「使える大学」「使えない大学」言葉自体がナンセンス

「使える大学」「使えない大学」という雑誌の特集記事。売れればよいので、話題となることは何よりなのでしょうが、アンケートの方法等の妥当性などの問題ではなく、タイトルそのものがナンセンス。そう感じて少し書き連ねました。
教育
0
岩崎敏之 @SKYtamagoro
「使える大学」「使えない大学」という週刊誌の特集が話題になっていることについて、感じたことを連続してつぶやきます。週刊誌の売り上げにつながるのでしょうが、さまざまな大学のランキング情報などナンセンスな企画だと思います。偏差値、有名企業への就職率などを並べることも愚かに感じます。
岩崎敏之 @SKYtamagoro
使える1 さらに今回の特集では「使える」「使えない」というアンケートの結果が掲載されていて、さらに愚かに感じます。私の勤務先では、「社会でほんとうに役立つ人材を育てる」ことを理念に掲げていますが、それは、単に「使える」人、「便利な」人を育てている訳ではありません。
岩崎敏之 @SKYtamagoro
使える2 卒業生の一人一人が自分で考えて行動し、自立して生きていけるようになることを目指しています。「使える」という言葉だけからは、私自身、そのような意味が感じ取れず、「使える大学」ということばそのものに違和感を覚えます。
岩崎敏之 @SKYtamagoro
使える3 学校を卒業した人材が、社会で活躍できるかどうか?そのための教育を学校が行っているかどうか?常に向き合っていかなければならない問いですが、その問いは、単純に「使える」「使えない」というような言葉で判断されるべきものではないと私は考えます。
岩崎敏之 @SKYtamagoro
使える4 私の勤務先は、幸い、そのようなランキングの話題に飲み込まれない枠外にあります。これからも、単に使いやすい人を育てるのではく、自律して生きていける人を育てる活動を続けていきます。卒業生の皆さんにも、単に使いやすい人材ではなく、自ら考えて行動していってほしいと思います。
岩崎敏之 @SKYtamagoro
使える5 以上 少々話題になっている週刊誌の特集記事のキーワード、「使える大学」「使えない大学」ということばそのものに、大いなる違和感を覚えたので、ちょっとだけ書き連ねました。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする