77
箱あんこう @10cube
先週末から、液晶画面とか見ていると目の奥が痛くなって頭痛とかしはじめたので、E-Ink ディスプレイである Kindle を使って最近なにかと話題のチート異世界モノ(?)を読み漁っている。 これからちょっと呟くのは批判っぽい感じになるので、タイトルは伏せる。
箱あんこう @10cube
たまたま読んだ作品がそうだっただけなのかもしれないけど、自分が読んだ異世界チート系って具体的な数字が露骨に出てくるのでビックリした。 例えば、神様ライフだと、主人公がレベル150とかいう話が速攻で出てくる。 まぁ、この作品はベースがネトゲってのもあるので、あまり問題ないのだけれど
箱あんこう @10cube
いま読んでる作品は、特にネトゲという設定とか今のところ無いんだけれど、数字ちょくちょく出てくる。
箱あんこう @10cube
例えば、今から使う凄いバリアは、一秒間に999のMPを使う燃費の酷い魔法なんだけど、主人公はチート級のステータスだから常時展開できるぞ! 的な事をそのまま言う。 普通、一般的な魔道士が数人がかりで数秒しか持たない魔法を常時展開するとか表現すると思うけど、そういうの一切ない。ヤバイ
箱あんこう @10cube
XXのステータスが99999だから、ほぼ全ての敵は一撃だぜ! みたいな事をホントそのまま言う。 先に行ったように、ネトゲベースなら百歩譲って構わないけど、特にそういう記述の無い作品でもこの表現なので、なんだかニューウェーブを感じで逆にドキドキする。
箱あんこう @10cube
因みに、この999とか99999とかホントそのままこの数字使ってて、とにかく9の数字で桁の限界まで詰め込めば最強だろ! っていう、小学生とか特有のアレが表現されてて、背筋にゾクゾクくる。 たまらん!
kyu190a@狐のお嫁さん募集中 @kyu190a
(ヽ´゜ω゜)昔見た、残念な人が書いたMGSそのまま文章化したようなやつを思い出したゾ・・・小説なのに「3画面先まで表示される」とか言うの @10cube
箱あんこう @10cube
@kyu190a ほんとソレですね! ファンタジーでもRPGがベースになっているみたいで、RPG の常識で地の文とかが書かれていたりするのヤバイです。
kyu190a@狐のお嫁さん募集中 @kyu190a
(ヽ´゜ω゜)例えばノベライズとかも経験しないで国語で習った小説とかしか知らない人がそのまま書き出す感じ RT @10cube: @kyu190a ほんとソレですね ファンタジーでもRPGがベースになっているみたいで、RPG の常識で地の文とかが書かれていたりするのヤバイです
箱あんこう @10cube
ですなー。 まぁ、自分も小6くらいにゲームっぽい漫画とか考えて落書きしていたので、ゲーム好きで何か作りたいと思ってる人はやりがちなところあるのかもしれませんがw RT @kyu190a: (ヽ´゜ω゜)例えばノベライズとかも経験しないで国語で習った小説とかしか知らない人がそのま…
箱あんこう @10cube
ハイファンタジーとかローファンタジーとかライトなファンタジーとかそういうのじゃなくて、ゲームファンタジーみたいな新しいジャンルだよなーコレ。 SAO みたいなネトゲベースとも近いけど、またちょっと違う気がする。 なお、自分はSAO読んでないので適当に言ってます。
箱あんこう @10cube
まぁあとは、表現的に残念なところもあって、こっちは単純に力量不足な感じだったのぉ。
箱あんこう @10cube
例えば、主人公が凄い人物(人類の運命すら決められそうな存在)と実は知り合いで…っていう定番のネタも、主人公の心の中ですぐに明かしてしまい、且つ、その人物が現れて主人公と面識がある事がわかったシーンでも、周りにいる登場人物が全然動じないとか、色々と勿体ない部分が多かった。
箱あんこう @10cube
そこは、わざとらしいくらいに、驚いてもらわないとダメだろ!!! とか思ってた。
箱あんこう @10cube
せっかくチート級の能力で人脈も凄すぎてヤバイって設定なんだから、最大限に活かして周りの人からワッショイワッショイ持ち上げてもらおうぜ! って思った。
箱あんこう @10cube
そんなわけで、最近はチート系のお話に夢中です。 特に、モンスター文庫はモンスター(意味深)が眠ってそうなので、積極的に読んでいこうと思います。 いろんな意味で大当たりが眠っている可能性が高いので、どちらの意味で大当たりが出ても楽しめそうです!
箱あんこう @10cube
あえて、TRPGとかRPGを意識しつつも、上手くまとめたものってのは違和感少ないと思う。たぶん。 あとは、レベルといっても数字が少なくて、かつ、ランク付けみたいな使われ方してると、そんなでもないと思う。たぶん。 武器とかアイテムなら、クオリティ表現として違和感少ないと思うし。
箱あんこう @10cube
あれか。 数字を使う理由というか、説得力があればいいのかなぁ。 ドラゴンボールZのスカウターとか、SF 的な表現でバッテリー残量とか、ファンタジーならギルドが指定した性能や能力があれば、レベル6の○○だみたいな、そういうのがあれば上手く物語と数字が混ざりそう。
tocoma/C96お疲れ様でした @tocoma110
武器の強化にレベルって語を持ち出したやつはフォーチュンとかがあるが、あれは明確にゲームを意識してたな。とはいえ、さすがにもうちょいどうにかした表現だったが
tocoma/C96お疲れ様でした @tocoma110
@10cube 冒険者レベルとかね(同業間の格付けみたいなニュアンス)
箱あんこう @10cube
@tocoma110 ですねぇ。 何かの試験に合格したら(クエストをこなせたら)、レベルXの冒険者と認めるとか、そういうのは違和感ないですよねぇ。
tocoma/C96お疲れ様でした @tocoma110
@10cube そこら辺どうやって決めてるのかは、読んだ作品だけじゃ分からないんすけどねw でも昔のラノベでもその手の表現・設定はあったんですよね。バスタードとかもあるし。ただ、それなりの説得力や独自解釈を加えてるので、ただまんま持ってくることはあんまないですが
箱あんこう @10cube
色々考えた結果。 自分が読んだチート系のラノベは、圧倒的に説明とか構成力みたいなのが足りてない感じなんだろうなぁと思った。 まぁ、説明とか多すぎたり、あまり序盤からチクチクやってると展開が遅くてつまらないって事もあるので、とにかく説明を省いてサクサクやるってスタイルなのかも…?
箱あんこう @10cube
@tocoma110 確かに…。 ただ、数値出すからには比較対象とか居ると思うんですよ。 主人公達や良く出てくる人や敵の数値と、これから戦う人達の数値をだして比較するとか。 いま読んでるヤツって、比較対象とか一切なしで、999で凄いみたいな感じなので、新しい風を感じます。
tocoma/C96お疲れ様でした @tocoma110
@10cube 本当にゲームしか知らない人たちが書いてる感…昔のわしだってもうちょい意識してた…学生時代の小説…うっ…頭が…
残りを読む(15)

コメント

オオバンゾクコウ @banzokuuuu 2014年10月29日
中世っぽい世界観の作品で安易に携帯電話とか現代のものを出すのもちょっと気にはなるところ。絶対に出すなとは言わないけどどうみてもオーバーテクノロジーなものを出すなら少しはそれに説得力持たせたほうが。いっそのこと現代風の異世界にしちゃってもいいのよ
つくし なづな @Do_like_her 2014年10月29日
シナリオ次第ではニューロマンサーやニンジャスレイヤーのような、異質だけど面白い作品になる可能性も小数点以下の確率でありそう。
ドラトゥール @donojiTR 2014年10月29日
この手の、最強主人公批判、ネット小説批判、文章力etcが、10年遅れ15年遅れの話題で非常にむず痒くなってくる。
endersgame @endersgame3 2014年10月29日
こういうのが(良くも悪くも)エポックの段階はとっくに過ぎてるんだよねえ。
ええな@豚バラ🐽ばらまくニャ @WATERMAN1996 2014年10月30日
ゲーム的な数値が悪いというよりゲームっぽさを面白さに昇華できてないのが問題だよね。読者は設定が読みたいのではなくて面白い話が読みたいわけ。
ふぁむ氏 @phantom0730 2014年10月30日
これってラノベ以前の問題で「登場人物は(特殊な例を除き)神の視点を持たない。」とか「創作世界に存在しない概念は使用できない。」といった創作上の常識であって、それを時代の変化だと許容はしたくないなぁ…。
肉屋 @0nikuya 2014年10月30日
昔の話なら最強主人公は人類内最強で納まってたしネット小説はこれで小説家として金を取ろうって意識はあんまなかったし文章力はそういう読みやすさの技法を作ろうとしてた 言われちゃってるのはパロディの世界でオリキャラ無双して読むわくわく感より書いてる楽しさしか求めてないよな作者ってまとめれる
肉屋 @0nikuya 2014年10月30日
書ききった作品でなんかこれ系がアマチュア達に読まれてるから需要あるんじゃね?って編集が青田買いしたとしか思えないんだよなぁ 出版社に投稿したら最近こういうのよく来るんですよねぇ…って言われるパターンだけど
高橋雅奇 @TakahashiMasaki 2014年10月30日
ドラゴンボールの影響じゃない?(それにしても「スカウター」と「戦闘力」を導入した鳥山はほんとすごいの
MaliS @MaliSNacht 2014年10月30日
だいぶ昔に読んだから記憶がおぼろげだけど、『ドラゴンランス』辺りですら唐突にレベルだのMPだのって話が出てきた覚えがあるから、定期的にこういう作品が出てきてる可能性ありそう。
MaliS @MaliSNacht 2014年10月30日
あと、あれはパロディだから問題は無いんだけど、どうしても『魔法陣グルグル』が思い浮かぶw
聖夜 @say_ya 2014年10月30日
ドラゴンランスにレベルとMPとかは出てこないです。というかAD&DにはいわゆるMPという用語が存在しません。おそらくWizardryのノベライズの隣合わせの灰と青春だと思われます
聖夜 @say_ya 2014年10月30日
ちなみにD&Dにはレベルをゲーム内用語として使うために1Lvv上がるごとにWarriorとかVeteranという称号がつくシステムがあったのですが使ってるセッションを見たことがありません。せいぜいネームレベルでKnight/LordとかMasterthiefとか呼ばれるくらいです
zaqron @zaqron 2014年10月30日
そういうのが好きな自分としては単純に力量の問題にしてしまうのはどうかと思うんですがねぇ…まぁ読む方のレベルも低いと言われたら返す言葉はありません
daigorou_game @DaigorouGame 2014年10月30日
私も気持ちは分かるが。そんな作品が小説投稿サイトの人気上位ランキングにひしめき合い、どんどん文庫化され下手なラノベよりも売れてて、アニメ化までしてる昨今。 彼らは自分たちこそが新しい流行を受け入れられない老害である可能性をチラリとでも考えることは無いのだろうか?
akiran @akiran32748624 2014年10月30日
そういうレベルとかの概念が出てくる作品って、大体「神様」がいるので、神様がそういうふうに世界を作りました、で大体解決する気がする(納得するとは言ってない
Localio Projects @LocalioProjects 2014年10月30日
某なろう等で素人が長編小説を書く際に登場人物の成長及び強さの管理方法の一例としてのステータス値・能力数制限制度が紹介されて、それが広く「効果的」だと認識されて使われている状態。集中連載型の場合は毎話単位で主人公が微妙に強化されていくのでステータスを公開することによって話の整合性がとれ易くなったり・ミスの指摘等が捗るのです。
Localio Projects @LocalioProjects 2014年10月30日
最近はなろう系からの出版が相次いでいるので急激に使い古されている感が出ていますが、出版されている作品の場合はそれを補う面白さがあるのでそのような背景があることを認識した上で楽しんでみると良いかと。尚、連載中の作品のドラフト版がウェブに無料掲載されている作品も多いので本で買う前に試し読みしてみることもできます。
ふぁむ氏 @phantom0730 2014年10月30日
レベル数出すな、ではなく出すなら数字を認識できる根拠を示せ、というだけ。「当ギルドではモンスターの強さに応じた経験値を規定しており、獲得した経験値に応じて君のレベルを算定している。」といった創作世界側のルールが示されないと数値が意味を持たない。
たちがみ @tachigamiSama 2014年10月30日
シャーマンキングでシンザン君が言ってたろう 数字ってのは己の限界を認識させるものだと 雰囲気や演出でなく、パラメータでどちらが強いか示されるのは萎えるなあ俺は
言葉使い @tennteke 2014年10月30日
ギャグマンガでどんな怪我でも包帯巻いときゃ治るみたいなお約束
undo @undosystem 2014年10月30日
ゲームでも最近はNPCが「レベル20になってから来い」とか言ってて、しかもレベルについての説明が作中どころか説明書ですらまともにされてなかったりする。ゲームだと昔から物語に馴染まない謎設定が蔓延していたのでユーザーが慣れていったのだろう。そしてラノベの謎数値が今後も続くようなら読者も慣れていくだろう。
daigorou_game @DaigorouGame 2014年10月30日
ハイファンタジーを謳った作品で突然ステータスが出たらビックリするのは分かるよ。 でもダンまちとか最近の「なろう系」はレベルやスキルが当たり前に存在するよう神に作られた世界だってだけだと思うんだけど。 頭が固い人のために説明を追加すればいいのか、そもそも設定が受け入れられないのか
nekosencho @Neko_Sencho 2014年10月30日
すげえ単純な話、MP35とかって言わずに炎の宝珠を35個とか、ファンタジーっぽい単位に置き換えてくれるだけでそこそこ読めるような気がしないでもない。
smw @Shi_MeiWo 2014年10月30日
「くっ戦闘中もMPがどんどん、ドレインやアスピル敵ばかりで吸い取られる俺達!」
CD @cleardice 2014年10月30日
そのうち小説の世界でも首ナイフ議論とか起こるのだろうか
りそーすななじゅう @resources70 2014年10月30日
80年代にもナイフ論議が起こりましたよね。ファンタジーの世界にナイフという英語も文化もないになんで小説内にナイフという言葉を使うんだって論議。小説に書くなら小刀かそれに類する言葉にしろって話。結局読み手の違和感との相談なんじゃないでしょうかね?
なが @k_watarase 2014年10月30日
登場人物はステイタス画面みたいなのを参照出来る世界なのかな? 登場人物がどのように世界を把握しているのかってそれなりに大事な前提条件だと思う。ファンタジー小説ではなくゲーム小説ってことかな。
張三李四 @tyousanrisi 2014年10月30日
この流れで大事なのは「言い訳なしで」って部分だと思うが。話に馴染んでるならレベルでもステータスでもなんでもだしていいだろう。
むつぎはじめ @Six_D 2014年10月30日
まあステータスを見るステータス魔法(mp消費0)みたいなものを設定しとけばスッと入れるような……気が、する。
akiran @akiran32748624 2014年10月30日
水が0℃で氷になり100℃で水蒸気になる(熱によって物質の性質が変化する)ことを、わざわざ日常生活で「これは温度を定義した人がいて云々」って説明しないだろ。 それと同じでレベルが存在する(モンスターを倒すと強さが上昇するという法則が存在する)世界でわざわざ「このレベルというのは云々」って言い出さなくても、その世界にとっては不自然じゃない。「レベルがあるのが常識」の世界なんだから。結局、「レベルはゲーム独特の概念」と先入観を持つから受け入れられない人が出てくるんであろう。
FF5 @tttff5 2014年10月30日
先入観を持たさないように意識させるのが作者の技量であってそういう意識が欠けてるって言いたいんでしょ。レベルがあること、が問題じゃなくて我々一般の世界と違う点をゲーム文脈であるという前提を読者に求めて説明をごまかしてるというのが良くないって話。 世界観説明をはぶくのは決していい方向にはすすまないきがするけれどもね。
oomisuzi @oomisuzi 2014年10月30日
これを新しい流れと言うのは逆では?我々TRPGやDQFFで調教された老害ならゲームパラメーター的数値だけどんと出されてもその意味を肌感覚で理解できて効率良いけど、今の若年層がみんな同レベルで理解してくれるとは限らないかと。パラメーターが前面に出ないゲームだって今はたくさんあるし
幸福太郎 @koufukutarou9 2014年10月30日
ゲームのノベライズなんかだとレベルやらのゲームのお約束をどう消してるか、みたいなのが面白かったりしたのだけれど、色々あるのね。
NiKe @fnord_jp 2014年10月30日
キャラクターのレベルが「ゲーム特有の概念」以外のなにかであるとは到底考えられませんなー。しかしまーこの話見て思うのは『その手の小説を書いている人はそもそもゲームについても良く分かっていないのではないか』ですね。
ナスカ-U-158(マゥニポヨポ神の信者) @Chiether 2014年10月30日
>出すなら数字を認識できる根拠を示せ / その世界では、数値認識が当然なので改めて示す必要がない。 だから「外の世界からきた〜」というシチュエーションが鉄板なんですよ。自然に世界を説明できるから。
ナスカ-U-158(マゥニポヨポ神の信者) @Chiether 2014年10月30日
例えばその世界では「HPバーが表示されているのが当たり前で。一人の例外もなく視認できる」なら。 その世界の住人にとっては「お前、そろそろHPゲージが」とか言ってもまったく問題ないですし説明する必要もないんですよ。それがスチームパンクな世界でも。 もちろん「説明されなきゃわからん」という意見もごもっともですが「ああ、そういう世界なんだな」と諦めることも必要です。 でなきゃアミュレットを素手で握って体がボンと爆発する海外のゲームとかクリアできませんよ!
ひ公式アカウント @hi_koushiki 2014年10月30日
特に理由もないステータス表記の「みんながやってるから俺もやる」感。
駄文屋あさひ@iM@s最高! @asahiya_WWer 2014年10月30日
そういえば、「なろう」で異世界転生最強系を2つほど見てみたら、最初に「ステータス表示板」の存在が堂々と出てて2度見した。全然別作品なのにw これが「言い訳」だとしてもちょっとギャップは埋められそうになかったなあ
ふぁむ氏 @phantom0730 2014年10月30日
その創作世界上での常識や設定を『常識だから改めて説明する必要は無い』という理由で読者に開示・共有しないでも結構、という事なら「魔王の城を襲ったUFOから出てきた陰陽師達とミニ四駆バトルで決着をつける」展開でも文句言えないよ
akiran @akiran32748624 2014年10月30日
phantom0730 それ普通にコロコロのミニ四駆漫画ならありえそうな展開だから困る。
smw @Shi_MeiWo 2014年10月30日
そもそもレベルやMPとはなにか。コンピュータRPGの祖D&D(古典TRPG)では「英雄としての世間の評価」がレベル、「魔術の触媒や薬品などの総合的な携行量」がMP。もともと便宜的な表現だったのが、便利すぎたためにいつの間にかこちらがメインになってしまった。
marumushi @marumushi2 2014年10月30日
まあ指輪物語以降エルフといえば耳長細面の美男美女ということになったわけだし、多少はね?
綾瀬 @ayase_cts 2014年10月31日
ネット発の奴は多いよねぇ。何も考えずにレベルやらを数値化してたら、その時点で切り捨てるけれど
深井龍一郎 @rfukai 2014年10月31日
D&Dのルールでは、魔法使いはある程度の時間をかけて、自分のスペルブックからその時の冒険に使いたい呪文を選択してあらかじめ覚えておくという方式なので(覚えていない呪文は知っていても使えない)、MPに相当する数値はありません。耳長のエルフは少なくとも指輪物語の邦訳が出た時点では存在していなくて、一説によるとロードス島戦記のディードリットが元祖だということになっています。
りゅとさん⋈しばらく浮上しません @lute_the_fool 2014年11月1日
ゲーム世界だと「異世界の第三者」としてのプレイヤーだから意外と「ちゃんとそうびしろよ!」とか「HP:たいりょく なくなると気絶。全員が気絶するとゲームオーバー」とか説明されてる 気がする。流石に「何故見えるのか」までは説明されてないけど、まぁ、ゲーム的に見えないと不便だし。
りゅとさん⋈しばらく浮上しません @lute_the_fool 2014年11月1日
ワンピースのW7編あたりで戦闘力の話があったときに「武器持った兵士が10くらい」という基準値を出したのは上手いなーと思ったり。仮に主人公がレベル99だとしてもその世界の平均レベルが70とかだったらあんまり意味無いしね。なので「スライムの強さを『レベル1』とした場合、彼の強さは『レベル99』だろう」みたいな台詞がひとつあるだけで納得度が段違いに上がる…と、思うんだがいかがだろうか?
りゅとさん⋈しばらく浮上しません @lute_the_fool 2014年11月1日
プレイヤーしかり読者しかり「作品内とは別の法則で動いている異世界に住む第三者」というのが忘れられてるんじゃないかな的な。「ここはこういう世界なんです」とも言われずに「そういうことだから」で済まされても、その、多少困る。異世界トリップ物は主人公が同じ立場だからそういう説明しやすくて楽だよね!という話でもある、かな。
聖夜 @say_ya 2014年11月1日
実のところリアルでも習熟度や経験、技量を数字で表す文化はいくらでもあって、例えば学校の通知表とか武道の段位なんかはその最たる物です。
聖夜 @say_ya 2014年11月1日
特に冒険者ギルドとか結社が存在するなら、ステータス表を更新するための健康診断や身体/魔力測定、昇段試験をワンカット入れるだけでも説得力が違ってくると思いますよ。
はるを待ちかねた人でなし @hallow_haruwo 2014年11月1日
ステータス画面出る系はもう「そういうジャンル」なんじゃないかなぁ。異世界トリップ系の中の世界システムがVRMMO系の一部とみるかVRMMO系の中の実体異世界トリップ系の一部とみるかは作品によるだろうけども。
うにら @riafeed 2014年11月1日
そもそもチート系主人公の存在自体が説得力もクソもないような気がする
muramasa @muramasa931 2014年11月2日
ドラゴンボールのスカウターは遡上に上がっているのに、キン肉マンの超人強度がネタにされていないのは寂しいな・・・ 登場人物の数値化はコッチの方が元祖なんだけどね。最小の超人強度は、カニベースの2パワーだっっっ。
muramasa @muramasa931 2014年11月2日
この手のラノベの書き手や読者って、ファンタジー小説を書きたい、読みたいのではなくてゲームや漫画が元ネタのSSややおい・ハーレム小噺を賞味したいだけなので小説としてどうか、ファンタジーとしてどうか問うのはそもそもナンセンスだと思うよ。
ヨド @takuya_maiyuki 2014年11月2日
その作品の初期において読者に受け入れやすいように数字を具体的に出すのは非常に分かりやすい手法だと思う でも大抵数字とか出しちゃうと、後々インフレ起こって数字が形骸化しちゃうのはよくあることと感じる、主にジャンプ系。
Richard Roe @Richard_Roe_404 2014年11月2日
まぁあまりガチガチにするとSFの二の舞なので懐を広くしよう
GEN @gent9310 2014年11月2日
老害が作った仕組みに乗っかって考えることを止めているのに、受け入れられないのは老害とか言われてもなあ
ええな@豚バラ🐽ばらまくニャ @WATERMAN1996 2014年11月2日
現実だとクリティカルヒットがザラにあるから困る。力道山がヤクザに刺されて死んだ例とかな。正面から戦えば10回戦えば10回負け100回戦えば100回負けるようなヤクザが一刺しで力道山を殺した。
カスガ @kasuga391 2014年11月2日
そういや昔のTRPGでは、美形や美女を表現するのに「カリスマ18」ですべてが事足りたよなー。
名無し岩手県民(鯨美味い) @iwatekenmin01 2014年11月3日
この手の転生ものとか召喚ものの小説をゲームっぽいとか言いますけど、TRPGのリプレイのほうが変な話だけどきちんと読めるんですよね。
星五84体の地方妖怪 PGERA @PGERA_RX 2014年11月3日
メタ視点的な文章を書くなって話な気がしないでもない。力道山の死は正確には力道山が飲み食いしたら死ぬぞ言われたのに気にせず飲み食いして死んだんだが。まぁ、あの人人としては最悪の部類らしいんで誰も必死で止めなかった可能性が・・・。(話が変わってる)
聖夜 @say_ya 2014年11月3日
[c1661278] あれはタイトル通りの入門書ですからねえ。
久我まさゆめ @k_masayume 2014年11月3日
[c1661280] それを読んでる前提で話されても困るわ……今回の件は作家の技量の問題で解決かな。腹パンチで血を吐くとか当て身すると必ず失神するとかもおかしいけど、創作でスムーズに受け止められてる現状だと数値化もいずれ解決する話かと。
聖夜 @say_ya 2014年11月3日
[c1661283] 多分名前の時点でアウトな・・・wまあ同じライターさんのRPG講座や千夜一夜でも色々とアレな方がネタにされてましたし、反面教師的な意図もあったのではないかと。
寿命 @hisa_ino 2014年11月3日
「ファンタジーの世界にナイフという英語も文化もないのになんで小説内にナイフという言葉を使うんだ」これ、マジで意味がわからない。当時のファンタジーは必ず日本が舞台だったってこと?ファンタジーの世界には英語も文化も無いって言うんなら、日本語だって日本の文化だって存在しないでしょ。独自の言語と文化を創作してそれで書かなきゃいけなくなる。当時の人って頭悪かったんだね。
ええな@豚バラ🐽ばらまくニャ @WATERMAN1996 2014年11月3日
.hisa_ino 「ナイフ」という単語が存在しないというのと「生活の端々で利用される小刀」という概念が存在しないというのは全く別なんですけどね。日本語だと「小柄」「包丁」と呼び分けられるものを総じて「ナイフ」と読んでいる、「合口(匕首)」にあたるものは「ダガー」である、とか。
ええな@豚バラ🐽ばらまくニャ @WATERMAN1996 2014年11月3日
この辺の話はロングソードは「Longsword」かみたいな議論になるので非常に面白かったりする。そもそもロングって何に比べて長いんだ?とかね。
ええな@豚バラ🐽ばらまくニャ @WATERMAN1996 2014年11月3日
個人的に気になるのは、何らかの形で「レベル」が設定できたとしても「スキル」は一体何なのかということなのね。大抵の異世界小説では「スキル」をずいぶん安定した技として扱っているけど、現実には同時通訳をこなすくらいの多言語話者でもとちったり誤訳することがある。プロゴルファーだってミスショットするしプロ野球選手だってエラーや暴投をする。トップクラスの技術の持ち主だって失敗とは背中合わせなんだが、その辺りまで考えている小説はほとんど目にしないね。
ええな@豚バラ🐽ばらまくニャ @WATERMAN1996 2014年11月3日
ついでだから語っておくか。「レベル」ではなく「ゴブリン1匹を一人で倒せるなら新人卒業だな」とか「この道場の師範と互角に戦えるくらいになれば一流と言われるんだ」ではなぜダメなのかってことなんだよね。白いヒゲの賢者が「もうワシが教えられることは何もない。今日から大魔導師○○と名乗りなさい」というのもありだよね。
ふぁむ氏 @phantom0730 2014年11月3日
とは言え、現実世界の同一物に対して創作世界で別の名称を付けると煩雑化するので、名詞が同一である問題は読み物である以上、許容すべきかと思うなぁ。「彼の振るったブロードソードの一撃を盾で防いだ」が「彼の振るったイ・コンベッタのトゥーテをメペッサで防いだ」とかオリジナル名詞で展開されても困るし。
nekosencho @Neko_Sencho 2014年11月3日
MP5だというから安心してたら短機関銃だったでござる的な展開を期待
聖夜 @say_ya 2014年11月3日
phantom0730 「ランセヴァーンのヴァクヴァセヴァをモイモイで防いだ」「降魔刀のダンスマカブルをインバルネラブルでカバーった」なら通じる人がいるのですよこれが
深井龍一郎 @rfukai 2014年11月3日
hisa_ino 指輪物語の作者であるトールキンの翻訳に関する意向「各国語に翻訳するときも、英語で表記されている部分はその国の言語に全て翻訳し、その他の言語はそのまま残す」に繋がる話ですかねぇ。これは指輪物語という物語の構造やトールキンが言語学者であったことも関係するんですが。
Yuuichi Hosono @yHOS 2014年11月3日
RPGの歴史的経緯からすると、日本でRPGが定着したのがドラクエ以降。もちろん、それ以前にも存在はしたが、一般化という意味ではドラクエが最初。ファンタジー世界の初体験がいきなりゲームだったので、レベルやHP/MPの概念とファンタジーの相性が良い(ように感じる)のは自然な話かとおもいます。作中にまで持ち込むかどうかは作者の考え方でしょうが、レベルでしか強さの描写が出来ていないようなら、話の内容もお察しでしょうがね。
亜印屋 @ajirusiya 2014年11月3日
別視点で考える。これは所謂「共通認識」が読者で共有できてるかどうかによると思う。水戸黄門の印籠をみて土下座するのを外国人が不思議がるのと同じじゃないかね。そういうギミックの一つが数字なんだろうけど、印籠と同じくらい、意味不明に見えるんだよ。共通認識ある人同士で内輪で楽しんでたり、「理解しなくていいから否定するな」でいいと思うよ。超電磁砲でいきなりレベル5って言われてもおかしいけど、あれはきちんと説明してるじゃん。そういうことだろうさ。
聖夜 @say_ya 2014年11月3日
そもそも印籠が携帯薬箱だったという前提を忘れて警察手帳か何かと勘違いし始めるみたいな感じで「AD&DのMP」とか「耳長のトールキンエルフ」とかいう頓珍漢なことになっちゃうのはどうかと思いますよ。ギャグのつもりならまだマシなんですけど
Vox @Vox2nd 2014年11月3日
TVの時代劇を観ていて、口語が現代的すぎるとかお歯黒が居ない等々おかしいけど演技力があるとおかしく見えないって現象と同じ感じなのかもしれませんね。
山北篤 @Gheser 2014年11月3日
作者が、戦いで勝つ側がなぜ勝つのか、負ける側がなぜ負けるのかが分っていないからですよ。だから、それを小説的に描写できず、やむを得ず数値がでかいから勝つと書くしかない。
星五84体の地方妖怪 PGERA @PGERA_RX 2014年11月3日
数値のデカさで表現できるなら「体がデカイから勝つ」と言うムキムキマッチョの大男が勝つとか、巨大怪獣が自分よりも小さめの怪獣をぶっ殺すとか出来ないのか・・・。
みかげ @mik_ge88 2014年11月3日
フルアーマーの重騎士相手でも「切れ味抜群」の段平ブレイドが有効、みたいな事まで疑問に思っていただけるのなら作家冥利に尽きるという気もしたり。そういう「細かい」設定は作者の自慰にもなりかねない面がありますしね。ストーリーにメインを置く人が「ここまでは共通項で」と強さをレベル、魔法力をMPにするのは読みやすさと設定へのもにょり度のバランス次第とも思えます。
名無し岩手県民(鯨美味い) @iwatekenmin01 2014年11月3日
この手の小説が何が詰まらないかというと、戦闘に緊張感ないことが大きいんじゃないかと。 TRPGのリプレイだとプレイヤーが下手打つとキャラが死んだり負けるのがあるので緊張感があるんですが、どうせちーとで勝つんだろじゃ面白くならないですし。
みかげ @mik_ge88 2014年11月3日
WATERMAN1996 指輪を読んだのがずいぶんと昔なのであやふやですけどトルーキンはガンダルフの魔法をファンブルさせていたような記憶が。>高レベルキャラの高レベルスキルは安定してるか否か
ええな@豚バラ🐽ばらまくニャ @WATERMAN1996 2014年11月3日
.mik_ge88 ゲームのRPGのように、戦闘がただの障害、ただの作業になっているというのが多いんですよね。Web小説でないライトノベルはストーリーに関わらない無意味な戦闘シーンは普通描写しません。レベル上げとかスキル取得という目的が無いので戦う必要が無いからですし、命のやりとりを軽々にやるのはリスクが高すぎるためですね。
さとつ@佃煮 @aino1223 2014年11月3日
フォーチュン・クエストはそろそろレベル上がってください(懇願)
みかげ @mik_ge88 2014年11月3日
WATERMAN1996 ファンタジーものであっても戦わないのが一番みたいな空気もありますしねえ。自分はキャラ立ちから入るので「なぜこの子は死の危険があっても戦う事を決意しこういう武器を持ち、鎧はこうで攻撃方法はこうなるのか」から作りこむので戦闘描写が求められないと寂しくもなりますが。
ebxy @ebshrimp 2014年11月3日
個人的にはその辺に気を使ったゲーム原作のノベライズがつまらなかった記憶の方が大きいんだよね。RPG的な数値ってフェティッシュになり得るし、そっちの方が表現としては面白いのでは無かろうか? 相対的に比較可能な数値が多いほど具体的にもなりえる。
がんどふ(跡地もしくは廃墟) @nekomatadou 2014年11月3日
古い地球人なヲッサンにもかかわらず、そういう「ゲーム的な数値が出てくる」作品にほとんど違和感を持たないワシはおかしいのだろうか?
がんどふ(跡地もしくは廃墟) @nekomatadou 2014年11月3日
ワシの場合ファミコンのDQ以前にドラゴンファンタジー(グレイルクエスト)やFF(ファイティング・ファンタジー)とかのゲームブックで遊んでたから、キャラクターのステータスが数値化されてそれが作中に出てくる仕様になれてたってのもあるだろうけど
smw @Shi_MeiWo 2014年11月3日
レベルに客観的な尺度をもたせるといいかもしれない。例えばレベル1=かけだし、レベル4=いっぱし、レベル8=熟練者(マスター)、レベル12=人間国宝級(アーチ)とか。
クソダサ英字プリントTシャツマン @nobocchinolife 2014年11月4日
「アニメのキャラクターはこんなに目が大きくて鼻がないなんておかしい」「人型巨大ロボットに乗って戦うなんて非効率的にもほどがある」みたいな内輪では当然のこととして受け入れられてるお約束なのでは
ガニコウモル先輩@アフリカのアラブ @afurikano_arabu 2014年11月4日
別に主人公がチートだろうが神様だろうがステータス99999だろうが面白ければいいよ、そういうの持ち出しておいて面白くないのが問題なのであって。
nekosencho @Neko_Sencho 2014年11月4日
ステータスが数値化ってのも、その説明があればいいって話だろスカウターとか、剣道十段とかさ(十段は年寄りしか取れないとかは秘密だw)たぶん元作品には説明ナシで数字が出てたんでアカンって話になってるんだと思うぜ
nekosencho @Neko_Sencho 2014年11月4日
たとえばHP99だとしてさ、WIZだと十分強い、ラスボス倒しに行こうぜって数値だけど、ドラクエだとまだまだひよっこじゃん。説明がないってことは、同じ数値でもそれがどういう威力なのかがわからないってことでもあるんだよな。
いさな @isana_arayan 2014年11月4日
頭が良いキャラを表現するのにIQ300とか言い出すのと同じでしょ。
玉藻さん@地球 @Roseate_Rosy 2014年11月4日
読んだ人が気分よく読み終えられるならなんでもいいとおもうよ 
深井龍一郎 @rfukai 2014年11月4日
作者にも読者にも聞いてみたいのは、君らが大好きな無敵のヒーロー主人公が「どんな風に強いのか」って重要なんじゃないの?ってこと。ただの数字なんて手抜きの手段で流して表現しちゃっていいの?
クソダサ英字プリントTシャツマン @nobocchinolife 2014年11月4日
そういうのを好きな人が書いて好きな人が読んでるのに外野がそんなのは面白いとは言えないとか程度が低いとか言っても内輪にとっちゃうるさい奴がギャーギャー言ってるとしか思わないだろうし、そう言っているうちにどんどん時代の主流は変わっていくのだろうか
agraj42 @agrasyak 2014年11月4日
AARやゲーム実況とかの延長だったりして
nekosencho @Neko_Sencho 2014年11月4日
Neko_Sencho 今調べてみたら、剣道十段は廃止じゃないけど審査もうしてないってさ。ちとさみしい
Y @MC680X0 2014年11月4日
ファンタジーの入口がゲームなのはもはや普通だしそれは構わないと思うけど、コンピューターRPGだけしか経験してないっぽい感じがする。作家を書くくらいの意欲がある子にはTRPG、特にGMを体験して欲しいなー。
イーソップ @AES_OP 2014年11月4日
ふと思ったんだけど、これって「第4の壁」ってやつを、各人が意識しちゃっているってことなのかな。無意識に。みんながデッドプール。彼も貴方もデッドプール私も貴方もデッドプール。。。
こざくらちひろ @C_Kozakura 2014年12月6日
一作品単位でならいくら数値を出されてもかまわないのですが、「なろう」のような似たような話が無数にあるところでやられると厳しいです。「店舗ごとに度量衡の単位が違う商店街」みたいでヘビーユーザーほど迷惑する。
千歳夏夜 フォロバ100% @Kaya_Chitose 2014年12月7日
ゲームの世界にトリップした場合を除けば、ダイ大の人が描いてたドラクエ4外伝や冒険王ビィトのように第三者の評価を挟むのがベターだと思う。普通にレベルとかステータスポイントがあるのはぶっちゃけただの手抜きでしょw
sudoufu @kappazizou 2015年9月2日
「MP1=カロリー換算でハンバーガー4個分です」みたいに親しみの持てる数値換算が有ればイケるかな
takuya-ohta @ef510df200 2019年4月9日
cleardice HPが本編に明記される作風だとそうなりますね。
プレアデスたん @7sYisatT4bqHhm9 2019年7月7日
説明ある作品多いと思うけどなぁ
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする