2014.10.30, 消費税増税の問題点を片岡剛士さんがnhk視点・論点で解説

4月の消費税引き上げで経済の先行きが不透明な中、11月4日から再増税のための点検会合を政府は予定している。この会合に呼ばれている一人である片岡さんが、現状と問題点を視点・論点でわかりやすく解説されたので、全文を起こしてまとめました。 (村田さんによる要約にあとで気づいたので、そちらを先にしています。全文もいずれnhkのページに出るとのことなので、欠けている図はそちらを参照下さい)
経済 逆進性 社会保障 デフレ 消費税 増税 アベノミクス
34
片岡剛士(Kataoka Goushi) @goushikataoka
お知らせ。10月30日午前4時20分~30分(総合)、午後1時50分~2時(Eテレ)のNHK「視点・論点」に出演します。話題は消費増税。宜しければご覧ください。nhk-ondemand.jp/program/P20090…
ITOK @ITOKtw
NHK視点・論点「消費増税(2)問題点は何か」は片岡剛士さんでした。そもそも目的と合致しないこと,低所得者層に厳しいことなど様々な問題点を丁寧に解説しておられました。総合では昨日の夜と今日の早朝の放映でしたが,Eテレでは今日の午後1:50~午後2:00に放映されるようです。
ITOK @ITOKtw
NHK 解説アーカイブス:視点・論点 「消費増(2) 問題点は何か」三菱UFJリサーチ&コンサルティング主任研究員 片岡剛士 nhk.or.jp/kaisetsu-blog/… 片岡さん @goushikataoka の先日の放送の本家図入り文字起こし。分かり易いので広く読まれて欲しい
リンク www.nhk.or.jp 視点・論点 「消費増(2) 問題点は何か」 | 視点・論点 | 解説委員室:NHK 三菱UFJリサーチ&コンサルティング主任研究員 片岡剛士 安倍総理大...
村田幸真 @muratayukizane
片岡剛士氏による解説は整理されていて、とても分かり易い。数日後、NHKの番組ページにもテキストがUPされるのでその際も改めてリンクをツイートしたいが、一部の書き起こしを試みたい。/《視点・論点》「“消費増税”② 問題点は何か」 pic.twitter.com/RLmrNXAG4m
拡大
村田幸真 @muratayukizane
一つめのポイントは「消費税は社会保障制度を維持するための安定財源ではないということ」、二つめのポイントは「消費税は低所得者に対して特に厳しい税であるということ」、それぞれ丁寧に解説されている(詳細は数日後のテキストで確認してください!)。
村田幸真 @muratayukizane
一つめに関しての要約。社会保障制度を維持するために消費税を活用するのならば毎年のように消費税率を引き上げる必要があるが、5%から8%へと引き上げるのに17年もの歳月がかかったことからみても非現実的であり、消費税は拡大する社会保障給付に自動的に対応する安定財源ではないと云える。
村田幸真 @muratayukizane
二つめに関しての要約。高所得者程、消費額が高いために消費税増税による負担額は大きくなるが、どんな人でも一定量の消費をしなければ生きていくことができず、所得に対する【負担率】で見ると、低所得者程、負担が高くなる。 pic.twitter.com/YuKDzMWhtu
拡大
村田幸真 @muratayukizane
片岡剛士氏:「社会保障の目的の一つは低所得者を始めとする弱者を支援することです。しかし、現実は社会保障の財源を確保するため消費税を増税することで、増税の負担が強者ではなく弱者により向かってしまっているという矛盾なのです」
村田幸真 @muratayukizane
軽減税率に関しては、片岡剛士氏:「たとえば、食品に軽減税率を適用した場合を考えると、同じ食品でも低所得者よりも高所得者が値段の高い品物を購入するため、軽減税率は逆に高所得者の優遇につながってしまうのです」
村田幸真 @muratayukizane
片岡剛士氏:「むしろ、低所得者への負担を軽減するためには、所得をきちんと把握した上で、低所得者への現金給付を行なうことが必要です」
村田幸真 @muratayukizane
三つめのポイントは「消費税増税は経済への悪影響が大きく、法人税や所得税の税収減少を通じて、税収全体を減らすことにつながるということ」、この図は2014年4-6月期の実質GDP成長率の落ち込みと、過去に落ち込みが大きかった時期との比較。 pic.twitter.com/irkrCS9sfk
拡大
村田幸真 @muratayukizane
片岡剛士氏:「実質GDPの落ち込みが何によって生じたのかを見ますと、リーマン・ショック直後のように海外経済が悪化して輸出が大きく落ち込んだのではなく、家計消費、住宅投資、設備投資といった国内需要の落ち込みが原因であり、実質GDPに対する国内需要の落ち込みの影響は (続」
村田幸真 @muratayukizane
「続) この図で比較した時期にとどまらず、統計で比較可能な94年以降で最悪となってます。そして、実質GDPにプラスの影響をもたらしたのは、この図の通り、在庫の増加と輸入の減少です。在庫の増加の多くは売れ残りによるものですので、 (続」 pic.twitter.com/vOYeHTIzyz
拡大
村田幸真 @muratayukizane
「続) 7月以降、企業は生産や投資、さらに雇用を削減することが予想されます。輸入の減少は国内需要の低下を反映していますので、これも良い兆候とは云えないのです」、以上の三つのポイントの解説の後、〆のコメントへ。
村田幸真 @muratayukizane
片岡剛士氏:「消費税法には“景気条項”が設けられており、経済の動きに配慮しながら、予定通り増税すべきか否かを判断することが明記されています。今年7月以降の日本経済の動向を見ますと、家計消費や住宅投資はほとんど改善しておらず、期待された設備投資や輸出も日本経済をカバーするに (続」
村田幸真 @muratayukizane
片岡剛士氏:「続) 至っていません。消費税増税に合わせて行なわれた経済対策も充分機能しておらず、予定通りに消費税増税を進める環境には至ってないのが現状です。このように考えますと、まずは2015年10月に予定されている増税を延期することが必要です。具体的には、 (続」
村田幸真 @muratayukizane
片岡剛士氏:「続) 安倍政権が目指している消費税増税に伴う物価の上昇分をのぞいたベースで、2%のインフレ率を達成維持することでデフレからの完全脱却を達成し、そのことで得られる経済成長を維持しながら、税収を確保することが望まれます。政府は2020年度までに財政赤字を黒字化 (続」
村田幸真 @muratayukizane
片岡剛士氏:「続) することを目標としてますが、この目標達成は困難なのが現状です。達成可能な財政再建の道筋を再度設定し直すとともに、これまで申し上げた社会保障制度と消費税にある制度上の矛盾を解消していくことがいま求められているのではないでしょうか」 /《視点・論点》・10月30日
村田幸真 @muratayukizane
一部の書き起こしは以上です。少しでも、消費税にまつわる問題の理解が広まればよいなと思います。世の中にはたくさんの、大事な大事な問題がありますが、それら全てに関わってくるのが景気であり、経済成長です。その点を飛ばして諸問題の解決を図るのは、自ら狭き道に入り込むだけだと私は思います。
村田幸真 @muratayukizane
@goushikataoka 勉強になりました! これからも良質な情報発信、よろしくお願いします。

以下全文。

koji hasegawa @myfavoritescene
視点・論点「消費増税2・問題点は何か」片岡さんの録画より 安倍総理大臣は、2014年7月から9月までのGDP統計を勘案しながら、2015年10月から消費税を10%に引き上げるか否かの判断を行うとしております。 消費税を増税するのは、社会保障制度を維持充実させ、更に財政健全化に(続
koji hasegawa @myfavoritescene
2)結びつけることが目的と言われますが、本当にそうでしょうか。いくつか、ポイントを上げながら考えてみましょう。 まず一つ目のポイントは、消費税は、社会保障制度を安定させるための安定財源ではないということです。2013年度の社会保障給付費は、総額で110兆円ですが、(続
残りを読む(28)

コメント

bn2 @bn2islander 2014年10月31日
「社会保障制度を維持するために消費税は適切ではない」と言うのであれば、対案がないと主張が力を発揮できないでしょうね
bn2 @bn2islander 2014年10月31日
社会保障制度を維持するために消費税が必要だと政府が考えている以上は、代替の財源が必要だと思います
bn2 @bn2islander 2014年10月31日
もちろん「社会保障制度を維持する必要はない。日本経済の現状を考えれば、日本の国民健康保険は贅沢すぎる。国民皆保険を廃止し、自由診療にすることで、可処分所得を増やすべきである。そうすることで、日本のGDPは増大し、パイが大きくなる」という主張であれば話はわかります
bn2 @bn2islander 2014年10月31日
代替案なき増税反対は、社会保障制度の崩壊を狙っていると思ってしまいますね。どうしても
井台伴 @miraizer 2014年10月31日
「代替案がなければどんな無茶苦茶な理屈でも認めろ」ってコメント↑凄いなー。 社会保障関連支出の伸び率を現状のまま放置すると小黒一正氏によれば消費税30%でもすぐ足りなくなるそうだがいったい何百%まで上げる気なんだか。http://www.videonews.com/marugeki-talk/677/
井台伴 @miraizer 2014年10月31日
まあ財政赤字に対する代替案としてはhttp://webronza.asahi.com/synodos/2011062000005.html のグラフをひとめ見れば明らかだと思うんだが。
脳内がエロで埋まっている白痴のネトウヨ @dokuman3 2014年10月31日
消費税じゃなくて所得税増税じゃダメなんか?そもそも、増税は増収とイコールになるとは限らないってのもあるんだが。
脳内がエロで埋まっている白痴のネトウヨ @dokuman3 2014年10月31日
まあ、増税で支出増を支えるって景気を良くすることで税収を増やすことはできない無脳ですって自白してるようなもんだよなぁ。
bn2 @bn2islander 2014年10月31日
dokuman3 可処分所得を減らす=悪だというのなら所得税も消費税も代わりなさそうですね
bn2 @bn2islander 2014年10月31日
miraizer 日本経済のためなら国民皆保険廃止と言う選択肢もあると思いますよ。この主張が力を持つかは説得力次第ですが
kai_for @kai_fors 2014年10月31日
やるだけマイナスの、やらないほうがマシな案の場合、代案を出さずに否定することは正当化されます。 例えば社会保障を実現するためだけなら、消費税を増税せず現状維持のほうが、まだしも害が少ない、というのが正しければ、代案以前に批判してよいわけです。何もしなくても社会保障はゆっくりと破綻するでしょうが、消費税増税することで急速に破綻するよりはマシというわけです。
井台伴 @miraizer 2014年10月31日
bn2islander 所得税は累進的で金持ちほど負担が重いわけですが消費税は上の片岡さんが示したとおり(社会保障の必要性が高い)低所得者ほど負担が重いですね。
井台伴 @miraizer 2014年10月31日
bn2islander 社会保障抑制にはいろんな幅があるのに、よりによってそんな極論を主張なさるんですか、ふーん。 皆保険は逆選択を防いで経済厚生を高める側面もあるのに。
bn2 @bn2islander 2014年10月31日
miraizer まあ確かに世帯収入800万円以上の高所得層の負担が増えることは、 消費税よりは許容されやすいかも知れませんね http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS07018_X01C10A1MM8000/
bn2 @bn2islander 2014年10月31日
miraizer 対案なき負担増の否定は、国民皆保険の破綻を許容する事になりますね
脳内がエロで埋まっている白痴のネトウヨ @dokuman3 2014年10月31日
bn2islander や、消費税のダメなところは消費を抑えてしまうところなんですよ。所得税が高いからもうけるのは止めようという人は少なくても消費税が高いから消費を抑えようは普通に出てくる話です。
bn2 @bn2islander 2014年10月31日
dokuman3 所得税も消費税も可処分所得を減らすことは同じだと思いますが、所得税による可処分所得の減少は消費を減らさないと主張されるわけですね
脳内がエロで埋まっている白痴のネトウヨ @dokuman3 2014年10月31日
bn2islander いえそんな主張はしてません。なんで1か0かでしかものを見れないのですか?
bn2 @bn2islander 2014年10月31日
dokuman3 所得税と消費税を比較して、「消費税のダメなところは消費を抑えてしまうところなんですよ」という主張をされるのであれば、「所得税は消費を減らさない」と言う主張だと解釈するのは自然だと思いますけど
脳内がエロで埋まっている白痴のネトウヨ @dokuman3 2014年10月31日
bn2islander だからなんで1か0かでしかものを考えれないのですか?自然は1と0しかないなんて事は無いですよ?
bn2 @bn2islander 2014年10月31日
dokuman3 「同程度の可処分所得の減少でも、所得税による減少よりも、所得税の減少の方がより消費に影響を及ぼす」という主張ですか?
bn2 @bn2islander 2014年10月31日
所得税が二つ並んでますが、後者はもちろん消費税ですね。タイプミスです
脳内がエロで埋まっている白痴のネトウヨ @dokuman3 2014年10月31日
bn2islander はい、基本的には。まあ、所得税の場合は控除などが発生するので同程度という比較が難しいと思うのですが。
bn2 @bn2islander 2014年10月31日
別に所得税でも消費税でもどちらでもいいですが、所得税の増税を考えた場合、年収600万から1000万の所得者層が狙われる可能性が高いことは考慮した方がよろしいかもですね http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/income/028a.htm
bn2 @bn2islander 2014年10月31日
dokuman3 所得税による負担増を考えた場合、控除は当然に縮小されるであろうので、その辺りを考えた上で消費税か所得税かを考えた方がよろしいかと思いますね
koji hasegawa @myfavoritescene 2014年11月1日
まとめを更新しました。
bn2 @bn2islander 2014年11月1日
「消費税より所得税」という場合、累進課税が前提にあって「所得税が増税されたところで、自分の懐は痛まない」と考えるので所得税増税に賛成しやすいという面はあるんでしょうね
井台伴 @miraizer 2014年11月2日
消費税と所得税は「どちらも消費を減らす効果がある」点が似てるから(実際にはどの所得階層の負担が重くなるか大違いなのに)同一視し、少しでも社会保障抑制しろというと社会保障が無くなるのと同一視する。わかりやすい詭弁ですね。一部似ていて一部違うものは都合に応じて『同じ』になったり『皆無』になったり好き放題なわけだw
脳内がエロで埋まっている白痴のネトウヨ @dokuman3 2014年11月4日
国外との取引に課税されない消費税は内需を弱める傾向にあるあたりも所得税との違いですね。amazomのkindleの課税問題って解決したんでしたっけ?
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする