2014年11月23日

(元)名古屋大学工学研究科(旧)助教授 玉置 昌義( @Dr_Head_TMI )さんの呟き2014年11月分( for #genpatsu #原発 )

まとめました。
0
玉置 昌義 @Dr_Head_TMI

20141101_00 わらかしべか/記憶/西アフリカのエボラ出血熱患者の治療で、試験段階の抗エボラ薬を、その偽薬を与える患者グループを作らずに全患者に与えるという欧州医師団の方針。エボラ治療薬、欧州「偽薬治験なし」投与計画に米が異議 on.wsj.com/1E7LrgY

2014-11-01 06:19:32
玉置 昌義 @Dr_Head_TMI

20141101_01 長い道程、実体なき「廃炉工程」鮮明/記録/宮沢経産相、福島第1視察=廃炉作業「難しい課題も抱えているが、着実に進んでいる」 headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141101-… 宮沢経産相 第一原発視察、就任後初の訪問 headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?…

2014-11-01 20:42:17
玉置 昌義 @Dr_Head_TMI

20141101_02 福島事故原発1-3号機の状態把握_2014年10月版に入る前に、基本データを見ておこう。議論は簡略にとどめる。まず台風18・19号の経路。気圧変動・降水量の主役。境界条件を通して如何に原発内部へ影響したか? pic.twitter.com/ssGAYGnYpr

2014-11-01 23:50:17
拡大
玉置 昌義 @Dr_Head_TMI

20141101_03 事故原発現場の気象データが欲しいところだが、入手の手づるが見いだせないので、小名浜データで代用する。やはり18・19号の気圧低下が目に付く。降水量は18号に伴って多い。これが原発格納容器内に影響をもたらしたか? pic.twitter.com/yxzJmCuf6R

2014-11-01 23:54:56
拡大
玉置 昌義 @Dr_Head_TMI

20141101_04 タイミングよく、廃炉・汚染水対策会合報告を目にすることができた。一通り目を通して、関連記事を切り貼りして資料としておく。 pic.twitter.com/CVj7aTeZmM

2014-11-01 23:57:22
拡大
玉置 昌義 @Dr_Head_TMI

(まだ10枚以上画像があるが、疲れが出てきて、怪しげになりそうなので、今夜はここまで)

2014-11-01 23:58:54
玉置 昌義 @Dr_Head_TMI

20141102_00 困りますよね、ファインマンさん。最先端と云われ続けた「宇宙と核」/記憶/米で民間宇宙船の事故続発 コストと安全、両立困難 s.nikkei.com/1G6JmUz 電力8社 黒字確保 東電 経常利益71%増 tokyo-np.co.jp/article/econom…

2014-11-02 07:37:08
玉置 昌義 @Dr_Head_TMI

20141102_01 9月末と10月末の事故原発プラント関係パラメーター比較。切り出しては見たもののたぶん数値は判読できない。ここでは基本データということで、追い追い深入りしていきます。 pic.twitter.com/jzOSO4TXTk

2014-11-02 08:14:48
拡大
玉置 昌義 @Dr_Head_TMI

20141102_02 事故原発1-4号機の現状、廃炉進捗状況の図(概要)。事故状況をイメージ的に特徴を表現。燃料メルトダウン&スルー、圧力容器・格納容器・圧力抑制室水位など。もう少し把握できている、あるいは、いてほしい部分もあるが? pic.twitter.com/wacSiQSpAm

2014-11-02 08:22:32
拡大
玉置 昌義 @Dr_Head_TMI

20141102_03 事故原発1号機の詳細図。メルトダウン&スルーで格納容器底をかなり浸食、第一格納機能を確保できているか? 圧力抑制室には自由水面はないか? 格納容器で検出される水素の発生個所特定への突込み不足には不満もあるが…。 pic.twitter.com/CvGad3Ew0J

2014-11-02 08:29:12
拡大
玉置 昌義 @Dr_Head_TMI

20141102_04 事故原発2号機の詳細図。メルトダウン&スルーの割合が一番少ない。格納容器・圧力抑制室の水位も低い。圧力容器内水位が書き込まれていないが、過去の水素濃度推移から、ここで水素が発生しているとみられるので疑問がある。 pic.twitter.com/8TtnBZeTUV

2014-11-02 08:37:10
拡大
玉置 昌義 @Dr_Head_TMI

20141102_05 事故原発3号機の詳細図。大半の燃料がメルトダウン&スルー。圧力容器内水位は不明、格納容器水位は高い。圧力抑制室水位も高いものの、図にはない自由水面があるはず、空間気体から高濃度水素検出ができるかどうかは見もの。 pic.twitter.com/co92PhSW1B

2014-11-02 08:46:02
拡大
玉置 昌義 @Dr_Head_TMI

20141102_06 事故原発外回り、汚染水と地下水の取り回し。台風の気圧と降雨が直接影響?原子炉建屋・タービン建屋地下室水位と建屋外地下水水位、数値が拾いだせるかは未定。建屋・格納容器(SCV・PCV)境界状態の把握に繋げうるが。 pic.twitter.com/oCvU1E1Flf

2014-11-02 08:54:46
拡大
玉置 昌義 @Dr_Head_TMI

20141102_07 ここ1か月の圧力容器と格納容器内の温度、しばらく前から気温・冷却水温度との対比表示。穏やかそうな推移に見えるが、気になり続けていることもある。連休明けに公開される規制庁向け「温度監視報告」のデータで語り直そう。 pic.twitter.com/1nYWVjKcLa

2014-11-02 09:04:42
拡大
玉置 昌義 @Dr_Head_TMI

20141102_08 3号機格納容器推移に関連する諸データが。今後の原発事故推移の検討モデルを精度向上させるうえで必要な部分を切り貼りして資料としておく。再循環ポンプの高さがここまであったとは!配管の相対的関係もいくらか把握できた。 pic.twitter.com/aLjRM3TvkG

2014-11-02 09:10:41
拡大
玉置 昌義 @Dr_Head_TMI

20141102_09 使用済み破損燃料。中性子イメージングの試験片に欲しい。折角の宝の山、なにも研究せずに捨てちゃうなんてもったいない。 pic.twitter.com/ufxbiYacHs

2014-11-02 09:14:08
拡大
玉置 昌義 @Dr_Head_TMI

20141102_10 格納容器漏えい個所の特定調査。台風の影響データ評価から、この調査へのTMIでの検証、どこまで迫れるか。また過去のTMI把握の再検証になるか、あるいは自己否定になるか。しばらく気の抜けないデータ処理が続きそう。 pic.twitter.com/NbZvaERRpX

2014-11-02 09:19:08
拡大
玉置 昌義 @Dr_Head_TMI

20141102_11 1号機圧力抑制室回り断面図。既出のものだとも思うが、再確認用として資料に。トーラス内にも複雑な構造物が…(水位は省略?)。逃し蒸気配管の取り回し形状、こんな風なのか?事故直後どう働いたか?気になる第一の配管…。 pic.twitter.com/yhkQUbBWih

2014-11-02 09:26:10
拡大
玉置 昌義 @Dr_Head_TMI

20141102_12 2・3号機圧力抑制室回り断面図。格納容器・圧力抑制室の隔壁としての機能、どう破れているか? これも、過去のTMI把握の再検証、あるいはその自己否定に挑戦するとしよう。しばらく9-10月のデータ処理に入ります。 pic.twitter.com/GefrLzOA0D

2014-11-02 09:32:09
拡大
玉置 昌義 @Dr_Head_TMI

20141102_13 福島事故原発1-3号機の2014年9月1日から10月31日の東電HPのデータ処理を大まかに完了。詳細は追い追いツイートしていく予定。今回のデータ処理で掴めた特徴的知見を一つ。まずは台風18・19号の経路の再録。 pic.twitter.com/t8hQC5y3ar

2014-11-02 19:41:31
拡大
玉置 昌義 @Dr_Head_TMI

20141102_14 9月1日ー10月31日気象データ。気象庁HPより。気圧変動、二つの台風が鋭く大きいのは当然だが、相前後して気圧変動、想ったより多い。気温は日変動しながら秋が次第に深まってきた様子。そして台風に伴う降水量ピーク。 pic.twitter.com/prZVrjX60x

2014-11-02 19:47:48
拡大
玉置 昌義 @Dr_Head_TMI

20141102_15 大気圧は開口部のある事故原発格納容器の境界条件。そして大事な入力条件が圧力容器内への注水冷却水の温度推移。気温の低下とともに揺らぎながら温度が下がってきた。これが事故原発内の広範な個所の最低温度を規定するはず。 pic.twitter.com/wuByeVAJXL

2014-11-02 19:52:56
拡大
玉置 昌義 @Dr_Head_TMI

20141102_16 3号機で発表されている格納容器・圧力容器・圧力抑制室・主蒸気隔離弁周りなどの2か月間の温度推移。従来から温度揺らぎが大きいふるまいを続けてきた箇所の特徴。今回の台風の影響を見る視点から考えるた結果、対応が浮上? pic.twitter.com/002K0bLXrh

2014-11-02 20:01:56
拡大
玉置 昌義 @Dr_Head_TMI

20141102_17 3号機温度と台風低気圧の相関:注目温度計の指示値推移を、台風などによる気圧変動、冷却水温度及び主蒸気管隔離弁周り温度推移と対応させてみた。冷却水温度を下限に、台風などの気圧変動と相関、温度揺らぎを発生している。 pic.twitter.com/0ICM4Le3OG

2014-11-02 20:09:42
拡大
玉置 昌義 @Dr_Head_TMI

20141102_18 1年前に台風の事故原発内パラメータへの影響を調べたが、この温度揺らぎとの関係までは踏み込めなかった。その後、3号機の格納容器からの水漏れについて明らかにされた諸事項を加味して、近々、総合的な議論に再挑戦したい。 pic.twitter.com/A9iPIVwAhX

2014-11-02 20:15:06
拡大
残りを読む(176)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?