Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。

連城三紀彦・全作品紹介

『処刑までの十章』刊行記念、『小さな異邦人』までの連城三紀彦の小説作品全60作の簡単な紹介。 独断と偏見によるオススメ度つきですので、連城作品何から読めば? 未読が色々あるけど面白いのある? という方のひとつの指標になれば幸いです。 2015/10/20:『処刑までの十章』『女王』の紹介と、各作品の評価の修正版を追加しました。
42
浅木原忍 @asagihara_s

さて、誰に頼まれたわけでもなく延々連城三紀彦について語る #連城三紀彦全作品紹介 はじめるよー

2014-10-08 20:01:23
浅木原忍 @asagihara_s

【前置き】2013年10月19日、連城三紀彦が亡くなってから間もなく1年。遺作の『処刑までの十章』amazon.co.jp/dp/4334929729 が刊行され、先日は代表作の『夜よ鼠たちのために』amazon.co.jp/dp/4800231736/ が復刊されました。 #連城三紀彦全作品紹介

2014-10-08 20:03:38
浅木原忍 @asagihara_s

【前置き(2)】しかし、60作品を数える連城作品は未だ46作が絶版・品切れ状態にあり、『宵待草夜情』『敗北への凱旋』『夕萩心中』『黄昏のベルリン』といった代表作でさえ新刊で入手できません(夕萩とベルリンは最近まで入手できましたが……)。 #連城三紀彦全作品紹介

2014-10-08 20:05:44

【追記】
その後、『宵待草夜情』『夕萩心中』『青き犠牲』が再び新品で入手できるようになりました。

浅木原忍 @asagihara_s

【前置き(3)】また、連城三紀彦は一般的に、直木賞を受賞した『恋文』(84年)以降、『白光』『人間動物園』(02年)の刊行までの間、ミステリを離れ恋愛小説の作家になったと見なされており、その間の作品は多くのミステリ読者に読み逃されています。 #連城三紀彦全作品紹介

2014-10-08 20:07:40
浅木原忍 @asagihara_s

【前置き(4)】実際は80年代後半から90年代にかけても、連城三紀彦はミステリ読者も満足できる傑作・秀作を多数書いています。しかし、一見して恋愛小説と区別がつかないのが、連城ミステリーがミステリ読者に読まれなかった原因であろうと推察します。 #連城三紀彦全作品紹介

2014-10-08 20:10:14
浅木原忍 @asagihara_s

【前置き(5)】というわけで、連城三紀彦の『暗色コメディ』から『小さな異邦人』までの全60作品を、ミステリ読者へのオススメ度つきで簡単に紹介しようと思います。 『戻り川』や『夜鼠』で連城を知ったけれど、何を読めばいいか解らない人の指標になることを願って。 #連城三紀彦全作品紹介

2014-10-08 20:12:12
浅木原忍 @asagihara_s

【前置き(6)】 オススメ度の基準は以下の通りです。 ★★★★★(神の領域) ★★★★☆(必読の大傑作) ★★★★(読み逃すべからざる傑作) ★★★☆(読むべき秀作) ★★★(読んでおきたい佳作) ★★☆(好みに合いそうなら) ★★(あんまり勧めません) #連城三紀彦全作品紹介

2014-10-08 20:14:32
浅木原忍 @asagihara_s

【前置き(7)】 ・オススメ度はあくまで自分の主観であり独断と偏見によるものです。現在新品で入手できるものは[入手可]と付記しておきます。 ・連城作品を読もうという方の、豊かな連城三紀彦ライフの一助となれば幸いです。 #連城三紀彦全作品紹介

2014-10-08 20:18:11
浅木原忍 @asagihara_s

前置きが長くなったので、さっさと作品紹介にいくよー #連城三紀彦全作品紹介

2014-10-08 20:18:34
浅木原忍 @asagihara_s

01【暗色コメディ】(新潮文庫・文春文庫)★★★☆ 連城三紀彦処女長編。もうひとりの自分、トラックの消滅、別人にすり替わった妻……四つの狂気が、やがてひとつの事件に収斂していく。眩惑的な本格ミステリ。 amazon.co.jp/dp/4167420147 #連城三紀彦全作品紹介

2014-10-08 20:21:17
浅木原忍 @asagihara_s

記念すべき連城三紀彦の初単行本であり処女長編。精神病院を舞台に、次から次へと、狂気か妄想としか思えないような謎が畳みかける。途中までちゃんとミステリになるのか不安になるほど。謎解きには無理がある部分もあるけど、若き連城の意気込みと稚気に溢れた意欲作。 #連城三紀彦全作品紹介

2014-10-08 20:23:29
浅木原忍 @asagihara_s

02【戻り川心中】(講談社文庫・光文社文庫)★★★★★ 二度の心中事件を歌にして残し自害した天才歌人・苑田岳葉。その歌に隠された真実とは…(表題作)。花にまつわる連作ミステリ《花葬》シリーズ5編。 [入手可] amazon.co.jp/dp/4334740006/ #連城三紀彦全作品紹介

2014-10-08 20:27:06
浅木原忍 @asagihara_s

国産ミステリ史上に燦然と輝く連作《花葬》シリーズの5編を収めた短編集。収録5作全てが国産ミステリ短編のオールタイムベストを伺うホワイダニット・ミステリの傑作であり、同時に抒情性豊かな美文で綴られた完璧な短編小説という奇跡の一冊。絶対の必読。 #連城三紀彦全作品紹介

2014-10-08 20:29:56
浅木原忍 @asagihara_s

【追記】ハルキ文庫版『戻り川心中』は花葬シリーズ全8編(本当はもう1編あるけど)を収めたお徳用パックなので、あんまり出回らないけど古書で見かけたらこっちでも。 amazon.co.jp/dp/4894564106/

2014-10-08 20:32:51
浅木原忍 @asagihara_s

03【変調二人羽織】(講談社文庫・光文社文庫)★★★★ 東京の空に鶴が舞った大晦日、噺家が高座で二人羽織を演じている最中に刺殺された(表題作)。デビュー作を含む初期短編5編。 [入手可] amazon.co.jp/dp/4334747140/ #連城三紀彦全作品紹介

2014-10-08 20:35:33
浅木原忍 @asagihara_s

事実上の処女短編集にして既にして傑作集。表題作の美しすぎる書き出しに始まり、ふたつの酷似した過去と現在が意外な真相を導く傑作短編「六花の印」、緊迫感溢れる夫婦サスペンス「メビウスの環」、夫婦による犯罪を綴る日記「依子の日記」と粒ぞろい。無論必読の一冊。 #連城三紀彦全作品紹介

2014-10-08 20:39:41
浅木原忍 @asagihara_s

04【密やかな喪服】(講談社文庫)★★★☆ 「ああそうだ、喪服を用意しておかないと…」妻の何気ない呟きが夫に疑念をもたらす(表題作)。ほか「代役」「ベイ・シティに死す」「黒髪」など初期短編7編。 amazon.co.jp/dp/4061835572/ #連城三紀彦全作品紹介

2014-10-08 20:42:11
浅木原忍 @asagihara_s

初期連城が色々なジャンルを書いていたことがわかるバラエティパック。複雑なプロットを詰め込んだ怒濤の反転劇「代役」と、連城浮気ミステリーの嚆矢「黒髪が特に傑作。「代役」「ベイ・シティに死す」「ひらかれた闇」の3編は宝島社版『夜よ鼠たちのために』で読めます。 #連城三紀彦全作品紹介

2014-10-08 20:44:37
浅木原忍 @asagihara_s

05【運命の八分休符】(文春文庫)★★★★ どんぐりまなこに分厚い眼鏡のモッサリ男・田沢軍平クンが巻き込まれる、5つの事件と5人の美女(?)とのゆきずりの恋。連作ユーモアミステリー5編。 amazon.co.jp/dp/4167420015/ #連城三紀彦全作品紹介

2014-10-08 20:47:50
浅木原忍 @asagihara_s

連城作品としては希少なシリーズ探偵ものにしてユーモアミステリーだけど、中身まで軽量級と思ったら大間違いの、意外な逆説を軸にした傑作ミステリ集。奇妙な誘拐ミステリ「邪悪な羊」と、舞台上での女優射殺事件「観客はただ一人」は特に初期連城の代表作に数えていい傑作。 #連城三紀彦全作品紹介

2014-10-08 20:50:12
浅木原忍 @asagihara_s

06【夜よ鼠たちのために】(新潮・ハルキ・宝島社文庫)★★★★☆ 医師が首に針金を巻かれ、白衣を着せられた死体となって発見された(表題作)。ミステリ史上に残る〝反転の美学〟傑作6編。 [入手可] amazon.co.jp/dp/4800231736/ #連城三紀彦全作品紹介

2014-10-08 20:55:32
浅木原忍 @asagihara_s

『戻り川心中』と並び称される傑作短編集。唖然某然の表題作を筆頭に、独創的な誘拐ミステリの傑作「過去からの声」、怒濤の反転劇「奇妙な依頼」など、どう足掻いても騙される意外性に溢れる傑作を揃えた贅沢な一冊。連城三紀彦入門にもピッタリなのでまずはここからどうぞ。 #連城三紀彦全作品紹介

2014-10-08 20:57:34
浅木原忍 @asagihara_s

【追記】現在新品で入手できる宝島社文庫版(ハルキ文庫版が底本)には『密やかな喪服』から「代役」「ベイ・シティに死す」「ひらかれた闇」が追加収録されており9編が読めます。お得!

2014-10-08 20:58:41
浅木原忍 @asagihara_s

07【宵待草夜情】(新潮・ハルキ文庫)★★★★★ 大正末期、劇団の絶頂期に謎の自殺を遂げた劇作家と、その四十九日に後追い自殺した女優。2人の異様な愛の裏にあった真実とは(「花虐の賦」)。傑作ミステリ5編。 amazon.co.jp/dp/4894564319/ #連城三紀彦全作品紹介

2014-10-08 21:02:47
残りを読む(135)

コメント

意見には個人差があります。 @sinking_the 2016年3月10日
なんで?でも、この人いい人だと思う。(注)まとめたかた。
0