カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。
29
ないとー @schizophonic
【告知】オールタイムベスト児童書ミステリ、投票開始まであと2時間を切りました。あらためて、募集要項をご説明いたします。 #ATB児童書ミステリ
ないとー @schizophonic
【対象作品】今回は国内部門と海外部門を同時募集、各部門 1人最大10作品まで投票を受け付けます。長編だけでなく短編集や短編への投票も可としますが、シリーズまとめての投票(「怪人二十面相シリーズ」「マガーク少年探偵団シリーズ」など)はお控えください。 #ATB児童書ミステリ
ないとー @schizophonic
【対象作品】投票対象は、国内、海外(未訳作品も可)の児童向けミステリとしますが、その際の児童書の範囲、ミステリの定義は、完全に個々人の裁量にお任せします。 #ATB児童書ミステリ
ないとー @schizophonic
【投票方法】対象部門ごと、順位・作品名・作者名、順不同の場合はその旨、明記のうえ、ハッシュタグ#ATB児童書ミステリ を付けてツイートをするか、私 @schizophonic までリプライをお送りください。 #ATB児童書ミステリ
ないとー @schizophonic
【配点・集計方法】今回の配点方法ですが、順位有の場合は1位から10位まで、それぞれ10点~1点と点数を配分、順不同または9作以下で投票された場合は5.5点を配点します。 #ATB児童書ミステリ
ないとー @schizophonic
【再投票】なお、今回は投票期間中に限り、再投票を受け付けます。順位、内容等を訂正して再投票したい場合は、その旨と訂正した投票内容を @schizophonic までお送りください。 #ATB児童書ミステリ
ないとー @schizophonic
【投票確認】投票いただいた方には、24時間以内にリプライをお送りしますので、時間を過ぎても反応がない場合には、ご連絡いただければ、こちらで確認し、投票内容を反映させていただきますので、ご協力をお願いします。 #ATB児童書ミステリ
ないとー @schizophonic
予定の時間となりましたので、オールタイムベスト児童書ミステリ《海外編》の発表を行います。 まずは、今回の投票の内訳です 投票者:28名 有効投票数:98 投票作品数:149 #ATB児童書ミステリ
ないとー @schizophonic
《海外編》は7.0ポイント以上獲得した作品、22位からの発表といたします。それでは、まいります。 #ATB児童書ミステリ
ないとー @schizophonic
【第22位(1/7.0)】きえた草のなぞ/マージョリー・W. シャーマット 「めいたんていネート」シリーズの一冊。雑草探しという発想がほほえましい。こどもたちがみんないいキャラクターしてて、ユーモラスな語り口が楽しい。そして、しっかりと推理で消えた草の行方を突き止めます。
ないとー @schizophonic
【第21位(1/9.0)】秘密の花園/フランシス・バーネット 児童文学の名作ですが、メアリーを迎えた陰鬱な館に響く、いないはずの子供の泣き声、何かを隠している使用人たちという導入部、誰にも愛されない女の子が館(庭だけど)を得るという筋立ては、これぞミステリの故郷ゴシックの風景。
ないとー @schizophonic
【第20位(2/9.5)】六人の探偵たち/アーサー・ランサム 無実の罪を疑われるこどもたちが、容疑を晴らすべく奮闘します。ゆったりとした展開ですが、旗色が悪くなるばかりで、なかなか真犯人の尻尾がつかめない展開にサスペンスが高まり、心憎い演出が施されたラストまで目が離せません。
ないとー @schizophonic
【第19位(1/10)】カロリーヌはめいたんてい/ピエール・プロブスト 長らく愛され続けるカロリーヌと愉快な8匹たちの物語。くいしんぼうの白猫のプフが、朝食にも現れず消えてしまった!カロリーヌたちは、プフを探して町を駆け回ります。あれよという間に予想しない結末に。
ないとー @schizophonic
【第17位(2/11.0)】少年弁護士セオの事件簿1なぞの目撃者/J・グリシャム 弁護士の両親を持ち、将来は法曹関係者を目指す少年セオ。注目されている殺人事件の目撃者と知り合い、被告が有罪である証拠を握ったセオの前に、難しい問題が立ちはだかる。
ないとー @schizophonic
【第17位(2/11.0)】怪盗ルパン 813の謎/モーリス・ルブラン 悪逆非道の殺人鬼との死闘、世界の命運を別ける秘密文書の在処へと誘う謎の数字。 ルブランの広げてみせる大風呂敷に惹きこまれ、待ち受ける壮大なカタストロフに漂う哀愁がえも言われぬ余韻を残す。これぞロマン……!
ないとー @schizophonic
【第16位(2/11.5)】カイウスはばかだ/ウィンターフェルト 神殿に落書きした罪に問われた少年を助けるために奔走する学友たち。古代ローマを舞台に、この時代ならではのトリックを楽しめる。大胆な発想で書かれた真犯人の正体、占い師の秘密は、意外性も十分。ラストの一行も痛快。
ないとー @schizophonic
【第15位(3/13.0)】穴/ルイス・サッカー 無実の罪で、過酷なキャンプに放り込まれたスタンリー少年の数奇な冒険。過酷な環境でもどこかふてぶてしい少年たちが個性豊かに描かれています。 一見、脈絡なく挿入された昔語りの数々が収斂し、思わぬ全体像を見せてくれる語りの魔術が快感。
ないとー @schizophonic
【第14位(2/13.5)】五人と一匹 1 ミルトン屋敷の謎/E・ブライトン <五人と一匹>探偵団が遭遇する三つの事件。些細な矛盾から真犯人を暴く表題作、周到に用意されたトリックを丁寧に解きほぐし、咄嗟の機転で窮地を脱出する、知恵と勇気と友情に満ちた探偵団の活躍を堪能できます。
ないとー @schizophonic
【第13位(2/14.5)】名探偵カマキリと5つの怪事件/ウィリアム・コツウィンクル 虫の世界のホームズがバッタ博士とともに挑む5つの怪事件。昆虫の世界ならではの奇想天外な事件やトリックに驚倒。なかでも「首なし怪物の怪事件」は絶品。
ないとー @schizophonic
【第12位(2/15.5)】ナターシャ、ぼくを見て! アリク少年の探偵物語/アナトーリ・アレクシン 個性豊かな仲間とともに恐ろしい事態に遭遇した探偵作家志望のアリクは、好きな娘にいいところを見せたくて、ここぞと知恵を絞ります……冒険のスリルに目を奪われてると、あっと驚く真相が。
ないとー @schizophonic
【第11位(3/16.0)】ゆうかい犯vs.空手少女/ヒルディック 日本人新メンバーも登場する《マガーク探偵団》シリーズの一冊。前段にさりげなく張られた伏線が、後半、思わぬかたちで生かされていく構成が見事。
ないとー @schizophonic
【第08位(3/16.5)】大どろぼうホッツェンプロッツ/プロイスラー おばあさんにプレゼントしたコーヒーひきを取り戻すために、大どろぼうとの知恵比べ。二転三転する構成はよく考えられており、一見、野放図に見える展開が最後にぴたっとはまる語り口が魅力的。
ないとー @schizophonic
【第08位(3/16.5)】ベイジルとふたご誘拐事件/イブ・タイタス ねずみのペイジルの推理は、なんとホームズ直伝。なにせ、ホームズの名推理をいつも見ていたんですから、その足元で。秀逸なパスティーシュであり、ねずみの世界ならではの冒険を楽しめる一冊です。
ないとー @schizophonic
【第08位(3/16.5)】クラバート/オトフリート・プロイスラー 魔法使いの弟子にさせられたクラバートに降りかかる過酷な運命。仲間の死、ひとりの娘との出会いが、クラバートを死地に追い込む。魔術による攻防を制し生き残るのはどちらか。陰鬱な世界で高らかに愛を謳い上げる感動作。
ないとー @schizophonic
【第07位(4/22.0)】ぬすまれたダイヤのなぞ/ディビッド・アドラー 一度目にしたものは忘れない記憶力を持つ、通称・カメラちゃん。その観察眼は目の前の光景のちょっとした不思議を見逃さず、しっかりとトリックを見抜きます。
残りを読む(79)

コメント

未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2014年10月25日
http://d.hatena.ne.jp/yamada5/20140426/p1 ←ちなみにSFだとこういうのがあります。「どっこいジュヴナイルSFは生きていた―21世紀ジュヴナイルSF必読ガイド30選」
意見には個人差があります。 @sinking_the 2016年3月10日
読書メーター登録してないから、このまとめをそのまま読みこんでくれればいいのに
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする