10周年のSPコンテンツ!
6
クロサカタツヤ @tekusuke
負けました。カタール、おめでとう。
クロサカタツヤ @tekusuke
いまOECDの会議出席中なので、2022年招致に関するtweetは後ほどいたします。ひとまず、ご支援いただいた皆様、ありがとうございました。。
クロサカタツヤ @tekusuke
ようやく落ち着いてtweetできるので、まず改めて、ご支援いただいた皆様に、感謝申し上げます。末席もいいところではあるので代表するわけにはいきませんが、それでも招致委員会の中の人ではあるので、その立場として、そしてぼく個人として、感謝の思いでいっぱいです。
クロサカタツヤ @tekusuke
まず今回の結果について、今でこそこんななりをしていますが、ぼくは競技で勝敗の白黒をつけるスポーツを愛する人間なので、「負けた」という事実を素直に受け入れるとともに、それに伴う猛烈な悔しさを感じていることを、まず改めて表明したいと思います。
クロサカタツヤ @tekusuke
そして、2022年大会を開催することになったカタールには、率直におめでとうと言いたいと思います。困難が伴うとは思いますが、日本として、あるいはぼく個人として、招致活動に関わった人間として、手伝えることがあるなら可能な範囲で協力すべきと思っています。
クロサカタツヤ @tekusuke
フットボールという視点では、この悔しさをはらすには、日本代表にがんばってもらうしかないと思っています。日本を選ばなかったことに関係者が歯ぎしりをするくらい、日本は強くならなければいけない。そして世界のフットボールコミュニティを牽引しなければいけない。
クロサカタツヤ @tekusuke
一方ぼくにはぼくのミッションがあります。それは産業政策であったり、民間企業の活性化であったり、場合によってはそのインフラたる金融の改善であったり。そういうところで、日本が果たすべき役割は何かを、改めて考える機会となりました。
クロサカタツヤ @tekusuke
かつての日本の方ががんばっていたとか、プレゼンスがあったとか、そういう昔話をシニカルに論じるのは簡単です。けれどぼくらは未来に生きなければならない。その時に、日本として何ができるのか、日本はどんなポジションを取れるのか。そんな思いをこれまで以上に強くした1年半でした。
クロサカタツヤ @tekusuke
繰り返しますが、ぼくは本当に末席であって、大した貢献はできていません。そんなぼくでも、日本を支え、そして世界の中で生きていくために、できることがあり、またそうj自分で考える以上の仕事をしなければ、日本に未来がないことを、今回の活動を通じて痛感しました。
クロサカタツヤ @tekusuke
結論は結局いつもの繰り返しなのですが、世界の中で日本が生きていることの意味を改めて確認し、そうした中で日本が日本らしさを失うことなく、次の世代にこの社会に渡していくことが、自分の仕事であるといまは感じています。平たく言えば、「逃げるな」ということです。
クロサカタツヤ @tekusuke
そのために、足りなかったことを早急に見極め、伸ばせることを伸ばし、より世界の中で日本が貢献できるよう、自分自身も社会に貢献すべく、仕事を続けていきたいと思っております。青臭い話で恐縮ですが、たまにはそんな夜(パリ時間)もあるということで、お目汚しをご容赦ください。
クロサカタツヤ @tekusuke
そのために、足りなかったことを早急に見極め、伸ばせることを伸ばし、より世界の中で日本が貢献できるよう、自分自身も社会に貢献すべく、仕事を続けていきたいと思っております。青臭い話で恐縮ですが、たまにはそんな夜(パリ時間)もあるということで、お目汚しをご容赦ください。
クロサカタツヤ @tekusuke
末席と言い続けていると単なる謙遜に聞こえてしまうから明示しておくけど、今回のチームは本当に精鋭揃いだったんだよ。このチームと一緒に仕事できただけで、ぼくは本当に幸せなんです。だからこそ、その幸せを次に渡していかなければいけない。
クロサカタツヤ @tekusuke
パリもそろそろ日付変更線をまたぐ時間となりました。普段のジャパンな日常なら、ここから仕事が盛り上がってくるところではありますが、今日はさすがに腑抜けつつあるので、一度仮眠に入ります。数々のお目汚しを失礼いたしました。またジャパンのお昼頃に…。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする