編集者から見た現場の表現萎縮

『マンガ論争』シリーズ担当編集者でもある 奈良原士郎さん(bue1975)の編集現場の萎縮効果の実体験ツイートをまとめました。
出版 漫画 編集 表現規制 雑誌編集者 条例 マンガ 編集者 非実在青少年
aku_HAZ 18037view 29コメント
185
ログインして広告を非表示にする
  • 奈良原士郎 @bue1975 2010-12-01 17:33:02
    http://tinyurl.com/26wbnct 今回も漫画家の方々が声を上げてくれました。ちばてつやさんは発言の中で、現場の萎縮効果を心配しています。せっかくなんで、実際に起こった「萎縮」のお話をしましょう #hijitsuzai
  • 奈良原士郎 @bue1975 2010-12-01 17:36:13
    萎縮効果は、出版の世界ではまず経営陣や編集部などの管理サイドから始まります。最初に来るのは「抗議」や「呼び出し」です。 #hijitsuzai
  • 奈良原士郎 @bue1975 2010-12-01 17:37:58
    僕も色々な抗議などを受けました。具体的なお話は相手もあることなので避けさせていただきますが、何度も色々なところに呼び出されて「説明」をしました。最初はこちらが悪いかどうかわからないので「謝罪」ではありません。 #hijitsuzai
  • 奈良原士郎 @bue1975 2010-12-01 17:40:43
    こうした「説明」は、仮に僕があずかり知らぬところで起こった事や、判断不能なことであったとしても、ある程度地位のある人間が行かなければ話になりません。僕は前の会社では「課長」「編集長」「副編」などの肩書きをもらっていたので、こういう役割は多かった。 #hijitsuzai
  • 奈良原士郎 @bue1975 2010-12-01 17:43:45
    そうするとまあ、特に個人相手だと、猛烈な抗議を受けるんですね。「人でなし」「人殺し」「人間の屑」など(笑 こっちが悪ければまあ仕方が無いのですが、少なくとも法的には問題が無い場合も多くありました。中には完全な言いがかりも少なくありませんでした。#hijitsuzai
  • 奈良原士郎 @bue1975 2010-12-01 17:46:03
    こう激烈な言葉をぶつけられると、実際傷つきます。「人殺し!」ですよ。そんな言葉をぶつけられて、こっちのどこがどう悪いのかわからない場合は特に大ダメージです。 #hijitsuzai
  • 奈良原士郎 @bue1975 2010-12-01 17:50:15
    今回の青少年条例案が通ると、こうした経験を都庁、さらには警察ですることが増える。僕は実際に体験していませんが、長年エロマンガ編集に携わっていた方(塩山さんの本(http://tinyurl.com/2u73cwt)などを読むと解りやすいです。#hijitsuzai
  • 奈良原士郎 @bue1975 2010-12-01 17:52:29
    さらにいうと、現場の責任者クラスの時間を著しく奪うわけです。早出・徹夜が当たり前の時間の無い職種・職責者の時間を奪う、イコール会社組織としては大損です。少なからず心に傷を負いますから、これも能率ダウンに大きく寄与します。 #hijitsuzai
  • 奈良原士郎 @bue1975 2010-12-01 17:54:45
    そうなったら、もうそれ以降は「抗議を受けないように」「お上に目をつけられないように」は当然考えますよね。やっていられない。#hijitsuzai
  • 奈良原士郎 @bue1975 2010-12-01 17:55:53
    もちろん、そのリスクを侵しても「売れる」「価値がある」という判断があれば突っ込みます。少なくともその気持ちはみんなが覚えているはずです。でも、それは滅多に発動しない。よっぽどのネタじゃないと無理です。 #hijitsuzai
  • 奈良原士郎 @bue1975 2010-12-01 17:59:16
    これは今自分がやっているような対芸能事務所ネタや、以前やっていたゲームのような対メーカーネタでも同じ事が言えます。抗議を受け「馬鹿野郎やんのかコラ」と言えないシチュエーションはあまりに多い。じっと我慢を数時間。このつらさは中々解ってもらえない。 #hijitsuzai
  • 奈良原士郎 @bue1975 2010-12-01 18:02:04
    本当に辛いし時間がもったいない。だから編集者はそうしたネタ・表現を避けます。ここから先は同じ事が起きます。編集者は作家に「馬鹿野郎こんな事書いたらどうなるかわかってるのかボケ」と。編集者にそう言われれば作家も萎縮します。 #hijitsuzai
  • 奈良原士郎 @bue1975 2010-12-01 18:04:15
    これにて一度「引っかかった」ネタ・表現は一巻の終わり。今回の青少年条例案が通ると、「引っかかり」の法的に認められる範囲が著しく広がることになるでしょう。 #hijitsuzai
  • 奈良原士郎 @bue1975 2010-12-01 18:09:06
    これまでは解釈や表現方法の問題、ということで、話し合い(裁判)で解決する事も可能でした。でも、法的な拘束力を持たれてしまうとそれは相当難しい。こっちの常套手段は「確かにそうかもしれないが、これは”法的に認められた表現だ”」というものがあったんです。#hijitsuzai
  • 奈良原士郎 @bue1975 2010-12-01 18:12:31
    このように萎縮効果というものはすでに相当強烈な形であります。編集者などは一応壁となる存在で罵られるのも慣れている方(笑 ですので、まあ一時的な傷ですみますが、繊細な方の多い作家などクリエイターは一発で潰れてしまってもまったくおかしくありません。 #hijitsuzai
  • 奈良原士郎 @bue1975 2010-12-01 18:16:35
    「萎縮効果」を馬鹿にする人も多いようです。「気合が入っていない」という意見もあるでしょう。でも、現実は大変なんですよ。#hijitsuzai
  • 奈良原士郎 @bue1975 2010-12-01 18:18:00
    だって表現するということは、少なからず誰かを傷つけることなんです。百人を傷つけることで十万人を満足させるとでもいいましょうか。どんな表現にも傷つく人はいる。当然「抗議」はあるんです。 #hijitsuzai
  • 奈良原士郎 @bue1975 2010-12-01 18:23:27
    最初からそういうものなんですよ「表現」って。全ての作品・商品がリスクを背負っている。でも多くの人が面白いと思うのなら「表現」するんです。そうすれば多くの人が楽しめるし、我々や作家は生きていける。「表現の自由」におんぶに抱っこなんです。 #hijitsuzai
  • 奈良原士郎 @bue1975 2010-12-01 18:28:19
    今回の青少年条例改定案は、その最後の砦を奪うに等しい。少なくとも改定案を見る限りその可能性は確実にある。「萎縮効果」とは、相当危険なものである。僕はそう考えています。今現在「萎縮している」者として。乱文失礼いたしました。 #hijitsuzai
  • 奈良原士郎 @bue1975 2010-12-01 20:27:09
    携帯電話を買ってもらえない子供が携帯電話で話しているシーンを見て傷つく。極論ではそんなことだってあるわけです。でも、だからといってそれを規制するのか? そういう議論だと思います。その意味での有害度はエロも違法行為も携帯電話も同価値です RT @pocochica:
  • 葉月 博規 @aku_HAZ 2010-12-01 20:44:02
    鬱病が酷かった時期、何やってもダメなキャラに自分を重ねては傷ついた。だが作品を恨んだことはない。規制など余計なお世話。RT@bue1975携帯電話を買ってもらえない子が携帯電話で話しているシーンを見て傷つく。極論ではそんなことだってあるわけです。だからといってそれを規制するのか?

コメント

  • 葉月 博規 @aku_HAZ 2010-12-01 21:22:53
    初作成なので齟齬がありました。重複分等微修正。
  • 本城ひな太。 @hinata_honjo 2010-12-01 22:18:43
    現場の生の声は重いなあ。。
  • anon@絵描きモード @pochi_go 2010-12-01 22:33:39
    「叩かれてこそ良いモノが出てくる」「叩かれて潰れるならそれだけのモノ」と考えてる方々に読んで欲しい。ご自分が実際にそういう目に遭うことで良いモノが作れた、という話なら、個人的な話として伺うけれども。
  • まようさ @mayousa_desuga 2010-12-02 01:57:41
    結局、「全力でゾーニングすれ」って話にしかならない。
  • 蓮河生丹 @hsgwkyt 2010-12-02 04:49:18
    面白い。この一連の主張には「如何にして傷つく人を減らすか」という発想がない。「如何にして苦情を減らすか」という方向、これが編集サイドの考え方(の一例)な訳ね。
  • 美波里 @LLLXK 2010-12-02 07:32:20
    「如何にして傷つく人を減らすか」という話では無いし、「如何にして苦情を減らすか」という矮小な範囲の話でも無いと思う。他人が自分の思い通りのポイントに話の焦点を当てないからダメとか、敵対的な考えの持ち主だと断言する発想は貧しすぎると思う。
  • 机器猫 @asamenews 2010-12-02 07:44:52
    何が「いかにして苦情を減らすか」だ。読解能力がないだけならまだしも、ねじくれた物の見方をしやがるな。人を傷つけたくて作品を作る訳ではなくとも、そういう人が出てきてしまう可能性というものはあり、そうなった場合、苦情等の対応に、作品制作に関する時間や体力を削られてしまう。萎縮させられる。そして繰り返さないようにする事で使える表現や展開がどんどん削られていく、そういう話だろうが。
  • 藤堂考山 @ko_zan 2010-12-02 11:35:07
    よし、わかった。クレーマーの収容所を作って、そういうクレームを入れた奴を特定して、連行して全員処刑して晒し首にすれば良いんだな!ほら、モンハンも流行ってるし、リアルモンスタークレーマーハンターで、ハンターライセンスを持ってる奴は、武器の所持を許して、クレーマーを狩ることを許せば良いんだよ。世の中のヤクザはこぞって、みんな正義の味方に早代わりだねb
  • ぼんじゅ〜る・ザ・ビースト @France_syoin 2010-12-02 11:41:03
    規制には基本反対でゾーンニングで対応すべきだと思うけど、少年誌に規制対象のエロ表現がなぜ必要なのか未だにわからない。少年誌は小学生も読む本だ。そんな本にレイプ、セックス、クンニ、ペッティング、絶頂表現。それらは小学生に必要なドラマツルギーか?作話に関する人はもう一度考えてほしいがな。
  • 藤堂考山 @ko_zan 2010-12-02 11:41:09
    まあ、冗談はともかく、結局、責任者の覚悟が足りないだけじゃね?出版社なんか、作家と編集者を守って、コンテンツ作らせて管理して読者とのマッチングをメディアとして行うから企業価値があるわけで、何のために存在してんだよって感じ。クレーマーや政治的圧力に負けるような経営陣なら早く潰れたほうがいいよ。これからの時代に合わないよ。サラリーマンプロデューサーやサラリーマン編集長みたいなレールの上で実力も無いのに立ち回りだけでやってきた奴の末路としては丁度いいだろ。
  • 藤堂考山 @ko_zan 2010-12-02 11:54:16
    ぶっちゃけ、エロは食料を売るくらい、数字が読みやすい。金銭的に、苦しくなれば苦しくなるほどエロに走る。規制しても、闇に潜るだけで、同じ。エロと暴力に人が群がるのは、いつの時代でも一緒だからね。そこから離れたいなら、余裕がないと無理。
  • まきにゃん @ma_china 2010-12-02 11:57:29
    抗議ぐらいで萎縮するような出版社は氏ねばいいのに_ #hijitsuzai
  • ueda hiroshi @uedaeb26 2010-12-02 12:09:50
    「経済活動の自由」の武器だけで、クレームと戦っている、他業界のこともたまには思い出してあげてください。
  • きゃしゃん@萌&健太 @chasyan 2010-12-02 12:39:07
    @takanoyosh 「傷つく」と言えば聞こえはいいですが、実際問題ただの好き嫌い。要は個人的嫌悪感ですからね。特定の人たちの嫌いだけが優先されて、別の人たちの好きが排除されなければいけない理由はありません。
  • きゃしゃん@萌&健太 @chasyan 2010-12-02 12:45:25
    @asamenews 貴方の主張は一見美しく見えますが実のところエゴを振りかざしてるに過ぎません。「私はトマトが嫌いだ。見るのも嫌だ、傷つく。だからスーパーや八百屋で私たちトマト嫌いの目にトマトが入らないようにする法律で規制しろ」これと同じこと言ってるんですよ?
  • ZAZEN COFFEE(旧ざぜんさん) @O_Flow 2010-12-02 13:48:41
    コメント欄でステゴロでもない喧嘩するなよ…って思うが置いといて、責任者の覚悟と理論武装が大事だと思う。難癖付けてくる有象無象の自称有識者と対等に刀交えるぐらいじゃなきゃ。問題はこの自称有識者が法律で裏打ちされちゃう危うさ。#hijituzai
  • ミィム@HEXABLOCK LLC. @happylab 2010-12-02 14:50:29
    例えば東京都健全育成審議会で有害図書指定を受ける。内容は公開だが、基準は密室。呼び出されて注意受ける。当人はある程度クリティカルなガイドラインを把握してるけど、同業他社はそこからさらに曖昧模糊としたガイドラインを広めに作らなければいけなくなる。
  • @Ameri_kan 2010-12-02 18:56:28
    アルティメットどうでもいいんだけど、大乱闘Togetterブラザーズするんだったら別のフィールドでやった方が効果的なのではないのでしょうか。
  • 武田具朗 @grobda 2010-12-02 19:16:03
    >少年誌は小学生も読む本だ。そんな本にレイプ、セックス、クンニ、ペッティング、絶頂表現 そんな表現がある「少年誌」の存在に全く思い当たらないのだが、実例を上げてくれまいか? 特に改正案にある「不当に賛美」するための表現として使われてる例を希望。
  • 天野竜@H級サイボーグは黒羊の夢を見るか @R_Amano 2010-12-02 20:31:51
    >実例を上げてくれまいか? クン○はエデンの檻@少年マガジンとおもわれ
  • Anon Y. Mous @mousanon 2010-12-02 21:26:35
    モンティ・パイソンズのジョン・クリーズもそんな事を言っていた。規制は必要な事もあるだろうが、クリエイターに製作段階で規制を意識させてはいけない。作品が小さくなるって。Youtubeで見たハワイ大での講演だったか。
  • しめすへん@ネ人造人間 @shimesuhen 2010-12-02 22:09:45
    「如何にして傷つく人を減らすか」という考え方は危険。どこまでいけばゴールなのか?行き着く先は「誰も傷つけてはいけない」になってしまう。編集者が考えるのは「満足する人を増やすこと」だけで十分だろう
  • @ethereallion 2010-12-03 01:41:29
    最近の漫画とかよりも、永井◯氏とかの漫画の方がエロ表現は過激なように思えるけれども、それを見て育った今の大人達はダメな人たちなのだろうか。要は、エロ表現が教育上悪いとするならば、客観的な根拠を示すのは最低限の義務だと思う。「自分は◯◯だと思う」とかではなくて、それを世の中全体の規制に盛り込む以上は、世の中全体に説明のつく普遍的かつ論理的な根拠が当然必要となるのは誰にでも分かることかと思う。規制派側に、感情論を超えた、論理的な意見を殆ど拝見できないのが残念に思う。
  • 沖縄7号 @okinawa7go 2010-12-03 16:10:11
    ”如何にして傷つく人を減らすか”のゴールは、傷つける人も傷つく人も居なくなってしまえば良いになるからねー。規制派も編集者を傷つけるし、まず、規制派が居なくなれば幸せになる人は増えるよ。
  • Spica @Kelangdbn 2010-12-05 06:39:26
    表現対象もその方法もいくらもある。表現規制による萎縮を理由に創作が出来なくなるとすればその理由はそもそも引き出しが少ない事では?合コンで下ネタNGにすると静かになる人みたいな 『編集者から見た現場の表現萎縮』
  • きゃしゃん@萌&健太 @chasyan 2010-12-06 03:07:35
    @Kelangdbn いくらもあるからといって、それが特定の表現対象や方法を禁ずる理由にも表現の萎縮を否定する理由にもなりません。
  • 小嶋裕一 @mutevox 2010-12-07 19:12:40
    こちらと合わせて読むべし 「規制条例反対派の論では規制派の論には対抗できない」渡邊芳之さんによる東京都の表現規制条例についてのツイート」 http://togetter.com/li/76112
  • ポポイ @popoi 2012-06-16 01:43:33
    「らい予防法反対派の論ではらい患者隔離派の論には対抗できない」なんて発言をした人とか、らい予防法が健在な当時、おいでだったかもしれませんね。ちなみに、戦前・戦中・それ以前でも、外国の出来事でもありません。戦後の日本です。 ・編集者から見た現場の表現萎縮 Togetter

カテゴリーからまとめを探す

「ジェンダー」に関連するカテゴリー