マンガの窓表現が最近凸凹リアルになってることについて

この10年で窓表現が記号的抽象表現から具体的かつ凸凹を受け入れるようになった意味について。「GANTZ」、「アイマムアヒーロー」、「おやすみプンプン」を事例として
351
建築エコノミスト森山高至 @mori_arch_econo

「マンガにおける窓の表現について」加筆しました。

2014-10-28 15:31:55
建築エコノミスト森山高至 @mori_arch_econo

実際の建築デザインにおいては窓回りのディテールをどこまでシャープに出来るか、というのが非常に重要な要素です。事例はミース・ファン・デルローエによるバルセロナパビリオン(1929・昭和4年の作)ですが、こんなのが理想とされています。 pic.twitter.com/Ez8BDgZdFY

2014-10-28 14:38:14
拡大
建築エコノミスト森山高至 @mori_arch_econo

ところが日本の建築設計で一般的なアルミサッシだと、もう窓回りのディテールがどうしようなくダメなんですね。枠周りがガッタガタで縦方向の部材と横方向の部材もデッパリとヒッコミで面(つら)がそろっていないし、溝々コキコキになっているんです。 pic.twitter.com/bjx8gH14ny

2014-10-28 14:49:37
拡大
建築エコノミスト森山高至 @mori_arch_econo

もちろんこのガタガタ凸凹にも理由があります。ひとつには昔アルミ原料が高かった頃アルミ使用料を減らし強度を出すために断面を工夫したとか雨水の逃がしのためだとかです。しかし、日本のサッシ周りのデザインの悪さは、掃除のしにくさでもあります。 pic.twitter.com/tNlgBZ3vRa

2014-10-28 14:55:02
拡大
建築エコノミスト森山高至 @mori_arch_econo

日本でもガタガタにならず窓ディテールをシャープすっきりにすることはできるのですが、特注になったり取り付けに関しても非常にシビアになってきますから、コストが倍ではきかなくなります。写真は谷口吉生さんの葛西臨海広場展望広場のサッシ割です。 pic.twitter.com/gMww5umm6r

2014-10-28 14:58:25
拡大
建築エコノミスト森山高至 @mori_arch_econo

現実の世界の窓回りデザインはキレイの四角な枠ではなく複雑な断面形状の部材が凸凹と一筋縄ではいかないんですが、マンガの世界では窓は記号化されて谷口吉生さん張りのシャープさを誇っております。(ただし木製窓だとこう出来なくもないんですが) pic.twitter.com/wdkR8oSWbm

2014-10-28 15:08:00
拡大
建築エコノミスト森山高至 @mori_arch_econo

リアル背景の元祖とも思われる大友克洋先生ですが、案外、窓回りは洗練されてキレイなんです。天井ギリギリでそろえたり桟も細くてミース・ファン・デルローエとか谷口吉生並みのシャープな窓ディテールです。そのためか、あんまり貧乏臭くないですよね pic.twitter.com/jd9QwZGtKn

2014-10-28 15:21:01
拡大
建築エコノミスト森山高至 @mori_arch_econo

昨今のマンガ空間において、住宅用アルミサッシの安っぽさや、ダサさのリアリティが急激に上がっていて、この絵でもそうですが、縦部材と横部材の幅が違うこと、枠が凸凹していることで、普通の賃貸アパート感が倍加してもの悲しさを補強しています。 pic.twitter.com/Cbfne5vpPQ

2014-10-28 15:30:49
拡大
建築エコノミスト森山高至 @mori_arch_econo

比較の意味で「ソラニン」の一シーンを建築家デザイン変換してみました。天井ピタリで、サッシ窓枠を細く縦横同寸法で凸凹無くしてあります。また壁と床の境目にある巾木も取ってみました。なんかヴィトゲンシュタインの建築とかバラガン邸みたい、、、 pic.twitter.com/MRKlZsgXhb

2014-10-29 11:10:57
拡大
建築エコノミスト森山高至 @mori_arch_econo

さらに建築家デザイン変換を施してみました。サッシを壁面のセンター配置に変えて、開口幅を拡大。だんだん安藤忠雄さんのマンションみたいになってきてしまいました。 pic.twitter.com/OkxrVdadne

2014-10-29 11:43:18
拡大
建築エコノミスト森山高至 @mori_arch_econo

本日は東北大の五十嵐研の方がお見えになりました。なんと!マンガにおける窓表現について研究なさっているんだとか。そこで、この10年間で窓表現は抽象から具象へ圧倒的な勢いで変化している旨、「プンプン」「アイアムアヒーロー」「GANTZ」の室内空間のアルミサッシ表現を例に解説しました。

2014-10-27 15:26:48
建築エコノミスト森山高至 @mori_arch_econo

たとえば「GANTZ」。最初のマンションの一室。その後の異様なRPG世界の入口を果たすこの部屋が一旦普通であることが大事で、読者はすんなり物語に入り込めるのですが、普通のマンションのリアリティを支えているのがアルミサッシ枠の凸凹です。 pic.twitter.com/ZTxK71wh8B

2014-10-27 15:58:24
拡大
建築エコノミスト森山高至 @mori_arch_econo

「アイアムアヒーロー」でもサッシ表現は重要です。常に閉塞された状況からいかに脱出するかに生死がかかっていますが、教室に集まったゾンビの群、これに出っくわしたときの恐怖のリアリティを支えているのも、内側から見る普通の凸凹教室サッシです。 pic.twitter.com/D9R9yharwZ

2014-10-27 16:05:03
拡大
建築エコノミスト森山高至 @mori_arch_econo

「アイアムアヒーロー」では内側から見る窓を通じて外界をのぞむシーンが数多く出てきますが、そのたびに読者は一定のフレームの中に囚われた身動きのならない切迫感、最も普及した安いアルミサッシの凸凹枠を通じるゆえに、リアルに感じとるわけです。 pic.twitter.com/OjGJeYGDSt

2014-10-27 16:14:22
拡大
建築エコノミスト森山高至 @mori_arch_econo

「おやすみプンプン」では窓の外はいつも眩しい。ホワイトアウトしています。そのとき、彼らは決して外界には出ていかないんだよな、と何かのもの悲しさにリアリティを与えているのも窓の桟の表現です。特に南条さんの部屋の腰までのサッシが秀逸です。 pic.twitter.com/WtIDVGtZj7

2014-10-27 16:34:29
拡大
建築エコノミスト森山高至 @mori_arch_econo

「あおやすみプンプン」の中に出てくる謎のニューエイジ的団体ペガサス団の宴会風景です。プレファブの元作業場?と思わせるのが高い位置にあるサッシです。ここでは後光のように作用してるところがみすぼらしいリアリティの中で狂気を高めていますね。 pic.twitter.com/FqzLT6yWw5

2014-10-27 16:38:35
拡大
建築エコノミスト森山高至 @mori_arch_econo

@HIRARU_TONOGI なるほど!最後の晩餐ですね。しかもこれ誰が見た風景なのでしょうね。いにお先生は、俯瞰したり手前にモノを舐めたりの凄く映画的なカット回しが多いですが、この横長のワイドアングルはマンガでないと表現できないですね。

2014-10-27 16:45:59
建築エコノミスト森山高至 @mori_arch_econo

@HIRARU_TONOGI プンプンまだですか!この数年の若者だけじゃない世界の閉塞感をじっくりと描いてあって激落ちするところもありますが、非常に同時代精神を感じ取ることができて素晴らしいですよ。文学でいえば坂口安吾だと思いますし、芥川賞候補ではないかと思います。。

2014-10-27 17:04:14
建築エコノミスト森山高至 @mori_arch_econo

以上の作品の窓との違いを、ギャグ漫画でもありデフォルメもほどこしてあるわけだから一概に比較はできませんが「魁!クロマティ高校」この窓は記号化されたものであり、形而上的であり、クロ高があくまで抽象的空間だということがよくわかるでしょう。 pic.twitter.com/glkoCKfxw4

2014-10-27 17:22:40
拡大
建築エコノミスト森山高至 @mori_arch_econo

マンガにおける窓の表現について、なんでもかんでもリアルであればよいという意味ではなく作品の性格によります。余計な線をなくしたデフォルメが常道と思います。一方、建築家でも窓が実はキレイな矩形ではないことを忘れていて脳内で抽象化し記号化して、ディテールが見えていない人も多いものです。

2014-10-28 15:57:06
建築エコノミスト森山高至 @mori_arch_econo

こうして考えてみると、窓は二重に四角を描きさへすれば「窓と伝わる」記号だけど、実際の窓は形状的に非常にノイジーであるということがわかります。建築デザインでは現実のガタガタをこの記号に近づけようとし、一方、マンガの世界では記号から脱してリアルに近づこうとしているということですね。

2014-10-28 18:30:47
建築エコノミスト森山高至 @mori_arch_econo

@HIRARU_TONOGI 現在連載中の「デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション」も凄いです。空に浮かぶ非常事態が誰の目にも分かるにもかかわらず、それを見て見ぬ振り、もしくは日常として受け入れた現代都市を舞台に、いつ恐ろしいことが始まるのか?とヒヤヒヤさせてくれてます

2014-10-27 17:27:58
残りを読む(3)

コメント

ワス @wsplus 2014年10月28日
自分が読者だったとき気にした事ない部分なので、作画する際も人物の邪魔にならないようにしています。
16
聖夜 @say_ya 2014年10月28日
いわゆる学校の主人公ポジションは窓際だったりしますし、シノニム化した窓越しの幼なじみなど創作と窓の関係は切っても切れないものです。そのフレームは意識していないようでも確実に画面の印象に影響します
4
SAKURA87@多摩丁督 @Sakura87_net 2014年10月28日
中々面白いけど。最近は3Dモデリングの活用や写真加工(トレースじゃなくて撮影→輪郭検出)なんかが結構使われているらしいのでその影響もあるのではないかと。
20
inatak @inatak 2014年10月29日
障子も大変ですがちょっと違うか。
0
重-オモ- @__oMo__ 2014年10月29日
とても興味深い話だけれど>縦部材と横部材の幅が違うこと、枠が凸凹していることで、普通の賃貸アパート感が倍加してもの悲しさを補強しています。<このカットのもの悲しさを窓のこの要素から感じる人はあまり多くないだろうなと。
8
Mizuta Fumitaka @Humi_TW 2014年10月29日
最近の漫画における窓のリアル感は、背景トレスが一般化したからなのではと思う。ここで挙げられている作家さんはそう云う人はばかりだし…
29
うみんちゅ @DEEPBLUE1219 2014年10月29日
昔は窓の断熱性が悪いせいで、大きな窓をつけると夏暑く、冬はとてつもなく寒くなってしまうという制約がありました。2000年以降、窓の断熱性能が飛躍的に上がったことで、一般の住宅やマンションでも面積のかなり大きな全面窓が付けられるようになりました。今後はこうした建築・施工技術の向上が美術表現にも影響を与えるようになるのかもしれませんね。
3
しむらさとし @shimurasatoshi 2014年10月29日
「GANTZ」は背景や小道具の大半をShade(3Dソフト)で作ってるみたいでしたね。同じソフトのユーザーだったので、その点も注目してました。異様な密度と正確さは「ならでは」のものでした。
10
建築エコノミスト森山高至 @mori_arch_econo 2014年10月29日
juangotoh 実際、建築の設計図でも立面図で窓枠を正確に書くのはめんどいです。簡略化して記号化するのが一般的で正確に書いてないケースが多いですね。
1
建築エコノミスト森山高至 @mori_arch_econo 2014年10月29日
say_ya 確かに。ハルヒもキョンも窓際ですね。窓際だと教室から外を見ることができるので、なにかの事件を起こしやすいからでしょうね。そういった意味では「魁!クロマティ高校」では窓際を使わないんです。神山は真ん中にいます。そこもクロ高が内向した特殊な抽象空間、イデア界だということがわかります。
4
建築エコノミスト森山高至 @mori_arch_econo 2014年10月29日
Neko_Sencho 枠が交錯して線の前後の重なりが、、ですよね
0
建築エコノミスト森山高至 @mori_arch_econo 2014年10月29日
shimurasatoshi 「犬やしき」でお父さんが空中を飛ぶシーンで、うまく飛べず体がねじれるという場面での背景の三次元的なひねりは3Dソフトの賜物ですもんね。
0
Junya Suzuki @JunyaTheSphere 2014年10月29日
指摘は面白いけれど、記号として描いているもの、作品に合わせたデザインが為されているもの、写真トレス(ないし参考写真模写)、この三つをごっちゃにして考えてもあまり意味は無いと思う。
24
Mill=O=Wisp @millowisp 2014年10月29日
明示的に窓枠を気にしている読者は少ないと思うけど、以前どなたかが提唱していたリアリティレベルの話に通じると思う
4
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2014年10月29日
面白いなあ、そういう視点はなかった。ただ昨今の作画クオリティが向上している背景には、写真の取り込み(トレスも含む)や3Dモデルによる作画などもあるので、一概に作者がリアリティを考えた上で作画しているとは云い切れない面も。
4
nekosencho @Neko_Sencho 2014年10月29日
主人公や主要キャラが教室の端のほうっていうのは、「他の机を描きたくない」という圧力がすごく効いてる気がするんだ。窓や壁に比べて、机や椅子を一列描きこむのがどれほど面倒か。
29
聖夜 @say_ya 2014年10月29日
ハルヒはもともとラノベなので作画の手間はほぼ関係無いです。アニメでは背景は専門のラインとスタッフ(別会社のことも多々)なのでこれも忌避する理由にはなりにくいですね。漫画だとアオイホノオでもネタにされてましたがやはり面倒な方は多いようです
1
聖夜 @say_ya 2014年10月29日
逆に言えばそれだけの手間を承知で漫画の主人公を教室のど真ん中に座らせるクロマティ高校には相応のフィロソフィがあるのは間違いないでしょう。
11
だりい @dariidariidarii 2014年10月29日
すでに指摘してる人がいるけど、実風景を写真取り込みしてそのまま原稿興しする人が増えたせいだと思う。 早い話が表現に対して細かくなったのではない。むしろ技術に寄りかかって表現に対して手抜きをした結果、 作品内のリアリティが増したという逆説。窓に哲学的な表現意識を込めてる人はいないんじゃないだろうか。
20
肉屋 @0nikuya 2014年10月30日
近未来はともかくデザイナーズな物件がマンガに出てくるのはこち亀位だなぁ 建築士が親の設定ならなおのこと普通の家だし金持ちの窓は全面窓にするだけで金持ちになるしむしろ色んな意味で邪魔になるし 断熱二重窓が増えてきて狭小住宅も多くなってもそれは若いパパが工面した最近の住宅だから 後40年もしてそれがノスタルジーになってぼろアパートも消えてコンクリートの学校が規格更新されれば変わるけど 今は作者の時代も違うからクレヨンしんちゃん規模の住宅でフローリングアパートしか描かれないと思いました
1
海法 紀光 @nk12 2014年10月30日
何度も出ていますが、基本的には写真取り込みや3Dモデリング技術が普及した影響が大きいように思えます。もちろん、そういう技術を使って「どんな窓をどう描くか」は、皆、それなりに心を砕いていると思いますが。
8
建築エコノミスト森山高至 @mori_arch_econo 2014年10月30日
まとめを更新しました。ブログ記事にて加筆しています。ヴィトゲンシュタインやルイス・バラガンを通じて建築における窓の意味など追加中
0
AQN@ヮ<)ノ◆ @aqn_ 2014年10月30日
窓の表現を上手く利用すれば貧乏感が出せるんだなって思った。
0
順三朗 @junzabroP 2014年10月30日
アルミサッシすげえwww
0
nekosencho @Neko_Sencho 2014年10月31日
ちなみにShade(3DCGソフト)には窓その他、実物そのまんまの建築系のデータがけっこうあったはず。建築パースとかに使う用途なんでまさに市販品そのものです。他のソフトにも変換して使えるか、他のソフト用があるかについては情報持ってないです
2
ゆり @mesikuwanuinu 2014年10月31日
正直、トレースした絵とか、3Dソフトを使った絵は、リアリティ云々以前に画面が汚いので嫌い。GANTZは画面がかなり不快だった。漫画内世界の貧乏臭さを表現する以前に、絵の質そのものが貧乏くさい。
7
ねぼ @nebonebo7 2014年11月1日
合わせて読みたいまとめ> http://togetter.com/li/222283 技術的に可能性になった手法を実際に使用するかいなかは作家の作家性に依存するするのは自明じゃないのか?
0
むささび屋(,, -`x´-) @Josui_Do 2014年11月1日
マンガやアニメで小学生~高校生の主人公の席が窓際に多いのは「窓の外を眺める」行動が取りやすいからかと。モノローグとかにそうやるのが最適ですし。
0
紅蔵 @kozologue 2014年11月2日
面倒そうな背景といえば30年ぐらい前の内田美奈子さんのマンガを思い出すのだが、あれは面倒くさいキャラクター(←人間的な意味で)にリアリティを与えるために必須な表現であったなあ、と思う。
0
n @bvaaab 2014年11月2日
まるで機能と関係ない話
0
dipsw @dipsw 2014年11月3日
カーテンウォールなら、実際にフラットでシンプルな竪スリット系なのを意匠上使いたがる設計事務所は多い。要望される強度と相反することが殆ど(故に外観スッキリ内部超ゴツイ)だけど。サッシは意匠より機能重視じゃないかなー、…ってあれ、非耐力壁って一般的に知られてないのか
0
dipsw @dipsw 2014年11月3日
っていうか、 冒頭の画像、FIXと開口部(上記だと引き違い)を比べる時点で最初から勝負になっていないお・・・>シャープだとか意匠だとか
0
危篤前@どこへ逝く @kitokumae 2014年11月3日
建築家が走りたがる自己表現としての傲慢なデザイン性と与えられるべき機能を発揮させるために選択しうるディテールと法基準を守るのは全部対立しうる事なので。デザインだけならゲームの方が先を行くなんて何年も前に日経アーキテクチャで遊ばれたでしょ。
1
dipsw @dipsw 2014年11月5日
ああ、自分でも上手くまとまっていなくて変な事書いてしまったけど、 要は、建物用途に合った表現をすることによってリアリティが増す、ってものすごく基本的な話にすぎなかったのだ。 学校やアパートマンションなら、換気や採光の用途だから普通の開口部(凸凹だったり妙に太かったり) 高級オフィスビルの高層階なら、意匠重視のFIXで(開口部は有っても上部排煙とかしか無いよね、開けたら危ないし) だから逆に、ビルに凸凹くどい描写してもおかしいし、中低層住居がアッサリしてるとなんか物足りない感になると。
0