10周年のSPコンテンツ!

「ボーカロイド作品はボカロならではの表現を目指すべき」論に対する朝Pこと丹治吉順さんの意見

「ボーカロイド作品は、人の声では実現できない、ボカロならではの表現を目指すべきだ」という意見に対して、そう断言するのはどうか、という話。 ここらへんは各個人の立場により色々な意見があるので、一概に言えるわけではないのは当然なのですが、いわゆる「聴き専」クラスタの私としては朝Pの意見に共感できるところが多かったので、せっかくなのでまとめてみました。
ボカロ衰退論 音楽 ボーカロイド VOCALOID 初音ミク
114
丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y
(1)論は嫌いじゃないけど、過熱するのは警戒している。「論」は往々にして先鋭化するから。「ボーカロイド作品は、人の声では実現できない、ボカロならではの表現を目指すべきだ」はその典型。一見説得力があるが、こういう原理主義はほぼ確実に表現の幅を狭め、しばしばそれを殺す。
丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y
(2)新しいことや他人がまねできないことは、表現の世界では確かに大きな価値がある。でもそれが先鋭化しすぎると、袋小路に迷い込み、往々にして自壊する。いわゆる現代音楽が、理屈の上での新しい表現を求めて自縄自縛になった結果、誰も聴かなくなってしまったように。
丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y
(3)ソフトウェアとしての初音ミクとニコニコ動画が可能にしたのは、(録音作品としての)歌ものを作れなかった人が、それを作り、発表できるようになったこと。「歌声を持てなかった人がそれを得た」「聴きたい人と出会えるようになった」。シンプルにそれだけ。
丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y
(4)一方で、キャラクターとしての初音ミクは、オタク文化との親和性を高めて、キャラ萌えや二次創作などの要素が流入した。それがプラスだったかマイナスだったかといえば、圧倒的にプラスに働いた。
丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y
(5)なぜなら、まず何より関わる人を増やしたから。ネットワーク外部性とかメトカーフの法則といわれる効果。以前書いたように、この量的な変化が質的な変化に結びついた。カバーやネタ主流の時期はすぐ終わり、本格的なオリジナル作品が次々生まれて、それが二次創作の題材になる好循環。
丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y
(6)初音ミク現象が本当に面白いのは、集まった人々が、自分にできることでその場に貢献しようとするところ。MMDや日刊たんの妹(ランキング動画生成ツール)、専用SNSなど、自由自在な広がりを見せた。この広がりもミクのキャラクターに相当部分を負っている。
丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y
(7)そうした複数のエンジンがこの現象の推進力になっている。もちろん中核にあるのは創作で、それもまた一次創作と二次(n次)創作という複層構造。一次創作とn次創作のそれぞれの強みが相乗効果を生んでいる。
丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y
(8)一次創作は、やはり創作の基本。歌の場合は歌詞とメロディで、最もベーシックな著作物として法的に保護される。この強さは馬鹿にならない。作者は自分の作品を利用する際、誰の許しも得る必要がない。例えれば、未踏の地に道を拓くイメージ。
丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y
(9)二次創作は、一次創作にその点で劣る。公表や複製、配布などに当たって一次作者・権利者の許諾が必要で、権利は従属的。一方、一次作品とはまた違った層のファンに働きかけ、新たな人々を取り込む。一次作品が拓いた道を広げ、にぎわいを加速する。
丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y
(10)もちろん、初音ミクのキャラクターの著作権、名称の商標権を持つクリプトンが、利用に強い制約を加えていたら、純粋な一次創作以外ほぼ全部アウトだったが、そうはならなかった。実はこれが一番基本だったり。
丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y
(11)……ということで、初音ミク(ボーカロイド)現象の推進力は、何よりも関わる人の多さ、関わり方の多様さにあり、基本には幅広い「自由さ」がある。それを狭めるような動きは、すべてがいけないわけではないが、注意するに越したことはないと思っている。
丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y
(12)こっからぶっちゃけ調。何でボーカロイド作品に「新しさ」とか「ユニークさ」を要求し、それが見当たらないと批判する人が後を絶たないのかと。両方ともあると自分は思うけど、仮になかったとして、なぜいけないのか。
丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y
(13)「新しさ」「ユニークさ」は、結果として生まれてくるものだと思う。最初からそれを目標にしてしまったら、現代音楽と一緒で、たぶんそのジャンルは死ぬ。むしろ自分は、ど真ん中王道ポップを追究する人が中心にいてほしいと思っている。人が集まる場としては、それが自然。
丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y
(14)人が集まることの逆説として、「埋もれた作品の増加」「評価軸の多様さ」は課題になる。それを解決しないと、「新しいもの」「ユニークなもの」は表面に出てきにくい。ただそれは活性化したジャンルでは常につきまとう問題で、そこに文句を言うのは「もっと寂れた方がいい」というのと同じ。
丹治吉順 a.k.a. 朝P @tanji_y
以上、アンチ「論」という論をたっぷりぶったところで、終わり!

コメント

FX-702P @fx702p 2010年11月27日
一部をデコレーションしました。
KYK @kyk_1do 2010年11月27日
非常に共感できました。「新しさ」「ユニークさ」というのはクリエイター自身が、業界が肥大化し、埋没する作品が増えてくることによって発生する、周囲の作品とは違うものを作りたいという自発的な欲求から生まれてくるのが自然で、現にそういった流れというか、考え方がちらほらと散見されるようになってきているのでは、と思います。
クリフ @Crf 2010年11月27日
すっと頭に入ってくる意見でした。
@Atomium2011 2010年11月27日
はっきり言ってどこにも「ボーカロイドは独自の方向に行くべき」なんて勢力はありません。この方は勝手に妄想の敵を作って無駄な長文を書いてるだけ。自由に作るべきだという意見自体も結局同じ圧力でしかないですし。一番良いのはこんな意見でゴタゴタさせずに見守ることじゃないでしょうか。
-24dbLOPASS @24dbLOPASS 2010年11月27日
「自由でいいじゃないか」と言うのがなんで圧力になるのか分からん。それと「ボカロ独自の表現を」みたいな意見はミクが流行りだした時期にブログでチラチラ見た。それ自体はアンチが口実に使ってる面もあるので大して意識する必要はないけど、ボカロ人気の本質を改めて確認する意味ではいいまとめだと思うよ。
Vocal of FREE @vocalofree 2010年11月27日
そもそも何をもってボカロならではの表現というのか、という定義がはっきりしないとなあ。 暴走P的な「技術的に人間が歌えない表現」なのか、デP的な「歌詞方面で問題があって人間に歌わせるのは避けたい」という意味なのか、民族調系の曲みたいに「作ったは良いけど人間が歌っても商業じゃウケないからお蔵入り」系なのか。 個人的にはいずれも「ボカロならではの表現」だと思ってて、朝Pはどれのことを指しているのか。 あと一点、ど真ん中王道POPは人間が歌えばいいと思うんだが。人間が歌った方が売れるし、歌いたい人は幾らでもいるだ
@Atomium2011 2010年11月27日
@sukuihanaindesu このまとめ自体が圧力になって無駄な争いを作るってことです。ようするに自由にさせたいならそもそもこんな呟きしないほうがいいんじゃ…ってわけで。独自の方向行くべきって勢力が本当に拡大してるなら話は別ですが、見たことないし
-24dbLOPASS @24dbLOPASS 2010年11月27日
@Atomium2011 朝Pが語ってる事が正しいかどうかって、別に「独自の方向行くべき」勢力の大小で決まるわけじゃないでしょ。「こういう意見を見たことがあるが、それに対して俺はこう思う」ていう意見表明なわけで。その意見に各々が賛同するかどうかっていう部分で口汚い罵り合いが始まったとしても、私は「こいつらバカだな」と思うだけだし。TLがそれで埋まってたらリムーブするだけだし。
@s_koshigaya 2010年11月28日
これは本当にそう。「ボカロならではの表現をしろ」と言うなら「人の声ならではの表現をしろ」とも言っていいはず。ボカロの誕生と同時に、歌が人の声である必然性や優位はとっくに揺らいでいる。
Yuji TANAKA @ugtk 2010年11月28日
ボカロをダシにして論考ごっこしてるだけだな。それ以上でも以下でもない。内容は凡庸だし。
@Atomium2011 2010年11月28日
もうちょっと突っ込んだこと言うと、こういう甘やかしがいきすぎると結局作り手を「ボカロを作るために生まれた特別な人間」って勘違いさせちゃって負の連鎖になると思うんですよ。今までのそういう連鎖で何人ものアーティストがプライド高くなりすぎて自滅した歴史があるので…。だからただ単に良い歌作った人を個別で褒めていい曲を個別で宣伝するに止めたほうが良いと思うんすよ。もうやめましょうよこういうの
CAT@仁木克人 @popncat 2010年11月28日
別に圧力にも甘やかしにもなっていないと思うけどなあ。
アカさん @aka_san0 2010年11月28日
「ボカロの誕生と同時に、歌が人の声である必然性や優位はとっくに揺らいでいる」・・・・うーん、未来はともかく、現時点でそれは言い過ぎのような。人間の歌について言えば、既に「うまい人」よりも「その人ならではの声」のほうが重視される傾向にあるわけだし。というか、「ボカロ」と「生歌」は、どちらかがどちらかを駆逐するような類のものではないと思うんだけど。
しまこ @aoneco 2010年12月13日
つまり、『こまけぇことグダグダ言ってないで、自由に創作すればいいんだよ』ってことでは?
Mill=O=Wisp @millowisp 2011年10月19日
「多様性」と「総人口」。合わせて「裾野の広さ」が、その文化の強さを決める。ボカロ以外もね。
マウントフジのキャスター @m_akasya 2012年3月27日
他の人のスタイルは気にせず作りたいものを作ればいいんじゃないかなあ。ここで他人の意見についてうだうだ言い合ってるのも不毛だしのぅ。「論は嫌いじゃないけど、過熱するのは警戒している。「論」は往々にして先鋭化するから。」…はいそうですね
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする