道が国家権力に利用され仏教は廃仏毀釈された。そういう歴史もあるのと違うの
4
ephemera @ephemerawww 2014年9月17日
日本社会に先にあったのは神道。しかし神道は「神」との交流術、処世術でしかなく、人生の苦しみを克服するものではなかった。だから四苦八苦との付き合い方を説いた仏教が、うまく神道を補完する形で受け入れられたわけで、そもそも日本人が仏教に要求したことがそういうものであって、日本人と仏教の関係性が最初から超克という構造にない。それは仏教の教義に問題があるわけじゃないよ。関係性の問題
4
斉御司 @saionji1942 2014年9月17日
仏教は全てに賛同することはできないが、少なくともキリスト教なんかよりは現実見てると思うがね。キリスト教なんて「絶対神がいて、そのうち天国作るから、それまで頑張りましょう」だぞ? 
3
ephemera @ephemerawww 2014年9月17日
もし、日本仏教の思想が近代哲学・近代思想の発展を阻害したというなら、何が具体的に問題なのかを指摘して欲しいんだけど、このまとめはそこのところをはっきりわかりやすく指摘してないから、読んでても何が言いたいのかよくわからんのよね
4
noobie@siberia @17noobies 2014年9月17日
この人が「仏教」としているのはいわゆる日本教のことではと思ったが、アミニズムが問題なのではないと主張したいようだしよくわからない。 とりあえず「西欧近代思想は途中から仏教を取り入れたけれど、それを乗り越えた」ここを詳しく解説してくれないとこの人のいう「仏教」とは何なのかがわからないままだと思う。
6
Schizophrenie @Schizophrenie__ 2014年9月17日
なぜ西欧は日本のようにキリスト教を乗り越えられないのか。
11
smw @Shi_MeiWo 2014年9月17日
仏教の要諦は「苦しみの根本原因は過度の執着心」「変化を恐れず、抱擁しよう」「ときどき生き方のセルフチェックをしよう」とかだから、別に乗り越えなくてもいいのではないかな。
6
Nijinoski@身辺警戒中 @m_k_tomomi 2014年9月17日
なぜまとめ主は仏教への妄想めいた執着心を乗り越えられないのか。
5
ゴイスー @goisup 2014年9月17日
どこから見るかで全然違うと思う。禅の思想は、哲学の文脈で言えば西洋哲学が「神」のせいでもの凄く回り道して到達したような地点に最初っから立ってるとも言えるんだよなぁ。
4
まるたけ @Takeshi_Apple 2014年9月17日
今どきフロイトを引用してる時点で話はついてます。
3
まる @marunokomorebi 2014年9月17日
何を語ってるのかさっぱり分かりませぬ
3
KSK @MprojectKSK 2014年9月17日
本編読むの無駄だろうし読んでないけどヨーロッパの研究者は神を乗り越えるために中国あたりの自然哲学を学んでいる人もいるのにな
4
つよし(清野剛) @tseino 2014年9月17日
日本人ほど宗教に頼らない人間集団ってそうは無いと思うんだけど
3
クーエミール @toakiyukiyo 2014年9月17日
中国経由のうすまった大乗仏教が日本に輸入され、神道のような言ってしまえば原始的な素朴な多神教的自然信仰と共存してきて江戸期あたりで国学なるもので日本の信仰・アイデンティティーの系譜を論理的にいわば西洋みたいに構築し出した。が、仏教自体の本質が極めて内的な精神ばかりにスポットを当てるものであったり、神道のような土着アミニズムがそもそも論理的にシステマチックに西洋風の確固たるシステムとして機能する「宗教」とはなりえなかった。
1
reesia @reesia_T 2014年9月17日
カテゴリ間違ってるだろ。ネタ・お笑いだろ?
7
arabiannightbreed @a_nightbreed 2014年9月17日
キリスト教を冠した政党が与党になったりする欧州が「宗教を乗り越えた」ねぇ?
4
クーエミール @toakiyukiyo 2014年9月17日
一番社会システムとして機能してるのは儒教的要素だろう。忠義や古典的な礼儀、勤勉さは信仰というより常識として今も生きている。もののあはれやわびさびのような日本独特の間(ま)や自然との調和を愛するような価値観が日本人の精神にスパイスを加えた。日本人が多く無宗教を自認するのは西洋宗教と違ってそこまで力を持たなかったことによる。西洋では他宗教から絶えず侵略を防ぐために教会は政治に口出し、力を持ち、十字軍という略奪隊を組織し、魔女狩りをし、黒人奴隷を支持し、文明をまるごと潰した。信じなければ救われない。
1
ジョンお姉さん @jpn1_rok0 2014年9月17日
儒教的要素って日本にはあんまりないと思うの。日本で「儒教」って言われているものって「儒教」じゃない何かなんだなあ。儒教は「孝」が最優先。忠とかは二の次三の次。祖霊崇拝をどうするか、その様式はどうなのか、というのが儒教のおおもと。そもそも、文民統治を理想とする儒教をそのまま江戸期に適用できるわけねえのです。
0
クーエミール @toakiyukiyo 2014年9月17日
近代日本の礎となった明治維新の主役たちは多く儒教から派生する朱子学や陽明学に通じていたし、教養として信奉していたといっていい。中国、朝鮮からの写本も熱心に勉強してたし、日本国憲法にも影響している。もちろん日本的解釈は加えられるわけだが、日本の精神世界への影響は計り知れない。ただ、日本人はそういう形式張った精神性はどこかで上の空みたいな感があッタと思う。太平洋戦争というのは激烈な宗教的高まりを一瞬見せたが、信長はもとより秀吉も家康も朝臣という形に収まったものの、朝廷に心服していたとは到底思えない。
0
inatak @inatak 2014年9月18日
見に来るたびに冒頭に置くツイートが変わってる気がする。
0
ピクルスジャンキー @Pikuru_Su 2014年9月21日
まとめ主のコメントでもうお腹いっぱいでつ ほどほどにしときましょうね、じゃダメなん?仏教とか関係なく
0
ゴイスー @goisup 2014年9月27日
日本に入って来たのは儒学で、儒教、いわゆる孔子教的な感じではなかったっすよね。宋代の文化的素養として三国志やら春秋左氏伝やらを通じての「清流」に憧れる日本っつーのはあったとは思うけどね。典韋と弁慶の死に様が同じとかねw
0
Rftvihij @thhjgfdeedggc 2017年12月24日
宗教に囚われて何千年も殺し合い憎しみ合ってる連中がどうしたって?
0
Kitty_Guy_Records @cherry_ITO 2017年12月24日
(乗り越える必要)ないです
0
コスモ101号 @cosmo101gou 2018年1月28日
確かによくわからないまとめだ。というか、はじめから仏教を否定する意図があるようにも取れる。
0
コスモ101号 @cosmo101gou 2018年3月11日
ヨーロッパでは、一般市民のキリスト教離れが進んでいる。
0
コスモ101号 @cosmo101gou 2018年3月19日
1つの神に対しての信仰が前提としてあり、「聖書」がそれに都合のいいような説を並べることに対して「文化の押し付け」と、日本にとって思われてしまう。キリスト教は日本にとって用が無い教えではないか?
0