編集可能

音楽を聴かなくなった理由――四本淑三さんの講座の学生レポートから

まとめました。
平沢進 初音ミク VOCALOID 音楽 四本淑三
174
四本淑三 @gnarbs
学生のレポート読み直してるんだが、おもしれえなあ。一番びっくりしたのが「親が音楽マニアでうちにCDいっぱいあるから自分で買う気しない」っていうの。いま19歳の親っていうと、自分と同世代かちょい上なわけで、あー、なるほどそんなもんかなと。
四本淑三 @gnarbs
もひとつ音楽を聴かなくなった理由ですごいのが「子供の頃に著作権を守りましょうと散々言われ、それを守るべくネットで音楽聴くの止めたら、聴くものがなくて音楽が分からなくなった」っていうの。笑えねえ。
四本淑三 @gnarbs
これもすごいな。「最近売りだされた曲で、知人が共通して知っている曲は非常に少ない。カラオケに行って皆で盛り上がれるのはSmapやモー娘。つまりインターネット時代以前の、情報源がTVやラジオしかなかった時代の曲ばかり」
尻P(野尻抱介) @nojiri_h
多様化しちゃだめなのね。RT @gnarbs: これもすごいな。「最近売りだされた曲で、知人が共通して知っている曲は非常に少ない。カラオケに行って皆で盛り上がれるのはSmapやモー娘。つまりインターネット時代以前の、情報源がTVやラジオしかなかった時代の曲ばかり」
尻P(野尻抱介) @nojiri_h
してみると、曲は多様で歌手は少数、というボカロの特性は重要だな。
四本淑三 @gnarbs
接触機会と共時体験かなぁ。だからボカロと平沢進が強い。RT @nojiri_h: 多様化しちゃだめなのね。RT:gnarbs 「最近売りだされた曲で、知人が共通して知っている曲は非常に少ない。カラオケに行って皆で盛り上がれるのはSmapやモー娘。つまりインターネット時代以前の…
尻P(野尻抱介) @nojiri_h
多様性は正義(にいちばん近いもの)、と信じているけど、初音ミクみたいな、個々の要素をある程度クラスター化するインフラも必要なんだろうかな。それがむしろ多様性を強化する。
四本淑三 @gnarbs
もひとつ「初音ミクで初めて音楽に興味を持った」という子が二人いて、二人とも速攻でDTM環境を整えて曲を作り始めている。ネットで音楽を聴くという体験は、おそらく聴く側から演る側へ向かう垣根を意識させないんだな。逆に聴き専にジジババが多いのはそれで納得いくというかゲホゲホ。
尻P(野尻抱介) @nojiri_h
------------- 区切り線 ------------ 一夜あけて・・・
尻P(野尻抱介) @nojiri_h
「音楽を聴かなくなった理由――四本淑三さんの講座の学生レポートから」をトゥギャりました。 http://togetter.com/li/74433
尻P(野尻抱介) @nojiri_h
タイトルは「CDを買わなくなった理由」のほうがよかったかな? 四本さんに聞いてみないとわからないけど。
尻P(野尻抱介) @nojiri_h
@gnarbs 昨日語ってた学生さんのレポートって、言える範囲で何歳ぐらい?&どういう学校です?
四本淑三 @gnarbs
@nojiri_h 武蔵野美術大学デザイン情報学科のエレクトロニクスメディア論という授業です。2年生が対象なので主に19歳ですね。
四本淑三 @gnarbs
@nojiri_h 「音楽を聴かなくなった理由」でOKですよー。
尻P(野尻抱介) @nojiri_h
@gnarbs 了解、そのへんTogetterに加えてかまいません?
四本淑三 @gnarbs
@nojiri_h ありがとうございます!来年もやりたいのでばっちり書いといてください。

コメント

𝗛ɪᴅᴇʏᴜᴋɪ 𝗦ʜɪʀᴀɪꜱʜɪ-起於累土- @tyuudoku777 2010年12月1日
コメントしていいのかな?とりあえず単純に思った感想を。1・2番目は人のせいにしてるだけのような。1番目は自分で音楽を聴く場合、絶対人と違うものがアンテナにひっかかるはず。2番目はCDであれ配信であれ、聴くというスタンスなら何も問題にならないわけで。3番目も加味すると「自分が聴きたいから聴く」から「不特定多数(他人)を加味して聴く」ってのがやたら強くなってる気がする。ミクはその中でこの2つがクロスカップリングしてるんだろうな~。
藤堂考山 @ko_zan 2010年12月1日
今は、とてもメディアというメディアが歪で、時代は進んでいってるのに人の意識とビジネスモデルが全然追い付いてないって感じ?音楽に触れる機会は、色んな場所で音楽を楽しめるようにしないと圧倒的に減ると思う。そういう意味で、初音ミクみたいな存在は、救世主なはずなのに、冷遇されすぎ。既存業界をもっと痛めつけないときっと分からないんだと思うな。
武井一雄@一般男性 @meza3 2010年12月1日
一番目のひとは「親のCDを聞くので自分では買わない」なのか「親が聴いてる音楽なんか聞きたくない。」のどっちなんだろう。
たまきち @Sacred_Maggot 2010年12月1日
なるほど、若者は音楽に飢えてるのか。なら、地上波で”HEY!×3”のようなバラエティーミュージック番組ではなく、MTVとかスペースシャワーTVでやっている、しっかりと音楽の情報を伝えるような番組をやればそこそこ視聴率を取れるんではないだろうか。
こんぽた @cornpt 2010年12月1日
飢えてはいないのでは?むしろ世の中何もかもBGMだから、音楽を聞きたいって言う経験があんまりなくなってるんじゃないんだかなぁって。思ったり?違うか。■とはいえ、音楽側の人間じゃないもんだから音楽聴かない人が居ることに何の問題も感じられないのはいけないのだろうか。
エターナル艦艦 @ss11223 2010年12月1日
音楽を聴いてる若者が洋楽から離れて行ってる理由も気になるなぁ
sleepsounds @sleepsounds 2010年12月1日
ネットのない頃は音楽を聞くことが他者との繋がりにある程度の役割を果たしていたけど、その役割が後退して理由がないと音楽を聞かなくなったということかなと思った。
澤野 @Lily_victoria 2010年12月1日
むしろ過去の名曲だけでいいよと私は思ってしまうので自分が音楽が好きなのかどうかもわからない。Pink FloydとかCrusadersとかは好きだけど何枚かCD買ったらそれ以上買う必要ないよね。
narumo_to(なるもと。) @narumo_to 2010年12月1日
興味深いレポート。「ミクからDTM始めた」って人、居るもんなんだんあ。あと、「若者の音楽離れ」って、やっぱり環境か…。
たさか(隣人部員) @ktasaka 2010年12月1日
こういうのを読むと、西野カナやエグザイルを聞いているのは誰なんだろうという気になる。
Atsushi @GreenITDev 2010年12月1日
音楽を聴かなくなったのか、CDを買わなくなったのかどっちの議論なんでしょう?流れとしては音楽が偏在化した、何かしらの手段ですぐ手に入る→CDを持つことがステータスでなくなった→CDは売れないし、お金出してない思い入れのない音楽なんてあまり聴かない。って感じでしょうか。
なまらはげお @crappyshocker 2010年12月1日
多様化、タダで聴ける→BGM化→1曲1アーティストに固執しない→金払ってまで聴かない。こんな感じなのかなぁ。ビジネスとしての先は暗いな
Chimera Geek @chimera_geek 2010年12月2日
きっかけが何であれ、理由がなんであれ、結局は当人の問題でしかない。
@Hameal 2010年12月2日
元々勝手に音を出すサイトは敬遠される傾向にあるのでTV世代とネット世代では無意識に楽曲を聞く機会は極端に減っているかも。 Youtubeやニコ動、UST等で使用されているBGMもフリー素材やボカロ楽曲、ゲーム音楽やアニソン等が多くてJ-POPを耳にする機会は少ないですね。 積極的に検索しない限りネット中にJ-POPを耳にする機会が無いのでは
棚P٩( ᐛ )و <ダーッ! @Psyrock 2010年12月2日
通学路でXばっか聞いて心から音楽を楽しんでたと思える中学時代があり、今の自分があると思っているのでなんとも勿体ない気がしてしまう。最終的には個々でどう捉えるかなんだろうけどさ。
ジョージ @Kiriyama_George 2010年12月2日
最近はボカロでカバーされたものを聴いて原曲を知ることが多い
あきゆき@相互フォロー @akiyuki123456 2010年12月2日
ラジオやTVよりもネットに接している時間が多いので、「音」を受動的に聞いている時間が短い、ということのコメントに納得。受動的に音楽を聴いていたラジオやTV世代は、同世代みなが知っている曲があるけど、いまは無い、ということか。
このさきれむ /h+JP @ethereallion 2010年12月2日
音楽の需要が小さくなったわけじゃなくて、あり方が大幅に転換した。「受動」から「積極」「参加」「創作」の音楽に。少品種大量配信から多品種少量配信に。従来のビジネスモデルは破綻した。音楽業界はあり方を見直さないといけない。そして、いつの時代も既得権益を守る老人は嫌われる。若者はどんどんそちらとは逆の方向に走り続けてゆく。
く牛ううう @usi_930 2010年12月2日
流行曲に興味が無くなったのは「自分が歳を取ったせい」だと思っていたけど、そうとも言い切れないのかな。
HIDEKATSU/藤尾任且 @hide001 2010年12月2日
「どうして音楽を聴かなきゃいけないの?」「どうして結婚しなきゃいけないの?」が似てるような気がしてきましたよ
umbrella_process @umbrellaprocess 2010年12月2日
何の講義でのアンケートなんでしょうか。
きりしまにしぐち@労働工廠泊地 @haruhiism2009 2010年12月2日
音楽発信の媒体環境がネット環境の急速な展開で、その流れを見失っている状況。その前に趣味の多様性とも相まって、他人とのコミュニケーションの「媒体」的役割から離れつつあるのが現状。その点で「ボカロ」はその隙間を埋める新しいツールである。
藤堂考山 @ko_zan 2010年12月2日
音楽に関しては、制度的にも業界的にも過渡期は20年くらい前から迎えているのにも関わらず、みんなで作為的な「無作為」を延々と続けてきたわけで、根深い問題を多く抱えたままココまできちゃった印象。著作権周辺の議論も時代に合わないことを延々と言い続けてるし、老人が全部せしめて墓場に逃げようとしてる流れが加速してるだけだよね。正直、業界を無視して別な市場を作るのが正解だと思うけどね。
房乃介 @fusanosuke 2010年12月2日
2番目はネットでの違法DLや違法ストリーミング視聴を肯定しているようにも捉えられるが、LastFMやYahoo!ミュージックとか比較的安価な有料合法配信もあります、と。前者はクレカ必須なので子供には親に頼むとかでハードルは高いんですけどね
サガミカヤノ @sagamikayano 2010年12月2日
うお、出身学科…ムサビ生も音楽聞かなくなってるのかー…。ある程度仕方ない気はするけど。
Tatsuh @tatsuh 2010年12月2日
皆と同じ音楽を聴くことが、音楽体験なのかなぁ? それとも、皆と同じ話題を語りたいから音楽を聴く、ということ? 周りの人がなんと言おうと自分の好きなものしか聽かなかった私には理解しがたい・・(^_^;)
swallow @sea911sea 2010年12月2日
RT @gnarbs: これもすごいな。「最近売りだされた曲で、知人が共通して知っている曲は非常に少ない。カラオケに行って皆で盛り上がれるのはSmapやモー娘。つまりインターネット時代以前の、情報源がTVやラジオしかなかった時代の曲ばかり」
S.Oda @_so_x_ 2010年12月2日
僕は邦楽を全く聴かない人間なので、洋楽離れっていうの全く理解できないのですが・・・日本のチャートって、今はどうなっているのか分からないけれど、僕が洋楽を聴き始めた頃(2000年とか?)には殆どの曲がポップで、多様性が無かったと思いました。それに比べて洋楽はいろいろなジャンルがランクインされていて面白かった。それに音楽は聴けば聴くほど、周りの友人が知らないアーティストに行き当たるのは当たり前で、ライブに行けばそこには自分と同じテイストの人が集まっている。ただ単に自分で探そうとしていないだけで、探す方法ならい
S.Oda @_so_x_ 2010年12月2日
くらでもあるような気がしますが・・・それからカラオケで盛り上がれないことが音楽を聴かない理由に結びつかないような・・・
@Hameal 2010年12月2日
ネットには音楽に特別興味を持たない人達が楽曲を知る機会が整っていないだけで意識的にネットユーザーが音楽を聞かなくなった訳ではないと思います。 実際知識の無い状態から最近の邦楽を探す過程はかなり苦痛な作業ですし、自然と耳にするBGM、視聴者の反応や派生作品が多いボカロ楽曲に辿り着くのでしょう
こばとんらいだー @kobaride 2010年12月2日
ちょっと前は好きアーティストに椎名林檎、バンプ、ポルノ、あゆ、サザン・・・ってあげる子とか前略プロフィールとかにも多かった気がするのにな パフューム・AKB・Kpopは今割と女子内で安泰だね KpopがJKに流行った背景が知りたい
アニメ大好きハゲおじさん @Crimson_Apple 2010年12月2日
これはなんか…音楽を聴かなくなった理由というより、CDが売れなくなった理由っぽいな。
こばとんらいだー @kobaride 2010年12月2日
So_Odaさんのpost見て思ったのは 音楽好きな人は多分自分の好きな物聞くんだと思う むしろその大衆的な音楽って奴が段々受け入れなくなってきたという事なのかな? 国民全体総マイナー思考というか(オタクにはマイナーな物を好む事が誇らしいっていう層がいる)
1_oo1oo_1 @1oo1oo_1 2010年12月2日
ネットラジオなんかは新しい音楽に触れるいい機会だけど、わざわざ購入してというモティベーションまでもっていくのが難しいですよね。RT @gnarbs: もひとつ音楽を聴かなくなった理由ですごいのが「子供の頃に著作権を守りましょうと散々言われ、それを守るべくネットで音楽聴くの止めたら、聴くものがなくて音楽が分からなくなった」っていうの。笑えねえ。
佐倉和音🥴 @O_Flow 2010年12月2日
今読んだらすごく興味深いな。若者じゃなくておっさんの自分も音楽を聴かなくなったのです。正確には過去の名曲しか聴かなくなった。「若者のテレビ離れ」にも繋がる事態かもしれない。
アカさん @aka_san0 2010年12月2日
「金出してまで聴きたくない」から「タダでも聴く気しない」へと移行しつつあるのかな。音楽なんて理屈抜きで本能的に楽しめるはずの娯楽なのに、その楽しみ方がカラオケぐらいしか分からない、だから興味が持てない、とか?メジャーシーンが飽きられてるのは仕方ないにしても、その気になればネットで無料かつ合法的に様々なジャンルに触れることも可能なのに。それもまた「決定回避の法則」ってやつ?
時エイトグ @kekerek 2010年12月2日
昔は音楽聴く以外に楽しいことが少なかっただけ、あと音楽以外でも人の感性を豊かにするものはいくらでもある
Fukutaro Hori @tivrsky 2010年12月2日
皆びっくりするくらい最近の曲知らないよね。毎週オリコンのランキングの殆どが入れ替わるからね。
こんぽた @cornpt 2010年12月2日
そういえば、実家にテレビがあったときは常に何かしらの音や音楽が流れていたが、ネット中心でテレビを持っていない一人暮らしになってからは、機械の発する淡いノイズ以外何も無いところでネットしたり作業したり、していることも多い。非常に多い。
S.Oda @_so_x_ 2010年12月2日
@kobarideさんの言う通りマイナー志向はあると思います。だからこそ、大衆的な音楽以外のアーティストを教えあうということに面白味があるし、その良さを共感できたときに喜びを感じます。ネットを通じ良質な音楽にアクセスしやすくなったのに、未だに情報を受動的に手に入れているから、聴かなくなったのではないかと。マイナー志向と同時に、多様化もしていると思います。音楽は成熟しきっていて、最新のものが必ずしも良いものだとは言えないですから。
藤岡真也 @fujiokashinya 2010年12月2日
もはや音楽って共通言語ではなくて、方言みたいなものになっているのかもしれない。もう多くの人が共通して聴いている音楽ってないんだろうな。方言には方言の良さもあれば、限界もあるけれど。
@trash_box 2010年12月3日
聴かなくなった、は無いけれど、聴き方が変わった。かつてcd屋でうろうろしてたのが今じゃ、itunesで買う→無い時はtutaya行く→それでも無い&面倒だからamazonで買う、になってる。経路が変わった。
EZhiker @easyhiker 2010年12月3日
わかるわぁ。自分で作る方が圧倒的に楽しいもんね。RT @gnarbs: もひとつ「初音ミクで初めて音楽に興味を持った」という子が二人いて、二人とも速攻でDTM環境を整えて曲を作り始めている。ネットで音楽を聴くという体験は、おそらく聴く側から演る側へ向かう垣根を意識させないんだな。逆に聴き専にジジババが多いのはそれで納得いく…
ねお@よしき @faithfulneo 2010年12月3日
iTunesで聞いてる人が増えたからCDの売り上げが減ったとすれば「CDの売り上げが減った=音楽を聴かなくなった」ではないのではと。なんか問題提起そのものが間違ってる気がしてきた
狸穴 茶寅次郎 @sanchatogo 2010年12月4日
買わないと物理的になくなる可能性=聴きたい時に聴けなくなる、がネットでの視聴・ダウンロード販売などでは薄くなったからかも。「いつでも聴ける」という感覚を持つと「買う!」というところまで欲求が高まらず、DLする人も一曲だけとか買うとこまでは至らないとか。
titan @titan755 2012年6月10日
皆が知る共通の歌が失われていくさまは、正にバベルの塔が崩壊して共通の言語が失われた故事を彷彿とさせる。初音ミクははたして新時代のモーゼになれるだろうか?
zou @zengshan 2012年6月21日
2008年の1月にミクを知ってから、一切の既存楽曲CD及びTV・ラジオ等の音楽が色褪せて、クダラナイ金儲け主義のノイズにしか聞こえないのは何でなんだぜ?ボカマスとかのCDは買うのに。何この矛盾。自分でも良くワカラナイ。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする