普天間の早期運用停止を実現する道は

「口約束」ではなく、背景にある条件、特に米国の立場と思惑をしっかり把握しよう。
31

津田大介氏による、仲井眞陣営の取材から。菅官房長官の演説から。

津田大介 @tsuda

菅官房長官の応援演説終了。「沖縄のUSJ誘致を政府として支援する」「普天間の5年以内運用停止は絶対にやる」と言ってた。前者のUSJ政府がやるってのは特区でやるということなのかな。具体的にそこまで進んでいると思わなかったからこれが新しい仲井真援護砲ということなのだろうか。

2014-11-08 15:49:45
津田大介 @tsuda

会場にいた記者に聞いたらUSJ誘致を政府の人間が政府として具体的に支援すると言ったのは初めてみたい。仲井真ならUSJ来るが翁長ならそれはもちろん反故にしますよ…というニンジン。でも時期や具体策は全く言わなかったので、リップサービスで終わる可能性も。それをどう県民が評価するかだな。

2014-11-08 15:58:59

それに対する布施さんの指摘。

布施祐仁 @『日報隠蔽』(集英社文庫)4/17発売 @yujinfuse

菅官房長官、沖縄で「普天間の5年以内の運用停止は絶対にやる」と言ったのか…。これ、米側から公式協議の中で「空想のような見通し」って言われて、先日の日米共同発表の中でも返還は「2022年以降」と明記してる。USJ誘致もそうだし、選挙対策でこんな「空手形」の約束をするなんて無責任。

2014-11-08 16:58:20
布施祐仁 @『日報隠蔽』(集英社文庫)4/17発売 @yujinfuse

.@yujinfuse 米、19年普天間運用停止に反対 日本の一方的発表に不満 - スマホ版 - 47NEWS(よんななニュース) 47news.jp/smp/CN/201410/…

2014-11-08 17:00:04
布施祐仁 @『日報隠蔽』(集英社文庫)4/17発売 @yujinfuse

.@yujinfuse アメリカが普天間の「5年以内の運用停止」が「空想的」と否定しているのは、今は辺野古移設が前提で進んでいるから。辺野古の完成予定が計画では2022年だから、それまでは普天間を使い続けるという話。完成前に運用停止したら、その機能をどこか別に移さないといけない。

2014-11-08 17:10:31
布施祐仁 @『日報隠蔽』(集英社文庫)4/17発売 @yujinfuse

.@yujinfuse でも、普天間の機能を辺野古ではない別の場所に移すことができたら、何も世界的に貴重な辺野古の海を埋め立てて基地をつくる必要ないっていう話になるからね。じゃあ、辺野古に基地つくらないとアメリカは普天間を永久的に返さないかというと、私はそうはならないと思ってる。

2014-11-08 17:16:14
布施祐仁 @『日報隠蔽』(集英社文庫)4/17発売 @yujinfuse

.@yujinfuse その理由なんだけど、アメリカは実は沖縄に何が何でも海兵隊を置かなきゃとは考えていない。実際にこれまでも何度か海兵隊の沖縄からの撤退を検討したことがあるんだ。そのたびに日本政府がストップをかけて実現はしなかったけれど…。

2014-11-08 17:52:55
布施祐仁 @『日報隠蔽』(集英社文庫)4/17発売 @yujinfuse

.@yujinfuse 逆にアメリカが沖縄で何が何でも死守したいのが嘉手納の空軍基地。95年の少女暴行事件の後にアメリカが普天間の返還に合意したのも、このまま沖縄で反基地感情が高まったら嘉手納まで失うことになりかねないと危惧したからなんだ。

2014-11-08 17:58:28
布施祐仁 @『日報隠蔽』(集英社文庫)4/17発売 @yujinfuse

.@yujinfuse あとは、人口が密集した市街地のど真ん中にある普天間で墜落などの大事故が起きたら、嘉手納も含めて沖縄に米軍はもういられなくなるって危惧したから。辺野古の新基地ができようができまいが、普天間が嘉手納や日米同盟維持にとって大きなリスクであることは変わらない

2014-11-08 18:11:26
布施祐仁 @『日報隠蔽』(集英社文庫)4/17発売 @yujinfuse

.@yujinfuse だから、辺野古ができようができまいが、普天間をずっと使い続けるという選択肢は、アメリカの同盟管理という観点からもあり得ない。これと同じように、辺野古をごり押ししたら嘉手納も失いかねないとアメリカが思えば、辺野古も断念して普天間も返す

2014-11-08 18:18:44
布施祐仁 @『日報隠蔽』(集英社文庫)4/17発売 @yujinfuse

.@yujinfuse アメリカにとって最重要なのは嘉手納。これを保持し続けるために危険な普天間は返す。辺野古はあわよくば造ってもらおう、という感じ。日本におけば思いやり予算で駐留コストも少なくてすむし。でも軍事的には海兵隊は沖縄でなくてもいいというのがアメリカの考え。

2014-11-08 23:38:37
布施祐仁 @『日報隠蔽』(集英社文庫)4/17発売 @yujinfuse

.@yujinfuse つまり、辺野古案が生きているから、それとリンクして普天間がなかなか返ってこないというのが今の状況。このままだと早くて2022年にならないと普天間は返ってこない。逆に、辺野古案が潰れればアメリカが普天間返還を引っ張る理由がなくなり、早期返還の可能性がある。

2014-11-08 23:45:22
布施祐仁 @『日報隠蔽』(集英社文庫)4/17発売 @yujinfuse

.@yujinfuse だから、普天間の危険性除去の近道は、辺野古を容認することではなく、きっぱりと「辺野古に基地は造らせない」とみんなで言うこと。アメリカがこれ以上ごり押ししたら嘉手納まで失いかねないと恐れた時に、辺野古移設なしで普天間を返すと思う。

2014-11-09 00:06:08
布施祐仁 @『日報隠蔽』(集英社文庫)4/17発売 @yujinfuse

.@yujinfuse そもそも沖縄にこれだけ海兵隊の基地が集中しているのは、1950年代後半に本土の各地で米軍基地反対の運動が起こり、繰り返される米兵犯罪に反基地感情が高まって、このままでは米軍は日本にいられなくなると恐れたアメリカが海兵隊を本土から沖縄に移したからなんだよね。

2014-11-09 00:15:21
布施祐仁 @『日報隠蔽』(集英社文庫)4/17発売 @yujinfuse

.@yujinfuse これまで機密解除された米側の外交文書を読んでも、日本政府よりも米政府や米軍の方が日本の世論に敏感だよね。それは現実に世界戦略のツールとして基地を運用してるから。住民の反感に囲まれた基地はいざという時に安定的に機能しないということを彼らはよく知っている。

2014-11-09 00:27:42
布施祐仁 @『日報隠蔽』(集英社文庫)4/17発売 @yujinfuse

.@yujinfuse 翁長さんも日米安保の必要性を認める保守の立場から「住民や国民の下支えのない日米安保体制は砂上の楼閣だ」っていつも言ってるけど、これはアメリカも同じ考えなんだ。

2014-11-09 00:34:25
布施祐仁 @『日報隠蔽』(集英社文庫)4/17発売 @yujinfuse

長々と書いちゃったけど、おいらが言いたいのは、仲井真陣営がさかんにアピールしている〈辺野古を容認しないと普天間の危険性は除去されない〉という主張は、一見もっともらしく聞こえるけど、実は正しくないってこと。

2014-11-09 00:44:35

コメント

くらうどわっつ @wats4936 2014年11月9日
手っ取り早い方法?今しがた尖閣を うろついてるのが沖縄諦めた時じゃねーの?(鼻ホジ 津田も基地反対派でしか見てない、テント村行った時点でアンフェアですわ。
2
斉御司 @saionji1942 2014年11月9日
Aという大国に攻撃されつつある小国が生き残る方策として、Bという大国が戦争に介入せざるを得ない状態を作る、ていう戦略の下で辺野古は作られてるんだろうから、アメリカの事情なんざ知ったことではない。
2
Schizophrenie @Schizophrenie__ 2014年11月9日
Q.普天間の早期運用停止を実現する道は A.中華人民共和国の民主化
11
西新宿の風見鶏 @f_takeo 2014年11月9日
8年後の普天間変換に確実なロードマップが書けるならその道を捨てる理由もないと思うが、これはこれで一つの考え方かな。
0
ひかる @hika22 2014年11月9日
周辺国がまともなら、普天間も辺野古もいらないのに。 普天間の早期運用停止を望むなら、周辺国の民主化を支援したらどうw周辺国の事情を無視して、国内事情だけ語ってもね。。。
4
Schizophrenie @Schizophrenie__ 2014年11月9日
中華人民共和国が港湾及び海岸線の領有を放棄(国連委任統治領などに)した上で非核化でも可能ですね。
2
arabiannightbreed @a_nightbreed 2014年11月9日
もっとも普天間基地県外移設が成功しそうな鳩山内閣の時にやってればねぇ、今更という感じが満載。
0
arabiannightbreed @a_nightbreed 2014年11月9日
普天間の移設反対運動や、早期運用停止運動って基本的には「運用を止めたくない=基地補償金額の値上げと期間延長を狙っている運動」だと理解している。そうでなければ、基地面積が大きく減るSACO合意に反対したのが解せない。ただ、その本音をむき出しにすると運動の支持者が離れるので「辺野古の新基地」というレトリックを使う。実際はキャンプ・シュワブへの統廃合なんですけどね
17
arabiannightbreed @a_nightbreed 2014年11月9日
参照 http://www.mod.go.jp/j/approach/zaibeigun/saco/final.html 「沖縄県における米軍の施設及び区域の総面積(共同使用の施設及び区域を除く。)の約21パーセント(約5,002ヘクタール)が返還される。」予定だったのをひっくり返して、誰が得をしたのか?
7
arabiannightbreed @a_nightbreed 2014年11月9日
政府から三千億円のフリーハンドの予算を勝ち取った仲井真知事の功績はあるものの、彼ではこれ以上予算を獲得することが難しいと考えているなら、革新系の知事を据えて、もうひと踏ん張りと皮算用しているんじゃないか、というのが今回の知事選を概観しての感想
7
arabiannightbreed @a_nightbreed 2014年11月9日
参考 毎年3千億円台を確保 沖縄振興予算 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-217111-storytopic-53.html
4
超icbm @ssicbm 2014年11月10日
基地問題って実際のところ、自民党内でしか通用しないようなロジックなんだよね。別に海兵隊は沖縄にある必要無いよねってのは江畑氏でも言ってたみたいだしな。
1
超icbm @ssicbm 2014年11月10日
で、案の定ここの人はアレなんだけど、下手に合意するとそれ以上の事をしてもらえない可能性があるんだよね、お前ら合意したじゃねーかそれで良いんだろって言うメッセージに取られるかもしれない。そうすると最終的な目的である基地全廃などの達成が著しく困難になる。
1
超icbm @ssicbm 2014年11月10日
まあ沖縄の人間も色々だろうから、金のためって人も居るだろうけど、それだけでしか見れないのは貧相な想像力しか無いんだろうねって感じ。
2
Halfricesetitsmore @Halfriceset 2014年11月10日
ssicbm 基地全廃が最終的な目的、と言っている時点で、この運動が「手段が目的化」する不健康な状態であると断言できる。軍事力を整備することも減らすことも地域の安全保障の手段であっても目的ではない。
4
ケイ @qquq3gf9k 2014年11月10日
移設反対派の資金源を追った方が面白そうなんだけどな。
3
Gril @Gril_ops01 2014年11月10日
普天間の早期運用停止の道…と言われても米軍追い出しても今度は人民解放軍が使用しそう(どこぞの新聞でアメリカの代わりに人民解放軍に駐留してもらうとか投稿あったし)…と言う訳で世界一位、二位の米中を滅亡させた上で独立。が一番手っ取り早い。中国だけ民主化させてもアジアへの軍事的プレゼンスを失いたくないアメリカが縮小するとは思えんし
0
超icbm @ssicbm 2014年11月10日
Halfriceset 単純に不快施設を退かせってだけだろ。いちいち安全保障を持ち出す方がおかしいし、安全保障なら嘉手納の米空軍で十分だ。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月10日
そもそも海兵隊を載せる揚陸艦は佐世保だっての、佐賀に移設するほうが余程合理的だろ。てかね、本土の基地は退かすのに沖縄の基地は県内移転ってかなり不公平だよ、原状回復もされないのに。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月10日
ssicbm いや、沖縄の海兵隊はぶっちゃけ台湾有事用の部隊であり、沖縄県外移設なんて最初から無理。中国の斬首戦略に対応するためにも、沖縄県内である必要が有るのですよ。斬首戦略については、アジアタイムズの以下の記事を参照ください。http://www.atimes.com/atimes/China/FD10Ad02.html
3
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月10日
ssicbm と言うか、普天間移設が叶えば基地の多くが返還される予定であり、貴方の言う不快施設が減るんですけど。なぜに反対するんでしょうね?中国自身も、在沖海兵隊が抑止力となってる事を認めてるんですけどね。以下参照→http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2010-02/03/content_19361395.htm http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=38188&type=1
3
Halfricesetitsmore @Halfriceset 2014年11月10日
ssicbm 単に不快施設なら、米軍基地「全廃」などという目的は出てきません。個別の基地についてアレコレと文句垂れれば済むからです。全廃を究極目標というなら、その目的は違う次元にある事になり、その目的に触れない、言わない、言えない事は、運動全体に疑念を抱かせるのに十分です。
1
超icbm @ssicbm 2014年11月11日
tetteikaikyou 斬首戦略は現実的でないし、あんな長距離を空中機動させるのもで現実的でない。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月11日
Halfriceset いや、不快施設は同じ県でも出来れば無いほうが良いし。人間の感情を勘定に入れないあたり非常に幼稚だよね。あんだけ事件起こしてるんだから。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月11日
そういう、理想的な状況も住民感情も考えずに、ただ単に妥協を求めるだけの現実主義()ってなんだろうね。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月11日
ssicbm斬首戦略が現実的でない?その根拠は?主観は根拠になりませんよ。現実的であるから、http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2010-02/03/content_19361395.htmやhttp://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=38188&type=1と言う結果が出てる。
2
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月11日
ssicbm在沖海兵隊は第3海兵師団だけど、第3海兵師団は他の2個と比べて規模が小さい(第1と第2は3個歩兵連隊基幹だが、第3は2個歩兵連隊基幹で戦車もない。)全戦力が沖縄に駐留してるわけじゃなく、半数の1個連隊が駐留してるに過ぎない。これは通常戦の抑止力としては少なすぎる。だが、特殊戦の抑止力としてなら、十分な数字だ。
2
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月11日
ssicbm だからこそ中国は、西南部に移転すれば、台湾および大陸にさらに接近することになり、中国への対抗という米軍の戦略目的にも合致するという見方をしているんだよ。より近くなる方がアメリカの戦略に適うと言う事は、斬首戦略対策用であると言う事だ。
2
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月11日
ssicbm でだ、航続距離的にはCH-46で空中給油1回か下地島あたりで帰りに給油すれば全く問題がない。どこが現実的でないのかな?湾岸戦争ではより長距離の作戦もこなしてるんだけど?主観ではなく、事実(過去の事例)かキチンとした数字による説明をしてみて下さいな。
2
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月11日
ssicbm なお、CH-46がオスプレイに変わって給油の必要が無くなった上、反応速度も(飛行速度が速くなった分)より早くなった。だからこそ中国が嫌がっている(斬首戦略が成功しにくくなる)わけであり、「斬首戦略が現実的でない」「沖台間のへリボーンは現実的でない」と言う貴方の主張は、中国自身により否定されてると言えるね。
1
超icbm @ssicbm 2014年11月11日
tetteikaikyou 分析であって結果じゃねーじゃんってのは置いとき。それの何処に斬首戦略に関連したものがあるんだよ。近いから抑止力になるとしか書いてない。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月11日
ssicbm 絶対数でも、比率的にも、事件の凶悪さでも、沖縄県民のそれよりもよほどましなんだけど?>あんだけ事件起こしてるんだから。
2
超icbm @ssicbm 2014年11月11日
tetteikaikyou 斬首戦略の非現実性と言うのは、結局のところ投射戦力が著しく少なく、装備も軽歩兵の物が精一杯だろうということに尽きる。そしてそれらの輸送手段はどうするのか等。これらが実行可能になったところで、ゲリラ戦やるのが精一杯なのだから、台湾軍でも対処可能でしょうに。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月11日
tetteikaikyou それって住民感情の面から見て、関係有るのかな、絶対数や比率と言うのはそれにはなんの関係も無いし、普段の態度が悪けりゃ少なくても印象悪いよね。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月11日
ssicbmまた事件が起きた時の対応でも、他国と比べてかなり丁寧に対応してる。在沖海兵隊が不要な存在なら、とっくに米本土に引き揚げてるよ。アメリカにとってはもとより、日本にとっても必要だから、駐留し続けているんだ。でなければ、アイスランドのような事(駐留経費全額負担するからと引き留めたが、アメリカは撤退した)は起こらない。
2
超icbm @ssicbm 2014年11月11日
tetteikaikyou それは撤退か存続かの閾値に近いところであるからに過ぎない、養ってくれるなら居るよ程度のもの。海兵隊なら全部撤退できる。海兵隊が不要な存在なら引き揚げていると言うのは政治的な面を全く考えてない点から見ても無意味だね。実際としては日本側が引き止めていて、海兵隊がそれに乗っかる形だから。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月11日
ssicbmそして県民感情を考慮してるからこそ、米軍が事件を起こしたら素早く反応して謝っておるし、すでに合意済みである辺野古移転も、慎重すぎるくらい慎重に進めてる。むしろ、感情を理由に国家戦略レベルの政策を左右しようと言う事の方が幼稚でしょう。韓国じゃあるまいし。>人間の感情を勘定に入れないあたり非常に幼稚だよね。
2
超icbm @ssicbm 2014年11月11日
tetteikaikyou それって民主主義から反してるの理解出来てる?しかもその幼稚っていうのあなたの論に掛かってるんだけど、その返し明らかにおかしいよね。国家戦略じゃなくて国内政治の問題だし。 <感情を理由に国家戦略レベルの政策を左右しようと言う事の方が幼稚
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月11日
ssicbm 理想的な状況と言えば、どう考えても辺野古移転が一番だよね。戦略上の影響もないし、普天間の危険度も減るし、在沖海兵隊基地の多くが返還されるし、良い事づくめじゃないか。普天間を使い続けるのと、どちらが理想的ですか?あ、県外移転は戦略的な影響がでかすぎるので、全然現実的ではありません。在沖米軍基地が不快施設であると言う貴方なら、むしろ賛成してよい話だと思うんだけど?
2
超icbm @ssicbm 2014年11月11日
自民党としては、今まで海兵隊が必要だとしてきた以上、それを訂正することがなかなか出来ないし、かと言って普天間基地移設を決定した以上、先送りも出来ない。軍事的には別に必要では無いが、海兵隊の政治的立ち位置と、日本の政治が上手く噛み合ってこうなっているわけだし。地域のプレゼンスと考えれば、米空軍で十分だ、陸戦するなら一旦佐世保行き決定なのだから。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月11日
tetteikaikyou 端的に言って、グアムに行ったところで戦略上の問題は殆ど無い。そして短期的利益のために中長期的利益が見えていない。 ぶっちゃければ、斬首戦略が有効なら江畑氏あたりが言ってておかしくないにも関わらず、気にも留めない様子ってのがね。 ポジショントークを抜きにすればそんなもんなんでしょう。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月11日
ssicbm 辺野古移転は新しく基地が出来るわけではなく、キャンプ・シュワブの中に新たに飛行場が出来るだけであり、ヘリ部隊の辺野古移転が現実すれば普天間を始め他の基地も順次返還される予定であり、貴方の言う不快施設が減るんですけども、なぜに反対されるのですかね?
1
超icbm @ssicbm 2014年11月11日
tetteikaikyou それで飛行場埋め立てて作るわけだが…不快施設の数は減っても規模はでかくなっとるがね……
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月11日
ssicbm これは貴方が、斬首戦略を全く理解していない証拠ですな。斬首戦略はアフガンで成功してるんだよ。少人数でも、軽装の歩兵でも、相手の神経組織を麻痺させる事が出来れば、その相手は何もできなくなる。>斬首戦略の非現実性と言うのは、結局のところ投射戦力が著しく少なく、装備も軽歩兵の物が精一杯だろうということに尽きる。
2
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月11日
ssicbmだから、その分析が、「斬首戦略があり得る現実」と言う結果なんだよ。在沖のヘリ部隊で運べるのは半個大隊です。1個連隊の全力輸送はもとより、その3分の一である1個大隊の全力輸送すら出来ないんだ。これで抑止力になること自体が、斬首戦略に対応する目的以外にあり得ないでしょ。>分析であって結果じゃねーじゃんってのは置いとき。それの何処に斬首戦略に関連したものがあるんだよ。近いから抑止力になるとしか書いてない。
2
超icbm @ssicbm 2014年11月11日
tetteikaikyou それ、アフガンで有効だから台湾でも有効だって言いたいのだろうけど、状況違うよ。当時のアフガンは既に内乱状態で、ソ連に要請してると。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月11日
tetteikaikyou はたして、抑止力 = 実行能力なのかね、政治的なメッセージによる抑止も考えられる。そもそも分析したところがしたところだからポジショントークの可能性も十分考えられて、鵜呑みにしちゃうあたりアレとしか言えんがな。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月11日
ssicbm 絶対数や比率が関係ない?数字を問題としてるのは貴方ですがね?「あんだけ事件を越してる」と言ったのは貴方ですよ?普段の態度が悪い?地域住民の一部として町の清掃なども行ってるのに?普通の沖縄県民がそれやってる?ただ反対のための反対の理由として、主観を客観のように使っているとしか思えないんですが?
2
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月11日
ssicbm だとしたら、なおさら撤退はしてもらちゃ困るよね。台湾有事は対岸の火事ではなく、隣家の火事なんだから。日本にも影響が出るのは当たり前、それが起きないように抑止してるのが、在沖海兵隊。>実際としては日本側が引き止めていて
2
超icbm @ssicbm 2014年11月11日
tetteikaikyou あ、だみだこりゃ、軍クラ特有の文字面を追うことしか出来てない。あんだけって単に数字だけじゃないんだけどねぇ… てか、地域住民からすりゃ主観の方が重要でしょうに、街の清掃をやってるなんてのは、普段の態度には関係ないことだがね。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月11日
ssicbm 残念、規模もでかくならない。基地の中に新たな施設が出来るだけだから。
2
超icbm @ssicbm 2014年11月11日
tetteikaikyou それって屁理屈だろうに、基地の施設が増える、しかも埋め立てもする、普天間からの人間も来る、明らかに規模がでかくなってると思うんだけど。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月11日
tetteikaikyou あの、その閾値って内部政治的なものも幾分含むんですがねぇ…軍事的合理性だけ持ち出すならさっさと出て行けで終わる話。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月11日
ssicbm 「それって民主主義から反してるの理解出来てる?」ですか?極めて民主主義的な話であると思うんだけど、どこが反してるのか具体的にお願いします。具体的に説明できないのなら、それは印象操作でしかありませんな。あと辺野古(県内)移転は(在沖海兵隊が)斬首戦略対策であると言う、国家戦略の話なんですがね。そうでないとしたいようですけども。
1
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月11日
ssicbm「 陸戦するなら一旦佐世保行き決定なのだから。」<はいダウト、斬首戦略に対応するのは時間との勝負なのです。重装備は不要だし、そもそも沖縄には戦車のような重装備はない。直接ヘリで歩兵を運ぶ必要が有り、しかも迅速さが要求される。アジアタイムズの記事に有るように、揚陸艦は不要です。
1
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月11日
ssicbm 端的に言って、グアムに行ったところで戦略上の問題は殆ど無い。<大ありです、貴方が言ったのではないですか、沖縄から隊ウェ案へのへリボーンが現実的でないと。私は航続力の点からそれを否定しましたが、グアムから台湾なんてそれこそ無理です。また斬首戦略に対応するのは、迅速さが要求されます。グアムでは時間がかかり過ぎる。
1
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月11日
ssicbmそりゃ全く同じ状況は生まれませんよ。ですが、相手の神経を麻痺させる事が出来る事が、アフガンで証明されました。台湾でも、同じ事が言えます。内乱状態であるか無いかなど、それこそ関係がない。通常戦では撃退される事が明白だから、斬首戦略と言う奇襲を取るわけで。>それ、アフガンで有効だから台湾でも有効だって言いたいのだろうけど、状況違うよ。当時のアフガンは既に内乱状態で、ソ連に要請してると。
1
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月11日
ssicbm (普天間が無くなる分)基地面積は減るし、新たに土地が買収されるわけでもない。規模は確実に小さくなってます。
1
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月11日
ssicbmいいえ、軍事的合理性合理性からは、海兵隊が必要となります。自衛隊では、台湾有事に対応できないしね。
1
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月11日
ssicbm さらに言うのら、普天間以外の基地も普天間に続いて順次返還予定であり、最初の普天間で躓いている現実をどう説明するのかな?普天間移設が現実すれば、沖縄から普天間だけでなく、多くの基地が減るんですよ?これは不快施設と言ってる貴方にとっても利益になるはずですがね?なぜに反対なんですかね?そのなぜに答えてくれないのはなぜ?
1
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月11日
ssicbm 貴方は主観を客観と見せ、いかにも沖縄代表のようにふるまってますが、それが本当に沖縄県民の総意ですか?
1
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月11日
ssicbm「 はたして、抑止力 = 実行能力なのかね、政治的なメッセージによる抑止も考えられる。」はい、確かに政治的メッセージによる抑止もありですが、それだけで抑止が出来ると思うのは大間違いでしょう。実行力が伴わないと、抑止力とはなりません。また「分析したところが~ポジショントーク」と言うけれど、その根拠は?他にそのような事例が有るの?その「分析したところ」に。
1
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月11日
ssicbm それを実行してグダグダになったのが、現代の韓国と戦前の日本なんですが、貴方そのような状況がお望みなんですか?>てか、地域住民からすりゃ主観の方が重要でしょうに
1
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月11日
ssicbm いや、普段の態度そのものでしょう。沖縄県民でそれやってる人が、どれだけいますと言う質問にも答えられないようですし。>街の清掃をやってるなんてのは、普段の態度には関係ないことだがね。
1
超icbm @ssicbm 2014年11月11日
面倒くさいなあ…そもそも、米海兵隊が必要な斬首戦略阻止が成り立つ条件って台湾で阻止できず、沖縄の海兵隊があれば阻止できるというミラクルな状況だよね。しかも台湾を中国が取り込む意図ってなんだろうね。まあ意図と出すと軍クラのだいたいの人間は能力が大事だ!!と言うんだけど。斬首戦略の成功の確率に関わらず、意図が無ければ脅威度は0だからなあ。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月11日
tetteikaikyou 主権者は誰で終わる話じゃん…
0
超icbm @ssicbm 2014年11月11日
アフガンの斬首戦略調べてたけど、斬首戦略と言うよりただのクーデターだな。党の多数派がトップの挿げ替えを望んでるって訳分からん状況だし。台北以外が反乱軍の手に落ちてる状況ってコメントしてる人がいたけど、そのくらいじゃないと成り立たんってことじゃないか……
0
超icbm @ssicbm 2014年11月11日
少なくとも、台湾のそれなりに大きい勢力が望まない限りは起こらないと、中国の好き勝手で行えるほど甘くないし、やる理由も無いだろう。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月11日
"ですが、相手の神経を麻痺させる事が出来る事が、アフガンで証明されました。"と彼は主張しているが、最初から麻痺してたというオチ。
0
Halfricesetitsmore @Halfriceset 2014年11月11日
ssicbm アフガンが最初からマヒしているなら、今頃タリバンは活動できていないでしょうね。話の単位範囲を自分の都合の良いように読み替えるのは、詭弁に近い手口と愚考します。
2
Halfricesetitsmore @Halfriceset 2014年11月11日
ssicbm 「意志ではなく能力に備えよ」は戦略の基本ではありますが、百歩譲って意志で判断したとしましょう。その意志はどうやって確認するのですか?貴方が責任とって保証できるのですか?
2
Halfricesetitsmore @Halfriceset 2014年11月11日
ssicbm ついでにいうと、貴方が「面倒くさいなあ」と言うのは、軍事外交に限らず国際社会地域社会がそれだけ複雑だという事の裏返しです。貴方の単純な「米軍基地は不快施設だから全廃」という思考価値観に基づく論理展開では、まったく現実社会と異論に追いつけないという不快感の吐露という事になります。
1
超icbm @ssicbm 2014年11月11日
Halfriceset そんなの愚直に信仰してる人間なんていない。「ある国が軍事力を行使する可能性、つまり他の国にとって脅威と映るか否かは、その国が抱えている必然性と能力で判断される。」中国が空母を持つ日4ページより。別に中国が台湾を早急に統合する必然性は無いだろうに。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月11日
Halfriceset 面倒くさいのは事象でなくて相手してる人間だけどね、一部の内輪でしか通用しないような論理を持ち出されても困る。ついでに言うとあんたも同類。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月11日
Halfriceset 意味がわからないね、ざっくりしすぎ。少なくとも、台湾側に相当の隙が無ければ実行不可能だというのは想像が付きそうなもんだが。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月11日
ssicbm 意志がーなんて言ってないけど、相手の動きを見ていれば"意図"はある程度わかるし、状況からも見て取れる。引用した本も南沙やインドパキスタンが問題になると書いてたが、見事に当たってるよ。
0
Halfricesetitsmore @Halfriceset 2014年11月11日
ssicbm 台湾側に相当の隙が無ければ実行不可能、という論理は、その後詰めたる位置づけの在沖海兵隊にも当てはまりますよ。
1
超icbm @ssicbm 2014年11月11日
Halfriceset 意味がわからない、米海兵隊は存在しなくても、台湾が国家としてガタガタで、それこそ中国に助けを求めるくらいでなければ無理だと、でなければ国際的にもかなりの問題になる。現状やこれからもそうなる気配は無いし、相対的には中国寄りに成りつつあるのに力でやる必要がない。
0
Halfricesetitsmore @Halfriceset 2014年11月11日
ssicbm …それって、多国間安全保障や軍事同盟を全否定するに等しい考え方ですね。まぁ、反米基地が基本思想で、隣に一国で周囲のほぼ全ての国に軍事的圧力をかける国があるから出てくる発想かもしれませんが。
1
超icbm @ssicbm 2014年11月11日
Halfriceset 大げさだなあ…たかが斬首戦略の非現実性を言ってるだけなのに。これくらいでないと斬首戦略は成立しないにも関わらず、海兵隊が存在していれば斬首戦略のリカバーが可能というのは馬鹿げているって話なんだが。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm はいダウト、アフガンにおける斬首作戦は、ソ連の明日顔侵攻の一作戦として実行されました。つまり、同一政権内の権力争いという単純なものではなく、外国軍による侵攻作戦の一部なんですね。全然勉強できていないよ。>アフガンの斬首戦略調べてたけど、斬首戦略と言うよりただのクーデターだな。
1
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm はいダウト、台湾有事(中国による斬首戦略実行時)における海兵隊の役割は、斬首戦略の阻止ではありません。そもそも成功しちゃったら、阻止できないでしょう。速やかなる、指揮・通信機能の回復と、海兵隊が即座に介入する事により、本格介入の大義名分を得る事です。海兵隊を中国軍が攻撃したら、それは米軍の本格介入の理由として十分だからね。>そもそも、米海兵隊が必要な斬首戦略阻止が成り立つ条件って台湾で阻止できず、沖縄の海兵隊があれば阻止できるというミラクルな状況だよね。
1
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm 中国にその意図が有る事は、中国の反応からも明らかと言っていいんだがね。>斬首戦略の成功の確率に関わらず、意図が無ければ脅威度は0だからなあ。
1
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm斬首戦略の成功の確率に関わらず、意図が無ければ脅威度は0だからなあ。<■中国の台湾攻略作戦 米国防次官補代理が証言 2010.3.19 18:31『ワシントン=古森義久】米国議会の18日の公聴会で、マイケル・シファー国防次官補代理は中国と台湾の現状について証言し、最近の政治的な緊張緩和にもかかわらず、中国は新鋭兵器を台湾に近い地域に集中的に配備し、台湾を軍事制圧する能力を増強し続けていると警告した。』(続く)
1
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm (続き)『超党派の政策諮問機関「米中経済安保調査委員会」の公聴会で、同代理は「中国は長期かつ総合的な軍事力増強を続け、核、宇宙、サイバーの戦争に備えた努力はアジア地域全体の軍事均衡を変えているが、なお当面の最大の目標は台湾海峡有事だとしている」と指摘した。』(続く)
1
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm (続き)『さらに「中国は政治、外交、経済、文化などの手段で台湾併合を目指すが、台湾が中国からみて誤った方向に動くことをも考え、台湾攻撃のための十分な軍事脅威を構築しており、その結果、中台の軍事バランスは絶え間なく中国優位にシフトしている」と述べた。』(続く)
1
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm(続き)『その実例として、中国は最新の海上艦艇と潜水艦、戦闘機、中距離弾道ミサイル、特別奇襲部隊などの大部分を台湾向けに配備しているとし、戦略の基本は早期に攻撃をかけて、米国などの第三者が介入できないうちに台湾を屈服させることだと証言した。』(続く)
1
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm (続き)『中国軍が実際に準備している台湾攻略の作戦としては(1)海上封鎖(2)特別ゲリラ投入を含む限定目標攻撃(3)空爆とミサイルによる限定攻撃(4)水陸両用上陸作戦-などを挙げ、そのための軍事力と要員を増強している、とも述べた。』だそうな、実際に中国は大戦力を台湾の対岸に張り付けている。しかもそれは、防衛用の戦力ではないのは明らかだ。隙さえあれば、実行する意図は有ると言えるな。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm 自己紹介ですね、分かります。実例の提示も、何もない主観だけの反論しか出来ていないんですから。>一部の内輪でしか通用しないような論理を持ち出されても
1
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm そういう事にしたいのは分かるけどね、斬首戦略はかなりポピュラーな軍事オプションだよ。別にアフガンだけが実例じゃない、チェチェン進攻やパナマ侵攻、また当の中国軍自身が、チベット侵攻で実行してる。他にもいくつも実例が有るんだけどね。ありえないと言うのは、貴方の主観でしかないわな。>たかが斬首戦略の非現実性
1
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm それこそあなたの脳内前提ですな。相手の組織や指揮命令系統の破壊と言うのは、軍事オプションとしてはポピュラーです。別に政権のすげ替えが目的ではない。それはアフガンのケースでみられる、一手段でしかない。中国軍の場合、正規軍との組み合わせにより、台湾を制圧するのが目的だからだ。>意味がわからない、米海兵隊は存在しなくても、台湾が国家としてガタガタで、それこそ中国に助けを求めるくらいでなければ無理だと
1
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm じゃあどうして中国は、数百名しか運べない普天間のヘリ部隊を嫌がってるんだい?それがで出来るからこそ、嫌がってるんだよ。まあ、詳細は、mixiが見れるのなら以下のページを読んでくれ。台湾に海兵隊を上陸させた時点で、アメリカの戦略的勝利なんだ。http://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=3096144&id=54096549>海兵隊が存在していれば斬首戦略のリカバーが可能というのは馬鹿げているって話なんだが。
1
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbmあとさ、答えられないようだけど、どうして貴方は、普天間移設に反対なんだい?貴方の言う不快施設が減るんだぜ?「基地の施設が増える」?「普天間からの人間も来る」?普天間が返還される事を考えれば、むしろ縮小されるとい言ってよい。それだけじゃない、普天間移設がなされれば滞っていたグアム移転が実現し、多くの在沖米軍基地が返還される事を考えれば、基地の施設。人員ともに縮小すると言える。なぜに反対するのかな?矛盾してるよね?キチンと答えて下さるかな?
1
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm 早急である必要性はないが、隙が有れば(それが可能だと判断すれば)いつでも実行するだろうね。反国家分裂法と言う台湾の武力占領を正当化する法律を制定したのは、どこの国か御存知?>別に中国が台湾を早急に統合する必然性は無いだろうに。
1
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm あとこれにも答えられてないよね。『斬首戦略が現実的でない?その根拠は?主観は根拠になりませんよ。現実的であるから、(中略)と言う結果が出てる。』「ポジショントーク」?貴方がやってるから、他人もやってると考えるのですか?辺野古移設により貴方の言う不快施設が減るにもかかわらず、それに反対するのは矛盾してますよね。これ、貴方の政治的立ち位置からくるポジショントークですよね。
1
超icbm @ssicbm 2014年11月12日
tetteikaikyou なんでこれらから普天間移設が反対なんて言えるんだろう……立ち位置とロジックを理解しようとせずに論破することだけ考えてるからこうなる。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月12日
普通に考えりゃ、海兵隊は沖縄から撤退出来るって言ってるんだから、普天間移設に反対なんてのはそれこそ藁人形論法ってやつだろうに。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月12日
tetteikaikyou ソ連を呼び込んだのはアフガン自身だが。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月12日
tetteikaikyou "マイケル・シファー国防次官補代理は中国と台湾の現状について証言し"なぜポジショントークが相当含まれる政府組織の人間の発言を鵜呑みに出来るのだろうか。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月12日
これもちょっと考えりゃ分かる話だけど、予算減らされるじゃん…
0
超icbm @ssicbm 2014年11月12日
tetteikaikyou 次は辺野古の負担が増加するんだけどね、どう見ても。別に斬首戦略が成立すると考えても、1日で終わるわけじゃない。しかも在沖海兵隊は特殊部隊が中心でもない、特殊部隊はいるけど。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月12日
この手の人たちの考えが足らんのは、なぜそれを実行しなければならないのかというところだよね。 隙があれば実行する => なぜ?という問に対して、能力に備えよで思考停止してる、またダウト~と突っ込むんだろうが。 だから中国が台湾を統合する理由を述べられない、理由が無ければ意図も無いだろうよ。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月12日
てか、近くに軍隊があるのはそりゃ嫌だよどう考えても、政治的なメッセージとして台湾から引かないってことだから。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月12日
アフガンで斬首戦略が行われた時の条件をもう一度。 大統領派と、反大統領派が居て、反大統領派はソ連と結びついてました。 多数派は反大統領派です、国内では武装蜂起などなどがありました。ソ連の軍事顧問団も居ましたよと。 ソ連の作戦が云々と言っても、政治レベルで見ると明らかに外国に頼ったクーデターなんだよねぇ…
0
超icbm @ssicbm 2014年11月12日
彼は隙があれば実行するだろうと主張しているが、アフガンの例を持ち出すなら、その隙は国家として成り立つかの瀬戸際くらいの混乱でなければならない。 つまり、少なくとも台湾における斬首戦略は、提示された例からは成功の可能性はわからないとすべきだろう。 仮に台湾がアフガンに近い状況になるというならそれが起こりうる可能性は高いのかという事を考えなければならない。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月12日
時間なかったから書かなかったけど、台湾方面に張り付けるのは台湾海峡における軍事的プレゼンスの確保だろうよ。それをそのまま台湾侵攻のためだ!!と見ちゃうのはさすがにアレ
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm ほほう、では賛成案ですな。キチンとイエス・ノーで答えて貰いましょうか。ところで前に指摘した時には、否定(辺野古移設反対)しなかったよね。>なんでこれらから普天間移設が反対なんて言えるんだろう……立ち位置とロジックを理解しようとせずに論破することだけ考えてるからこうなる。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm 撤退できません。アメリカ自身がそう言ってます。台湾有事用に、どうしても必要だからです。ロケーションの問題で、他に適当な基地がない。>普通に考えりゃ、海兵隊は沖縄から撤退出来るって言ってるんだから、普天間移設に反対なんてのはそれこそ藁人形論法ってやつだろうに。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm そうだね、ソ連により排除されたのが当人と言うのが皮肉だけどね。だからと言って、そのような状況(その国の内部から呼ばれなければ)実行できない事ではないと言う事は、アフガン以外の事例で明らかなんだけど?アフガンは多数ある一例に過ぎんよ。>ソ連を呼び込んだのはアフガン自身だが。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm すべてがポジショントークとすること自体がナンセンス。否定する要素が有るのならば、きちんと論証すべきですな。それをせずに単位ポジショントークと言うだけでは、それは貴方の頭の中でしか通用しない事実でしかなよ。>なぜポジショントークが相当含まれる政府組織の人間の発言を鵜呑みに出来るのだろうか。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm だから欧州方面から徹底してるじゃん、太平洋は減らさない。>これもちょっと考えりゃ分かる話だけど、予算減らされるじゃん
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm 沖縄全体の負担は軽減するし、貴方の言う不快施設の数も減る。人員も減る。良い事づくめだよね、なぜに反対なんだい?反論すると言う事は、反対なんだよね?また、辺野古では海が分からのアプローチとなるので、普天間より安全です。>次は辺野古の負担が増加するんだけどね、どう見ても。別に斬首戦略が成立すると考えても、1日で終わるわけじゃない。しかも在沖海兵隊は特殊部隊が中心でもない、特殊部隊はいるけど。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbmその通り、はいダウト。理由もあれば、意図もある。それは『反分裂国家法』が制定された理由でもある。(続く)>この手の人たちの考えが足らんのは、なぜそれを実行しなければならないのかというところだよね。 隙があれば実行する => なぜ?という問に対して、能力に備えよで思考停止してる、またダウト~と突っ込むんだろうが。 だから中国が台湾を統合する理由を述べられない、理由が無ければ意図も無いだろうよ。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm (続き)The Costs Of Conflict: The Impact On China Of A Future Warと言う本が有る。台湾有事について主にコストの側面から分析した論文集ですが、その結論は明確であり『間違いなく実行する』です。(続く)
0
超icbm @ssicbm 2014年11月12日
tetteikaikyou わけがわからない、反論するから反対とか馬鹿かよ。見りゃわかるだろうと、ここまで来ると日本語出来てますかって話。AじゃなくてBにしろって話だろ、それを読み取れないって……
0
超icbm @ssicbm 2014年11月12日
tetteikaikyou 基本的には政府組織の人間が正直に言うとは限らんので批判的に当たるのは前提として当然かと。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月12日
基本的な立ち位置は、普天間も辺野古も沖縄にいらないよね、佐賀のほうが合理的。なのにね。意思疎通する気あるのかなあ…
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm(続き)何故なら中台統一は、中国の国是とも言える重大なテーゼであるからです。中国の憲法序文にも記されてます、『台湾は、中華人民共和国の神聖な領土の一部である。祖国統一の大業を完成することは、台湾の同胞を含む、全中国人民の神聖な責務である。』とね。もし台湾がかつてのチベットのように弱体な軍備しか持たなかったら、とっくに中国軍は侵攻していたでしょう。(続く)
0
超icbm @ssicbm 2014年11月12日
tetteikaikyou その割にはアフガンしか出さないよねぇ…アフガンの例によって証明されたというのは間違っているということだよねぇ…自分の論拠を一つ消しちゃってるよ。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月12日
順番グダグダだけど、まあ別に国外移転でも良いんだけどね。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm(続き)また中国は、2005年に制定された反分裂国家法により武力進攻を正当化している。これは逆に、中国(政権)自身を追い詰める効果も持つ。話を「The Costs Of Conflict」に戻すと、経済で紛争が防止できるかと言う命題に対して、ハードルを高くする事は出来ても、場合によっては不可能であると結論されている。経済よりも重要なものが有るからです。(続く)
0
超icbm @ssicbm 2014年11月12日
今出されてる事例をそのまま当てはめるなら、朝鮮戦争は続いてるし、日本共産党は暴力革命をやるなりして鎮圧されてそうなもんだが。と言うか論文の結果だけ出されてもなあ…重要なのは結論までのプロセスでしょ。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月12日
んで、経済による抑止は無意味だとでも言いたいんだろうけど(軍クラ全体の傾向として)、抑止ってハードル上げることだろうに。そりゃ"だけ"で考えるとそうなるよなあとしか。逆に、軍事力だけ考えればいいのなら台湾位ならどうとでもなるだろうに、斬首戦略なんてせずに堂々とやれば良い、独立勢力には変わらんから国際的な非難轟々だがね。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm(続き)それは歴史が証明しており、経済的に深いつながりが有る国家同士が戦争に至った事例は枚挙するときりが有りません。その理由は、国家の生き残り、主権、何らかの原則や理念、権力、プライドなど色々あります。「The Costs Of Conflict」においても、特定の条件がそろえば、中国は台湾に侵攻すると結論されております。つまり、理由もあれば、意図もあると言う事です。はききり言って、それがないなどと言うのは貴方の勉強不足ですな。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月12日
その特定の条件が重要なのに出さないとは如何に。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm 政治的メッセージなら、台湾関係法でなされている。これは台湾有事にアメリカが(同盟国でもない)台湾に肩入れする事を合法化し、軍隊を動かすのに議会の承認も不要としている。と言うか、すでに承認済みとなってる。台湾関係法(アメリカの国内法)により、事実上台湾とアメリカは同盟国となっている。>てか、近くに軍隊があるのはそりゃ嫌だよどう考えても、政治的なメッセージとして台湾から引かないってことだから。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月12日
tetteikaikyou はぁ…その時々で態度ってのは変わるもんだがねぇ……法はそこまで追従できんから。 まあ、日本の国内政治が大きいから気にしなくてもいいのにねー、まあ向こうも予算は欲しいからそんなところだろ。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm 上の話にも関係する事だが、中国が台湾進攻を控えているのは、台湾軍の防衛力と、アメリカとの同盟(台湾関係法)が、そんな中国を抑止してきたからです。現時点での観測によれば、中国自身も性急に台湾を併合できるとは考えていない。が、それは条件が整ったときにそれを実行しないと言うわけではない事は、歴史が証明してる。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月12日
まあもう一度言うけど、そんなに斬首戦略に現実性があって、可能性が高いならなぜ外部のアナリストとやら軍事評論家あたりは何も言わんのかね。 中枢を取っても軍隊とかが言うこと聞くとは限らんし、指揮権委譲も自動的にされるようになっとるだろう、アメリカだとそうなってる、台湾はどうかしらんが。 台湾関連法にしても、絶対介入するわけでもあるまいし。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbmよって政治的メッセージとしても意味がないとは言わないが、斬首作戦対策と言う実行力の面が大きいと言うのも事実だ。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm それは反体制派主観の話であり、ソ連の意図ではそうではないわな。>アフガンで斬首戦略が行われた時の条件をもう一度。(中略)政治レベルで見ると明らかに外国に頼ったクーデターなんだよね
0
超icbm @ssicbm 2014年11月12日
斬首戦略だけじゃどう考えても無理だから、主力が来るよね、ということは抵抗している間に、介入するのであれば米軍が来れるから、別に沖縄になくてもいいな。わざわざ空中機動させる必要もねーわ。斬首戦略の初動で動かせるのは所詮軽歩兵だから。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbmそんな混乱、保管の事例では見られないので、それは必要条件でもなければ、十分条件でもないな。アフガンの事例でそれが有るのと、それが必要条件、もしくは十分条件、もしくはその両方(必要十分条件)であるとは言えないな。関係のない話と言えるだろう。一見関係のありそうでない話を始めると言う、詭弁の特徴ガイドラインにも出てる詭弁だね。>彼は隙があれば実行するだろうと主張しているが、アフガンの例を持ち出すなら、その隙は国家として成り立つかの瀬戸際くらいの混乱でなければならない。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月12日
tetteikaikyou ソ連側から見ても、対象が自分から呼び込む大きい隙があったから出来た話だろうに。台湾でそんなことが起こるか?起きてからほざけよって話。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm 軍事プレゼンス的な意味が有れば、有事の侵攻兵力たりえないと言うのは貴方の希望的観測です。中国の憲法で規定されてるんですけどね、中台統一は。また反分裂国家法でも、武力行使を合法化してるんだけどね。あり得ないという意見こそが、中国によって否定されてるんだわ。>彼は隙があれば実行するだろうと主張しているが、アフガンの例を持ち出すなら、その隙は国家として成り立つかの瀬戸際くらいの混乱でなければならない。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月12日
tetteikaikyou 詭弁のガイドライン自体が詭弁という点について。提示された例から考えたって書いてるのになあ。よく読みましょうよー
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm ssicbm 仮に沖縄の海兵隊がグアムまで後退した場合、中国はアメリカに台湾防衛の意図はもうないと判断する可能性もあるのです。現在のところ、アメリカが台湾を守る機満々と分析している事は、中国の専門家が揃って「在沖海兵隊の県外移転はない」と考えている事からも、それが中国に伝わっている事は確実です。 > 「近くに軍隊があるのはそりゃ嫌だよどう考えても、政治的なメッセージとして台湾から引かないってことだから。」「普通に考えりゃ、海兵隊は沖縄から撤退出来る」
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm 特殊部隊に幻想持ちすぎ、例えば北朝鮮は世界最大規模(軍団)の特殊部隊を持ってるが、韓国のそれに対する対策は、特殊部隊でも何でもない、予備役の軽歩兵でそれに対抗するというもの。特殊部隊はその運用用途が特殊だから特殊部隊なのであり、精鋭ではあっても無敵超人でもなければ、スーパーマンでもない。大抵は軽歩兵だから、軽歩兵で対抗可能。>別に斬首戦略が成立すると考えても、1日で終わるわけじゃない。しかも在沖海兵隊は特殊部隊が中心でもない、特殊部隊はいるけど。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月12日
tetteikaikyou で、そりゃ使えるか使えないかだと使えるだろうが、意図がない。憲法で規定されてるから、法になったから必ずやるとは限らない。反国家分裂法も、よほど台湾が強硬に出ない限り適用出来んだろうに。何事にも本音と建前ってのがあると思うんですがねぇー。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月12日
tetteikaikyou だったら台湾軍でも対処可能じゃないっすかねー、それこそ議会の大多数が中国側という自体でも起きないとね。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbmでは普天間使い続ける?その場合グアム移転もないから、基地は減らないよ?
0
超icbm @ssicbm 2014年11月12日
tetteikaikyou 別に俺は佐賀でも良いと言ってるけどな、佐世保に近いからバランスは取れてるし、台湾くらいまでなら投射するのにも日数はそれほど食わない。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月12日
tetteikaikyou 普天間の問題は国内問題だから。日本次第。どっちにしても現状だと20年代になるね、数年ロスがあっても普天間廃止、辺野古も増設しないってのはいい結果だがね。グアム移転も無いよってのはまさしく自民党の論理なんだけどねー
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm 前出の「The Costs Of Conflict」によれば、『人民解放軍の短距離弾道ミサイルの展開、高度の水陸両用戦闘能力、台湾をにらんだ近代的で先進的な長距離対空システムの配備は、北京が武力の行使を放棄する気はないことを物語っている。』だそうな。専門家の意見は、貴方の主張を否定してるね。>台湾方面に張り付けるのは台湾海峡における軍事的プレゼンスの確保だろうよ。それをそのまま台湾侵攻のためだ!!と見ちゃうのはさすがにアレ
0
超icbm @ssicbm 2014年11月12日
tetteikaikyou そりゃ放棄はしないだろうよ、能力的には、プレゼンスを維持し続けるってだけじゃん。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm 「正直に言うとは限らない」と「話す内容がすべてポジショントーク」の間には、グランドキャニオンよりも深い断崖絶壁が有ります。件の部分がポジショントークであると言うのならば、それの立証責任あそのような主張をしてる貴方にあります。>基本的には政府組織の人間が正直に言うとは限らんので批判的に当たるのは前提として当然かと。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm 他の例も提示てるんだが?>その割にはアフガンしか出さないよねぇ
0
超icbm @ssicbm 2014年11月12日
tetteikaikyou すべての内容がポジショントークなんていつ書いたんだろう…藁人形論法ここに極まれり。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm 反論すると言う事は、その意見に反対であると言う事だよ。違うかい?イエス・ノーで答えてくれ。辺野古移設に反対か、賛成か。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月12日
tetteikaikyou だから、○○は違う、私はこう思うってディベートなりなんなりのやり方は小学校でもやると思うんだけど、なぜ1bitの判断を求めるの?反対意見として自説を述べてはいけないのだろうか。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbmそれが間違いである事は、指摘済み。台湾に対して遠くなってどうすんの。揚陸艦は要らないって指摘してるだろ、どこをどう考えたら佐賀の方が合理的なんですか?具体的に指摘してください。>普天間も辺野古も沖縄にいらないよね、佐賀のほうが合理的。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月12日
tetteikaikyou 間違いねぇ…特殊部隊に対しては軽歩兵で対処できるということは台湾軍でも対処可能。仮にそれがうまく言っても抵抗は予想できるので主力が控えてる可能性がある。その主力の対処の手伝いが米軍でしょ、だったら重装備が必要だと思うんですがねぇ…
0
超icbm @ssicbm 2014年11月12日
軽歩兵で対処できるって言ったのは彼だからね。仕方ないね。台湾軍が動けず、指をくわえて見てる事態ってなんなんだろう、具体的な想定が欲しいところ。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm 斬首戦略が現代でも有効な事がね。他にも、チェチェンやパナマやチベットなどでも用いられている。>アフガンの例によって証明された
0
超icbm @ssicbm 2014年11月12日
どれも結構混乱してるっていう…
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm 主観以外の根拠は、あ、主観は根拠にすらならないか。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm 言ってるけど何か?アジアタイムズが2005年の時点で、取り上げてるよ。提示済みな話なんだがね。(続く)>まあもう一度言うけど、そんなに斬首戦略に現実性があって、可能性が高いならなぜ外部のアナリストとやら軍事評論家あたりは何も言わんのかね。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm(続き)また「中国の奇襲」と言う本が有ってだな、その内容はアメリカの国防総省、および米中安全保障調査委員会がそれぞれ提出したレポートの翻訳。その113ページで、以下のように記されているんだな。『 中国はまた、台湾との戦争がもたらす政治的、経済的代価に敏感になっており、台湾への武力行使が中国の地域的および全世界的な利益を損ねる恐れがあることを認識しているようだ。』(続く)
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm>現在、中国は経済改革と経済開発を推進している。そのため、中国の経済成長と、外国市場への参入や外国の投資および技術の獲得を脅かす恐れのある行動を中国はさけてきた。(中略)』(続く)
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm(続き)もし中国が台湾との戦争を不可避と考えたなら武力衝突の地理的範囲を限定する戦争遂行戦略を採用する可能性が非常に大きい。加えて、中国指導部は十分な兵力とスピードで軍事作戦を敢行し、外部の勢力が台湾の側に立って介入する前に、そして、中国にとり死活的に重要な貿易と外国投資が中断する前に、軍事的な決着をつけようとするだろう。』とね。(続く)
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm指揮権の引き継ぎと言うのは、万能ではない。その部隊が状況を把握できなければ、どのような行動に出て良いのか分からなくなる。当該部隊が、あらゆる情報を入手できるなんて考えてる?現場には自部隊のみで収集できる情報しか、入ってこなくなるんだよ。だから斬首戦略は現代でも有効なんだ。>中枢を取っても軍隊とかが言うこと聞くとは限らんし、指揮権委譲も自動的にされるようになっとるだろう
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm ほほぅ、詳しくは密林で同書を買って読んでくれとしか言えないね。togetterですべて書き抜くのは無理である事は分かるよね。一部であるが指摘しておこうか、同書では中国現代国際関係研究所の主任分析官だったYan Xuetong氏の分析を取り上げており、「もし台湾海峡で危機が起これば、アメリカが軍事的に関与してくることは確実だ。……関与してこない可能性は、存在しない。問題は、それがどの程度の関与かということのみである。」だそうな。(続く)>プロセス
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm (続き)台湾侵攻がアメリカとの戦争を自動的に引き起こすことになるとすれば、中国にとって軍事的にかなりの損失を覚悟せねばならないし、勝利はかなり困難でしょう。もし中国が勝利できるとすれば迅速に台湾を占領し、アメリカに介入を諦めさせることです。しかし、仮にそうできたとしても、国際的な孤立は免れないでしょう。台湾侵攻は経済的にも中国に大ダメージを与えるし、yan氏の分析は、当の中国もそれをよく自覚していると言う事。(続く)
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm(続き)戦争が長期にわたれば、沿岸の豊かな都市が攻撃を受けるし、外国からの援助や投資、貿易に大ダメージを与えるでしょう。こういった経済的な損失が甚大なことは火を見るより明らかで、もちろん中国もそれをよく認識しています。そういったコスト認識は中国が台湾侵攻を決意するハードルを上げている、とFinkelstein他の著者たちも書いています。(続く)
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm(続き)それでも、結論は「中国の台湾侵攻は有り得る」なんですね。台湾侵攻には、経済的な大損を覚悟してでも手に入れねばならない価値が生じる場合があるからです。その価値とは中国にとっての「生き残り」、いいかえると「共産党現体制の存続」です。(続く)
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm(続き)同書によれば、共産党政権にとって最も重要なのは、感情的なナショナリズムである。それは台湾統一を中国の主権、国家の名誉、威信を具現するものと位置づけ、統一実現を国際社会において中国が本来の地位を回復するために絶対譲れない条件と見なしている。とのこと。(続く)
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm(続き)軍事的にであれ外交的にであれ、とにかく台湾併合なくして、中国は中国でありえない、というナショナリスティックな認識です。憲法にも、その旨が明記され、反国家分裂法が制定されてる事からも、明確と言えます。(続く)
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm(続き)中国は台湾に侵攻すれば経済的なコストが多大な損害をうけます。アメリカと戦争になるであろう、ということも中国は認識しています。しかし中国にとって中台統一は避けては通れないテーゼとなってるんです。武力を行使すると大陸中国が歴史的に警告してきたレッドラインがいくつかあり、その一つでも(しかも主観的なものも含まれる)条件が満たされてしまえば、現実に起こりえると、複数のアナリスト位が分析してるんですよ。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm ちなみにそのレッドラインは、「1.台湾独立の公式宣言」「2.台湾独立へ向けての定義されていない動き」「3.台湾内部の動揺」「4.台湾の核兵器取得」「5.統一に関する海峡間対話再開の際限のない遅延」「6.台湾の内政問題への外国の介入」「7.外国軍隊の台湾駐留」の7つです。特に2、3、5、6は主観が入り込む可能性が否定できず、危なっかしいと言えます。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm無意味とまでは言ってませんよ、ハードルを高くできる事は説明済みのはずですが。 >んで、経済による抑止は無意味だとでも言いたいんだろうけど
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm 少なくとも、現時点では無理。中国自身も、そう結論してるから軍事オプションを実行していない。>逆に、軍事力だけ考えればいいのなら台湾位ならどうとでもなるだろう
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm 時間との勝負になるので、遠くては意味を為さない。またヘリの皇族力の問題もあり、沖縄以外に適当なロケーションがない。あると言い張るのであれば、具体的にどうぞ。>斬首戦略だけじゃどう考えても無理だから、主力が来るよね、ということは抵抗している間に、介入するのであれば米軍が来れるから、別に沖縄になくてもいいな。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm はいダウト、中国の空挺師団は空挺戦闘車などの装備を持ってる。また1000発ほどあると言われるSRBMも、活用されると思われる。>斬首戦略の初動で動かせるのは所詮軽歩兵だから。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm へぇ、パナマやチェチェンやチベットでも、そんな事が起きたんだ。知らなかったな~、何度も指摘してるはずだが、貴方の言ってるのはアフガン戦における貴方の主張にとって都合のいい状況であり、それは斬首戦略における必要条件でもなければ、十分条件でもないし、ましてや必要十分条件ではない。>ソ連側から見ても、対象が自分から呼び込む大きい隙があったから出来た話だろうに。台湾でそんなことが起こるか?起きてからほざけよって話。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm で、あなたの主張が斬首戦略の「必要条件」「十分条件」「必要十分条件」のどれにも該当しないと言う指摘を誤魔化してるつもり?貴方の主張は、斬首戦略の成功条件ではないので、却下されると言うだけだよ。> 詭弁のガイドライン自体が詭弁という点について。提示された例から考えたって書いてるのになあ。よく読みましょうよー
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm 佐賀は無理、そもそも半島有事にしろ、台湾有事にしろ、揚陸艦の運用は考えられていない。佐世保に揚陸艦が配属されたのは、1992年からです。これはロングビーチ海軍基地が閉鎖した事に伴う転出でしかなく、有事の際に即応させる事を元々考慮はしていないんだ。また佐賀からでは台湾に航続距離が不足する。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm 上記でも記したが、そもそもアメリカは有事即応に揚陸艦の使用を考えていない。また、揚陸艦が部隊の近くにいる必要もない。揚陸艦の必要とされる状況は、港湾施設がない海岸に戦力を投射する場合のみです。と言うか、佐賀には基地として適当な個所がないでしょ。貴方の主張には軍事的合理性が、まるでない。>佐世保に近いからバランスは取れてるし
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月12日
ssicbm 条約でそう取りきめられてんだけどね。憲法第98条、無視するの。>グアム移転も無いよってのはまさしく自民党の論理なんだけどねー
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbmでは該当する内容が、ポジショントークであることをまずは論証してください。そうでなければポジショントークであるという指摘自体が、ただの言い逃れに過ぎなくなります。まずは論証しろと、指摘済みなはずなんですが、どうして出来ないのでしょうね。まあそりゃ、ただの言い逃れに過ぎないからですよね。>すべての内容がポジショントークなんていつ書いたんだろう…藁人形論法ここに極まれり。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm 構いませんよ。私は貴方に意見を述べるなと指摘した事はないはずですがね。ですが公開された意見は、誰からでも「そりゃ違うだろ」と突っ込まれる可能性が有りますし、また主張する側はその覚悟を持つ必要もある。貴方に自説を主張する権利が有ると同時に、私やほかの人はそれがおかしいと思ったら、そのおかしな点を指摘する権利が有ります。>反対意見として自説を述べてはいけないのだろうか。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm そんなの一番最初に出してるだろうよ、人の提示した資料ぐらい、キチンと読もうよ。アジアタイムズの記事だよ。想定状況もキチンと記されてる。英語が読めなくても、無料の翻訳サイトなど、いくらでもあるだろ。>軽歩兵で対処できるって言ったのは彼だからね。仕方ないね。台湾軍が動けず、指をくわえて見てる事態ってなんなんだろう、具体的な想定が欲しいところ。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm 違います、斬首作戦が成功した場合、台湾軍は身動きが出来ない状態となります。貴方は極極基本的な事すら分かっていないようなので最初から懇切丁寧に原理原則を説明しますね。(続く)>間違いねぇ…特殊部隊に対しては軽歩兵で対処できるということは台湾軍でも対処可能。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm(続き)「1.軍隊は命令なしには行動できない(してはいけない)」「2.軍隊に命令できるのは政府のみ」よって特殊部隊による政府および軍部要人の暗殺もしくは拘束により、軍隊に命令を出せなくなる状況を作り、台湾軍を行動不能にして、その間に主力部隊を送り込んで台湾を占領するのが中国の戦略です。(続く)
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm(続き)こうなった時政府からの命令が来ないため動けない台湾軍の代わりに、政府要人を救出して台湾軍を復活させるのが沖縄にいる米海兵隊の役目。さすがに命令権を持つ全員を殺害または拘束するのは事実上不可能だと思われ、その(序列は問わず命令権者の)うち最低一人を救出して、台湾軍を活動可能な状況に復帰させるのが、在沖海兵隊に期待されてる役割。(続く)
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm(続き)またそれに失敗したとしても、米海兵隊の戦闘行動と言う事実はアメリカが本格介入するのには十分な口実であり、アメリカが本格介入した日には中国のもくろみは高確率で失敗する。だから、出来るだけ早急に海兵隊を台湾に送る(しかも脱出の事を考えれば、ヘリ(もしくはティルト・ローター機などのVTOL機)であることが望ましい。(続く)
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm(続き)具体的な手順としては、「1.特殊部隊の侵入」から始まる、特殊潜航艇が使われるほか、一般人の観光客を装って、事前に潜入させる手法もとられるだろう。台湾の行政院大陸委員会の推定によると、中国は台湾に対して、様々な機会を利用して大量の工作員を送り込み、情報活動を行い、将来の転覆活動に備えているという。(続く)
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm(続き)台湾は、民主主義体制をとり、多くの場合政治家の行動予定は公開されており、彼らが群衆と直接接触する機会も多いため、台湾の政治指導者は特殊工作員による暗殺に対しては脆弱である。また、オープンな経済体制、進展する中国との経済関係を利用し、平時から中国による浸透工作が進められ、それは戦時において重要な役割を果たすことになるだろう。(続く)
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm(続き)平時において情報収集が工作員の主な任務であったとしても、中国にとって、平素から彼らを送り込む事が可能なルートを確保していることは、有事の際に一定の特殊任務を帯びた戦闘人員を派遣するのにも有効である。台湾に潜入した特殊工作員は、緒戦における混乱をねらった要人暗殺、破壊工作、および空爆・着上陸侵攻を手引きするための情報収集の役割を果たすであろう。(続く)
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm(続き)中国が台湾側の防衛網を完全に打破することは困難であり、中国には台湾海峡において効果的に航空優勢や制海権を獲得する力がない。しかしながら、台湾の完全占領・統治権確立のためは、大兵力を無理矢理にでも台湾に上陸させなければならない。解放軍は、緒戦において短期間で弾道ミサイル、海軍戦力、航空戦力を消耗しながら、台湾の防衛システムの破壊に務めるものの、完璧を期すことなく、情報を収集して台湾軍の反撃の間隙を縫って、早い時点で陸上戦力を台湾に侵攻させようとするであろう。(続く)
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm(続き)最初に投入される地上兵力は空挺部隊であり、第43・44・45の三個師団を傘下に置く、中国の第15空挺軍団による台北への直接的な空挺攻撃は、台湾の第六軍(北部)に所属する4つの師団を拘束する目的で林口・桃園、そして宜蘭へと降下する補助空挺部隊と共に、攻撃の第一段階となるであろう。中国の空挺師団は11,000人の人員と軽戦車及び自走砲によって編成されている。(続く)
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm(続き)台湾の第六軍には、第106・116・118・152・153・178の七つの歩兵連隊がその傘下に置かれている。その中でも第152/153の竜旅団と第176/178の虎旅団は、最精鋭だと言われている。さらに、第六軍傘下の第269自動車化旅団と第351装甲歩兵旅団、そして第542装甲旅団への直接攻撃は、中国軍にとって必須のものとなるであろう。(続く)
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm(続き)初期の戦闘の大部分が、総統府と国防部、そして立法院が置かれた台北の中正区で繰り広げられる事になるだろう。中国軍は降下すると同時に、台湾の憲兵隊と衝突することになる。憲兵隊は重要な政府施設及び軍事施設の防御に責任を負っている。彼らは全ての鍵を握り、ドアを守護する門番である。彼らは事務的であり、何者かが接近してきても面白みのある対応はしないと考えられている。(続く)
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm(続き)中国の空挺部隊は、こうした台北に存在する部隊からの、即時の抵抗を受ける事になるだろう。台北の外部に拠点を置く正規軍の反撃には、おそらくは数日の時間が掛かるものと見られている。増援部隊が到着するまでは、憲兵隊が中国軍阻止の任にあたる。作戦の数ヶ月前に台湾へと密かに入国する特殊部隊は、主攻の数時間前に要人の暗殺や、台湾周辺のレーダー施設や通信施設を攻撃する事になる。(続く)
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm(続き)作戦の第二段階は台北松山空港(台北国際空港)を空挺部隊が確保した後に開始される。中国は安全な滑走路を用い、爆撃機と戦闘機による航空支援の下、イリューシンIl-76、陜西Y-8、アントノフ26、そして西安Y-7といった軍事輸送機によって、『即応部隊』である第14師団を空輸するであろう。(続く)
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm(続き)こうして首都周辺の正規軍部隊を拘束しておき、特殊部隊による斬首戦略を実行、台湾軍の指揮命令系統を麻痺させて、その隙に重装備を持つ陸軍部隊による強行上陸を慣行。台湾軍が組織的な行動を取れないうちに、台湾全土を占領するのである。斬首戦略が成功した場合、72時間以内ですべてが終わると言う予測もある。これでは本格介入する時間的余裕はない。(続く)
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm(続き)これを防ぐために、沖縄に海兵隊がいるのである。即座に介入して台湾軍の指揮系統を回復させ、それが失敗した場合でも、本格介入の口実となり中国の戦略目的(アメリカの本格介入阻止)を失敗させる事が可能となる。時間との勝負であり、出来るだけ短時間で投入できる位置に居なければならないのである。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm ええ、明確に間違いです。斬首作戦が成功した事例では、悉く軍の機能が麻痺して組織的な行動がとれなくなってます。>間違いねぇ…特殊部隊に対しては軽歩兵で対処できるということは台湾軍でも対処可能。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm 印象操作ですな、違うと言うのならば具体的にどうぞ。>どれも結構混乱してるっていう
0
超icbm @ssicbm 2014年11月13日
tetteikaikyou 迎撃されるよね、それ。未だに大規模な空挺部隊が通用するというのなら、米軍も同じように空挺部隊使えばいいだけであって、沖縄からヘリやらで行く必然性が存在しない。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月13日
しかも全部が全部うまく行った時でないと成功しないんだこれ。時間との勝負と言っても1分1秒じゃなくて、数日は余裕であるし。 斬首戦略が成功したという事例も、元々国内が何らかの形で安定していない、この程度は少し見れば分かる話だが。少なくとも台湾はこれほどの混乱はしていない、比較的健全な経済と統治が出来ている。 SRBMなんてあんまり期待できないしな、核兵器でも積んでるならしらんが。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月13日
で、米軍が軽歩兵程度の展開で勝てるとするのに、中国が重装備を持ち込むから台湾軍が対処不可能とするのもおかしな話。 国内をある程度鎮圧するには数日は確実に掛かる、最悪台北を見捨てて適当なところで切って対処ってのもありだし。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月13日
結局やってることが本の垂れ流しだから、一本筋なんだよね。で、こんな非生産的なものを議論と思ってるのも草生えるんだけど。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月13日
tetteikaikyou 一番上から読めよここのな。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月13日
tetteikaikyou なんで?軍事的合理性()で説明できないからあたり付けてるわけだけど。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月13日
これが実行できるなら何処の国でも斬首戦略は可能と言い切るくらいアホな話だよ。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月13日
tetteikaikyou 俺に分かって欲しいんだろ?斬首戦略が有効なんて言うのは今どき軍クラくらいしか言ってないし、そんなに有効ならなんで誰も取り上げないの?取り上げた個人名挙げてみろよ。それこそWENDELL MINNICK氏くらいのもんだろ。WENDELL MINNICK氏も軽く調べるとダメなときはとことんダメっぽいし。前提として指揮権移譲も無ければ、独自抵抗すら放り出すような条件だろそれ。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月13日
http://www.jats.gr.jp/journal/pdf/gakkaiho007_05.PDF 日本台湾学会報第7号 松田 康博氏 WENDELL MINNICK氏のはさすがにあれなんで、まともそうなのを。要はどっかで躓くよねと、WENDELL MINNICK氏のは分析でもなんでもなくて、シナリオだもん。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm そのために、戦闘機による護衛、がつけられるのは当たり前だし、弾道ミサイルによる空軍基地攻撃により、一時的に滑走路が使えない状態を作り、その隙に空輸するなど手段は幾らでもある。>迎撃されるよね、それ
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm第82空挺師団は米本土です。また空軍との調整も必要となり、時間がかかり過ぎる。そして最大の問題が、救助した人をどうやって運ぶかだ。滑走路が確保できるとは限らんのだぞ。事前に準備時間を設けられる攻撃側と違って、守備側は即座に反応しなければなない。その点海兵隊は、航空部隊も自前であり、理想的。>米軍も同じように空挺部隊使えばいいだけであって、沖縄からヘリやらで行く必然性が存在しない。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm 数日もないね、2~3日と言うところであり、早ければ早いほどよい。例えば中国軍の作戦開始から24時間後では、かなり遅いと言えよう。遅くなるだけ相手の作戦が進行してしまい、成功の確率が低くなるからだ。>時間との勝負と言っても1分1秒じゃなくて、数日は余裕であるし。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbmそれは台湾にも言える事だよ。例えばアジアタイムズに記事でも指摘されてるけど、台湾軍はアイデンティティの危機にも直面している。台湾が中国の一部であるというのは、軍内部で未だに強い共鳴を受けている意見である。例えば兵士が着けている部隊章は、多くの場合台湾ではなく中国の輪郭が描かれている。また事前に不安定化合工作も行われるのは必定である、当たり前すぎるだろ。>斬首戦略が成功したという事例も、元々国内が何らかの形で安定していない、この程度は少し見れば分かる話だが。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm 既にその必要性はツイート済み(参照tetteikaikyou)、ほんとに人の話を聞かない人だね。>沖縄からヘリやらで行く必然性が存在しない。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm これ、どんな国にも言える事だがね。国に問題を抱えて否国などない。>斬首戦略が成功したという事例も、元々国内が何らかの形で安定していない
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm だからそれは関係がない、軍の指揮。命令系統を麻痺させるのが斬首戦略であり、指揮・命令系統を麻痺させられたら、どんな軍隊でも行動不能になる。そこが要点なんだ。>比較的健全な経済と統治が出来ている。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm 人のツイートをちゃんと読め、中国が重装備を持ち込むから台湾軍が対処不可能なのではなく、指揮・命令系統が麻痺するから対処不能となるんだ。海兵隊は勝つ必要なんて全くないんだ。要人の救出が出来れば、指揮・命令系統を回復できる。指揮・命令系統が回復すれば、台湾軍が対処できるようになる。>で、米軍が軽歩兵程度の展開で勝てるとするのに、中国が重装備を持ち込むから台湾軍が対処不可能とするのもおかしな話。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm で、斬首作戦により指揮・命令系統が麻痺してる中で誰がそれを命令し、どうやって伝達するんだ?それを出来なくするのが、斬首作戦だ。>国内をある程度鎮圧するには数日は確実に掛かる、最悪台北を見捨てて適当なところで切って対処ってのもありだし。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm 具体的に指摘しなけりゃ、意味がない。そりゃあなたの主観であり、事実ではないからだ。軍事的合理性に背くような個所が有るのなら、指摘できるはずだ。ないから、具体的に指摘できない。>なんで?軍事的合理性()で説明できないからあたり付けてるわけだけど。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm 確かに精密誘導兵器と違ってSEPがやたらと大きいが、滑走路を狙って10発も打てば、1発程度は命中が期待できる。滑走路はkm単位の長さが有るからね。比較的短くて済む戦闘機でも、3kmほどは必要となる。旧式のスカッドでSEPは1~2km、中国の最新式だと500~800m程度であると予想されている。そして滑走路に穴があけば、一時的であっても戦闘機など軍用機の離着が出来なくなる。>SRBMなんてあんまり期待できないしな、
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm 貴方の意見は、ただの願望に過ぎないと指摘してるだけだよ。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm 違います、貴方がどう思うかはあまり関係が有りません。無理に貴方の意見を変えようなんて思ってないし、その必要性もないでしょ。私が突っ込んでるのはね、これを見てる第3者に正しい情報を伝えるためです。貴方と議論をしているが、その目的はオーディエンスへのアピールであり、貴方の個人的意見はどうでもよろしい。>俺に分かって欲しいんだろ?
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm 既にアジアタイムズが取り上げてる事は指摘済みだが?自分の意見に都合が悪い事はスポーンと忘れられるオツムの仕組みをしてるようですけど。また米国の公式報告書でも指摘されてる事も、既に指摘済みなんだがね。>斬首戦略が有効なんて言うのは今どき軍クラくらいしか言ってないし、そんなに有効ならなんで誰も取り上げないの?
0
超icbm @ssicbm 2014年11月13日
主観ってレッテル貼れば主観になると思ってら。論拠がおかしいから結局何言おうが上に乗っかる論はグラグラ。どっかで失敗したらどうするのさw
0
超icbm @ssicbm 2014年11月13日
tetteikaikyou アホって言って欲しいのかなあ、3kmもいらん、1kmでも良いし、苦肉の策で誘導路も使える。ここ30年くらいの戦闘機のSTOL性能向上はなんだってんだw対空任務だけ考えるならそこまでいらんわな。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月13日
tetteikaikyou それならブログでやれよって思うんだけどなあ、俺は好き勝手言ってるだけだが。で、それが正しい情報だと誰が担保するんだ?
0
超icbm @ssicbm 2014年11月13日
tetteikaikyou 例えば米国だと、必ず1人は離れた場所に居ることになってる、全滅を防ぐために。一定時間連絡がなければその時点で事故の判断で行動していいとすることも出来る。というか、この作戦は前提として全部の行動が成功しなければならない、一つでも失敗するとそこからバレるわけだが。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm Wendell Minnick氏(JDWの台湾特派員であり、アジアタイムズの記事を書いた人)、松田 康博氏(自分で挙げてるじゃん)、米国防省年次報告書(2009年度と2008年度に記載が有るのは確認済み)、高井三郎氏(元自衛隊教官、『軍事研究』2007年4月号に「参考にすべき,その対奇襲侵攻対処・警備治安体制 台湾の特殊部隊」と言う斬首戦略に関する記事を寄稿)など。>取り上げた個人名挙げてみろよ。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月13日
しかも大規模空挺作戦だぜ?バレないはずがない。そこまで台湾軍はしょぼいのかね。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月13日
tetteikaikyou それ、今まで言ってきたじゃん、あんたは論破()したつもりだろうが。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm 敵対国にその能力が有るのならば、その通り。米軍なんかは湾岸戦争でも、イラク戦争でも、普通にやってる。敵首脳の暗殺だけが、斬首戦略じゃないんだぜ。指揮・通信システムを麻痺させるのが目的であり、首脳暗殺はその手段に過ぎんよ。>これが実行できるなら何処の国でも斬首戦略は可能と言い切るくらいアホな話だよ。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月13日
tetteikaikyou 斬首戦略こそ願望だとはわからんのかね、必要な前提洗い出してみろよ。アジアタイムズの奴はどう見てもトンデモだがね、端的にいうと上手く行き過ぎてる、どこかで失敗するなり何なりしていいし、最後の方に恣意的に抜き出してるよ的なこと書いてるっぽいし。要は理想的な状態を想定していることが明白なんだけど。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm では具体的に、該当記事のどこが駄目なのか指摘してみなよ。それが出来ない時点で、ダメなのは貴方の方でしょ。>WENDELL MINNICK氏も軽く調べるとダメなときはとことんダメっぽいし。前提として指揮権移譲も無ければ、独自抵抗すら放り出すような条件だろそれ。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月13日
ちなみに自分の場合は、どっかで引っかかればそれなりの時間稼ぎが出来るってだけだから斬首戦略ほどタイトではない。軽歩兵だけの想定なら楽勝、主力が居ても、個別判断である程度抵抗出来るでしょう、末期の日本ですら出来たんだから。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月13日
tetteikaikyou アフガン:大統領独裁、反乱軍も存在する。 チェチェン:ソ連崩壊、独立宣言 パナマ:独裁、麻薬、経済の混乱 台湾はこれのどれにも該当しないし、経済も世界的企業があってそれなりに上手く回ってる、これらとは雲泥の差。相対論に持ち込むには無理がある。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月13日
tetteikaikyou 松田氏はどう見ても否定的に書いてるだろう、何処をどう読んだら肯定派に見えるんだ?否定的に書いた人物を肯定的に書いているとするのは、正しい情報を伝えるという主旨に反してるよな。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月13日
tetteikaikyou それは批判的に見てそうなのか、単に文章を読んでこう言ってるからと鵜呑みにしたのかどちらか?
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm 要するに、貴方は資料をきちんと読めない人であると、自ら証明してくれたわけですね。どうせ自分の意見にとって都合のいい箇所しか目に入らなかったんだろうけど、その論文なら私も読んでるよ。で、その中(該当PDFの3ページ目で、論文集のページでは71ページ目)でキチンと、以下のように言ってるんだがね。(続く)>日本台湾学会報第7号 松田 康博氏 WENDELL MINNICK氏のはさすがにあれなんで、まともそうなのを。要はどっかで躓くよねと
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm(続き)『もしも米軍の来援までに長い時間がかかり、中国が奇襲攻撃により速戦即決し、台湾全土を占領してしまった場合、果たして米国が台湾の「原状回復」を要求する軍事行動をとるかどうかは不明である。米国がそこまでコミットするかどうかは事前には分からないため、中国の決定者が、能力さえ足りれば中国が米国の反応が間に合わないうちに速戦即決で台湾を取ってしまうというオプションを有効であると考える可能性は存在する。』とね。(続く)
0
超icbm @ssicbm 2014年11月13日
Call in the US Marines?のところ見れば、別にヘリボーンに触れてないし、iwojimaとか書いてるからおもいっきり揚陸艦使うこと前提じゃん。 他のところも、空港奪取しなけりゃならなかったり、相当手間掛かってる、積み下ろしからなんやかんやすると1周間とか掛かるよなあ。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm (続き)でだ、そのような誤った判断をしてしまった実例は、歴史に幾らでもある。太平洋戦争の日本然り、フォークランド紛争のアルゼンチン然り、湾岸戦争のイラク然りだ。(続く)
0
超icbm @ssicbm 2014年11月13日
人の論文なり記事引用するならページ数と行数くらい書くのがマナーじゃないかね、引用ってレベルじゃ無いが。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm (続き)貴方は「」って言ってたけど、貴方が挙げた松田氏の論文でも『そして航空優勢を獲得するためには、最初にレーダーサイト、空港、防空部隊、指揮・統制中枢などを電撃的に攻撃する必要がある。電撃的な攻撃の主役は弾道ミサイルである。中国は、台湾侵攻の緒戦で、指揮・統制中枢の破壊および民衆に対する心理的効果をねらい、弾道ミサイルによる先制攻撃をかけることが考えられる。』とある(続く)
0
超icbm @ssicbm 2014年11月13日
tetteikaikyou ページ数書いてたな、ごめん。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm (続き)だが、やはり自説に都合が悪いから見えなかったのか、貴方は『SRBMなんてあんまり期待できない』なんて言ってるよね。松田氏の論文でも、SRBMの使用は記されているのにね。このコメの貴方の記した内容は、自分が資料の読めない人間である、もしくは都合の悪い情報は目に入っても頭に入らない人間であることを、第3者に対して証明してしまったというヲチ。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月13日
資料読めないのはどっちだか… それを行うのはリスク高いってのが論のまとめでしょうに。可能性ならそりゃ存在するとしか俺も言えん。論文の主旨を読めない、仮定をそうなると勘違いする(該当箇所の始まりは、「もしも」なんですよねぇ、全体的にはどっかで躓くだろうからリスクが高いとなっている)。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月13日
tetteikaikyou どうしても資料を読めない人にしたいというのに草生える。74ページを参照すれば誰でも分かるでしょ。使用しても大規模な効果は得られないだろう。能力向上の可能性もあるけど、抗堪性強化やってたりすると。言うような感じで書いてるのは。心理的効果にも言及してるけど、米軍の支援の有無を書いてるけどここでの意味は支援の表明なので直接の介入とは限らない。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm 私のツイートをきちんと読んでいれば、松田氏の論文を参照にしている個所が有り、私が目を通していることぐらい分かりそうなものなのだが、貴方はそれも理解できなかったようですね。そして松田氏の論文にも、中国が斬首戦略を取る事が記されてるんですけどね。該当論文PDFの8ページ目、論文集でいれば75ページ目に、その記述がある。(続く)
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm (続き)『台湾は、民主主義体制をとり、多くの場合政治家の行動予定は公開されており、彼らが群衆と直接接触する機会も多いため、台湾の政治指導者は特殊工作員による暗殺に対しては脆弱である。 2004年3月の総統選挙期間中に発生した陳水扁・呂秀蓮正副総統への銃撃事件はそのことを証明した。また、オープンな経済体制、進展する中国との経済関係を利用し、平時から中国による浸透工作が進められ、それは戦時において重要な役割を果たすことになるだろう。』とね。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月13日
ただし、特殊作戦もまたこれだけでは台湾侵攻の決定打にはなりえない。 と77ページに書いてますなw
0
超icbm @ssicbm 2014年11月13日
抜粋するなら中途半端にやるなよ…
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm で、松田氏の論文の結論では、『中国は経済大国になるチャンスを失うコストを覚悟し、さらに台湾の独立を短期間に実現させてしまうリスクを冒す非合理的な決心をしない限り、台湾への武力行使には踏み切らないであろう。』と記されているが、これは逆説的に『コストを覚悟し、さらに台湾の独立を短期間に実現させてしまうリスクを冒す非合理的な決心』をした場合は、実行される可能性が高い事を意味する。そしてそのような事例は、歴史上幾らでも存在する。(続く)
0
超icbm @ssicbm 2014年11月13日
段落変わってないんだから、ちゃんと段落全部を抜粋した上で、自説ではこうだ!とするのがフェアなやり方じゃないんですかねぇ。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm (続き)松田氏の論文の締めくくりは、以下のようになっている。『中台の軍事バランスは次第に中国に傾くと見られているが、そうであればこそ、中国が経済・軍事大国になる前に台湾側は変化を加速させることになる。主権をめぐる中台間の闘争は、軍事的コストがあまりに大きいがゆえに、政治的な闘争であり続ける可能性が最も高い。しかし、その政治的闘争は、ますます戦争の危険性を投影したものになるであろう。』とね。(続く)
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm(続き)つまり、中国が戦争に訴える可能性は“合理的判断”がなされている内は低いが、状況次第ではそれもありうる事を論証してるんだ。そして合理的判断を覆した歴史的判断がなされた事例は、もうほんとに嫌になるくらい有る。そして現在の中国では、必ずしも合理的判断がなされるとは限らない。それは現在の、中国の態度がそれを証明してるんだ。(続く)
0
超icbm @ssicbm 2014年11月13日
で、今言ってるのも宇宙人が攻めて来る確率よりはもの凄く高いんだけど、結局このレベルに留まってる。じゃあ蓋然性はとなると、松田氏はそれは低いと見積もってる、ただそれだけのこと。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月13日
歴史上あるから今回もあるとは限らないし、それを言い出すと本当にキリが無い。この発想のまま防衛政策に反映させるとリソースが無限にないと成り立たせられない。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月13日
それをやりたいなら、過去の事例を持ちだして類似点を出すとか、その上で、どのような事態になれば行動を起こすのか具体的な国内の様子や世界情勢を想定するくらいのことはしないといけないんじゃないかな。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm (続き)ジョン・J・ミアシャイマーの「大国政治の悲劇 改定版」によれば、『鄧小平は「韜光養晦、有所作為(控え目に振る舞い、成すべきを成す)」を掲げた、中国は米国や周辺国との軋轢を穏便な態度で処理しようとする方が我々にとってよっぽど脅威であるが、中国政府は現状を正しく認識できない国民に突き上げられて、国家の韜光養晦が許されなくなってる。』旨が記されています。(続く)
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm (続き)つまり、国家は常に、合理的な判断を下さるわけではないと言う事です。理解出来ましたか?まあ、貴方が理解できなくても、私は全然構わないのですがね。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm あ~、貴方の基礎知識が欠けてたの忘れてたわ。特殊作戦と言うのはすべからく、通常戦を補助するために行われます。通常戦とセットであるのは当たり前です。私は特殊作戦のみが行われると書いた事はないし、通常戦とセットである旨も記しておりますが、また自分に都合の悪い事は忘れてしまわれたようで。で、ありえると言う結論に間違いはないよね。ありえないとする貴方の主張を否定する論文だだよね。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm リスクが高いと言うのは、それが実行されない事を意味しないな。歴史的にそれがなされた事例は山ほどある。>それを行うのはリスク高いってのが論のまとめでしょうに。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbmうん?自分が自分で提示した資料を読めていなかった事のいいわけかい?
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm 『その政治的闘争は、ますます戦争の危険性を投影したものになるであろう。』と言ってるじゃない。時間と供にその可能性はでかくなってゆくと言う事だ。読めない?>松田氏はそれは低いと見積もってる、ただそれだけのこと。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月13日
ssicbm 少なくとも一時的に、空軍基地を使用不能にし、指揮・通信システムを麻痺させる事は可能であるはな。>使用しても大規模な効果は得られないだろう。
0
ヤン・ヒューリック @1xuVLqH3kQ 2014年11月13日
ssicbm その理屈でいくとアルゼンチンがフォークランドを占領することも「借金帳消しにして、ついでに油田と港を手に入れてやる」ということでイラクがクウェートを占領することも、ついでにいえばメフォ手形というインチキ手形で国家予算を誤魔化しまくってそれが破綻しないウチに領土増やしてやるということで、ヒトラーがポーランドを占領することもなかったでしょう。
1
超icbm @ssicbm 2014年11月13日
tetteikaikyou それは戦争を意味しないし、現状における台湾侵攻の可能性は依然として低いし、リスクも高い。歴史上あるからじゃ誰も信用しないし、類似点の指摘も無い。というか、人に資料を読めない、米国が揚陸艦使うつもりが無いと書いてるのに提示された記事にはおもいっきり書いとるし、その記事も記事で上手く行った時の状況を書いてるだけだし。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月13日
あーもう変になったよ。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月13日
tetteikaikyou 可能であるとしただけで、実戦で成功するかわからんじゃないの。博打打ちの域を出ないだろ。それなのに作戦をやるって失敗する可能性が相当高いんだが。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月13日
tetteikaikyou それは蓋然性は低いままだよね、その直前に政治闘争のままの可能性が高いてな感じで書いとるが。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月13日
てかね、全体的に博打打ちが強いんだから、そのまま台湾が対処できませんなんてことは考えづらい。全部上手く行った場合なんだよ、3度目かな多分。全部うまく行く確率と、どこかで失敗する確率、どちらが高いか考えれば後者であって、どこかで失敗した場合の作戦の可否が無いのは如何なものよ。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月13日
普通に考えりゃ、何個かあるレーダーサイトのその全てが制圧できるとも限らないし、首脳部やらを全部制圧できるとも限らない。事前に米軍なりが察知した情報を得ている可能性もある。仮に初動が上手く行っても、各基地で何らかの動きがあるから独自の対抗を考える人が居てもおかしくない。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月13日
tetteikaikyou それ、前におんなじようなこと書いた。
0
超icbm @ssicbm 2014年11月13日
あの論文にも作戦の成功する確率も博打打ちって明確に書いてるのに、斬首戦略は米軍が介入しない限り成功するってしてるからおかしくなる。中国が合理的な選択をしないなら経済的な損失はあるにせよ、台湾が防衛に成功するか、時間稼ぎに成功して米軍の介入で終わりだろ。そこまで含めてのリスクが高いって話でしょあれ。本気で台湾以外を無視してやったらどうにでもなるだろうが。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月14日
ssicbm レッテル貼りじゃないでしょ。事実主観じゃん。根拠の提示を求められて、何の根拠(資料)も提示しないのは。>主観ってレッテル貼れば主観になると思ってら。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月14日
ssicbm 論拠がおかしいと言うのならば、具体的に、どこがどのようにおかしいのか指摘できないのならば、それはただの印象操作ですな。>論拠がおかしいから結局何言おうが上に乗っかる論はグラグラ
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月14日
ssicbm だから内容読めないって言われるんだよ。3kmと言うのは滑走路の長さであって必要な離陸距離ではない。SRBMでも、十分狙えるほどでかい目標だって言ってるんだよ。で、10発撃てば半数以上の着弾が期待できる大きさだ。数か所で寸断されて、しばらくは使えなくなるよ。(続く)>アホって言って欲しいのかなあ、3kmもいらん、1kmでも良いし、苦肉の策で誘導路も使える(ry
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月14日
ssicbm (続き)確かに離陸距離で(非武装状態でなら)500m有れば離陸できるが、それは向かい風の場合、追い風だと距離は延びるし、着陸には1km以上必要になる。またそんな短い距離では、普通は離陸させない。緊急時の(たと言えば急に風向きが変わったとか)余裕がまるでないからだ。>ここ30年くらいの戦闘機のSTOL性能向上はなんだってんだw対空任務だけ考えるならそこまでいらんわな。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月14日
ssicbm 読んでる人がですよ。>で、それが正しい情報だと誰が担保するんだ?
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月14日
ssicbm その予備の居場所も、当然計画の中に含まれるでしょうね。>例えば米国だと、必ず1人は離れた場所に居ることになってる、全滅を防ぐために。一定時間連絡がなければその時点で事故の判断で行動していいとすることも出来る。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月14日
ssicbm だから、幾重かの保険を掛けとくのは当たり前でしょうね。攻撃側が有利な点は、事前に準備期間を十分に取れる事だ。主導権は攻撃側にある。そのうえで仮に(中国軍が斬首戦略を実行中であることが)ばれても、通信途絶状態でどうやって連絡取るの?>というか、この作戦は前提として全部の行動が成功しなければならない、一つでも失敗するとそこからバレるわけだが。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月14日
ssicbm 貴方が提示した松田氏の論文にも書いてるじゃないですか、弾道ミサイル攻撃により一定時間空軍を麻痺させられるって。その隙に輸送すれば良いだけです。>しかも大規模空挺作戦だぜ?バレないはずがない、そこまで台湾軍はしょぼいのかね。
0
鉄底海峡 @tetteikaikyou 2014年11月14日
ssicbm 確かに「言って」はいますね、間違ってる箇所の具体的な指摘もなく、そっれが間違いである根拠もなくただ「ポジショントークだ」と言うのは、指摘では無く主観(もしくは願望)に過ぎませんよ。そもそも貴方がいつ、軍事的合理性を説明“出来”ましたか?根拠と言えば、私の主張を裏付ける松田氏の論文を提示しただけではないですか。私の主張を裏付ける論文をね。>それ、今まで言ってきたじゃん
0