Togetter/min.tを安心してお使い頂くためのガイドラインを公開しました。
編集可能

小田嶋隆さんtako_ashiの「死んでもラッパを系の話は好きになれない。」

羽生選手の今日のスケーティング(私は見てませんでしたが)についての、為末大さんの一連のツイートは重要な示唆を含んでいると思います。「怪我をおして頑張るアスリート」を、観客や視聴者はともかく、メディアや競技団体が安易に称賛することには賛成できません。 by 小田嶋隆
6
小田嶋隆 @tako_ashi

コラムニスト。ブログは冷温停止中。その他色々と停滞中ですが、順次再起動する所存です。てはじめにツイートなどを。ログはこちら twilog.org/tako_ashi

takoashi.air-nifty.com

小田嶋 隆(おだじま たかし、1956年〈昭和31年〉11月12日 - )は、日本のコラムニスト、テクニカルライター。
http://ja.wikipedia.org/wiki/小田嶋隆
 
 

小田嶋隆 @tako_ashi

羽生選手の今日のスケーティング(私は見てませんでしたが)についての、為末大さんの一連のツイートは重要な示唆を含んでいると思います。「怪我をおして頑張るアスリート」を、観客や視聴者はともかく、メディアや競技団体が安易に称賛することには賛成できません。

2014-11-08 22:37:25
小田嶋隆 @tako_ashi

死んでもラッパを系の話は好きになれない。

2014-11-08 22:39:01
小田嶋隆 @tako_ashi

誰であれ生きて死ぬことに変わりはないわけですが、私に何をおっしゃりたいのでしょうか。 RT @Hiro__Sho @tako_ashi まあ、時代が違いますからね。今は感動を求めなくなった。ただ生きて死ねばいいんじゃないんですか?

2014-11-08 22:40:36
小田嶋隆 @tako_ashi

感動するなとは言わないけど、感動みたいなものを行動の指針にされると迷惑なわけです。

2014-11-09 12:29:06
小田嶋隆 @tako_ashi

負傷をおして、死の危険をかえりみず、限界まで頑張った人の姿に感動するのは良いとして、私が懸念するのは、その感動がスタンダードになることです。つまり、負傷を理由に休んだり、死の危険を恐れて挑戦を断念したり、限界まで自分を追いこまないでいる人間が非難されるのではなかろうか、と。

2014-11-09 12:36:04
小田嶋隆 @tako_ashi

良いか、若者よ、「死ぬ気で頑張った○○クンは偉い」と「死ぬ気で頑張ってないおまえらは人間のクズだ」の間には、ほんの2センチほどの距離しかないのだぞ。

2014-11-09 12:38:10
小田嶋隆 @tako_ashi

第一人者の判断なんだから尊重しろとか、メダリストの決断だから横から素人が文句言うなみたいなお話って、興行師の言い草だよね。

2014-11-09 16:34:14
小田嶋隆 @tako_ashi

まあ、火の輪くぐりの曲芸やってる熊だの虎だのの安全を考えてたらサーカスが成り立つ道理はないわけで。

2014-11-09 16:36:38
小田嶋隆 @tako_ashi

そう言っているあなたは、どうして私を無視できなかったのですか? RT @rosun_c .@tako_ashi まさにそうした要求を突きつけられますが、無視すれば済むことです。 ついでに、不利益な要求をする人との関係も切れていい事尽くめです。

2014-11-09 16:44:58
小田嶋隆 @tako_ashi

おかしいと言った人がいるのですか? RT @Bobbin1224 @tako_ashi すみません、子供の頃からサーカスは苦手だった者です。m(_ _)m動物に鞭打つ様子とか、ピシッピシっとかいう音、嫌だったな。何がそんなに面白いのか、そういう者が存在していておかしいですか?

2014-11-09 16:46:48
小田嶋隆 @tako_ashi

今週は誤読者優遇週間なので真摯に対応しています。

2014-11-09 16:47:57
小田嶋隆 @tako_ashi

私の文章はバカな人には失礼に響くように綴られています。ですから、もしあなたが私の言葉に触れて失礼だと感じたのなら、自分のバカさを反省してください。よろしくおねがいします。

2014-11-09 23:11:57
ナスカの痴情ェ @synfunk

やはり羽生の強行出場に碌でもない人間から食いついていく。コメントも酷い。/「闘志が凄い」「あれが勝負できる男の姿」「東北人魂」デーブ監督“羽生の闘魂”注入だ!流血も強行「見習わないと」 ― スポニチ Sponichi Annex sponichi.co.jp/baseball/news/…

2014-11-10 15:58:58
リンク www.sponichi.co.jp デーブ監督“羽生の闘魂”注入だ!流血も強行「見習わないと」 ― スポニチ Sponichi Annex 野球 デーブ監督“羽生の闘魂”注入だ!流血も強行「見習わないと」 234 users 968
小田嶋隆 @tako_ashi

自己責任だから自由意志で個人の判断だから自己責任だというこの出口の無い循環論法が、ガン放置療法(←「放置」って「療法」なのか?)の温床になっていることから考えても、全能感を抱きがちな競技中の選手に負傷後の競技続行の判断を委ねるのはどうかしていると思う。

2014-11-10 19:56:08
小田嶋隆 @tako_ashi

一流のアスリートであればあるほど、競技に集中している状況下では自身の全能を確信しているはずで、つまり逆に言えば、彼は「痛み」や「危険」に対して鈍感になっている。とすれば、そういう人間に負傷後の競技続行について判断を委ねるのは間違っている。

2014-11-10 20:01:38
小田嶋隆 @tako_ashi

でもまあ、羽生君のおかげでデーブが馬脚(豚足か?)をあらわした点は評価せねばなるまい。

2014-11-10 20:03:48
小田嶋隆 @tako_ashi

死んでもラッパをはなさなかった兵隊さんの話は、ラッパ仕事なんかにかまけて自分の生命を守ることさえできなかった残念な兵士の話として再構成するべきなのではないか。

2014-11-10 20:06:56
小田嶋隆 @tako_ashi

「痛みに耐えて頑張った」話は、過去にもある。骨折をしながらピッチに立ち続けた中山ゴンとか、貴乃花とか柔道の山下とか。それぞれ立派だったし、感動的でもあった。でも、アタマを打った選手については、話が別だと思う。

2014-11-11 09:32:59

コメント

言葉使い @tennteke 2014年11月12日
貴乃花・小泉総理の「感動した!」で、貴は引退までの道筋が決まってしまったのですが、あのときにそう言う人が多ければ、羽生君の悲劇は起こらなかったかもしれない。
2
言葉使い @tennteke 2014年11月12日
戦場での喇叭手や鼓笛隊は、真っ先に敵に狙われるのですよ。目立つから。>>死んでもラッパをはなさなかった兵隊さんの話は、ラッパ仕事なんかにかまけて自分の生命を守ることさえできなかった残念な兵士の話として再構成するべきなのではないか。
1
大石陽@聖マルク @stmark_309 2014年11月12日
戦場における喇叭手は、通信の発達していない当時、戦場に肉声ではかき消されてしまう号令を届けるという目的があったので、「ラッパ仕事なんか」ではないのでは。それぞれの個人に簡単に通信機を装備させられる現代では不要だけど。と言うか単に「離す間もなく死んだ」ってだけな気がするけど……。
4
空弁者 @scavenger0519 2014年11月12日
小田嶋さんの作文はそんなに読みにくいとは思わず誤解するのはなぜなんだろう?現実のラッパ手が立派だったかどうかはおいといて、「死んでもラッパを放さなかった兵隊さんは立派でした」と美談になっているから、その話を美談としないでわざと貶めてみっともない話にすると、脳震盪を起こしているかもしれない死の危険があるスケート選手を賞賛することなく「やめときなよ」をいえる雰囲気を醸成できるのでは?との問いかけなんだと。
6
言葉使い @tennteke 2014年11月12日
軍楽隊がなんなのかを知らない者が、誰かを蔑むことで何か目的を達成しよう、と?
1
Schizophrenie @Schizophrenie__ 2014年11月12日
戦場で真っ先に殺すべきは指揮官、次に伝令兵(ラッパ)
1
大石陽@聖マルク @stmark_309 2014年11月12日
なお、「死んでも喇叭を」は日清戦争の話だが、指揮官の命令を喇叭で伝えるという役割上、喇叭の音で指揮官の位置を露呈してしまって狙われることが多かったので、この目的での号令喇叭使用は日露戦争(の途中)まで。第二次世界大戦の頃には、後方陣地で起床や整列の際に使われるのみだった。前線の判断で士気鼓舞のため使った例はもしかするとあるかもしれないけど……。
1
大石陽@聖マルク @stmark_309 2014年11月12日
tennteke 軍楽隊が前線にいたのは喇叭手が廃れるよりさらに前、全員で整列し、足並みを揃えて敵に向かって行進するような戦列歩兵の時代では?
0
taka @Vietnum 2014年11月12日
タイタニック号沈没の時に女と子供を先に救助ボートに乗せる話も美談化、真夏の熱死しそうな真っ昼間に何時間も戦う球児も美談化。しかもこういう「自分を犠牲にしてがんばる姿」ってのは、どうも男性に求められてる暗黙の役割な気がする。アルマゲドンとかの映画やドラマでも、たいてい男性が犠牲じゃないか? そしてそれに異論を唱えず、格好の材料にしてるのがマスコミであって、彼らがまともにならないかぎり、「ギセイ男子はカッコイイ」の風潮はなくならんと思うよ(๑´ㅂ`๑)
2
言葉使い @tennteke 2014年11月12日
stmark_309 マンガ「ナポレオン -獅子の時代」の喇叭手戦死シーンを思い出したりしておりました。(_ _)
0
speed_speed @speed_speed1 2014年11月12日
ホントオダシマ君は森羅万象を腐すのが大好きなオヤジだな。
1
Hoehoe @baisetusai 2014年11月12日
ラッパ手の重要性を理解できないこいつのほうが馬鹿なんだよなあ
1
あきなすび @akkonline 2014年11月12日
おっしゃりたいことは男子限定除けばまあなんとなく理解&同意ですが
1
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2014年11月12日
言ってることは「必要以上の自己犠牲や限界までの追い込みを賛美することをやめて、むしろ蔑むことで、今後の犠牲者をなくすべき」なので、ラッパ手のたとえ話の不適切さは脇に置いていいんじゃないかな。ただ、そういう主張をしながら、ゴン中山の骨折しながらプレイなんかを肯定してるっぽい最後のつぶやきはどうなの、とは思う。
4
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2014年11月12日
仮に、今回の件の結果、羽生が選手生命を失ったり、あるいは命を落としていた場合、多くの人は「痛みに耐えてがんばった」と賞賛なんかしないと思うのです。それはそれで「たまたま良い結果が出たから褒めてるだけ」の愚行ではあるのですが、そういう意味でもラッパ手のたとえは不適ですね。
3
JIT_MIRUMIRU @JIT_MIRUMIRU 2014年11月12日
たとえ話にだけ食いついて本質を読み取れない奴って本当に頭悪いよね。 『わかるように書かない方が悪い』?文盲一歩手前だな。
4
紫 敦司 @atsushipurple 2014年11月12日
「無駄死にだった」と言わなければ始まらない話もある
7
砂手紙 @sandletter1 2014年11月13日
http://sandletter.hatenablog.com/entry/2013/11/27/225912 「13年前、小泉純一郎元総理は何に「感動した」のか(ゆるふん)」結局貴乃花は1年休場することになりました。
0
Yu Yamaguchi @Yu_Yamaguchi_ 2014年11月13日
フィクションにせよノンフィクションにせよ、死ぬ気で頑張る話が好かれるのは間違いない。アニメや漫画でも、主人公が死ぬ気で頑張る要素は人気コンテンツになくてはならない要素だろう。この事象は考察に値する。
0
大石陽@聖マルク @stmark_309 2014年11月13日
Clearnote_moe 別に喇叭手は「必要以上の自己犠牲や限界までの追い込み」があったわけではなく、ただ戦死しただけだ。日清戦争当時は職務的に喇叭手が前線にいて当然なのだから、戦死しても遺族には気の毒だがやはり当然でしかない。
0
大石陽@聖マルク @stmark_309 2014年11月13日
過労死のケースのほうがまだ近いんじゃないのか? 「なぜ辞めなかったのか」「辞めるべきだったのに」ということはもっと言われないといけない。過労死するような環境で辞めずに働き続ける、まだ死んでいない人々が、ブラックと言われるような会社を生き残らせているわけだし。「立派な被害者」として賞賛しては、働かせる側とあまり意識が変わらない。
2
くりあ/CLEA-R-NOT-3 @Clearnote_moe 2014年11月13日
stmark_309 いやだから、ラッパ手のたとえはいろんな意味で不適ですよ。ただ、たとえが不適だからといって、たとえようとした主張の内容が間違ってるわけではないと言ってるだけです。
4
空弁者 @scavenger0519 2014年11月13日
どんなコメントを書くのも自由だし、頭の程度に差があるのも悪い琴柱や無いけれど、コメント欄を読むと小田嶋さんが意図したことを理解している方々が少なからずいらっしゃることに安心するが、そのようなことがわかるコメントが書かれた以降に「小田嶋さんはラッパ手の重要性を理解していない」的コメントを書く人がいるってことは、日常でも自身の頭の悪さからくる誤解から来る議論をしてるんじゃないのかな?なんて思う。
3
空弁者 @scavenger0519 2014年11月13日
他人のことだからそれはおいといて、小田嶋さんは戦場でラッパ手が必要だった時代のラッパ手の重要性は理解していると思う。ただ「自己犠牲で勇ましく死んでくれ」の風潮を作る為に死や自己犠牲を美談にする傾向を危険と指摘しているのでは?
1
空弁者 @scavenger0519 2014年11月13日
当初ラッパ手の事にしか意識が無かった人も、小田嶋さんの言いたいことがわかっている人たちのコメントを見て多少理解が進んだようだね。それでもまだまだな人もいらっしゃるけれど。
2
春巻れいじ@月曜日 西さ-20b @KazunePP 2014年11月13日
そもそも腐す必要も必要以上に持ち上げる必要もなくルールを作る側が選手の保護に必要な対処をすればいいだけの話。逆張りは逆張りでまた見苦しい。
0
言葉使い @tennteke 2014年11月13日
小田嶋センセの言い分をまとめると、羽生結弦選手の決断はろくなもんじゃない、皆で否定して二度とこういうことを考えるスポーツマンが出ないような社会にしよう、ですね。
0
言葉使い @tennteke 2014年11月13日
マンガの「侍ジャイアンツ」「あしたのジョー」を批判すりゃいいのに。スポーツじゃないけど「愛と誠」もラストがああだし、つまりは梶原一騎批判。…できるか?
0
言葉使い @tennteke 2014年11月14日
ちなみに「死後硬直」の定義の厳密化を要求する人もいますが、そもそも「死んでもラッパをはなしませんでした」がデマだったら、このテーマでの死後硬直もへったくれもない。http://blogs.yahoo.co.jp/watch_compass/6679386.html
0
言葉使い @tennteke 2014年11月14日
「いい話だったらデマでもいいじゃねぇか」という人が一定数いるけど、「世の中を良くするためだったらデマでも利用しよう」も、文筆家(&応援団)のとる態度じゃねぇだろ、と思うけど、まぁ「信じるか信じないかは、あなた次第です」→真実を調べて広めりゃいいじゃん。
0
空弁者 @scavenger0519 2014年11月14日
tennteke ご紹介の記事の末尾が良いですね!(^_-) 「昔から戦争で得をするのは偉い人、損をするのは庶民と決まっている。」
0
言葉使い @tennteke 2014年11月14日
tennteke 激しく同意ですし、小田嶋センセも「ポワポワ浮かれて思考停止していると、おっそろしい事態に突き落とされるぞ!」と言っているのでしょうしね。
0
空弁者 @scavenger0519 2014年11月14日
「いい話だったらデマでもいいじゃねぇか」とは思っていないよ。悪い奴なら司法の力を借りず私刑してしまえ!なんて思ってない。
1
空弁者 @scavenger0519 2014年11月16日
(しつこいかもしれないが、時間がたつと思考を言葉として表現できることもあるんで) 小田嶋センセの言い分は「人が死ぬ可能性のあることはその可能性の高い事象ほと、出来るだけ避けましょう」ということでは?
1
空弁者 @scavenger0519 2014年11月16日
部分を指摘し否定することで全体を否定する論を展開している人がいるように感じます。
1