カテゴリー機能は終了いたしました。まとめ作成時にはタグをご活用ください。

カント『プロレゴーメナ』の英文要約がなされている英語版ウィキペディアを意訳し、岩波文庫版とEarly Modern Philosophy(英語の意訳版)などの内容から補足も加える。

カントの『プロレゴーメナ』を日本語訳と英語訳と共に読み進めている。英語版のウィキペディアではわかりやすい要約がなされており、読めば理解を促される。それを岩波文庫の日本語訳とEary Modern Phillosophyの英訳の内容で補足しつつ、わかりやすい日本語になるように意訳していきます。 Wikipediaの翻訳部分は太く強調してます。 ソース: 続きを読む
人文
0
リンク Wikipedia Prolegomena to Any Future Metaphysics Prolegomena to Any Future Metaphysics That Will Be Able to Present Itself as a Science (German: Prolegomena zu einer jeden künftigen Metaphysik, die als Wissenschaft wird auftreten können) is a book by the German philosopher Immanuel Kant, published in 17
福田陽二郎 @perceptualreco
形而上学の諸原理はア・プリオリなもので構成される。ア・プリオリとは、外的な経験(物理的な経験)にも内的な経験(心理的な経験)にも由来しないということである。形而上学の知識とは、ア・プリオリな純粋知性と純粋理性を対象とする哲学的な認識のことである。
福田陽二郎 @perceptualreco
a. 分析的知識と総合的知識の違い 分析的判断が成されている文(主語と述語を持つ文)の中にある述語は、主語の意味範囲を超えて認識を広げるような新しいことを述べない。既に主語の中に含まれている概念の詳細を追加していくだけである。かくして分析的判断は詳細を解き明かしていく。
福田陽二郎 @perceptualreco
対して総合的判断は意味の拡張を行う。総合的判断の文の中にある述語は、主語の中に含まれていなかった概念を含んでいる。主語が持つ概念に新たな何かを付け加えることよって認識が深まるのである。
福田陽二郎 @perceptualreco
Wikipediaには述べられていない部分への補足: 例えば、「黄金は黄色の金属である」という判断が分析的判断である。黄金という概念の中には、既に「金属である」「黄色である」という概念が含まれており、経験を通したさらなる探求を必要としない。(岩波文庫版35ページの内容に該当)
福田陽二郎 @perceptualreco
b. 全ての分析的判断は矛盾律の原理を有するen.wikipedia.org/wiki/Prolegome…
福田陽二郎 @perceptualreco
分析的判断を行う肯定文の中で述語が述べる内容は、既に主語の中に含まれている。主語が否定されるのは、述語との間で矛盾が起きる時だけである。全ての分析的判断はア・プリオリである。
福田陽二郎 @perceptualreco
1. 経験に基づく判断は常に総合的判断である 分析的判断は経験に基づいて行われるものではない。分析的判断は、命題の主語に含まれている概念にのみ基づいており、さらなる経験を必要としない。総合的判断の実例として数学を次に述べる
福田陽二郎 @perceptualreco
2. 全ての数学的判断は総合的判断である
福田陽二郎 @perceptualreco
純粋数学の知識は、その他のア・プリオリな知識とは異なる性質を持つ。純粋数学の知識は総合的なものであり、単に命題の主語を概念的に分析するだけでは得ることができない。数学は、諸概念の直観的な組み合わせによって作られる。算数の和は、直観によって導入された計算方法によって生み出される。
福田陽二郎 @perceptualreco
(続き)「二点間の最短距離」のような幾何学的な諸概念も同様の直観を通してのみ知ることができる。
福田陽二郎 @perceptualreco
補足:例えば7+5の和は、手の指を用いるなどの直観的な方法で導かれるのであり、「7と5を合わせる(そして新たに一つの数を作る)」という主語の概念をいくら分析しても12は出てこない。主語の概念の外に行くためには直観を必要とする。幾何学的な概念も同様。(岩波文庫版37ページに該当)
福田陽二郎 @perceptualreco
補足(岩波文庫版39ページに該当):「直線は2点間の最短距離である」という概念は、直線が持つ概念(まっすぐであるという性質)からは生じ得ない。
福田陽二郎 @perceptualreco
(続き)例えば直線という概念の中に含まれているのは「まっすぐである」という性質であり、「短い」という量ではない。したがって、「直線は2点間の最短距離である」という概念は、直線が持つ概念(まっすぐであるという性質)からは生じ得ない。
福田陽二郎 @perceptualreco
(続き)直線という概念をいくら分析しても最短という概念を引き出すことはできない。直観によって量の概念を付け加えることによって成立するのである。まっすぐという主語と最短である述語は必然的に結びつくのだが、それらは別々の概念である。
福田陽二郎 @perceptualreco
補足(岩波文庫版41ページに該当):つまりカントは数学を、概念を分析し続けていけば広がっていく学問とは考えていない。カントによればヒュームを含むカント前の人達はこのことに気づいておらず、矛盾律に従う分析的判断によって数学が発展していくと考えていた。
福田陽二郎 @perceptualreco
補記:ここでカントの言う直観とは何かを理解するために、EMTからの意訳を掲載し、関西学院大学・鎌田康男教授のゼミナールでの記録(semi.natura-humana.net/2009/harubunke…)の一部を引用する。
福田陽二郎 @perceptualreco
(ゼミナールの記録から引用)感性を介して我々は対象を直観する。この状態が経験的直観である。感性とは、表象を 受けとる能力、つまり五感を意味する。視覚、触覚などで感じたことによって、そこに対象があることを認識するのである。
福田陽二郎 @perceptualreco
(続き)もう一つの直観である純粋直観と は、認識の原理である。認識においてそもそもの根底にあるという意味で認識の原理といわれている。それは我々の心に対象に関する一切の知覚よりも前に備わっている感じ方である。悟性、感性に関するものを含んでいず、残っているのは延長と形態だけである。
福田陽二郎 @perceptualreco
(続き)空間と時間は純粋直観である。延長と形態で表象するものは他の表象とは異なる。他の色などの表象は、文化や状況などに影響されて人間の間でも異なるものである。しかし延長と形態は、人間の頭の中では一致している。
福田陽二郎 @perceptualreco
(続き)たとえば、目の前にある携帯電話の色や硬さの捉え方は人によって異なっても、その形は、少なくとも人間の間では同じように捉えるだろう。
残りを読む(57)

コメント

くみかおるの冒険 @ElementaryGard 2014年11月25日
>Metaphysical principles are a priori in that they are not derived from external or internal experience.
くみかおるの冒険 @ElementaryGard 2014年11月25日
>形而上学の諸原理はア・プリオリなもので構成される。ア・プリオリとは、外的な経験(物理的な経験)にも内的な経験(心理的な経験)にも由来しないということである。
くみかおるの冒険 @ElementaryGard 2014年11月25日
in thatを関係代名詞として訳しておられるようですけど、これはin名詞節ではないのですか。こなれた日本語にするために、あえてこうされた?
くみかおるの冒険 @ElementaryGard 2014年11月25日
私なら >形而上学の諸原理は本質的にアプリオリ(先験的)なものである。外的/内的すなわち物理的/心理的経験のいずれも議論の出発点としない点で、まさに非経験的であり、つまりアプリオリなのだ。
くみかおるの冒険 @ElementaryGard 2014年11月25日
>Metaphysical knowledge is philosophical cognition that comes from pure understanding and pure reason.
くみかおるの冒険 @ElementaryGard 2014年11月25日
>形而上学の知識とは、ア・プリオリな純粋知性と純粋理性を対象とする哲学的な認識のことである。
くみかおるの冒険 @ElementaryGard 2014年11月25日
うーんカント先生に直接ついて習ったことがないのであれなんですけど
くみかおるの冒険 @ElementaryGard 2014年11月25日
>形而上学の知識とは、前述の経験を出発点としない純粋知性と純粋理性のみを拠りどころとする純哲学的な認識のことである。
福田陽二郎 @perceptualreco 2014年11月29日
ElementaryGard このin thatを名詞節として捉えるとは、"that" = "they are not derived from external or internal experience."とするということでしょうか?
福田陽二郎 @perceptualreco 2014年11月29日
ElementaryGard 私は訳する上で、カントに詳しくない人でも理解できるように配慮しました。なので、ウィキペディアの英文に補足をしながら訳しています。ア・プリオリが意味するところをまず明確な日本語にしたいので、ああいう訳にしました。
福田陽二郎 @perceptualreco 2014年11月29日
ElementaryGard 純粋知性(理性)の純粋とはア・プリオリという意味であり、それを対象とする哲学が形而上学だとカントはしているわけですから、さらに純粋哲学と名付ける必要はないと思います。
福田陽二郎 @perceptualreco 2014年11月29日
ElementaryGard 私がア・プリオリ=純粋という点を強調していなかったので、久美さんは「前述の経験を出発点としない純粋知性と純粋理性」とア・プリオリの内容を補足しつつ訳したのかなと思います。
くみかおるの冒険 @ElementaryGard 2014年11月29日
カントは高校一年の社会科(何て言うんでしたっけ)で教わった以上のことは知らないので、字面オンリーで訳読に挑みました。THATはやはり名詞節ですね。
くみかおるの冒険 @ElementaryGard 2014年11月29日
perceptualreco いえ「純哲学」と訳したんですよ「純粋哲学」ではなく。現実をいっさい論拠としないことを強調するには「哲学」では足りない気がしたので、「純」をつけたのです。「浮世離れ」のニュアンス。
福田陽二郎 @perceptualreco 2014年11月30日
ElementaryGard 先に私が解釈した通りの名詞節だと、 形而上学の諸原理は in "形而上学の諸原理(they)は外的経験あるいは内的経験に由来しない" といった意味になってしまいませんか?私は関係代名詞だと思うのですが。
福田陽二郎 @perceptualreco 2014年11月30日
ElementaryGard ツイッターのボットにあるカントの言葉によれば、「全ては経験から始まる」というものがあります。カントは現実を論拠にしない哲学を述べているのではなくて、全ての経験の枠組み:人間が経験し理解できる限界を探るべく哲学をしています。純哲学という言葉は聞いたことがないし、読者に新たなジャーゴンを課すことになると思います。
福田陽二郎 @perceptualreco 2014年11月30日
ElementaryGard コメントありがとうございます。励みになります。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする