2014年9月27日

パープルーム予備校の広告 @反戦展 #反戦なう

パープルーム予備校アカウントからの反戦展へ出品した梅津庸一作品解説
1
パープルーム @parplume

反戦展にパープルーム予備校の広告貼ってきた。高いところが苦手なので貼っていただいた。。。申し訳なかった。

2014-09-24 23:49:31
パープルーム @parplume

反戦展はお隣が眞島竜男氏で日本美術の年表?みたいな作品だったのでこちらもそれにあわせて急遽、美術予備校の広告に変更した。手描きでレタリング。眞島氏と言えば「日本近代美術/美しき国土」という作品が印象的だがもう二十年前の作品だと知って気が遠くなった。

2014-09-24 23:55:15
パープルーム @parplume

今回の眞島作品にも書かれている岡倉天心と言えば九鬼周造。パープルーム的にもほっとけない。眞島氏の作品の振る舞いは欧米のコンセプチャルアートの所作に依拠しているのか本当に日本の美術史に当事者として関心があるのかわからないのが面白くもあり、捉えようがないとも言える。

2014-09-25 00:04:42
パープルーム @parplume

美術予備校と言えば今は美大受験のための学校だ。しかしもともとは東京美術学校の講師が開いた私塾が徐々に受験に特化し更に経済の成長とともに産業化していった。美術予備校は一時代を築いた。しかし、近年の少子化により美術予備校は大手でも生徒が集まらなくなってきた。

2014-09-25 00:12:59
パープルーム @parplume

眞島竜男氏が20年前と今の受験絵画がぜんぜん違うと言っていたが、それは美大と予備校の鼬ごっこのおかげだ。受験絵画に関しては荒木慎也氏の「受験生が描く絵は芸術か」に詳しい。美術予備校が消滅してしまう前に考えなきゃいけないことは山ほどある。

2014-09-25 00:22:12
パープルーム @parplume

90年代の芸大の試験ではプリントごっことか危険な樹脂とか普通だったみたいだけど、その反動で0年代からは素朴になる。昔の受験は職人みたいになるか飛び道具系が多いけど最近はいたって素朴(受験絵画にしては)な絵が多い。今の若い作家にベタなペインターが多いのと符合する。

2014-09-25 00:29:54
パープルーム @parplume

90年代以前と0年代以降の予備校/受験経験者とでは美術教育へのルサンチマンの発生率と方向性がまるで違う。絵画観、美術観がここでけっこう決まってると思う。※油絵科

2014-09-25 00:47:11
パープルーム @parplume

反戦展に出品したパープルーム予備校の広告は「構想画」です。眞島氏の戦争画ダイアグラムに呼応するように急遽作りました。手描きのレタリングです。

2014-09-29 16:58:59

コメント