「あれは神技ではなく高い操縦技術に裏打ちされた人間業」

映像プロデューサーCAPITO氏( @ hikohkisky)の今回の陸自ヘリによる御嶽山での救出活動の報道に接して思うこと。 10/2CAPITO氏の補足ツイートがありったので追加しました。
176

10/2 CAPITO氏の連ツイートがありましたので後半に追加しました。

CAPITO @hikohkisky

今回の陸自ヘリによる御嶽山での救出活動の報道に接して思うことを徒然に書いてみます。 今回の陸自UH-60JAによる御嶽山での救出が、ネットではホバリング限界を超えた神業といわれているようですど、私は神業とは考えていません。

2014-10-01 01:26:36
CAPITO @hikohkisky

SH-60のホバリング限界高度が根拠とされているようですが、キャビンに対潜機材を搭載したSH-60とは機体重量も最大離陸重量も違います。UH-60JAの方が機体が軽く、最大離陸重量も大きいのです。

2014-10-01 01:26:47
CAPITO @hikohkisky

御嶽山のような3,000mを超える高山岳地でのホバリング救出が難しいのは確かですが、航空自衛隊救難隊は、エンジン性能の落ちる真夏や乱気流の吹き荒れる厳冬期など、季節を問わず高山岳地での遭難者救出を、S-62Aのタービンヘリ黎明期からUH-60Jの現代まで連綿と実施して来ています。

2014-10-01 01:28:00
CAPITO @hikohkisky

つまり、実は神業ではなく高い操縦技術に裏打ちされた人間業なんですよね。

2014-10-01 01:28:08
CAPITO @hikohkisky

そもそも警察航空隊がベル206系列などの非力なヘリしか持たなかった時代は、2,000mを超える高山岳での救出は、その多くを空自救難隊が担ってきました。

2014-10-01 01:28:48
CAPITO @hikohkisky

現在は警察航空隊の保有機材も高性能になり、例えば富山県警察の管轄山域ではA109K2が配備されたことにより、空自救難隊(この場合は小松救難隊)の山岳救出任務はかなり減少しています。

2014-10-01 01:28:53
CAPITO @hikohkisky

今回陸自のUH-60JAが投入されたのは、そもそも陸自第12旅団に災害派遣要請があったことと、同旅団隷下の第12ヘリコプター隊が、3,000mでのホバリング救出が可能な性能を有しかつ収容可能人数が比較的大きいUH-60JAを保有していたからだろうと思います。

2014-10-01 01:29:03
CAPITO @hikohkisky

陸自の保有するCH-47J/JAでもホバリング限界高度だけみれば対処可能に思えますが、陸自のCH-47J/JAにはホイストは装備されておらず、接地する他サバイバー収容の方法がありません。またダウンウォッシュが強烈なため、火山灰が降り積もった場所での運用に不安があったのだと思います

2014-10-01 01:30:04
CAPITO @hikohkisky

UH-60JAによる救出は、もしかするとCH-47J/JA投入の可能性や着陸適地の偵察も兼ねていたのかもしれません。

2014-10-01 01:30:12
CAPITO @hikohkisky

今回が特異だった点は、いつまた噴火するかもしれない状況下で、ガラス成分を含んだ火山灰や腐食性の火山性ガスの中での任務だったことでしょうか。

2014-10-01 01:30:25
CAPITO @hikohkisky

また、ダウンウォッシュによる火山灰の飛散を抑えるために、ローター嵌合を切ってローターを停止して着陸していることから、火山灰の下の地形が判然としない中での着陸だったことが推認でき、その点では通常よりリスクが高かったのではないかと思います。

2014-10-01 01:30:35
CAPITO @hikohkisky

いずれにせよ、通常こういう高山岳地での運用を想定しているとは思えない陸上自衛隊のヘリがこの任務を実施しているということは、陸自ヘリパイロットの技量の高さの証左であることは間違いないと思います。

2014-10-01 01:30:43

10/2 CAPITO氏の追加ツイートがありました。

CAPITO @hikohkisky

先日の御嶽山でのヘリ救出に関するツイートは、徒然に綴ったがゆえに少々回りくどかったかもしれません。私が言いたかったのは、どんなに神業に見える救出活動も、明確な勝算の元に行われているということです。

2014-10-02 18:35:43
CAPITO @hikohkisky

人間の想いや精神力では、航空機の性能を超えた飛行をすることはできないのです。また、普段訓練していない事を本番でいきなり実施することは出来ません。これは、これまで私が知り合った多くの救難隊員が口にすることです。

2014-10-02 18:35:48
CAPITO @hikohkisky

では、航空機のスペック以上の飛行が絶対にできないかというと、そういうわけでもないのです。

2014-10-02 18:36:29
CAPITO @hikohkisky

例えば航空自衛隊救難隊場合は、FEが機体重量、風向や風力、外気温、気圧等の各種条件から理論値上のホバリング限界高度を算出しますが、その高度を超える場所でも向かい風が生み出す対気速度や上昇気流によって揚力が生まれることがあり、より高い高度でホバリングすることが可能になったりします

2014-10-02 18:37:23
CAPITO @hikohkisky

また、高山岳では数パーセントのエンジンパワーの違いで、人ひとり救出できるかどうかの分かれ目となることがあります。そのような時、場合によってはエンジンインレットのアンチアイス(防氷装置)をカットオフすることがあります。

2014-10-02 18:37:40
CAPITO @hikohkisky

UH-60J系列のインレットのアンチアイスはエンジンのブリードエアを利用しているため、その分数パーセントのパワーロスが生じます。その数パーセントのパワーを使うため、アンチアイスを切るのです。

2014-10-02 18:37:59
CAPITO @hikohkisky

冬期であれば、当然着氷の恐れが生じます。インレットに着いた氷が剥がれてエンジンに吸い込まれれば、エンジン損傷の恐れがあります。しかし、現場のパイロットは時にそういう判断をし、不安定な気流や高山岳の低い空気密度によって低下したエンジン性能と共に、着氷時間との戦いまで抱え込むのです。

2014-10-02 18:39:37
CAPITO @hikohkisky

しかし、こういうことができるのは、彼らには勝算があるからなのです。決して無謀な賭けをしているのではない。そして、それを可能にするのが、日々の弛まぬ訓練と実任務の経験で培われた高度な操縦技術と冷静な状況分析力と的確な意思決定能力なのです。

2014-10-02 18:39:52
CAPITO @hikohkisky

それは一朝一夕で身に付くものではありません。日頃から過酷な訓練を自らに課し、その中でクルー間の信頼関係を醸成しているからこそなのです。その点は航空自衛隊も陸上自衛隊も違いはありません。

2014-10-02 18:40:05
CAPITO @hikohkisky

彼らはプロフェッショナルです。ですから様々な状況を判断して救出不可能と判断した場合は、たとえサバイバーが目の前にいても救出作業を中止します。

2014-10-02 18:40:24
CAPITO @hikohkisky

過酷な現場であればあるほど、確実な救出作業のために同乗する救難員を機外進出させねばなりません。状況によってはその救難員も収容できなくなる可能性もあるのです。実際に過去、厳冬期の剱岳で進出救難員を機内収容できなくなった事例があります。

2014-10-02 18:40:34
残りを読む(4)

コメント

nekosencho @Neko_Sencho 2014年10月1日
高い操縦技術があっても、機材の限界は超えられませんからね。 もちろん技術がいらないという意味ではないです念のため
8
へ~ジック @nainainiinii 2014年10月1日
高度な技術に裏打ちされた人間業を神技と言う物と
63
YF @annex38 2014年10月1日
技術への賞賛を神技とよぶのは人と神両方への敬意が感じられるが、某アイドル周辺がやたら神曲とか神対応って言葉を使うのが気持ち悪いのはゼニの臭いがしすぎるからかな
5
高嶋ぽんず@くノ一の魔女2巻、DLsiteにて発売中。 @ponzz 2014年10月1日
普通はそれを神業というのだが、この人はそこんとこ理解してないんだろうか。
15
冷たい熱湯 @Tuny1028 2014年10月1日
こういう危険な現場で神業頼みというのではまずいし、頼んでるつもりもないということなんだろう、多分
23
神崎ユーリはここに在る @Euri_K 2014年10月1日
この方の定義だと世間一般で神業と言われているものの大半は人間業ってことになるので色々話がおかしくなる気が。「○○職人による世界一の神業」とか全部ひっかかるぞい…というかなんでイチイチそんなところに突っかかった(;´Д`)
8
endersgame @endersgame3 2014年10月1日
神技の意味調べてみればいいのに。人間の限界を超えるような要素があることを神技と言う。きちんと訓練を積んだ人間ときちんと整備された機材であれば再現可能なのは妙技なり巧技なり絶技なり表現する言葉がある。言葉も敬意も安売りするのはやめましょう。
17
農民学術会議 @no_mi_n 2014年10月1日
称賛の意味を込めてそう言う単語使ってるだけだろ>神業
26
nekosencho @Neko_Sencho 2014年10月1日
なんでこう、けんか腰な人がたくさんいるんだ?
25
Schizophrenie @Schizophrenie__ 2014年10月1日
神技の定義にもよるかと思いますが、それをいい始めるとヘリで大気圏離脱をしないと神業にならない。などの本物の神の技限定になってしまいそうです。
11
nekosencho @Neko_Sencho 2014年10月1日
ここにまとめられてる人の発言にある「ホバリング限界を超えた高度で」ってので十分人間の能力を超えた神業というか、ありえない話ですね。現実にはそうでないというまとめ。
3
靴屋まいける@冴えない男子バレーの育てかた @ikasan_vb 2014年10月1日
神業の定義次第のところもある話のような気もするけど、「神業」というと人間の技術を超えたところを信念などで現実にした、という話になり、そのうち技術よりも精神力!といった思想に陥りがち。それを防ぐためにも、こういう見方は大切だと思う。
28
ephemera @ephemerawww 2014年10月1日
国民として知っておくべきは、自衛隊員は卓越した特殊技術を身につけたかけがえの無いスペシャリストだということ。彼らがいざという時に私たちを助けてくれるということだ。防衛費を拡大したり関連法を改正すると、おかしな人達が「戦争をしたがっている」などと吹聴するが、こうした技能を持つ自衛隊員を無駄に死なせることは損失だし、訓練に注ぎ込んだ時間と税金の浪費だ。そんなことは誰も望んでいないはずなのだ
30
宮田伊織🐰🐧 @Miyata_Iori 2014年10月1日
ワザマエ!といえばダイジョブですよね。
13
ヨド @takuya_maiyuki 2014年10月1日
賞賛する側から見て相対的にどうかという話だから、それが神技かどうかは一概には言えないかな 一般的に素人目から見れば神技に見えても同業者から見ればまた違って見えるかもしれない
1
アカツカイ @akatukai 2014年10月1日
今回の救出作業は適切な装備の選択と適切な訓練が前提の必然であって、調べもしないで神業などと囃し立てていては、今後の救出作業で前提条件の部分が軽視されるのではないかな。
10
大石陽@聖マルク @stmark_309 2014年10月1日
カタログスペック上のホバリング限界は安全率を見込んだ数字であるはずなので、実際には不可能の根拠とされているSH-60でも、条件の悪さにもよるが可能ではあるんだろうけどな。
6
大石陽@聖マルク @stmark_309 2014年10月1日
でも自衛隊員だって頑張って訓練してるだけの人間なんだから、物理的限界を超えることを要求してはいけない。帝国軍人なら食料も弾もなくても……、なんて言われても無理だったのは史実が証明しているんだから。
6
もこ @mocomb 2014年10月1日
別に噛みつかんでもよくね。普段から何度も訓練を重ねてきた成果をいかんなく発揮しているわけであって、作業されている方にとってはそこまで無理して特別なことをしているわけではないということでしょ? それは凡人がみれば神業に見えるかもしれないけど、というような話なんだと思ったけど。かなりの賛辞を贈っているように思える。
11
endersgame @endersgame3 2014年10月1日
話のキーは「技術によってホバリング限界を超えている」わけではなく「技術によって性能を最大限発揮している」という点にあって、前者の前提で神技として讃えられているけど違うよという話なので、「素晴らしい技術を神技と言っているだけ」というのは主旨的にも間違いという話。
10
neologcutter @neologcuter 2014年10月1日
まああれだけのホバリング技術を持ってたら、自分としては尊敬しますよ。つまり神ですね。
2
農民学術会議 @no_mi_n 2014年10月1日
凡人から見れば理外の技術で、だから驚愕してると言う意味も込めて「神業」って使っちゃうものだよ。見慣れてる人とかにとっては周りの反応に驚くのだろうけど、あまり気にしなくて良いんじゃない?と思う。
7
冷たい熱湯 @Tuny1028 2014年10月1日
「またまたご謙遜を」で済ませればよかったのを「(言葉の意味を)理解してないんだろうか」とやったのがまずかった
7
大石陽@聖マルク @stmark_309 2014年10月1日
というか、もし仮にホバリング限界高度を本当に越えていたのだとすれば、(上で述べたように安全率があるとはいえ)神業と賞賛するのではなく、そんな装備の限界を越えた安全性を考えない救助作業を命じるなんてと指揮官が批判されるべきではないかと思うのだけど。
7
ねこまろくはち㌠ @nekoma68 2014年10月1日
タイトルで「人間技」と「神業」と使い分ける意味が分からないと思ったら、本文は人間業なのね。読んでも「神業」を否定するほどの理由が分からなかったけど。
0
ねこまろくはち㌠ @nekoma68 2014年10月1日
いや、逆だ。 ○「人間業」と「神技」と
0
野嵜健秀 @nozakitakehide 2014年10月1日
日本だと神も人間も相対的な違ひしかない。そんな問題にするやうな事もないだろ。
2
ハスキー犬🍀🐕 @ra_si 2014年10月1日
UH-60Jってオートホバリングなかったっけ
0
ゆり @mesikuwanuinu 2014年10月2日
これは定義云々の話ではないんだよね。「システム」に頼るのか「人」に頼るのか、という話。で、当然、安全保障や事故対応は、システムに頼らなけらばならない。原発事故でも吉田所長とかを過剰に称える言説があったりするが、「ある人間が、『その人間でなければできない』働きをしなければ対応不可能」なような体制はダメな体制。
9
ゆり @mesikuwanuinu 2014年10月2日
自衛隊が訓練によって「システム」として用意している、ヘリの性能や操縦士の技能に対して、「神業」と言う言葉を使うことは、そういう「こういう作業がいつでも提供できるように訓練する」システムを用意している側を、ある意味バカにした言い方なのではないか。
10
ゆり @mesikuwanuinu 2014年10月2日
「神業」と呼ぶことが正確でないという話ではなく、「神業」と“呼ぶべきではない”という話。「神業」と表現することは、「事実確認」的な装飾言語というより、「行為遂行」的な政治言語(として機能してしまう)と見極めたうえでの、政治的な批判。
8
shimainu @shimainu99 2014年10月2日
火山灰や火山性ガスの中で性能限界に近い運用をしている機体を本来の基地ではなく派遣先できっちり仕上げてくる整備班もすごいと思う。
3
sis_sis @sis_sis 2014年10月2日
安全上のマージンは多めに確保してあるので、それを実際の安全に支障を及ぼさない範囲で削ればなんとかなるというが、公表されているスペックの限界点です。実際の訓練もそれに近いところでやっているので、今回の救難ミッションでもそれが発揮されているということですな。
4
なみへい @namihei_twit 2014年10月2日
「人間が積み重ねた技術と努力の賜物である(≒人はここまで出来るし、再現も反復もできる行為である)」に対して、「凡人には真似できない技だ、神がかっている(≒奇跡だ、偶然の産物だ)」と称されることに対する憤りなのではないかと。
6
なみへい @namihei_twit 2014年10月2日
もうちょっとツッコんで言えば「これを実行しているのはオレ達とは違う生き物だ」としてしまうことへの苛立ち、それに対して「これを人間技と認めたら、こんなこと出来るようになるとは思えない自分はただのクズになってしまうじゃないか」という怯えからくる反論、取り柄の無い自分への予防線、じゃないのかな。
6
なみへい @namihei_twit 2014年10月2日
若い人等が口にする「神」と、おじさん達の思う「神」のニュアンスが少しズレていることも理解はしているが、ちょいと軽々し過ぎて、むしろ神様に失礼じゃないかという気がする。若者の神様崇拝は称賛はあれど、敬意や畏怖がちと足りていない。(※おじさん側からの一意見です)
4
農民学術会議 @no_mi_n 2014年10月2日
ニュアンスの違いかぁ、成る程。
2
水牛・sui @suigyu703 2014年10月2日
まとめを更新しました。
0
水牛・sui @suigyu703 2014年10月2日
CAPITO氏( @ hikohkisky)氏の10/2の連ツイートを追加しました。
2
イーソップ @AES_OP 2014年10月2日
教訓、教訓。普段使い慣れた言葉について、一度考えてみようそうしよう。 ところで神呼ばわり=尊敬なのは別に間違ってはいないけど、それってつまり、遠くへ追い遣るって言うことだよね。この発言主の人のいいたかったことって、そうやって使い慣れた言葉で、思いをはせるべきところをそうせずに、「神」という「尊敬」の言葉によって切り捨てられてしまう、形なきものへの追想の詩・・・って感じを受けたね。
5
Tsuyoshi CHO @tsuyoshi_cho 2014年10月2日
(個人を指して)無条件に賛美したり、連呼して印象付けたりはだめだが、感想の1つとして出てくる、くらいはいいかな。あと限界を一時的に越えてはないほうがいいが、現場状態によりケースバイケース(になりやすいのが極限環境)ではあるし、合せてアリではあるかとは思う。
1
Simon_Sin @Simon_Sin 2014年10月3日
こと自衛隊に関することはすべてマンセーしないと気が済まない種類の人がいて、それは贔屓の引き倒しなので適正に評価したほうがいいと思う。「自衛隊のヘリ部隊の練度は高い」でいいじゃん。ほかの軍でもできるけどそれは自衛隊の評価には関係ないよね。
2
ハマスホ@ワクチン早く欲しいな @hamasuho 2014年10月3日
一回に運んでる心肺停止の人の数は機体の割に凄く少ないのはなんで?
0
北斗柄@生涯六壬者.多分 @hokutohei 2014年10月4日
神業の定義でゴチャゴチャ言う人がワラワラ出て来るのは、ネットらしいっちゃネットらしいよね。
0
まくのうち @McNouchi 2014年10月4日
hamasuho 要救助者の搬送に使ってるUH60の客室はそんなに大きくないですしパイロット以外の隊員も同乗してると思いますので結果として少なくなってしまうのではないかと。
1
@kazu000001 2014年10月5日
hamasuho あと、3000mでの最大離陸重量は少ないでしょうし、火山灰対策用の整備器材に食われている可能性もありそうですね。
0
@kazu000001 2014年10月5日
日本の山岳を考えると3000m級を余裕でこなせる機体がほしいところですが、wikipediaを見る限りオスプレイなら合致しそうですね。
0
kigantetu @kigantetu1 2014年10月5日
「神」って言葉がバーゲンセール90%オフされちゃってるからね。仕方ないね
3
大石陽@聖マルク @stmark_309 2014年10月7日
kazu000001 UH-60Jと比べると、オスプレイは重くて幅があるので、山岳だと着陸できる地点が限定されすぎてしまうのでは? それに、「3000m級を余裕でこなせる」だとオスプレイは積載量減らさないと難しいからあんまり余裕じゃないような……。
1
マク(*´﹃`*)゙ヌス @oa26dl1NAcptdAF 2015年10月30日
人(や機械)の能力の限界を越えている(ように見える)凄い技=神業、ならその人(観測者)の捉える「能力の限界」がそもそも間違ってる事になる。神技かどうかを誰が判断するのか?という話…だろ?。
3
たいらあおば @g1830550 2018年1月14日
ra_si FEの操作するクルーホバーにより対気速度5ノット以下のホバリングが可能
1