【ただ一度の永遠・番外編】神様のギフト

弱虫ペダル二次創作 荒北逆行話・番外編 東堂VS宮本話 その1
12
ひな@復旧中 @newgibbousmoon

東堂誕妄想SS 『ただ一度の永遠』から東堂VS宮本 東堂尽八にとって、天敵というものがいるとしたら、それは宮本雅巳だった。 もちろん、最初は名前だって知らなかった。 だが、それでも一目みた瞬間に思ったのだ。 (こいつは、危ない) 荒北に向ける目にただならぬものを感じた。

2014-08-08 23:17:30
ひな@復旧中 @newgibbousmoon

@newgibbousmoon 「靖友、靖友、あれは誰だ?」 「あれ?」 「ああ。あの川田選手の後ろにいる、ふやけたワカメみたいな頭のヤツだ」 ふやけたワカメという表現がツボに入ったか、荒北はふきだす。 「……バッカ、おまえ失礼だぞ、ふやけたワカメなんて」 「だってそうだろ」

2014-08-08 23:26:01
ひな@復旧中 @newgibbousmoon

@newgibbousmoon あの髪は他のものには思えない、と続けると、こらえきれずに、腹をかかえて笑う。 「何っていったかな……ミヤ何とかさん」 「ミヤ何とかさんって何だよ」 「下の方、覚えてねえ」 「っていうか、ミヤもあってるのか?」 「えーとな……宮本…だった気がする」

2014-08-08 23:34:17
ひな@復旧中 @newgibbousmoon

@newgibbousmoon (ふうん、あんまり靖友の関心はひいてないんだな) あんまり、というか、たぶん、まったくひいていない。 つまり、あの、妙な視線は完全な一方通行ということだ。 「おまえが春に講習に突っ込まれてたときに、合宿あっただろ。あん時に来てた人の一人だ」

2014-08-08 23:37:30
ひな@復旧中 @newgibbousmoon

@newgibbousmoon 「ふーん。監督のチームのの人?」 「そ」 「……何か睨まれるおぼえがあるか?」 「覚えがあるっつーか、合宿の時に抜いた」 「……プロの人を?」 「たぶん、スプリンターなんだよ、あいつ。けど、サイクルスポーツセンターのコースは山坂ばっかだから」

2014-08-08 23:44:30
ひな@復旧中 @newgibbousmoon

@newgibbousmoon それにベプシがかかってたんだ、と荒北は告げる。 「……なるほど」 「何がァ?」 「いや、何でもない」 (チンタラ走ってたところを抜かれて、追いつけなくてそれで落ちちゃったんだな。うわ、どこの少女漫画だよ) 自分を棚に上げて、東堂は溜息を一つつく。

2014-08-08 23:53:31
ひな@復旧中 @newgibbousmoon

@newgibbousmoon (頭もいいし、すごく気もまわるのに、どうして靖友は自分のことになると鈍いんだろう) 賭けてもいいが、荒北は自分が彼に特別な関心を寄せられているなんて想像もしていないだろう。 (まあ、いい。荒北に降りかかる火の粉は俺が振り払わねばなるまい)

2014-08-08 23:57:52
ひな@復旧中 @newgibbousmoon

@newgibbousmoon 東堂にとって、荒北は特別な相手だ。 恩人というだけではない。もし、自分か荒北かどちらかの性別が違っていたら、その場で恋に落ちていた自信がある。 「尽八?どうかしたか?」 「ううん。何でもない。……あ、靖友、監督が呼んでる」 「おう」

2014-08-09 00:07:32
ひな@復旧中 @newgibbousmoon

@newgibbousmoon 行こうぜ、と促す荒北の背中にじゃれているように見せかけておぶさるようにして抱きつき、そして、宮本の方に視線をやり、見せ付けるように笑った。 「バカ、何やってんだよ」 東堂に甘い荒北は、ぶつくさ言いながら東堂のスキンシップを拒否しない。

2014-08-09 00:15:32
ひな@復旧中 @newgibbousmoon

@newgibbousmoon 絡まった視線に、相手が自分に不快を覚えたことを知る。 (これで何かれば俺の方にくるだろう) 「おおー、ヤストモ、ジンパチ、よく来たな。おまえら、ロードは?」 「小関さんの車にまだ」 「んじゃ、早く組み立ててこいや。特別なコース走らせてやっから」

2014-08-09 00:26:44
ひな@復旧中 @newgibbousmoon

@newgibbousmoon 「特別なコース?」 「おう。そのためにわざわざ、群馬まで来させたんだ」 「ここって竹下の工場ですよね?」 「おう。広いだろ。ディズニーランドの半分の面積があるんだそうだ」 「確かに広いっすけど、何で比較対象がディズニーランドなんっすか?」

2014-08-09 00:32:07
ひな@復旧中 @newgibbousmoon

@newgibbousmoon 「今は東京ドーム五個分って言っても通じないんだとさ」 「へえ」 日曜なので、工場は稼動していない。そのせいか、驚くほど静かだ。 「組み立ててきたら、ここの建物の正面玄関に来い」 「っていうか、何するんですか?」 「レースだ」 にやりと山下は笑った

2014-08-09 00:36:54
ひな@復旧中 @newgibbousmoon

@newgibbousmoon 群馬では幾つかのロードレースが行われている。 シーズン最初は群馬のヒルクライムレースからはじまり、そして、シーズン終りの秋にはこの竹下の工場を使ってクリテリウム形式のレースが行われる。つまり、この工場は、正式なレースのコースなのだ。

2014-08-10 00:07:21
ひな@復旧中 @newgibbousmoon

@newgibbousmoon 「おい、おまえら集合」 山下のかけ声に、実業団の選手達が集まってくる。 「今日のレースは宮本のリクエストでこいつら参加させっから。どっちもうちのクラブの金の卵だ」 「どっちが荒北くん?」 かたわらのタレ目の男に問われて、荒北は手をあげる。

2014-08-10 00:20:03
ひな@復旧中 @newgibbousmoon

@newgibbousmoon 「あー、オレっすけど」 それが何か?とクビをかしげると、タレ目の男が言った。 「宮本がうるせえんだよ、君のことばっか。あんまりにもうるさくて、うるさいから、こういうことになったわけ」 あ、俺は行平静雄な、よろしく、と笑った表情は人懐っこい。

2014-08-10 00:21:55
ひな@復旧中 @newgibbousmoon

@newgibbousmoon 「ま、こいつらはクリテ走ったことねえし、尽八にいたってはクライマーだから、たいして早さはでねえ。けど、知っての通り、ヤストモはこのバカを負かした男だからな。ま、ただ走るだけじゃつまらねえから、てめえら、ヤストモより遅くゴールしたらペナルティだ」

2014-08-10 00:26:06
ひな@復旧中 @newgibbousmoon

@newgibbousmoon ざわりと場がざわめく。 「あー、ペナルティって何ですか?」 行平が問う。 「そうだな。とりあえず、ビリはヤストモと尽八の夕飯おごりな。焼き肉の食べ放題で」 「おっ」 「靖友!勝て!勝つんだ!!」 涼しい顔をしていた荒北と東堂が眼の色をかえる。

2014-08-10 00:42:42
ひな@復旧中 @newgibbousmoon

@newgibbousmoon 「一人でも抜けばいいってことっすよね?カントク」 「おう」 その答えに、ニヤリと荒北は笑った。 (お、その気になったな) 目が、ひどく好戦的だった。 (荒北は、その気になるかならないかでまったく走りがかわってくるからな) 「おい」

2014-08-10 00:51:07
ひな@復旧中 @newgibbousmoon

@newgibbousmoon 「ども」 荒北が軽く頭をさげる。 宮本だった。 「俺と勝負しろ」 「って言われても……」 荒北は困惑している。 「そんなの、靖友の前を走ってればいいだけじゃないか。そうすれば自然に抜きにかかるわけだから」 (前を走れるかはわからないけどな)

2014-08-10 01:05:35
ひな@復旧中 @newgibbousmoon

@newgibbousmoon 東堂は、近すぎる距離につめよってくる宮本から荒北を守るように、前に立った。 身長差は実に20センチ以上あったが、ひるむ気はまったくない。 (荒北は俺が守るのだ!) 「……おまえ、誰?」 「東堂尽八。クライマーだ」 「……

2014-08-10 01:13:40
ひな@復旧中 @newgibbousmoon

@newgibbousmoon 「クライマーは今日のレースじゃ邪魔なだけだ。しゃしゃりでんじゃねえよ、ガキ」 「……カントク、この男の言うことも最もだ。俺では靖友をひききれない。靖友にアシストをつけてくれ。俺は補給係になるから!」 「……尽八、せっかくの機会だ、走っておけよ」

2014-08-15 16:02:41
ひな@復旧中 @newgibbousmoon

@newgibbousmoon にこやかに笑って言う東堂に、荒北は困惑する。 「いや、俺は頭に来た。だから、こいつをぶっちぎってくれ!」 「あー、これ、そこ、大人げないことしてんな、宮本」 「いや、ぶっちぎるにはコースがオレ向きじゃねえから」 「あれ?そうなのかい?」

2014-08-15 16:05:34
ひな@復旧中 @newgibbousmoon

@newgibbousmoon 行平の隣に立っていた青年が首を傾げる。 「オレはスプリンターじゃないんで、こういう完全平坦はちょっと」 「どうも。春合宿では一緒だったね。笹屋耕平です」 「ども」 「俺、笹屋選手のレース、生で見たことあります。富士山のヤツ」 「へえ、ありがとう」

2014-08-15 16:09:55
ひな@復旧中 @newgibbousmoon

@newgibbousmoon 「クライマー?」 首を傾げた荒北に東堂は首を横に振る。 「富士山ロードは、ヒルクライムコースが有名だけど、富士山を横目にみつつ、平坦を走る東海道コースもあるんだ」 「へえ」 「交通規制が大変だから、なかなかやれないみたいだけど」

2014-08-15 16:19:28
ひな@復旧中 @newgibbousmoon

@newgibbousmoon 「僕はどっちかというとスプリンターよりのオールラウンダーだね」 「あいつとどっちが早いの?」 「んー、クリテとかトラックだと宮本だね」 「ふーん」 ニヤリと荒北は笑う。 「じゃあさ、オレが笹屋さんをひいて、笹屋さんが勝ったらオレの勝ちだよね」

2014-08-15 16:23:55
残りを読む(35)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?