カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。

剣道剣術の構えの話:霞の構え・金剛の構え編

前回の続きで、日本刀を構えた写真やイラストで多用される、刀を横にして腕を交差した構え(霞の構え)についてと、そこから派生した金剛の構えについての話。 霞の構えは名前はあまり知られていませんが、ほとんどの方が見覚えがある構えだと思います。
歴史 古武道 日本刀 剣道 剣術
88
霞の構えについて

当世具足での霞の構えの例。

ハスケ@現代野試合連盟 @has_k80
そういや、常々疑問に思ってることがあるんだけど、一枚絵で剣術家とか侍とかのキャラクターが描かれるとき、『霞構え』がやたら多い気がするのだけど、なんでだろう? しかも腰を落としてない棒立ち霞構えとか、鎧着てないのに拳が顎のラインにある低い霞構えとか、意味不明なのも多いし
じぇんしあ @jian4xia2
@has_k80 刀とキャラの顔が狭いスペースに描き込みやすい…などの理由でしょうか。
じぇんしあ @jian4xia2
@has_k80 正眼だと、顔をアップにしたいとき、刀(主に柄)が画面の外に逃げちゃいます。霞構えなら、アップにも耐えられます。という理由かもしれません。 pic.twitter.com/8ZYTyAv0Nt
 拡大
ハスケ@現代野試合連盟 @has_k80
@jian4xia2 確かに無理なく刀と身体が全部構図の中に入る構えでした。正眼だと顔が隠れる場合もあるし
みんみんぜみ @inuchochin
. @has_k80 かっこいいからですかねえ。「刀 構え」で画像検索した時の霞の構え風の割合はすごいですね。google.co.jp/search?q=%E5%8…
ハスケ@現代野試合連盟 @has_k80
@inuchochin 格好良いのですよね。うん。でも実用的には?です(w 変化のなかでは使えますけど、これで構えたままなのは、鎧着てないときには?ですね
楯無 @shield0no
@inuchochin @has_k80 顔も出るし左右で構図に差も付けやすいし、刃が顔に近く目線が誘導しやすいしで、つまりかっこいいからでしょうねw
ちていのき @baritsu
刀と顔、体が画面内に収めやすいからとか?加えて絵として動きも感じら形だし@has_k80
ハスケ@現代野試合連盟 @has_k80
@baritsu 構図がとりやすいし、格好良いですよね。
ハスケ@現代野試合連盟 @has_k80
霞の構えは正直、甲冑着ててこそ意味のある構えだと思う。籠手と袖、兜装備で低い霞構えをすると、防御の死角がなくなるのよね、一対一の場合。 ウレタン刀だけどこんな感じ。 pic.twitter.com/U7ynOVced2
 拡大
kanou @kanou1
@has_k80 ていうか刃が見えなくなるので普通にいやですねこれ
ハスケ@現代野試合連盟 @has_k80
@kanou1 鎧の防御が一番生きる上に、刺突したときに力が逃げにくい(腕が台になるため)という、嫌な構えです。
ハスケ@現代野試合連盟 @has_k80
霞の構えのイラストで、最高だと思うのがこれ 『薩摩義士伝』1巻表紙 左前ではなく、身体の右が前に出てる変形霞構え。 姿勢を低くして、相手に身体ごとぶつかっていく途中と思われるけど、こんなんされたら逃げるしかないっす! pic.twitter.com/FePlC5YfKS
 拡大
◆FFR41Mr146 @saf_501st
@has_k80 ドリフのお豊思い出しましたワ…
ハスケ@現代野試合連盟 @has_k80
@saf_501st つうかこっちが先だから。あと、刀投げて反応した相手を体術で組伏せて短刀やらなんやらで止め、も古流武術だと普通だったり。
みんみんぜみ @inuchochin
これ引っ掛ってたのですが心形刀流の丸橋刀がまさにその構えです。彫刻家カネコさんの作品、永倉新八の丸橋刀です。d.hatena.ne.jp/whole8/touch/2…@has_k80: (略)鎧着てないのに拳が顎のラインにある低い霞構えとか(略 pic.twitter.com/yQn4tbOtP8
 拡大
みんみんぜみ @inuchochin
こっちはある先生が収集した伝書写真の中にあった同じ流派の構え。拳は永倉像よりちょっと高いのかな pic.twitter.com/kACaZCA0kx
 拡大
ハスケ@現代野試合連盟 @has_k80
@inuchochin 自分がアップした当世具足のウレタン刀を構えたのもそうですけど、やはり甲冑着用時こそ、生きる構えだと思います。兜と袖と籠手で上半身を守り、突きもしくはそこからの派生に重きをおいた構え。実際に目の前で見ると威圧感凄いです
みんみんぜみ @inuchochin
@has_k80 古い流派でよく使われてた構えですから、そうなのかもしれませんね。
ちていのき @baritsu
これが中段や下段だったらいまひとつサマになりませんねw @inuchochin
楯無 @shield0no
@has_k80 @baritsu @inuchochin たぶん剣が被って形が見にくいんですよね。
残りを読む(53)

コメント

nekosencho @Neko_Sencho 2014年10月29日
プロあるいは同等の画力がある人の場合は「刀をきっちり見せたい」、それほどでもない人の場合は、「画面の奥行き方向に刀が向けられてるとかっこよく描けない」が理由じゃないかなあ。正眼の構えを正面からかっこよく描くのってすごく難しいんですよ
吟剣詩舞人 @ginkenshibu 2014年10月29日
昔、「いずみちゃんグラフティー」で金剛の構えを必殺技風に描写してたのを思い出した。
ええな@🐽ばらまーくニャ @WATERMAN1996 2014年10月29日
ドイツ流剣術における雄牛の構え、屋根の構えとの類似も考えたい。
ひろっぺ@シン・十四松・フレンズ @hiroppe3rd 2014年10月29日
まとめとは余り関係無いけど、戦国時代では既に槍や弓矢、鉄砲が戦での主流で、白兵戦なんて滅多におこらず剣術なんて需要が無いと思えるような時代を経て、さらに300年以上経過した幕末まで伝承され続けた剣術の謎・・・
ええな@🐽ばらまーくニャ @WATERMAN1996 2014年10月29日
金剛の構えはドイツ流で言う冠の構え。上段からの攻撃に対する防御が固く素早いカウンターを狙うに適している。(「中世ヨーロッパの武術」による)
みんみんぜみ @inuchochin 2014年10月29日
hiroppe3rd 剣術が戦場でしか使われないというのは良くある誤解です。室町時代も戦国時代も身分を問わず刀剣を持ち歩いていた時代で、戦場以外ぇも争い事が多かった時代です。
みんみんぜみ @inuchochin 2014年10月29日
hiroppe3rd 兵法、剣術が生まれた室町時代についてはこのまとめhttp://togetter.com/li/476344で、剣術がどういう場面で使われるために発展したかはこちらのまとめの後半にあります。http://togetter.com/li/531096
cinefuk 🌀 @cinefuk 2015年4月28日
「未来忍者 慶雲機忍外伝」冒頭の兄上(飛勇鶴)の構え、あれも「霞の構え」の変形かな。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする