2014年10月7日

命を賭すべき『国家』と『テロ組織』の境界

24
ネガティブ思考の名言集 @n_siko

「少年よ大志を抱け」と言ったクラーク博士は、その後破産している。高望みはしないことだな。

2014-10-02 18:31:25
OGAWA Kandai @grossherzigkeit

クラークの「大志を抱け」の言には後段がある。「それは金や栄達、また名誉といった虚しいもののためではなく。知識、正義、また国民の向上といった、人としてなさねばならぬことのために大志を抱け」と。そして彼は貧しい人々への教育事業に大金をつぎ込み破産した。名言通りの気高い生だったと思う。

2014-10-06 13:48:19
OGAWA Kandai @grossherzigkeit

北海道大学の学生がイスラム国に参加しようとして警察に事情聴取というニュースにつき「クラーク博士が泣いている」みたいな批判を見たが、クラークという人は母国アメリカで南北戦争が起こるや、何の軍隊経験もないのに大学教員の職をなげうって北軍に志願し、最前線で激闘したような人だったんだが。

2014-10-06 21:48:26
OGAWA Kandai @grossherzigkeit

ああ、ちなみにクラーク博士の「Boys, be ambitious」の「boys」は「少年、青年」という意味ではなくて、南北戦争時代の将校が兵士に語りかける言葉として使われてたものとしての「boys」なので、まさに「兵士たちよ、大志を抱け!」が正しい訳なのである。

2014-10-06 22:11:03
OGAWA Kandai @grossherzigkeit

「北大生がイスラム国に参加しようとしたそうだが、思えばクラーク博士も南北戦争の義勇兵だった」と書いたら、「国家のため戦うのとテロ組織のために戦うのは違う」という反応をいくつかいただいた。これに反論するということではなくて、非常に面白い示唆を与えてくれるお言葉だなあと思った。

2014-10-07 11:09:27
OGAWA Kandai @grossherzigkeit

そもアメリカはどのようにできたのかというと、イギリス植民地から独立するんだということでジョージ・ワシントン以下が起した独立戦争の結果できたわけである。18世紀当時の時代に、王制に反旗を翻して民主共和制の国家をつくろうなんて、これは確実に一種の「テロ組織の主張」みたいなものだった。

2014-10-07 11:11:37
OGAWA Kandai @grossherzigkeit

当時のアメリカにまともな軍隊は存在せず、「民兵」という名の、何の訓練も受けたことがない、制服も着ない農夫たちが、狩猟用の火縄銃まで持ち出して、ぞろぞろと「大陸軍」と呼ばれる軍隊に参集し、そして大変な苦戦の末に、イギリスから独立を勝ち取った。これがアメリカという国家の建国史である。

2014-10-07 11:13:38
OGAWA Kandai @grossherzigkeit

クラークとイスラム国に行こうとした北大生の差異を「母国のための戦に行くのか否か」で判断する声もあったが、これもアメリカ独立戦争において、2大陸の英雄ラファイエット、若き日のサン=シモン、ポーランドの軍人コシューシコなど、多彩な義勇兵が海外からやってきて、ワシントンを支えたわけだ。

2014-10-07 11:18:14
OGAWA Kandai @grossherzigkeit

「クラークは奴隷解放の大義のために戦争に行ったがテロ組織に大義はない」という意見もあったが、それはイスラム国にも彼らなりの考えはあろうし、また南北戦争中、奴隷解放論は北部の一部市民からさえ社会を破壊する危険思想とされ、またジョン・ブラウンなる「奴隷解放テロリスト」の存在もあった。

2014-10-07 11:27:37
OGAWA Kandai @grossherzigkeit

ただこうしたことも、当方が南北野郎として少々米国の歴史なんかにオタク的関心があるから出てくるコジツケ的なゴネであり、「母国の大義のため戦争に行くのと、海外のテロ組織に行くのとは違うだろ」という意見に一定の説得力があるのは事実だと思う。ここが本当に面白いなと思うんですよ。

2014-10-07 11:32:27
OGAWA Kandai @grossherzigkeit

アイルランドなんかに目を向けると、ここは本当にアメリカ以上で、ウソ掛け値なく、後のIRAにつながる正真正銘の「テロ組織」が、イギリスの要人を暗殺テロの標的にしながらイギリス政府を脅し上げ、独立を承認させた末にできた「大義の国家」ですからね。

2014-10-07 11:36:41
OGAWA Kandai @grossherzigkeit

これは揶揄してるのでも何でもなく、「国家のため戦うのとテロ組織のために戦うのは違う」という論者は、その「テロ組織」がどこまでの勝利と承認を得れば、手のひらを返し「国家の大義万歳!」と叫ぶようになるのか。この「境界」がどこにあるのかということについて、当方などは非常に関心がある。

2014-10-07 11:40:22

コメント

🎄佐倉和音🎄🥴家建て直します @O_Flow 2014年10月7日
勝てば官軍負ければ逆賊と言う言葉(あってるかな?)もあるけど
7
脳内がエロで埋まっている白痴のネトウヨ @dokuman3 2014年10月7日
「日本人がイスラム国の軍隊に参加しようとする」と「日本人が米軍に参加しようとする」の間にどれくらいの差が有るのか?とか、いろいろ考えていくと面白そうな話だと思ったり。
1
s.j. @uo_kawa 2014年10月8日
イスラム国は主権国家ではないので、今の武力紛争は国際法上の戦争にはなりません。そのため各国に中立義務は発生しません。だからと言って、国家がイスラム国に志願する一個人の出国を黙認すれば、それはイスラム国に対する支援であり、今の有志連合に対する敵対行為となります。ちなみに、日本は現状の米国に基地を貸しているので中立ではありません。
4
ゴイスー @goisup 2014年10月8日
梁山泊やゲバラに想いを馳せるのはかまわないが、イスラム国とは何かが決定的に違う気がする。 うまく言えないのだけど。
0
せれあん(17歳) @Cellea17 2014年10月8日
アメリカ独立や南北戦争、或いはIRAは「その土地に居た人が集団を組織して起こした行動(テロなのか戦争なのかは兎も角)」だけど、イスラム国の場合は彼らが主張している地域から自然発生した紛争というより、特定の地域のメンバーが影響範囲の拡大を目的に、組織の発生地域の周辺でやってるように見えるから違う……んじゃないかしら。独立戦争とか内紛というより、どちらかっていうと現状では領土を持たない侵略国家が領土を取得・拡大しようとしてるように見えるのよね。
2
Bunker @DerBunker 2014年10月8日
南北朝鮮や中共と台湾の関係も似たような所があるかも。お互いに国家として認めていない以上、北にとっての南や台湾にとっての中共はテロリストのばけもん。中共を承認している日本にとって台湾は国家ではなく国家のようなもの。つうか、領土と国民とそれを支配する権力を持っていて、それを持つことを志向している以上は国家だよね。
0
Bunker @DerBunker 2014年10月8日
国家が成立するために、支配者が地場画の勢力である必要は必ずしも要しないことは、一昔前の台湾を見ればわかることと思う。大陸からきた国民党が現地人の上に乗っかって独裁していたけど、少なからぬ国が国家として承認していた。そう考えると、他国からの承認ってのも国家の要件としては大事かも。他国が認めればほとんど支配領域をもたなくとも国家だし、逆にどこからも承認されていなければ領域と国民と権力があっても国家ではない。ハマスとか。
0
Bunker @DerBunker 2014年10月8日
ソマリランドなんてのもあったな。それと、国家であるかどうかとその団体がどのような国家を志向しているかも関係ない。イスラム法による支配をしているから国家でないとまで言えないことはイランとか見ればわかること。党の指導性なんてのを基本的人権の上に据えた共産圏の国制は近代的な立憲主義からしたらかなりイレギュラーな部類だろうけど、国家であることを否定することにはならないし、サウジなんかは絶対君主(?)。
0
言葉使い @tennteke 2014年10月8日
アメリカは独立戦争で、イギリスを嫌いな国から資金を得ることに成功して、つまり外交ができていたでしょう、東西冷戦の時もソ連から資金や武器を援助されていた勢力はいたけど、イスラム国は外交なり商いなりは出来ているのかな?
0
kou @kou1773585 2014年10月8日
本当かどうか知らんけど、問題の北大生はちょっとアレなお人みたいでね・・・。
0
nekosencho @Neko_Sencho 2014年10月8日
たとえばナチスドイツその他の、他国をがすがす侵略していくぞみたいな国の場合、それが国家だとしても巨大テロ組織と変わらない、むしろたちが悪いってのもあるので、国であるか組織であるかよりも、周囲に脅威や被害を与えるかどうかの問題だと思う。
2
Heyw65kZ4RiU @29zgJQepexzZ 2014年10月8日
ISは誰彼構わず「処刑」してるせいでほぼ全世界から反感買ってるという背景を無視して、ISのやってることと独立戦争をごっちゃにしたら、そりゃあ国連事務総長だって怒る。北大生? アレは中二病盛大にこじらせただけやろ
0
BUFF🏳️‍🌈 @geishawaltz 2014年10月8日
古今東西を問わず「義勇兵」ってには血の気の多いちょっとアレな連中が主流だったような気もするけど…。
1
こんたん @kontan8823 2014年10月8日
アメリカのイラク政策が破綻し、もはやフセイン時代の統一イラクは望めない(これはアメリカのせい)以上、スンニ派、シーア派、クルド人の境界線の線引きは将来的に必要だと思うが、ISISのように残虐な組織にイラクの一部でも委ねることが、どれだけ危険かは認識すべきだと思う。現状では、シーア派とクルド人の生活圏が脅かされないよう、スンニ派勢力にISISに替わってまともな組織ができるまで叩く以外ないよ。
0
Schizophrenie @Schizophrenie__ 2014年10月8日
欧米からの参加者って、911後に普通の一般人だったのにテロリスト扱いされた不満が爆発した人たちが多い気がします。
2
こぎつね @KogituneJPN 2014年10月8日
イスラエル国防軍も昔はテロ組織だったんだよなぁ
1