限定公開でまとめを作れば、相互フォローやフォロワー限定でまとめを共有できます!
47
ひでみ@C95 欠席します @hideim
「初対面の人にタメ口」とほぼセットのイメージなのだけど、「絶対謝ろうとしない人」が苦手。締めるところは締める、ってのが出来てこそ、初めて「気さくさ」が生きてくると思う。 「俺は分かってて敬語使わないだけ」って言う人は、気さくじゃなくて他人を軽く見てるだけだろうと感じてしまう
榊一郎 @ichiro_sakaki
なんかフォローしてる方達が(たまたまかもしれないけど)ツイッターのリプとかで、敬語丁寧語を使わない人にはリプ返さないかも、的な発言しているのを立て続けに見たけど、なんかそういう人(顔見知りでも何でもないのにため口&リプを必ず返す事を要求)増えてるんだろうか。
榊一郎 @ichiro_sakaki
ちなみに。昔、某専門学校で講師をしていた時の事。生徒が何人か女性の先生(現役作家)にため口をきく、というのがちょっと問題になってた。年齢としても立場としても生徒よりも上に位置する相手に、ツレみたいな喋り方をすると。ちなみにその子達は私には敬語丁寧語だった。
榊一郎 @ichiro_sakaki
要するに、私はグラサンかけた強面(なのか?)なので、ため口はきかないけど、若い女性作家にはため口をきく、みたいな。で、「心の中で馬鹿にしてようとなんだろうと構わないから、講師に対しては面と向かっては敬語丁寧語を使え。社会常識の基本だ」みたいな事を言った訳ですが。
榊一郎 @ichiro_sakaki
それに猛然と反発してきた人がいて。「ちょっとお前は作家として仕事してて、編集者にちやほやされてるから、天狗になってるな? 尊敬できない相手に敬語とかつかわねーよ!」と。
榊一郎 @ichiro_sakaki
「いやあのな。尊敬できる出来ない以前に、初対面の、年上の相手に、ため口きくとか、作家とか関係無しにおかしいんだよ。そもそも敬語丁寧語ってのは尊敬してないと使わないもんじゃねえの。あくまで礼儀で、礼儀ってのは、『私は貴方に敬意を払います』『貴方の敵ではありません』って意思表示だよ」
榊一郎 @ichiro_sakaki
例えば敬礼ってのが、元々は鎧の面を上に跳ね上げて顔を見せる事で、相手に敵対の意思無し、というのを示す為のものだったって説があるように、礼儀ってのは大抵が『私は貴方の敵じゃない』意思表示である訳で、逆に言えば、初対面や目上、年上の相手に、敬語丁寧語を使わないってのは
榊一郎 @ichiro_sakaki
「俺はお前の気持ちとかどうでもいい(怒らせても構わない)」「お前が俺の敵になっても構わないぜ」って意思表示になる訳で、喧嘩売ってるも同義な訳で。「だから、心の底でどう思ってようと構わないから、自分の身を守る為にも敬語丁寧語は使え。無意味に敵作ってどうする」といったのですが。
榊一郎 @ichiro_sakaki
その噛み付いてきた人は理解してくれなかった様です。ちなみに私は歳下だろうが経歴私より浅かろうが基本的に同業者や編集さん相手に敬語丁寧語だったのですが(対等って意味で)。前に某売れっ子さん(若手)に「榊さん、僕に●●さんってつけて丁寧語で喋ってくるから辛い」とか言われたり(苦笑)
榊一郎 @ichiro_sakaki
なので、なんでも敬語丁寧語使ってりゃいいってもんでもないな、とは思ったのですが。(最近は適当にくだけた口調にしてます)。まあでも、やっぱり、基本的には敬語丁寧語を使っておいた方が無難つーか、無意味に敵作らないですよ。最初から喧嘩売りたいなら別ですが。
榊一郎 @ichiro_sakaki
しかしたまに、空埜さんと神秋さんのノリとか、見ていて羨ましい時はあるのな。
榊一郎 @ichiro_sakaki
ちなみに、私にとって、デビュー前に本を読ませて貰った人達は等しく「先輩」だったので、当然の敬語丁寧語だったのですが、以前、五代ゆう先生が私より歳下と知った瞬間、面白半分で「そうか、じゃあ今からゆうたんって呼ぶから!」とか言ったら速攻却下されたのが楽しい思い出。<なに?
榊一郎 @ichiro_sakaki
勿論、ちゃんと今でも普通に「五代さん」と呼ばせて貰ってます、念の為。
森田季節@再婚魔王2巻、黒魔法離れ5巻2月、スライム9巻3月 @moritakisetsu
呼称問題というのは結局、関係性の問題なので、年が離れててもタメ口でいい関係性もあれば、年下にも丁寧語であるべき関係性もあって、絶対的に正しい必勝法などない。ただ、無駄なリスクを避けるために公的な場や初対面の時はできるだけ丁寧語使ったほうが無難ということです。
榊一郎 @ichiro_sakaki
色々だらだら書いていた私のツイートを、1ツイートにまとめた森田さんの能力に嫉妬を覚える夜。<最初から推敲して書けよお前もというつっこみはいらないです(泣)
SOW@新刊発売中 @sow_LIBRA11
まぁ敬語というか礼節とかもっと広く言うと常識とかってのは、相手との共通認識が前提となるわけで、相手がどう思っているか考えず、「自分はこう思っているから」で通そうとするのは、実はそれだけで無礼になるということを忘れちゃいけないよねぇと。

コメント

Anonymous Coward.jp @Anonymous_jp_ 2014年9月23日
敬語丁寧語を使うことによるメリット、使わないことによるデメリットを体感しないことには普段使っている(楽な)タメ口を使うかと。ただ、実際デメリットを受けている状態であってもそれ自体がわからない「損をしている」と理解できてないかもしれません
Anonymous Coward.jp @Anonymous_jp_ 2014年9月23日
「タメ口」が普通な人達が30代や40代になって管理職ともなった時に、部下からタメ口で言われるのは"普通"になるのかなぁ…?
marumushi @marumushi2 2014年9月23日
いまだ何らの関係性も生じていない初対面の段階でタメ口を利くというのは、自分の価値基準に照らしてお前に敬意を払うつもりはないという宣言だと見做すので、こちらも相応の対応をさせていただく(もちろん敬語で)
マガミ@「南洋通商」日 西“も”-19bでした @ryuya_magami 2014年9月23日
初対面での親睦の入り口を作る「潤滑剤」が敬語や丁寧語。初っ端からのタメ口をする人はそこら辺を放棄していると自分は解釈してます。自分も同じく、相応の対応を考えます。
smw @Shi_MeiWo 2014年9月23日
「礼儀作法は敬愛の意を表する人間交際の用具なれば、苟もこれを忽せにすべからず」(福沢諭吉)
玉兎 @gyokuto 2014年9月23日
#lrt Twitterに限定すると、『相手に向けて話してる意図がない』というのはあるかと:自分のコメントの独り言 のニュアンスで。
玉兎 @gyokuto 2014年9月23日
#lrt #lt In-reply-to付けたいだけ とか、メールのCCくらいの『参考までにお知らせ』みたいなレベルだと、わざわざ ですますにするのも堅苦しい と思わいでもないし。
nekosencho @Neko_Sencho 2014年9月23日
でもまあ、ネット上での気軽な発言とかだと敬語で語りかけられてもかえってつまんないってこともあるしなあ。おいらはどっちが最適解かはちょっと判断しかねるところ。
nekosencho @Neko_Sencho 2014年9月23日
仕事上とかだと、相手が目下な場合でもていねいな言葉遣いは心がけますしね……
ナイススティック @nicestickmilky 2014年9月23日
ネットの場合は礼儀とか常識もあるがそれ以上に、ニュアンスが伝わりにくい文字だけのやりとりなのに互いに理解を深めてない初見からフランクに接しちゃう人なのか…て苦手意識が生まれるかな経験上
nullmajor @nullmajor 2014年9月23日
コミュニケーションはそれぞれのコードに乗るか否かの話なので、初対面からタメ口でOKな場があるならそれでいい。「ここはそういうコードじゃない」という話を過剰に一般化しすぎ。
ざの人 @zairo21 2014年9月23日
残念な人というのは世の中沢山いるんだけど、自分に富と利益をもたらしそうな相手にこそ、そういう人達が多くいるのが現実。特にリアルではね、ネットだとかかわらない対策で済むけど、リアルだと逃げられないことも沢山、大事なのはそういう相手でも、相手出来る心の強さとして自らの心をだますなどして、揺らがない心として鍛えることが一番大事。
地元密着なび新谷貴司(パゴちゃん応援中) @localnavi 2014年9月23日
敬語は「むやみに相手を敵に回さないための武器」なので、一般的には特にやり取りもない相手に対してタメ口を叩くメリットはない。そう思うのだが、「尊敬できる相手にしか敬語を使わない」という、敬語の「敬」の字にとらわれて(?)誤った考えを持ってる人がたまにいるので困る。
ざの人 @zairo21 2014年9月23日
そもそも タメ口文化は 欧米圏はどうか?とかの考察がずっぽり抜けている気がする。アジア文化ならではの上を敬う考えはどこから来ているのか?儒教だけなのか?とか、それを常識だからしたがえという人は恥を知らない。 自分の頭の中だけの世界を常識として、さも偉そうに講釈たれる様は滑稽ということに気がついた方がいい。
ざの人 @zairo21 2014年9月23日
儒教は、五常(仁、義、礼、智、信)という徳性を拡充することにより五倫(父子、君臣、夫婦、長幼、朋友)関係を維持することを教え、仁とは人を思い遣る事で孔子は仁を最高の徳目としていた。<--WIKIから
ざの人 @zairo21 2014年9月23日
礼  とは? 仁を具体的な行動として、表したもの。もともとは宗教儀礼でのタブーや伝統的な習慣・制度を意味していた。のちに、人間の上下関係で守るべきことを意味するようになった。WIKI 抜粋
ざの人 @zairo21 2014年9月23日
どうも 改めて 儒教について学ぶことが出来ました。ありがとうございました。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2014年9月23日
手塚治虫は「○○さん」「○○くん」といった上下関係が出てくる言い方が嫌いだったので、マンガ仲間には「○○氏」と呼びかけることにしていて、それがトキワ荘の漫画家同士に定着しました。
言葉使い @tennteke 2014年9月23日
儒教の朋友って、今の時代の友達とは違うんじゃなかったっけ?
言葉使い @tennteke 2014年9月23日
今時の若者は、上下では無く親疎が対人関係の軸だって書く人がいるかと思ったら、いなかった。
言葉使い @tennteke 2014年9月23日
イザヤ・ベンダサンだっけ?大企業の若造と下請け会社の社長が仕事の話をしたらどっちが敬語を話すか、日本人はあらゆる人間関係でも瞬時に上下を考えて、それに応じた話し方をしないといけなくて、クレージーだ、とか。
Anonymous Coward.jp @Anonymous_jp_ 2014年9月23日
tennteke 『イザヤ・ベンダサン』 『日本人とユダヤ人』の著者。山本七平、ジョセフ・ローラ(アメリカ人)、ミーシャ・ホーレンスキー(ユダヤ人)の三人の合同ペンネームだとされているが、未亡人や子息の証言によると山本単独の著作であると言い、今日では『日本人とユダヤ人』が山本名義で刊行されたりもしている
失念 @shitsunen_ 2014年9月23日
僕はネット上ではあんまり敬語を使わないなあ。ネットで最初に入ったのが2chだからだろうか。
箸呂院マジチキ @kairidei 2014年9月24日
最初はタメ口で喋る→相手が偉い人だと分かったら敬語使いまくる ってなんかダサいと感じる。客観的に見てもそうだし、相手にとっても「うわー」って思われそう。
箸呂院マジチキ @kairidei 2014年9月24日
タメ口を使いたくなるノリやタイミングがあることは分かる。その方が伝わりやすかったり面白かったり。
marumushi @marumushi2 2014年9月24日
そのノリやタイミングが相手と共有できていなければ失礼に当たることもあるということ。その時になんだぁノリ悪いなあと相手の責任にするのは問題外
冷たい熱湯 @Tuny1028 2014年9月24日
人間は人間であるというだけでまず尊敬に足る存在だと思う。その尊敬を帳消しにするほどのひどい輩もそりゃ大勢いるけども、敬意を取り下げるのはそれを実際に目にしてからでも遅くはあるまい
CD @cleardice 2014年9月25日
このまとめのタイトルがまさしく初対面の人間に対するタメ口そのものでは
富貴鶏@山嶺や黄昏時の薔薇輝石 @fuukimame_tart 2017年8月3日
敬語は心の化粧やメイクだと思ってる。心の素肌がそもそも美しいなら構良かったけれど。心の薄化粧して会話が出来たら互いに素敵。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする