「コンテンツ」という言葉をめぐる議論~想田和弘氏、伊藤剛氏らのツイートを中心に

「コンテンツ」という言葉、たしかに日本では最近使われ始めた、という気がします。 ここに秘められたニュアンスや用法をめぐって、安倍首相のスピーチをきっかけに議論が発生しました。 その一部です。表題に挙げたお二人のアカウントと、@つきの反響、そして「コンテンツ」という言葉での検索結果を元に、関係ツイートをまとめました。 「経産省メディア・コンテンツ課」の関係者のかたもいるようです。
映画 伊藤剛 クールジャパン コンテンツ 想田和弘 英語 マンガ
105
想田和弘 @KazuhiroSoda
映画祭までこうなっちゃうのは本当に残念。→東京国際映画祭の広告コピーが物議 映画人から不満続々「最低だ」「恥ずかしい」j-cast.com/2014/10/282194…
リンク J-CASTニュース 東京国際映画祭の広告コピーが物議 映画人から不満続々「最低だ」「恥ずかしい」 アジア最大級の国際映画祭「東京国際映画祭」が2014年も盛り上がりをみせる中、「キャッチコピー」を巡るちょっとした騒ぎが起きている。 ...
想田和弘 @KazuhiroSoda
国際映画祭の意義は、多様な文化圏の映画を観ることによって、相互に理解したり共感したりできること。昨日まで「○○人」という記号でしかなかった存在が、急に「顔のある身近な存在」に感じられたりすること。競争ではなく交歓の場であり、本来、ナショナリズムとは最も馴染まない場です。
想田和弘 @KazuhiroSoda
オリンピックやW杯なども、おそらく元々は「交歓の場」として始まったのであり、「競争」はあくまでも交歓のための遊戯のようなものであったはず。それがいつの間にか国威発揚の場として利用されるようになり、スポーツそのものを貶めてしまっている。映画祭はその轍を踏んではなりません。

前提となる資料を
http://www.cinematoday.jp/page/N0057312
から引用します。

第26回東京国際映画祭が開幕し、安倍晋三首相がグリーンカーペットイベントとオープニングセレモニーに参加…
(略)
…その後出席したオープニングセレモニーでは(略)…アベノミクスに言及。「今、われわれは新しい経済政策を進めている中であります。まさにこれから日本の経済を成長させようと思っていますし、その中核が日本のコンテンツ産業でもあります。日本のコンテンツをどんどん世界に発信していきたいと思っています」と宣言した。

想田和弘 @KazuhiroSoda
TIFFに出席した安倍首相の、映画に対する意識を象徴的に物語っているのは、彼が使った「コンテンツ」という言葉。金儲けの道具としてしかみていない。そこにナショナリズムまで加わるのなら、映画は徹底的に政治的に収奪・回収されてしまう。
三宅雪子(一切の差別を許さない社会へ) @miyake_yukiko35
@KazuhiroSoda 「コンテンツ」って言葉、商業臭がして、実際のピュアな作り手の方々は嫌なのではないかと前から感じてました。せめて「作品」と言って欲しい。
伊藤 剛(アイコン試行中) @GoITO
「コンテンツ」という言葉は、確かに日本では経産省が使いだしたものと思いますが、しかしその語を用いたことを根拠に「金儲けの道具としか見ていない」というのはどうなんでしょう。従前より「コンテンツ」と呼ばれてきたマンガの側から言わせてもらうと「映画は特別」と言ってるだけに聞こえる。
伊藤 剛(アイコン試行中) @GoITO
「文化的なもの」全般の大切さは、わたしも尊重しているし、それがないと「人類」がこの世に生まれた意味がないとすら思いますが、しかしそれと「金儲け」は背反するものではないと考えています。一方にガツンと儲かるものがあるから、同時に売れなくても意義があるものも可能になるんじゃないかと。
伊藤 剛(アイコン試行中) @GoITO
「映画は徹底的に政治的に収奪・回収されてしまう」 こういう文句は「逆美辞麗句」と言いたくなりますね。ある種の態度や姿勢を持つひとには、実に「口当たりのいいことば」という意味で。 たとえば反原発映画だって、被災した人々を「徹底的に政治的に収奪・回収」していませんかと言えてしまう。
伊藤 剛(アイコン試行中) @GoITO
わたしの理解では「コンテンツ」という語は、すでに一定の文化的権威を帯びているハイカルチャーや文学、映画などに「組み入れられていない」ものを指す総称と使われた面があります。であれば、その語を使ったことを根拠に「金儲けの道具としか見ていない」という「思想」を正しいとは思えない。
伊藤 剛(アイコン試行中) @GoITO
単に「映画はおまえらマンガやアニメなんぞの『金儲けの道具』とは違うんだ」と言ってるだけじゃないのか。馬鹿にすんなよ。
伊藤 剛(アイコン試行中) @GoITO
頭くるわ。 ひとつは文化的なもので「金儲けをすること」を腐す「思想」 もうひとつは、すでに「コンテンツ」と呼ばれてきたものを腐す「思想」 みっつめは、何が何でも政権批判に結びつけようとする「思想」 よっつめは、紋切型で何か言ったつもりになっている怠慢。
伊藤 剛(アイコン試行中) @GoITO
『用心棒』のラストで三十郎が十手持ちに言ったセリフが頭をよぎりますね。
伊藤 剛(アイコン試行中) @GoITO
わたし共著書に『コンテンツの思想』って本ありますんでね。この程度のことは言ってもいいでしょう。
伊藤 剛(アイコン試行中) @GoITO
「映画をコンテンツと呼ぶな」というのは傲慢でしかないだろう。そうは言ってないというかもしれないが、「象徴的」とは言ってるんだから、その言い抜けも無理だと思うよね。
鷲谷花 @HWAshitani
すみませんすみませんあうあうあう。映画に入れ込んだ魂の持ち主は、高い倫理性をアピールしているつもりで、他にとってはトンチンカンでしかない傲慢さをまき散らしているだけ、ということはままある・・・、つらい・・・
swep @swepwtf
想田監督に対する伊藤准教授の反論。権力の非対称性を考慮に入れてない点で、伊藤の言ってることはダメダメである twitter.com/kazuhirosoda/s… twitter.com/goito/status/5…
鷲谷花 @HWAshitani
「至高の領域たる《映画》を、《コンテンツ》などという穢土とまぜこぜにするのは許しがたい」的信仰の一環として、映画とゲームとの差別化へのこだわりがあるのも否めないかも。ゲーム用語嫌悪の傾向。「映画の結末について《バッドエンド》の語を用いたレポートは問答無用のD」という話聞いたことが
k2 @K2TMN
やっぱり、そう言う感じがしますよね。 "@GoITO: 単に「映画はおまえらマンガやアニメなんぞの『金儲けの道具』とは違うんだ」と言ってるだけじゃないのか。馬鹿にすんなよ。"
鷲谷花 @HWAshitani
馴染みのない領域だから嫌悪感が先立つのか。英語圏の映画研究者は自分でビデオ/オンラインゲームをプレイして、ゲームと映画のナラティヴの相互影響関係についてリサーチしたりしているのにね。それをやるには時間と予算が必要になるけれども。つまり貧乏ヒマ無しがいかんのだ
遊藍 @ainiasobu
金儲けそのものが【悪】として扱われる事が増えたのはいつからなのだろう…。 お金ってものは循環するものだから、稼いで使われるものだろうに、他人が稼ぐことを否定したら自分のもとにも来ない。 twitter.com/GoITO/status/5…
山田かずお @yama20140615
@GoITO @tebasakitoriri  金儲けしか考えてないコンテンツも多い。 もちろんそんな物支持されませんけど
山田かずお @yama20140615
でも読者の迷惑無視して売ろうとするような、金儲けしか考えてない悪質なコンテンツは多い @GoITO
残りを読む(97)

コメント

gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2014年10月30日
前書きに書いたように、@KazuhiroSoda @GoITO 両氏のツイート、それへのリプライなどを中心にまとめ、検索結果も反映させた。このまとめに追加したい人もどうぞ(誰でも編集可能)
urutora_udon @urutora_udon 2014年10月30日
韓国コンテンツ振興院が後押ししてごり押ししてきた韓流コンテンツが嫌われたのも、権力が金儲けの道具としているのが大衆にばれたからですかねw?
ゲゲゲの武道館 @Asnail_Onthorns 2014年10月30日
制度設計をする側の上位者層が「コンテンツ」って言い方をする時には、それぞれの表現に伴う独自性や思想性を無視した上で、十把一絡げに「商品」や「材料」扱いしたい様な下心を往往にして感じることは往々にして有るなぁ…
ゲゲゲの武道館 @Asnail_Onthorns 2014年10月30日
あと伊藤氏の反発は正直に言って的外れだと思った…そこじゃないでしょってw
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2014年10月30日
コンテンツ産業ってちょっと不思議な言葉ですね。ビジネス支援図書館みたいな感じ。
ゲゲゲの武道館 @Asnail_Onthorns 2014年10月30日
あ、俺「往々にして」二回も繰り返してカッコ悪かったw
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2014年10月30日
ちょっとミスで入れた無関係ツイートを削除&想田・伊藤両氏のツイートをそれぞれ赤・青にしました
kghdt @kghdt 2014年10月30日
商業的な意味で語るのであれば「コンテンツ」でも問題ないでしょ。嫌儲的でヒステリックな難癖だね。
だめ狼 @dame_ookami 2014年10月30日
想田ってドキュメンタリー映画監督ってよりは、DQN映画監督って感じだなw「公権力を批判する俺格好良い」みたいな自称・文化人特有の「みっともなさ」感全開で笑えるww
○○もへじ @marumarumoheji 2014年10月30日
「コンテンツ」という言葉は映画だけではなく、漫画、ゲーム、その他の総称ぐらいにしか思ってない。けど、それだけに映画祭で口にするなら「映画」と言って欲しいなぁ。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2014年10月30日
安倍スピーチの話題になる少し前の、想田監督の映画祭コピーに関する批判と、反原発映画を仮定した伊藤氏への反論ツイート(これは入れ忘れ)、作成後に頂いたツイートを追加しました。
やらかど@やらか堂 @yarakado 2014年10月30日
「コンテンツ」という語が嫌いなら単にそういえばいい話で、収奪だの金儲けだの、単にその言葉を発した人間が気に入らないだけのように見えるんですが。 “権力の非対称性”なんてのも単なる反権力の言い換えに過ぎないんじゃないですかね。
gryphon(まとめ用RT多) @gryphonjapan 2014年10月30日
30日にも両氏が思うところを述べられているので、出来る限り追加しました。/ひょっとして、別に編集にご協力してくださる方がいるのかな?そのかたの考える順番と違う形にしてしまったかもしれませんが、その時は申し訳ありません。
Takahiro Omori ♋ @t0mori 2014年10月30日
映画祭のコピーも安倍チャンのスピーチもまったく気に食わないが、この件に関しては伊藤氏の方に同調する。相田監督作品は好きだけど、今回のは無理筋。伊藤氏の批判も正確に読めてないし、批判と同じ轍を踏んで反論してるようでは、程度が知れると言うもの。時間が経ってから読み返す事をお勧めする。
Rogue Monk @Rogue_Monk 2014年10月30日
コンテンツという捉え方への反発というか「映画は商品じゃない」という考え方は昔から多くの映画監督とかが言ってるけど、そういう映画の作り手が大ヒットを生み出し業界の未来を切り拓いたことは余りないような。 金を稼ぎ出せないと未来はないんだから、「コンテンツ=商品」として映画を捉える人間がもっといないと業界は苦しいだろうなぁ。
Katana Edge@中2超美少女 (cv: 広河太一郎) @amiga2500 2014年10月30日
「金儲け主義」って批判される事が多いけど何が悪いの?って思う。本気でお金を儲けるって大変だと思うよ。ファンの多いアイドルを出して手堅く安定した収益を目指すのよりずっと高次元の仕事だ。個人的には「本気で金儲けを目指す人」がもっと出て来て欲しい。
Rogue Monk @Rogue_Monk 2014年10月30日
あとこの手の映画祭って単なる上映祭じゃなく「輸出入見本市・大商談会」の性格が強いらしいから、「コンテンツ」という捉え方の方が正統なのかも。
Katana Edge@中2超美少女 (cv: 広河太一郎) @amiga2500 2014年10月30日
もし、関連商品まで含めた意味で「コンテンツ」という言葉が使われたのだとしたら、三宅議員が言うような「作品」という呼び方では説明不足になりますね。
Shamisen_Flash @shamisen_flash 2014年10月30日
映画を産業として見る事はとても健康的なこと。従業員(スタッフ)の肉体的、精神的(時には金銭的だったりもする)献身によって支えられている現状はとても健康的には思えない。映画がヒットすれば精神的に多少は報われるけど。でもそれで体を壊して仕事辞めてる人もいるからね。
Heyw65kZ4RiU @29zgJQepexzZ 2014年10月30日
被写体とどんな関係を結んでも、「被写体を選ぶ」という行為そのものが極めて政治的・思想的である以上、被写体を「徹底的に政治的に収奪・回収」することからは逃げられないんじゃないかな。
Heyw65kZ4RiU @29zgJQepexzZ 2014年10月30日
あと、映画を上映するにしてもそこに金銭のやりとりがある以上、映画といえども商業主義の「誹り」を免れ得ないんじゃないかな。あ、今までそうだ監督が自分の作った映画で売上を得たことがないっていうんなら、話は別
Shamisen_Flash @shamisen_flash 2014年10月30日
日頃の言動を見ていると、想田氏が「映画をダシにして安倍批判をやっているだけ」に見えて「映画を棄損してほしくない」と思ってしまうのは内緒のはなし。
アカさん @aka_san0 2014年10月30日
「金儲け?否定しませんよ。儲けていいに決まってるでしょ。ボクはそうじゃないけど!ボクはそうじゃないけど!!」
アカさん @aka_san0 2014年10月30日
金儲けのため「だけ」に作られた作品って、例えば何なんでしょうね。自分が気に入らない作品をそう断じて貶したがる人、すごく多いけども。
ゴイスー @goisup 2014年10月30日
普通は「お客」のこと考えるけどな。 オナニーやって生きていけるならそんな楽なことは無いわなぁ
重-オモ- @__oMo__ 2014年10月30日
芸術というジャンルに関わってると政治家や資本家を批判する人は多いけれど、政治や資本抜きに芸術が生きていられることって昔から今まであまり無いような気がする。今、芸術作品として残っているものでそういった後ろ盾無しに成立して生き残ったものってあるんだろうか?
ゴイスー @goisup 2014年10月30日
なんつーかね、「娯楽」をバカにし過ぎなんだよな。どんだけお高く止まってんねんっつーこと。
○○もへじ @marumarumoheji 2014年10月30日
商談だって言うなら、尚更「コンテンツ」という曖昧な言葉じゃなく、個別具体的に言うものだと思うが。
はよ @hayohater 2014年10月30日
安倍に冷や水ぶっかけてドヤるつもりが、想像以上にあっちこっちのコンテンツ関係者を濡らしてしまうという平常運転。
サイキガク / Gaku Psychi @psychi 2014年10月30日
「作品」と「コンテンツ」は同じものを指し示しうるけど、語の使い方や使われる場面は異なる。「作品」という語を使うのが適切な場で「コンテンツ」という語が使われたことに対する違和感としては理解できるけど、それを「コンテンツ」という語自体に対する違和感として述べるのは筋悪のような。
smw @Shi_MeiWo 2014年10月30日
生命保険会社の言う「商品」のようなニュアンスなのだなぁ>『コンテンツ』
はよ @hayohater 2014年10月30日
あと、スポーツの場をいきなり「交歓の場」ってブチあげてナショナリズム否定してみせちゃうのもどうかね。ナショナリズムはどうしたってコンペティションのスパイスになりうることは、クーベルタンはあんまり意識してなかったかもしれないが、FIFA創設者たちは明らかに意識していた。1930年の第1回ムンディアルは、ウルグアイの「建国」100周年記念祭典でもあったんだで。
はよ @hayohater 2014年10月30日
映画祭のあの意味不明なコピーが気に入らない、安倍の言ってることが気に入らない、で結びつけちゃうのが安易でそれこそ「ポルノ」じみてますよ。
yuichiro kamio @torikagonotorio 2014年10月30日
コンテンツとオタクを入れ替えても面白そうだ
青猫 @AonekoSS 2014年10月30日
単に「コンテンツ」って言葉に持ってる印象が食い違ってるだけの話よね。例として「人材」を挙げてるけど、別に「商材」って呼んだわけでもないんだし。とりあえず、大衆文化ではなく芸術として作ってるつもりの人にとっては、作品の価値を否定されたようにも聞こえる言葉なのかなぁ、と。
あのひと @1019_rocked 2014年10月30日
「売る」側の人間が想田の様な「作家様」の作る『コンテンツ』に商品的価値を見出し、それをより多くのお客(ユーザー)に提供する事で「作家様」が食いつないでいけるんだよ。少なくとも「売る」側の人間はそこに誇りをもって仕事をしている。
あのひと @1019_rocked 2014年10月30日
だいたいパトロンありきだった音楽、絵画、彫刻と違い映画産業って見世物小屋から始まった純然たる「商業製品」だぜ。何を勘違いしてるんだか…(;´∀`)
橇山宗太郎(嘘つきクレタ人) @Ifniyat 2014年10月30日
「俺様が正しく評価されないのは納得行かない」ってだけでしょ。 運動会の来賓挨拶に文句つけてるようなものだと思う。 「競技に出る自分」のモチベーションを運営側の思惑に投影するのは無意味だって事くらいは、 小学生だって理解してるじゃない。
大石陽@聖マルク @stmark_309 2014年10月30日
「映画祭」は「Festival」であり「お祭り」であり、「ハレ」の場なんだから、国威発揚とか産業振興なんかの無粋な価値観を持ち込むんじゃない、と言えばそれで済む話だったと思うけどな。コンテンツなんて単語を使ったかどうかはどうでもいい話であって。
ヘイヘイ(自宅) @hey2m 2014年10月30日
客から金取る以上商業的な価値がないと成立しないじゃないですか。商業芸術産業とか創作物産業って言えば良かったん?
7TZtopic @5TZtopic 2014年10月30日
お前の映画が売れないのはつまらないから、才能が無いからだよ
ふろKKO@ #私は黙らない @front_extinct 2014年10月30日
 歌舞伎とか浄瑠璃は近松門左衛門のような作家や俳優が共同でつくったコンテンツだけど、当時の江戸町民などを相手に金儲けしてたじゃないか。そして当時低俗だと思われていた歌舞伎が今では作品として認められている。
ɐʇuoɓ @gnt 2014年10月30日
ここで2年半前のコミックビーム表紙を見てみましょう http://www.enterbrain.co.jp/comic/comicbeam/1207.html
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2014年10月30日
一般の人にはそうなんですが、映画人には商談をまとめる場かな 「「映画祭」は「Festival」であり「お祭り」であり、「ハレ」の場なんだから」
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2014年10月30日
コンテンツ ① (箱などの)中身。 ② 情報の内容。放送やネットワークで提供される動画・音声・テキストなどの情報の内容をいう。 ③ 書籍の目次。 言葉を批判するなら意味を知ろうぜw
Schizophrenie @Schizophrenie__ 2014年10月30日
想田監督の作品は当然全部無料で見れるんだよね?
たちがみ @tachigamiSama 2014年10月30日
金儲けの道具に出来るのは魅力ある作品だからじゃねーの 搾取する気満々、なのに皆金を払ってしまうというコトだろ? 某アイドルグループやアイドル育成ゲームはどー考えても阿漕で搾取する気を隠そうともしてない、個人的には好かんやり口だがそれを知ってもなお金を落とさせる魅力ある商材なのだろ? 
たちがみ @tachigamiSama 2014年10月30日
つまんねー作品は金儲けの道具にはなりえんのだから良いではないか 金儲けに使える程度には優れたモノなのだから
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2014年10月30日
暇つぶし系コンテンツは、可処分可能時間が限定されているので頭打ちです。
kato takeaki @katot1970 2014年10月30日
金儲けを目的に作って無くても、出来たものが素晴らしい作品で指示されれば、結果的に儲かるわけで。ただの僻みにしか見えないという。
○○もへじ @marumarumoheji 2014年10月30日
初回放送時は視聴率が振るわず、後から評価されたアニメとか、死んでから評価された画家とかいるんだし、今売れるもの作れの一点張りもそれはそれで脆いと思うんだが。
「鵜川」(実名) @uhgan- 2014年10月30日
ちょっと聞いた話なんですが 映画祭ってどうやら「映画を買い付けに来るバイヤーさん」と「売りたい人」の商談の場なんですってね。 この論理で言うとコンテンツを売り買いする商人たちが六本木ヒルズに集合して「これが儲かる」「あれはダメ」とか相談してる唾棄すべきイベントってことになりますか? (週刊金曜日的にはそうかもしれんが) ユニークな考え方ですね
「鵜川」(実名) @uhgan- 2014年10月30日
大衆文化って 何かね。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2014年10月30日
違います 「この論理で言うとコンテンツを売り買いする商人たちが六本木ヒルズに集合して「これが儲かる」「あれはダメ」とか相談してる唾棄すべきイベントってことになりますか?」
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2014年10月30日
まあこういう話には映画評論家・関係者のほうがくわしいとは思いますが、毎日6本ぐらい映画を見て、メジャーでないところから上映権・ビデオ化権とかを買う。儲かる映画はみんなメジャー系で流れるから「ちょっと観客(購買層)が想定できそうだな」って映画の売買です。
3mのちくわ(20禁) @tikuwa_zero 2014年10月30日
確かにコピーはクソだけど、それを持って「コンテンツ」という言葉を(否定的な意味で)商業主義の代替語のように扱ってる連中の「芸術家気取り」も同じくらいクソですな。商業主義を否定するクソは無人島生活でもしてろ。
九銀@半bot @kuginnya 2014年10月30日
好きでもなんでもないのに売れそうだからってだけで食いついて来るなよ、というのは同意する。件のキャッチコピーなんかいかにも虎の威を借る狐だし。
りそーすななじゅう @resources70 2014年10月31日
90年代後半にもネットでコンテンツって言葉の使用に関して賛否両論論議があったけど、ネット外でも論議の拡大再生産してる感じ。
深井龍一郎 @rfukai 2014年10月31日
作り手が貴重な金の卵を産むガチョウなんだったら、もうちょっと持ち上げていい気分にさせてあげておいてもいいんじゃないの?とは思った。腐してなんか得なことでもあんの?
くみかおるの冒険 @ElementaryGard 2014年10月31日
伊藤のほうに一票いれます。ただ正論ではあっても「世界には白も黒もいるのにクレヨンで『肌色』とは何事か」式の理屈は、まわりを退かせてしまうこともあるので。
くみかおるの冒険 @ElementaryGard 2014年10月31日
相手の発言を批判するのではなく、その発言がどういう立ち位置からなされているのかを「論ずる」ほうが建設的。それをとばして「なめんなよ」と啖呵を切る…私もよくやっちゃうんだよねこういうの。自戒。
neologcutter @neologcuter 2014年10月31日
「人材」という言葉がそれに当たります。同じ理由で嫌いです<そんな言葉が嫌いなのか?ソーダ監督に人が付いてこないだけじゃないか?
neologcutter @neologcuter 2014年10月31日
何らかの実績を残さないと単に「仕事のできない人」と思われてもしょうがないよ。それを反権力の「同志」内でナアナアにしてても意味ないと思うよ。
Katana Edge@中2超美少女 (cv: 広河太一郎) @amiga2500 2014年11月1日
他で書いたけど「なんであんな映画が売れてるんだろう?」って得意げに言い切っちゃうプロって情けないな、と。好みの問題はあるので「こういう部分が受けてるのは分かるが、俺は嫌い」とか「こういう部分を好きになれる感性がわからん」なら話はわかるけど。何にしても「それが売れている理由を客観的に分析できないプロ」って物凄く恥ずかしい事だと思う。こういう事を言っちゃうプロっていうのが、この人だけじゃないというのは頭の痛いことだ。
ねぼ @nebonebo7 2014年11月1日
映画監督だから映画の扱い方に文句をいう発言権があるというポジションの表明は、自らの作品を自分自身を映画監督という権威付けの道具に陥れてしまう可能性について無自覚なのが残念。そういうのは現役がやることじゃない。
ねぼ @nebonebo7 2014年11月1日
作品を作るために映画監督になった、から、映画監督として語るために作品を作ったに、変質しかねない危うさがこのての語りには含まれているから、どちらかといえば評論家・研究家である伊東氏と同軸で話した時点で自らの作家性を切り売りしてませんかというのが疑問なんですよね
花村ヨシ子 @hana__yoshi 2014年11月1日
興行収入ウン億円とかやってて映画は金儲けじゃないとかアホらし。
因幡ピョン🐰 @inaba_pyon 2014年11月1日
一般に「コンテンツ」という語が広まったのは、ライブドア社長で買収を繰り返していた当時のホリエモン(堀江貴文氏)が、盛んに「コンテンツ」という語を多用していた結果、と思う。
zetumu @zetumu 2014年11月1日
これ対義語で考えると分かり易い。ネット以前には「作品」と「商品」が対義語。「作家」としては「商品」を作っているわけではない、例え商用作品であっても「作品」を作っていると考えなければ「作家」とは言えない。
zetumu @zetumu 2014年11月1日
それがなければ映画制作は只の商品開発・製造業者になってしまう。「作家」というからには「作品」が先にあり、商用作品はそれを売るものと考えなければ「作家」という立場は成り立たない。
zetumu @zetumu 2014年11月1日
ましてや想田氏はドキュメント映画監督だから、被災者などを撮って商品製造してますという立場には絶対立てない。プロとしては売ることも考えなければならないが、売ることが先に立つ、分かり易いケースとしては、被災者や被害者などを売り物として写すということは本来あるべきではないというのは理解できる。
zetumu @zetumu 2014年11月1日
時々日本のTV制作の現場などで、そういった人達に振り付けを付けて映像として分かり易い物語にして売りやすいものに仕立てるということが、非難されるのもその為。
zetumu @zetumu 2014年11月1日
ドキュメントでなくフィクションであっても、ここでキャラクターを殺しとけばお涙頂戴出来るだろうという様なのは、まあ「作品」としてではなく「商品」作り、そういった安易なものが衰退していくのは、これまでのものを見ているとまあ、そうだろう。
zetumu @zetumu 2014年11月1日
そしてこの場合のコンテンツの対義語はプラットフォーム。境氏が言うように本来もっと無機質。商用プラットフォームもあるが、分かり易い例で言うと、このインターネット自体が巨大なプラットフォーム。
zetumu @zetumu 2014年11月1日
想田氏のこのつぶやきですら、インターネット上のコンテンツ。一応ツイッターという商用サービス上でのものではあるが、別に自分でサーバー立ててそこからネット上に発信しても同じな訳で、そこには作家性が伴う必要はない。
zetumu @zetumu 2014年11月1日
商用であっても、作品であっても、只のゴミつぶやきであっても、全てがコンテンツ。そういう意味で、本来コンテンツの概念は幅広い。
zetumu @zetumu 2014年11月1日
安倍の言葉がいやらしいのは、本来幅広いコンテンツの概念を商用及び国威利用コンテンツに押し込めて語っている所。これは別の所では、学問に対しても同様のアプローチをしようとしている。
zetumu @zetumu 2014年11月1日
某大学の校歌に「学の独立」というのがあるが、商用及び国威の枠内にそれが押し込まれる様では、本来学問は成立しない。なぜなら学び問う行為とは、疑義を突き詰めるものだから。それは中世欧州での経験に拠る。
zetumu @zetumu 2014年11月1日
映画を含む「作品」も本来そうであって、なぜなら「作品」とはテーマ設定だから。ここがニーズを満たすことを目的とする「商品」との違い。これが重なるものが商用作品。
zetumu @zetumu 2014年11月1日
国威利用はどちらかと言えば「信仰」行為に近い。疑義を突き詰める学問やテーマ設定をそれぞれに於いて行なう作品とは、逆のベクトル。
insanTeddybear @as57993553 2014年11月1日
あなたにとっては作品。誰かにとってはコンテンツ。主観の相違ってやつなので、嫌なら内輪で楽しんでたらいいんでねえの。カネまわんなくてあっという間に詰まるか、パパの言うなりに「作品」造る羽目になると思うけどね。
橇山宗太郎(嘘つきクレタ人) @Ifniyat 2014年11月2日
言葉の定義とか理想論はどうでもいいから、職業としてやってる職人さんたちの立場も考えてみたら。
うにら @riafeed 2014年11月2日
映画って自分で全部お金を出して赤字上等で制作とかしない限り必ず何かしらの会社の商売(金儲け)に組み込まれるんじゃないかと思うんだが商売とは無縁の映画ってどれくらいあるんだろう?
Mook @HiroGome2 2014年11月2日
映画に「金儲け」「商売」の側面があることは認めても、そういう要素を程度の低いものとみなしてるから「コンテンツ」と言われて不快に思うのだろう。誰かや何かを貶して維持する誇りこそ、差別に繋がりそうな気がする
Yu Yamaguchi @Yu_Yamaguchi_ 2014年11月4日
単に「物事にはいろいろな側面がある」ということでしかない。映画を作る人もいれば、売る人もいる。作る人にも売る人にもそれなりの拘りがある。どちらか一方では成り立たない以上、そこはきちんと意思疎通して双方妥協しなければならないところ。どちらかを全否定しても仕方ない。
ゴイスー @goisup 2014年11月11日
皮肉な話だけど、「自分の中から溢れ出て来て止まらないから作っちゃった」モノの方が、「お前達、この真実の声を聞け!」っつーモノよりも「わかりやすい」事が多いよね。 
Baalのようなもの@人生の墓場 @E_NxD 2015年8月23日
コンテンツ(作品)を通じた金儲けの何処が悪いのだろう?
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする