141015 【沖縄県知事選スペシャル】岩上安身による立候補を表明した元参院議員・喜納昌吉氏インタビュー

記事・映像はこちら→http://iwj.co.jp/wj/open/archives/182327
0
岩上安身 @iwakamiyasumi

以下、連投。RT @IWJ_ch1: 1.これより10月15日(水)16時30分から行われた「岩上安身による沖縄県知事選に立候補を表明した喜納昌吉・元参議院議員インタビュー」の報告ツイートを始めます。喜納氏は「辺野古埋め立て承認の取り消しもしくは撤回」を公約にかかげておられます。

2014-10-15 21:41:23
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投2 RT @IWJ_ch1: 2.岩上「沖縄県の那覇に来ています。本日はミュージシャンで、前民主党沖縄県連代表の喜納昌吉さんにインタビューさせていただきます。喜納さんとはTPP反対集会でお目にかかったことがありますね」

2014-10-15 21:41:42
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投3 RT @IWJ_ch1: 3.岩上「有力候補と言われる、現職で自民党が応援する仲井真弘多さんと、翁長雄志さんとの一騎打ちという構図に、喜納さんが割って入ったとされています。今回の出馬の経緯を教えていただけますか」

2014-10-15 21:42:01
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投4 RT @IWJ_ch1: 4.喜納氏「もともと私が出るという考えはありませんでした。しかし、民主党沖縄県連の独自候補を出すことは考えていました。それが、県連の頭越しに、民主党本部から翁長さんを支持するという談話が出た。それはないんじゃないかと思いました」

2014-10-15 21:42:31
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投5 RT @IWJ_ch1: 5.喜納氏「辺野古埋め立てにずっと反対してきた県連と、党本部との政策が合わないということです」。岩上「『日米合意を尊重するという』という党本部の方針と、県連との間でねじれがあったということですね」

2014-10-15 21:42:49
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投6 RT 6.岩上「沖縄の民主党の皆さんは一貫して辺野古反対を貫いてきた。ならば今度の民主党本部の動きは、沖縄に対しての妥協だとは言えないでしょうか」。喜納氏「安全保障問題に関しては、民主党でも自民党でも、沖縄が蚊帳の外に置かれてきたと疑念を感じてきました」

2014-10-15 21:43:15
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投7 RT 7.喜納氏「党本部には、日米合意を撤回するかどうかを、翁長さんには、辺野古埋め立て承認の撤回をするかどうか確認した。どちらかを飲めば私は納得した。なぜ、私が意固地になってそれを確認したいか。鳩山政権は権力を取ってから約束を反故にしてしまったからです」

2014-10-15 21:43:53
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投8 RT @IWJ_ch1: 8.岩上「翁長さんは、仲井真さんが県内基地移設反対の公約撤回に対して半旗を翻した人ではないのですか?」。喜納氏「そこまではいいのですが、私は担保が欲しい」。岩上「鳩山さんや仲井真さんのようなことが起こりえると」。喜納氏「大いにあると思います」

2014-10-15 21:44:15
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投9 RT @IWJ_ch1: 9.岩上「翁長さんと、お会いして話したのですか?」。喜納氏「ご本人の言い方は、『賛成して基地が作られるより、反対して作られたほうが交渉できるでしょう』というもの。彼の頭には基地が作られているのです」

2014-10-15 21:44:35
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投10 RT 10.岩上「翁長さんは『反対』。喜納さんは『撤回』ですね。この違いは?」。喜納氏「『反対』は政治的な力がない場合でもできることです。『撤回』は行政的責任があり、裁判まで持ち込むこと。7割8割の県民の世論があるのだから行政的処分として堂々とやるべき」

2014-10-15 21:45:08
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投11 RT @IWJ_ch1: 11.岩上「行政法的に言うと『撤回』は事後的に違法となった行政処分を将来に向かって無効とするもの。一方で『取り消し』はそもそも誤った行政処分を無効にするものだそうですが」。喜納氏「専門家に聞いて、この違いについて今では理解しています」

2014-10-15 21:45:33
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投12 RT @IWJ_ch1: 12.喜納氏「これまでの『撤回』は具体的な反対運動の意味で使っていました」。岩上「翁長さんは『承認、取り消しを視野に入れて取り組みたい』という発言をしているようですが」。喜納氏「視野に入れることは誰でもできますね」

2014-10-15 21:45:56
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投13 RT @IWJ_ch1: 13.岩上「喜納さんに下された民主党からの除籍というのは重い処分ですね」。喜納氏「民主党は下野したのだから、日米合意についても撤回すべき。そのほうが国民の支持があります。私は除籍され、ある意味で解放された気分ではあります」

2014-10-15 21:46:17
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投14 RT 14.喜納氏「革新野党は『耐える』ことについては免疫があり、たんに頑固に歴史のトラウマを背負い込んでいるところがある。保守系は、節操がないからかもしれないが、トラウマを払拭していく。一度、トラウマを取り除く必要がある。今がいいチャンスだと思います」

2014-10-15 21:46:44
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投15 RT @IWJ_ch1: 15.岩上「辺野古埋め立て承認に仲井真さんが転んだ。これへ沖縄の市町村の首長さんたちが反対の意志を表明した。しかし途中で態度を変えた人もいます。その中の桑江さんが沖縄市長選に出たときに、喜納さんは応援されたということですが」

2014-10-15 21:47:16
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投16 RT 16.喜納氏「桑江さんを応援したわけではありません。私は泡瀬干潟埋め立て事業には反対してきた。しかし県連の中では分裂もあった。生物多様性から見ても泡瀬干潟の問題は、辺野古埋め立てと同じ問題。基地反対運動でも環境運動でも、私の姿勢に違いはありません」

2014-10-15 21:47:42
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投17 RT @IWJ_ch1: 17.岩上「島袋氏を支持できないということで、桑江氏を支持したとうことですか」。喜納氏「支持ではなく、私一人で決められることではないですから。幹事長もいますし、いろいろな形で」

2014-10-15 21:48:02
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投18 RT @IWJ_ch1: 18.岩上「東門さんの政治姿勢に受け入れ難いものがあった。また、基地反対運動の頑さを突き破りたい思いがあった。しかし、それが泡瀬干潟埋め立てを推進する桑江さんを支持する理由になりますか?」。喜納氏「誤解されているかもしれませんが……(続く)」

2014-10-15 21:55:08
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投19 RT @IWJ_ch1: 19.喜納氏「私は当時、下地幹郎と組んで、右左関係なく再編を狙っていた。橋下さんや、みんなの党と連絡を取りながら」。岩上「つまり、沖縄発で第三極を作れないか、ということだったと」

2014-10-15 21:55:27
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投20 RT @IWJ_ch1: 20.喜納氏「橋下さんは沖縄や慰安婦問題に関して失言もあったが、話し方を変えれば捨てたものではないと考えています」。岩上「喜納さんは、右派の方にもシンパシーを感じているわけですか」。喜納氏「私は左翼でもなく右翼でもなく『なかよく』です」

2014-10-15 21:55:51
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投21 RT @IWJ_ch1: 21.岩上「普天間基地の移設問題で、辺野古が駄目ならどこへ?」。喜納氏「オール沖縄を言う人たちが、辺野古反対を本当に主張するならば、仲井真さんを追い込む必要はなかった。彼は裏切ったというより、追い込まれたと私は見ています」

2014-10-15 21:56:17
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投22 RT @IWJ_ch1: 22.岩上「『喜納さんは条件次第で出馬取りやめの意向』という8日の報道がありますが、翁長さんが条件を飲めば出馬しないということですか?」。喜納氏「その後、翁長さんに会いにいったが、正式に『飲めない』という文章をもらいました」

2014-10-15 21:56:38
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投23 RT 23.岩上「喜納さん自身は、嘉手納案を支持していたというころですが」。喜納氏「2012年にジョン・マケイン氏などの有力米上院議員が、普天間基地を米軍へ戻すプランを日本政府に提示しました。これは一時的に嘉手納に基地を置いて、その後に米軍に返すものです」

2014-10-15 21:57:05
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投24 RT @IWJ_ch1: 24.喜納氏「米国は冷戦終了後、戦略として中国をどうコントロールするかが課題となりました。そこで沖縄、フィリピンも含めて、中国包囲網を考えた。沖縄が後方支援基地ではなく、前線基地になる。ここで米国には、海兵隊を沖縄から出したい思惑があります」

2014-10-15 21:57:28
岩上安身 @iwakamiyasumi

連投25 RT 25.喜納氏「辺野古に自衛隊が入ってくることを目隠しするために、メガフロートがあると、私は見ています」。岩上「米国にとって都合のいい中国にするために包囲網をつくる。時にはドンパチが起きる。それまで中東での戦争の後方支援基地だった沖縄が前線基地となる」

2014-10-15 21:57:55
残りを読む(16)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?