モーサイダー!~Second Lap~Episode VIII

@mor_cy_darにて投稿している連作バイク小説モーサイダー!~Second Lap~Episode VIIIのまとめです。テキスト版はこちら(http://ncode.syosetu.com/n1122cd/)からどうぞ
IngaSakimori 1385view 0コメント
1
ログインして広告を非表示にする
  • IngaDo type-RR @mor_cy_dar 2014-09-21 22:20:28
    モーサイダー!~Second Lap~Episode VIII #mor_cy_dar
  • IngaDo type-RR @mor_cy_dar 2014-09-21 22:20:55
     見下ろすのは海の青。稜線を覆うは山の緑。眼下にはアスファルトの黒。  どこまでも続くワインディングは、永遠の快楽に迷い込んだような錯覚すら起こさせる。 #mor_cy_dar
  • IngaDo type-RR @mor_cy_dar 2014-09-21 22:21:05
    「やっぱりバイクで来る奴、多いんだな……」  対向車線を悠然とハーレー・ダビットソンの艦隊が走り抜けていく。  街中では迷惑千万な重低音の社外マフラーも、この眺望の中ではむしろ似合いに感じるから、不思議なものだと思う。 #mor_cy_dar
  • IngaDo type-RR @mor_cy_dar 2014-09-21 22:21:24
    (路面も……いいな。周遊ほどじゃないけど、檜原街道やR411よりずっといい……)  しっとりと沈み込んでは伸びる、フロントフォークの上下動を感じながら、志智は思う。 #mor_cy_dar
  • IngaDo type-RR @mor_cy_dar 2014-09-21 22:21:30
     モーターサイクルという乗り物は、車体の限界が高ければすなわち路面の状況がわかりやすい……というほど単純ではない。 #mor_cy_dar
  • IngaDo type-RR @mor_cy_dar 2014-09-21 22:21:43
     もちろん有り余るほどの経験と技量があれば別だが、相当にハイレベルなライダーであっても、悪路をものともせず『いなしてしまう』マシンに乗っていると、路面状況の差を見落としてしまうことがある。 #mor_cy_dar
  • IngaDo type-RR @mor_cy_dar 2014-09-21 22:21:57
    「ずっと平坦かと思うと、時々……荒れる。でも、走ってて危ない感じがするほどじゃない……」  ライダーは計器のデータを見て、路面の善し悪しを感じるのではない。あくまでもその五体で、能動的に感じ取るのだ。 #mor_cy_dar
  • IngaDo type-RR @mor_cy_dar 2014-09-21 22:22:09
     三鳥栖志智はステップから伝わる振動で。尻から背中につきぬける衝撃で、伊豆スカイラインの路面状態を推し量る。 #mor_cy_dar
  • IngaDo type-RR @mor_cy_dar 2014-09-21 22:22:24
    (周遊が100点なら、93点くらいかな……)  もし、最新のスーパースポーツマシンに志智が乗っていたのなら。  多少荒れた路面でも、超高速で突き抜けることを可能にしてしまう、恐るべきバイクで走っていたのなら、これほどに細かい評点はつけられなかっただろう。 #mor_cy_dar
  • IngaDo type-RR @mor_cy_dar 2014-09-21 22:22:39
    「っと」  そのとき、不意に減速帯が現れた。  先行する玲矢(れや)のW800が、原付なみに速度を落としてよたよたとコーナリングしているのが見える。 #mor_cy_dar
  • IngaDo type-RR @mor_cy_dar 2014-09-21 22:22:53
    「減速帯が苦手なのかな……」  志智も玲矢にあわせて速度を落とす。  たとえフルバンクに近い状態でも、そうそう滑ることはない━━それが志智の減速帯というものに対する認識だが、まだ慣れないW800を駆る玲矢にとっては、神経をすり減らす障害物なのだろう。 #mor_cy_dar
  • IngaDo type-RR @mor_cy_dar 2014-09-21 22:23:34
     玄岳(くろたけ)ICが近づくと、いよいよ空は気持ちよく晴れ渡り、右手には壮大な眺望がひろがる。山並みの頂点からその斜面と、下界の町並み、さらには青々と広がる駿河湾が一望できた。 #mor_cy_dar
  • IngaDo type-RR @mor_cy_dar 2014-09-21 22:23:48
     さらに贅沢なことに、背中には富士山まである。  そこかしこの駐車スペースで、写真撮影に止まっている車が、バイクが見えた。 #mor_cy_dar
  • IngaDo type-RR @mor_cy_dar 2014-09-21 22:24:01
    「すごいな……ここは。  周遊も小河内湖が見えるけど、なんていうか基本は山の中だからな」  しばしばよそ見をしつつ、スケールの違う景観に圧倒される余裕があるのは、先を行く玲矢のペースがファミリーカーのそれとほとんど変わりないからだった。 #mor_cy_dar
  • IngaDo type-RR @mor_cy_dar 2014-09-21 22:24:12
    「W800っていうバイクは……あまりコーナーは得意じゃないのかな?」  路面の良さと景色に慣れてくると、志智の興味は徐々に玲矢の後ろ姿に移る。 #mor_cy_dar
  • IngaDo type-RR @mor_cy_dar 2014-09-21 22:24:21
     しかし、ヘルメットからのぞくうなじや、形のよいヒップには目がいかない。  志智はすこし古めかしい感のあるW800のテールランプを見つめる。左右にバンクする時の車体を注視する。 #mor_cy_dar
  • IngaDo type-RR @mor_cy_dar 2014-09-21 22:24:33
    (……ああ、そうか)  さらにはコーナーの脱出でアクセルをあけるときの挙動を、ナイフよりも鋭い視線で射貫く━━ #mor_cy_dar
  • IngaDo type-RR @mor_cy_dar 2014-09-21 22:24:49
    (このバイク……スパーダとは減速の仕方も違うんだな)  理論的な裏付けを持たない志智が、そう感じたのはあくまでも『何となく』だった。 #mor_cy_dar
  • IngaDo type-RR @mor_cy_dar 2014-09-21 22:25:04
     だが、もう少し細かく彼の理解を分解するならば、亞璃須のXR650Rが適当に流しているときのブレーキングに似ていると感じたのだ。 #mor_cy_dar
  • IngaDo type-RR @mor_cy_dar 2014-09-21 22:25:17
     それはすなわち、リアブレーキの配分が大きいということだった。ほとんどフロントだけで止まれるVT250スパーダとは、根本的に車体設計の方向が違う。  だから、ブレーキのかけ方も当然、変わってくる。 #mor_cy_dar
  • IngaDo type-RR @mor_cy_dar 2014-09-21 22:25:28
    (……あの『深紫(ディープ・パープル)のYZF-R1』とも違う……)  三鳥栖志智は見つめ続ける。  W800というマシンの特性を。 #mor_cy_dar
  • IngaDo type-RR @mor_cy_dar 2014-09-21 22:25:48
    「……そうか。大型バイクって言っても、みんな違うんだな……」  口からこぼれた感想は、至極、当たり前の事実。  だが、それは本やネットから得た知識ではない。目の前で見て、自分の頭で考えた結果であり、実感であり、体験だった。 #mor_cy_dar
  • IngaDo type-RR @mor_cy_dar 2014-09-21 22:25:57
     それはすなわち、体験が何より物を言うモーサーサイクルライダーとして、引き出しが一つ増えたということなのだ。 #mor_cy_dar
  • IngaDo type-RR @mor_cy_dar 2014-09-21 22:26:04
    ~~~~~~Motorcycle Diary~~~~~~ #mor_cy_dar
  • IngaDo type-RR @mor_cy_dar 2014-09-21 22:26:22
    (……ん?)  韮山反射炉の案内板を通り過ぎたころ、志智はミラーに映るハイビームに気づいた。  ヘルメットの中で流れる心地よい風切り音をかき消すように、威勢の良いエキゾーストノートが後方から押し寄せてくる。 #mor_cy_dar

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「バラエティー」に関連するカテゴリー