ZABADAK 吉良知彦「最後のアルバムについて」

アルバム「桜」を作った時の回顧録。
24
吉良知彦 @kiraguit

「桜」は上野と作った最後のアルバムです。最後になることは全員が知っていたのでスタジオは異様な緊張感が漂っていました。ひとつでも妥協するまいとみんなが思っていたのです。ある曲では何度もトークバックで指示を出す僕に上野は「うるさい、でてってくれる!」と言い放ち(続く

2014-11-26 01:55:48
吉良知彦 @kiraguit

、僕はディレクターとスタジオのロビーで6時間ほどを過ごしました。「できたよ」の声で戻ると、文句のつけ用の無いすばらしいテイクが録り終わっていました。他の曲も衝突につぐ衝突で、音楽を作り上げるのにこれほどまでに消耗するか、と思いました。(続く

2014-11-26 01:56:20
吉良知彦 @kiraguit

TinWaltzの最後のピアノの録音が全ての終わりでした。最低音のソに万感の思いを込め、その音が消えたとき「ああ、とても大切なものが終わった」と感じました #楽しいレコーディング

2014-11-26 01:56:28
吉良知彦 @kiraguit

おまけ)出来上がった「桜」のマルチテープを持って僕たちはL.A.に旅立ちました。上野のたっての希望で「飛行夢」「遠い音楽」のミックスを手がけたケヴィン・モロニーにふたりの最後の作品をたくすためです。僕はもう全て出し切っていたのでわりと観光気分で虫採りに行ったり(続く

2014-11-26 02:12:18
吉良知彦 @kiraguit

ギター買いに行ったり昼間から飲んだくれたりしてましたが、上野はほぼミキシング作業に立ち会いっぱなしでした。ケビンはミックスをひとに見られるのをいやがっていましたが上野はそれも押し切りました。そして全曲のミックスが終わり「通し聴き」をしたあと、(続く

2014-11-26 02:13:01
吉良知彦 @kiraguit

僕らはまあそれなりに深く感動し、満足したのですがマネージャーがトイレに籠ってしまいました。30分も経った頃スタジオの女性スタッフが様子をみにいくとなんと彼女はトイレでひとり泣きじゃくっていたのです。数年をともに過ごしその最後を聴きとどけたところで(続く

2014-11-26 02:13:48
吉良知彦 @kiraguit

彼女の緊張もやっとほぐれたのでしょう。僕はそのことにむしろ感動していました。zabadakにおよそにつかわしくないロスの街でその日はデビュー盤の時と同じ程にみんなで記憶を無くすまで飲み明かしました。もちろんちゃんとしたお酒を #楽しいレコーディング

2014-11-26 02:13:57
吉良知彦 @kiraguit

彼女の緊張もやっとほぐれたのでしょう。僕はそのことにむしろ感動していました。zabadakにおよそにつかわしくないロスの街でその日はデビュー盤の時と同じ程にみんなで記憶を無くすまで飲み明かしました。もちろんちゃんとしたお酒を #楽しいレコーディング

2014-11-26 02:13:57

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?