2014年10月12日

NHK時代考証担当大森洋平講演めも

講演 時代考証とドラマ ~軍師官兵衛がもっと面白くなる!~ 2014年10月12日(日) 時間午後1時30分~午後3時00分 会場放送博物館愛宕山ホール 内容 続きを読む
25
のぐちよしあき(元 配役宝典の中の人) @noyorin

NHK放送博物館より帰宅なう。大森近江守の講演聞いてきました。行ってよかったよ。

2014-10-12 16:19:18
清水宗治 @MuneharuShimizu

愛宕山NHK放送博物館でNHKドラマ番組部時代考証担当ディレクターの大森洋平さんの講演『時代考証とドラマ』へ。時代考証において大切な「おかしな ことを ださないこと」を極意にしての様々なエピソードを交えてのお話。興味深く拝聴しました。 pic.twitter.com/GFXcsLwDv7

2014-10-13 01:01:52
拡大
のぐちよしあき(元 配役宝典の中の人) @noyorin

演題は「時代考証とドラマ ~軍師官兵衛がもっと面白くなる!~」だったが、内容は放送の時代考証とは何かということで大森近江守の仕事が放送制作時代考証という唯一無二の仕事であり、世界でたった一人だけの仕事だということが良くわかったのだった。

2014-10-12 16:23:08
のぐちよしあき(元 配役宝典の中の人) @noyorin

講演の中で三田村鳶魚、林美一、名和弓雄なんかの名前がさらっと出てくるところなんかがNHKの職員として時代考証をどう考えているか判るけど客の中で何人がそれを理解していただろう?

2014-10-12 16:30:40
陣🍁11/28西4た23a @gine_ya

@noyorin こんにちははじめまして。そこらへんの考証本をスタッフさんたちが読んでいるのになんでああなるの?というのが逆に気になります。林美一さんの本で、NHKには秘蔵の時代考証ファイルがあるとかいてらしたのですが、今の新しいスタッフたちはそれを見ないのでしょうか?

2014-10-12 16:34:35
のぐちよしあき(元 配役宝典の中の人) @noyorin

そこも職員としての立場からだけどやんわり言ってましたよ。ただし林さんの言っているファイルというのは大森さんがまとめる以前のもので、今の時代考証の実態とは関係ないものかもしれません。 @gorowta

2014-10-12 16:39:14
陣🍁11/28西4た23a @gine_ya

@noyorin ありがとうございます。活用されてないのか、もうなくなってしまったのかが気になります。

2014-10-12 16:42:01
のぐちよしあき(元 配役宝典の中の人) @noyorin

たぶん大森近江守はエンタメの支援としての(特に放送分野で)時代考証そのものを、最も深く考え実践し将来もはっきり考えているのではないだろうか?

2014-10-12 16:32:46
のぐちよしあき(元 配役宝典の中の人) @noyorin

さて講演の概要と感想に入ります。病み上がり明けなので乱筆乱文ご容赦。愛宕山には12時ごろ到着。館内をざっと回って展示替えされた大河の衣装など見てだいたい30人ぐらいいたかな?ロビーでは『坂の上の雲』のBS再放送がかかってました。ちょうと蛭子さんが血を流して倒れるあたり。

2014-10-12 16:42:47
のぐちよしあき(元 配役宝典の中の人) @noyorin

会場は1時からということで1分前から並びました。開場前には7人ほど列。レジュメが用意されていてA41枚裏表5部に分かれていて東工大の講演のレジュメに近いかもしれない。公演が始まるころまでには100席近い客席の8割は埋まってました。

2014-10-12 16:46:46
のぐちよしあき(元 配役宝典の中の人) @noyorin

クイズもあるということでしたが、問題はレジュメに書いてあるのでスマホ予習可能じゃないかな?あとで調べたら『考証要集』に全部答えが書いてました。

2014-10-12 16:48:22
のぐちよしあき(元 配役宝典の中の人) @noyorin

大森近江守、登壇。見た目の印象は三谷幸喜を小柄にした感じ、話し始めると講演慣れしているかな?サクサクとレジュメどおりにすすみますが歴史がらみのエピソードや小ネタが飛び出します。聞きやすいがドラマ好き目的より歴史がちょっと好きな人向けの内容。

2014-10-12 16:51:45
のぐちよしあき(元 配役宝典の中の人) @noyorin

演台にはホワイトボードもあって、話しながら簡単な図を描いて説明したり口で言ってわからない漢字を書いたりもする。ここも三谷幸喜のプレゼンみたい。

2014-10-12 16:53:29
のぐちよしあき(元 配役宝典の中の人) @noyorin

まず織田信長は望遠鏡を使ったかが問題に。答えはNO。関ヶ原以降の発明だからね。ただ若いスタッフが用意しておいてしまうこともあるので、撲滅には『天地人』までかかってしまったとの話が枕に。最近までですね。

2014-10-12 16:56:49
のぐちよしあき(元 配役宝典の中の人) @noyorin

望遠鏡が家康に献上されたことはわかっているがどう使ったかは不明。大森D的には死蔵説。そう、NHKでの大森近江守の地位は「シニア・ディレクター(考証担当)」だそうです。これは他には誰もいないので一人だけの職分。

2014-10-12 17:00:01
のぐちよしあき(元 配役宝典の中の人) @noyorin

次に時代考証とは何かの話に。時代背景、セット、小道具などを「なるべく史実」にあわせるのが仕事と。NHKは金をかけて史実どおり再現するという思い込みはしないでほしいと強調。これは講演の終わりでも二度言った。

2014-10-12 17:02:37
のぐちよしあき(元 配役宝典の中の人) @noyorin

時代考証の最初の仕事は番組の歴史のワクを決めることだという。ここは図で書いて説明。この枠はドラマのテーマや演出で変化するし、あと時代的には歴史が進むほど狭くなるとも。清盛より龍馬は狭いとも。

2014-10-12 17:05:56
のぐちよしあき(元 配役宝典の中の人) @noyorin

また同じ時代を描くドラマでも同じ枠にはならないとも、ここは後述。これらの作業は番組が始まる前に終わっていて、そのためクレジットには名前が出ない。あまり現場にはかかわらないとも。どうしてもかかわるときは考証セットを持っていくという話も。

2014-10-12 17:10:32
のぐちよしあき(元 配役宝典の中の人) @noyorin

たぶん時代が遡ると大きな枠にというのは、本郷先生の「清盛の江戸くささ」話と合わせると大森Dの考え方がわかる。中世や古代にもそれなりの狭さがあるのだが、そこは大きく枠を広げてしまうのだろう。

2014-10-12 17:12:48
のぐちよしあき(元 配役宝典の中の人) @noyorin

かつての時代考証は三田村鳶魚や林美一といった大家がいて一人で担当していたが、大家がいなくなったあとは細かく考証の職分が分かれてしまったのでそのすきまの考証が担当だと。例として江戸時代の栗饅頭はNGの小ネタ。

2014-10-12 17:16:54
のぐちよしあき(元 配役宝典の中の人) @noyorin

まあ三田村鳶魚はテレビ放送始まる前に亡くなってますから、その著書を元にということですかね。実際は鳶魚や林美一と現在の歴史考証家をたちの間を埋める時代考証者たちの大量のデータがあるんだが誰も大系して分類整理してないから使えないだけだとは思う。

2014-10-12 17:19:40
のぐちよしあき(元 配役宝典の中の人) @noyorin

春日太一さんの著書や京都の時代考証学会フォーラムでも出たが京都の時代劇系の初期の監督たちは、そういった考証史料を受け継ぐ美術家たちが身近にいたわけでそれらの考証史料も未整理。これは分類にエンタメ製作スタッフがかかわってないからどう整理したら使いやすいかがわからないだけと思うが。

2014-10-12 17:22:44
のぐちよしあき(元 配役宝典の中の人) @noyorin

さて大森Dは次の考証の仕事段階の話に。まず台本第一稿(白本)を元に演出・美術・サブD・各種考証・大森Dで最初の考証会議が行われる。これをもとに二稿(青本)ができる。そこで会議があって三稿(緑本)四稿(赤本)になることも、ここまでくるとスケジュールの問題も絡んでくるので完成稿に。

2014-10-12 17:26:37
のぐちよしあき(元 配役宝典の中の人) @noyorin

実際に『軍師官兵衛』最終回の白本・青本・完成台本を持ってきていた。完成台本をぱらっと開いて朗読はしませんと笑いを誘う。いや、もうノベライズの最終巻出てますんで内容は知ってます。

2014-10-12 17:28:22
のぐちよしあき(元 配役宝典の中の人) @noyorin

ここで考証会議での立場を吐露。考証会議での大森Dの仕事は「意見具申」で決定権はあくまで演出だという。他にもあったけど会議上で何度も言ったが演出が取りあわず放送して視聴者からお目玉もいろいろあるそうで。近く『マッサン』でも間に合わず出てくるそうです。ヒントは黒板の文字。

2014-10-12 17:35:12
残りを読む(67)

コメント