10周年のSPコンテンツ!
2
Masanao Igarashi @msnoigrs
妻の一方的な責めに耐え切れなくなって逆上してしまうのを避けるため、どうしていいかわからずにその場を去るのは、話を聞く姿勢を示さないこと自体が責める要因の一つだと思うし、一方的に責められると逆上してしまいそうになるのをなんとかするべきだし、大事な人が困ってるんだから、速く話聞け。
Masanao Igarashi @msnoigrs
配偶者がどうすればいいかわかんなくて、助けて欲しいっ言ってくる内容のことは、だいたいにおいて、聞いてもどうすればいいかわかんない案件であって、そんな中で、どうしていこうかって道を探って、進めるしかないんじゃないのかな。常に棚上げされれば、そりゃ相手は怒る。
Masanao Igarashi @msnoigrs
怒るときは、いろんなもの混ぜこぜで怒る。怒り方としてはまずいけれど、そこを言っててもしかたない。そういうのも含めて全て夫婦の問題。その問題に大して自分が何をするとよいかを考えて行動するしかなくて、その姿勢があれば、怒りをぶちまけられることも減るんじゃなかろうか。
Masanao Igarashi @msnoigrs
妻の責めに対して、逆上してしまうのを避けるためにその場を去る(逃げる)夫の話の続き。そういう男性は、解決方法がなさそうな問題をあれやこれやと話し合うのは無駄だと考える傾向があるように思う。問題に対して、自分には的確な解決案がなさそうだと考えて、話し合いを避ける。
Masanao Igarashi @msnoigrs
続き。自分が問題と認識していなかったこと、問題だと思えない妻の話は、やっかいなだけ。自分の周りの世界は平穏なのに、理不尽に感じる自分への要求、解決方法のないように見える悩み、ピンとこない自分には関係なさそうな妻の世界の悩み。仕事で疲れているし、そんな話を聞くのはつまらない。
Masanao Igarashi @msnoigrs
続き。そうしているうちに、妻には解決しないままの問題や悩みが溜まる。信頼しているはずの夫は話を聞かない。なるべく怒りを殺して話してみても、夫は親身にならない。怒りをぶちまければなおさら聞かない。やり場のない気持ちに、テンパり始める。
Masanao Igarashi @msnoigrs
続き。夫と言えば、堰を切ったように怒りをぶつけられると逆ギレするのは当然だなどと、逆ギレするのは当たり前かのようなことを思うだけ。自分がその場を去って、逆ギレしないだけまだましだとさえ思う。
Masanao Igarashi @msnoigrs
続き。そんな状態が続くと、徐々に妻も夫に怒りをぶつけなくなってくる。夫は、喉元が過ぎたつもりになったり、問題がなくなったのだと勘違いし、胸をなでおろす。でも、実際は違う。妻はほとほとあきらめて、愛想を尽かしている。夫への信頼などなくしてしまう。
Masanao Igarashi @msnoigrs
続き。子供がいたりして離婚に抵抗があるだけで、妻に経済力や行動力があれば、離婚も考える。夫は、ある日突然妻が、離婚を言い出したように感じる。平穏な日々が続いていて何も問題のなかったはずなのにと。話してくれればもっとちゃんと聞いたのにと。まさか離婚を考えるほどの不満だったのかと。
Masanao Igarashi @msnoigrs
続き。穏やかに話せば、なだめすかされて終わり。強めに言えば、逆ギレ。男性はそんなもんだとすら思っている女性もいる。そんな人と夫婦になることを選んだ自分にも責任はある。でも一生をそんな人と共にする義理もないと考えてもおかしくはない。
Masanao Igarashi @msnoigrs
続き。そんな夫婦が少しでも経るといいなと思い、私なりに書いている。で、私と同性である男性に言いたいのは、妻の話を聞くこと自体が、解決になることもあるよ。そして、妻が話をしたいと思うタイミングで聞くのはとても重要です。
Masanao Igarashi @msnoigrs
続き。妻の話に、うまい解決方法はないかもしれない。難しい問題なのかもしれない。でも、その問題に対して、どう思うか。どう解決方法がないと考えるのか。を伝えるのは重要です。解決したことにはならなくても、妻は寄り添ってくれていることで安心し、自己解決するかもしれない。
Masanao Igarashi @msnoigrs
続き。心の余裕がないときもあるでしょう。でも、大事な妻のために、どこか心に隙間を作っておくように心がけて。妻のささくれだった表現も、それだけいっぱいいっぱいになっていると思って、言葉じりにいちいち怒らない。もしも、余裕がなければ、その思いも伝えて。
Masanao Igarashi @msnoigrs
続き。夫婦喧嘩の間で話を聞く機会が、たぶん普通よりも多い私の経験上、こんなふうに話しても、男性は自分のことと感じるのが女性よりも苦手。ほとんどの男性にはなかなか届かないので、女性に工夫をお願いすることが多くなってしまう。
Masanao Igarashi @msnoigrs
続き。結局女性側が対応しなければならないのかと、残念な気持ちになるのを承知で書きますと、話を聞かない夫に、怒りをぶちまける方法で訴えるのは、やはり解決には至らないです。自分が話を聞けない夫だという自覚すらないのですから。
Masanao Igarashi @msnoigrs
続き。そんな男を夫に選んでしまったことを後悔して、離婚するなら早いほうがいいです。お互いのために。人生は後悔しながら生きるのには短いですから。話を聞けない夫の問題は、男は仕事、女は家庭という考えが大勢だった社会だった故だと思います。
Masanao Igarashi @msnoigrs
続き。最近盛んに言われているように、この状況を打破するには、女性が男性に頼ることなく、生きていけるように能力を磨いて、男尊女卑の社会にしがみつく人たち(男性も女性も)を無視し続けるしかないのかなと思います。
Masanao Igarashi @msnoigrs
続き。ジェンダー対立論になりがちですが、既得権益を持つ人たちと新しい考え方で生き抜こうとする人たちとの対立じゃないかと思うことがあります。
Masanao Igarashi @msnoigrs
女性から聞く意見として、自分の彼氏や夫に対し、「この人を選んでよかったと思うこと。」で、「話を聞いてくれる。」というのがあります。「話を聞ける」というのは、「相手の気持ちに寄り添える」ということだと思います。できない男多いから、ちょっと聞けるだけでもてますよ。
Masanao Igarashi @msnoigrs
夫婦間の話なのに、「話を聞いてもらいたいなら、聞いてもらいたい態度をとるべき」論を言う人がいるけれど、それ夫婦間で必要ですか?夫婦の問題を、妻だけが感じていて、それを夫に伝えるのに、聞いてもらえるように特別な配慮が必要なもんですか?夫は妻に特別な配慮をして話すことはありますか?
Masanao Igarashi @msnoigrs
「○○な人はもてますよ」って書くと、「別にもてたくないからどうでもいいわ」って書く人が必ずいるんだけど、私の中でもてるっていうのは、自分がいいと思う人を射止めやすいって意味ですね。
Masanao Igarashi @msnoigrs
不特定多数の人にチヤホヤしてもらえるのを「モテる」と言っているわけじゃないです。
Masanao Igarashi @msnoigrs
男なんて脳の構造上話を聞けないんだって言っちゃう女性も、お話が聞けていませんね。話の聞ける男性に出会えていないのかもしれません。あきらめるための理由として、男は話の聞けない生き物と決めつけてしまっているのかもしれませんが。
Masanao Igarashi @msnoigrs
怒った後の行き先、落ち着き先をある程度想定してから怒りを表現しないと、多くの場合において失敗するよなぁ。相手がいる場合、状況が不利になったりもするし。怒りという感情は厄介ですね。
Masanao Igarashi @msnoigrs
男は仕事、女は家庭とか子育てみたいな決めつけで困ってるのは、女性だけじやないです。男性にも困ってるやつがここにいます。決めつけて押し付けようとするのは、男性にも女性にもいて、押し付けられると腹たちます。
残りを読む(4)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする