5thのInspirationについて個人的考察

Dungeons & Dragons 5th で導入されたInspirationについて考えたまとめです。基本はデザインチームのMike Mearlsが記事で書いていたもの(http://archive.wizards.com/DnD/Article.aspx?x=dnd/4ll/20130722)と実装されたもの(http://dnd.wizards.com/articles/features/basicrules)から考えました。
9
柳田真坂樹 @D16

5thのInspirationについて「適切な負けプレイを行うことでパーティー全体に還元されるリソースが得られ、さらに負けプレイへのツッコミ他対応により参加者間の発話を促すことがてきるシステム」って言う風に自分の理解が固まったんだけど、(続) #dndj #TRPG

2014-11-20 09:40:01
柳田真坂樹 @D16

@D16 最近、TRPG始めた人なら「負けプレイ」ってわかると思うんだけど、古めのDnDクラスタには「負けプレイ」って通じるかなぁ。あとキャッチーな例として「負けプレイ」って書いたけど、そこから漏れるニュアンスも無くはないんだよね #dndj #TRPG

2014-11-20 09:44:12
柳田真坂樹 @D16

inspirationの肝は、「示されたキャラ特性に基づいて敢えて不利な選択をしたとき」、「パーティー全体で使えるリソースが手に入る」あたりだと思ってたけど、実際にプレイしてみてさらに実感したのは「1人ひとつまで」と言う制限の適切さ(続) #dndj #TRPG

2014-11-20 09:49:51
柳田真坂樹 @D16

@D16 これはadvantageとdisadvantageの累積と同じく、セッションで+を重ねようとして、プレイが遅延するのを予防し、さらに特定キャラがinspiration獲得のために見せ場独占するのを防いでるんだよね。 #TRPG #dndj

2014-11-20 09:54:59
柳田真坂樹 @D16

@D16 inspirationは重ね取りできないんだから、一旦自分のキャラアピールしたら、他の人に回そうよ、と言う。そうして見せ場を回すこと(さらにそこでちょっとしたトラブルが、演出されること)で、各キャラを立てることができる #TRPG #dndj

2014-11-20 09:59:06
柳田真坂樹 @D16

ただ、低いレベルの時はダンジョン内に入ると生きるのに必死でなかなか「負けプレイ」なんかやってる余裕がプレイヤーの方にないので、ダンジョンに入る前、インターミッション的なシーンで各自アピっておくのが良いみたい。つまり、(続) #TRPG #dndj

2014-11-20 10:02:10
柳田真坂樹 @D16

@D16 初期のシーンでは各自がそれぞれ自分勝手に行動して困ったことになるんだけど(キャラ立て&inspiration獲得)、ダンジョンに入るとそこはプロ、うまく機能し始め(余裕なくマジプレイ中) #TRPG #dndj

2014-11-20 10:07:12
柳田真坂樹 @D16

@D16 クライマックスでは互いの信頼が実を結び(inspirationを融通しあって)、困難な状況から逆転勝利! って流れが理想かな。 #TRPG #dndj

2014-11-20 10:08:50
柳田真坂樹 @D16

その上でinspirationがシステムとして果たす役割として大きいと感じてるのは「参加者間の発話を促す」だったりします、個人的に。TRPG慣れてる人だとわりと普通に、キャラの個性をやり取りして楽しむし、それをTRPG最大の楽しみとしてる人いるけど(続) #TRPG #dndj

2014-11-20 10:15:28
柳田真坂樹 @D16

@D16 始めたばかりの人には、このキャラの個性と言ってどこまでやっていいか、どうすればいいかわからないと思うのね。そこでキャラ作成の時もらった個性で、不利なことしてツッコまれてinspiration貰うのってうまいチュートリアルになると思うのよ #TRPG #dndj

2014-11-20 10:20:26

以下、去年、このInspirationが上記Mike Mealsの記事で取り上げられたときのD16の感想ツイート抜粋。

柳田真坂樹 @D16

bit.ly/15aCWAQ D&DNextに、1)ライフパス導入。2)リワードポイント(的なもの)導入の記事。ライフパスはこれまでの背景やアライメントなどキャラクターの個性や行動指針を支援するもの。表をロールしたり内容を自作したり #TRPG #DnDJ

2013-07-22 16:13:34
柳田真坂樹 @D16

本文では“Inspiration”と呼ばれてるけど、GDZのリワードポイントと獲得条件がとても似てたので、リワードポイント導入とか書いちゃった。キャラクターの個性、最終目的、信念に沿った行動を取るとDMから“Inspiration”が与えられる。 #DNDJ #TRPG

2013-07-22 16:15:20
柳田真坂樹 @D16

この“Inspiration”はその遭遇やシーン中の判定にAdvantageを得るのに使える。1度に持っておけるのは1つまで、他人に(RPとともに)渡すことが可能。“Inspiration”はすぐ無くなる(獲得したシーン中に使用しなきゃだめ) #DNDJ #TRPG

2013-07-22 16:16:04
柳田真坂樹 @D16

Inspirationが使えるのは判定、セーヴ、その行動に結びついた攻撃ロールなど。1プレイヤー1シーン1回獲得くらいを目安に、とのこと。ただし、厳密なバランスに基づくものではなく、セッションを廻すためのツールと言う位置付け。 #DNDJ #TRPG

2013-07-22 16:17:29
柳田真坂樹 @D16

これからテストパックに入れられるのでもう少し変わる可能性はあるものの、現時点で該当記事へのコメントはおおむね好意的な感じ。「4eのアクション・ポイントより洗練されてるよね!」、「なにが良いロールプレイなのか、を卓に任せるのは良いね」などなど #DNDJ #TRPG

2013-07-22 16:18:43
柳田真坂樹 @D16

「良好なRPはXPにボーナスあげると言うヤツでいいんじゃ」、「パーティ内でXPの値が変わるとめんどくさいんだよ」、「それに良いロールプレイにたいしてXPで報償するというのは“うちのプレイグループでは”もはや全然アピールしないので、このシステムはイイ」 #DNDJ #TRPG

2013-07-22 16:19:21
柳田真坂樹 @D16

そして、コメント欄に「このシステムは天羅万象を思わせるよ!」という書込みがあった! 井上先生、遠藤先生、すごいですよ!“あの”前書き通りですよ! #DNDJ #TRPG

2013-07-22 16:20:51
柳田真坂樹 @D16

あと、元大工のウィザードがさっきのセリフ言ってInspirationもらったら、「というわけで、このあたり押すと破りやすいぜ」とファイターに教えてやるRPとともにInspirationを渡す、するとファイターは扉破りにAdvantageを得る、ってコトもできる。 #TRPG

2013-07-22 16:26:57

コメント

柳田真坂樹 @D16 2014年11月20日
とりあえず他の作業があるので今はこんなモンで。
0
COBRA @ns_torg 2015年9月29日
D&D5版BASIC邦訳が出て超有用なまとめ
0