10周年のSPコンテンツ!

(2016・4・2更新)高レベル放射性廃棄物処分に関するニュース等 まとめ

中間取りまとめから半年経って再開した第12回放射性廃棄物WG(2014/10/26)以降の高レベル廃棄物に関するニュース等。関連・海外トピックスも入っています。 ニュース順に並べていますので、Twitter投稿日時が前後するものもあります。
国内 核のごみ 高レベル放射性廃棄物 地層処分 原発 高レベル廃棄物
22
第12回放射性廃棄物WG開催(2014/10/23)

ツイートまとめ 2014.10.23 第12回 放射性廃棄物ワーキンググループ [議題] (1)ワーキンググループの審議の進め方について (2)その他 [資料]http://www.meti.go.jp/committee/sougouenergy/denryoku_gas/genshiryoku/houshasei_haikibutsu_wg/012_haifu.html [議事録] [映像]http://www.ustream.tv/recorded/54350972 1312 pv 13 1

しーずー @soundmanlive123
〔重要:高レベル最終処分場〕…再)NNN青森【適地の基準づくり開始】経済産業省は高レベル放射性廃棄物の最終処分に関する作業部会を開き、処分地に適した地域を絞り込むための基準づくりに入った。pic.twitter.com/oIs2Y0gBDM rab.co.jp/cgi-bin/rabnew…
拡大
らいあ @Sucha_Para
核のごみ、自治体と協議会 最終処分地選びで:日本経済新聞 s.nikkei.com/1DEozp1 fb.me/3W0czbCdm pic.twitter.com/P8aOiSD2t7
拡大
らいあ @Sucha_Para
(協議会のことなんて、審議会で、全然触れられてなかったな。まあ、審議会開催前の記事だからしょうがないな)
らいあ @Sucha_Para
核のごみ:最終候補地、11月にも選定基準 専門部会:毎日新聞 mainichi.jp/select/news/20… 候補地の選定基準の基本方針を来月中にまとめる…政府が今後、処分場候補地を絞り込む際の判断材料とする。基本方針は、この専門部会とは別の作業部会で審議する。
らいあ @Sucha_Para
核のゴミ処分場「適地」議論開始:NHK nhk.jp/N4Fy6Yw0 委員からは「適さない地域を除外するのか、より適した地域を選ぶのか」との質問や「科学的と言っても、公平に選ばれたのか理解されないと国民の信頼は得られない」との意見が出され、今後具体的に検討する。
らいあ @Sucha_Para
専門家会議の増田寛也委員長は「有望地が選定されたらそれで決まりということではなく、次の調査に進む入り口だ。合意を得ていくうえで人口密度などの社会的な条件は非常に重要になるので、結論を出す時期は決めていない」と述べ、議論を尽くす考えを示した。
らいあ @Sucha_Para
経済産業省の担当者は、火山や活断層の近くを除外する従来の地質的な観点に加え、人口密度や輸送のしやすさなども考慮した「科学的有望地」を示すことや、その地域で合意を得ていくための仕組みや支援策を会議で検討する考えを示しました。
らいあ @Sucha_Para
核のゴミ処分 安全議論は震災の経験を踏まえよ 原子力発電環境整備機構(NUMO)理事長に聞く:日本経済新聞 s.nikkei.com/ZSBF36 fb.me/3yUk1kMBR 難問山積の最終処分事業を担うNUMOの近藤駿介理事長に事業の現状を聞いた。
らいあ @Sucha_Para
「…現世代の責任として人手を要しない形で処分する必要があるとした。貯蔵はダメだということ…背景には欧州の地質が地層処分を可能にする条件を備えているという事情がある。その点では日本の専門家は日本でも可能だとしている。安全への配慮を十分に担保しつつ日本でも挑戦するのは妥当だと考える」
らいあ @Sucha_Para
■取材を終えて…近藤理事長への取材後の10月23日。総合資源エネルギー調査会の電力・ガス事業分科会原子力小委員会の下という、目立ちにくい位置にある放射性廃棄物ワーキンググループが審議を再開した。9月末の関係閣僚会議の指示を受けて「処分地の選定に向けた取り組みの改善」を話し合う。
らいあ @Sucha_Para
具体的には(1)科学的により適性が高いと考えられる地域(科学的有望地)の提示、(2)地域における合意形成に向けた仕組みの整備、(3)調査実施地域の持続的発展に資する支援策の検討―の3点について具体策を練る。なかでも注目されるのは「科学的有望地」の提示をどのような形で進めるのかだ。
らいあ @Sucha_Para
23日の会合では事務局案に対し委員から様々な異論が出た。例えば「科学的有望地」という言葉自体が俎上にあがった。「有望」という表現にはつくる側の意図が込められていると感じらるとした。また、「科学的」も異論を許さぬ「権力性を帯びる」ため、合意形成にプラスとは言えないとの指摘があった。
らいあ @Sucha_Para
有望地の選定プロセスに関しても、適さない地域を除外していくのか、適地を選び出すのかがはっきりしないと指摘を受けた…近藤理事長はインタビューで「国はできる限りのことをやっている」と話したが、果たしてそう言えるだろうか。
ニュース速報(一般) @FlashNewsJP
<九州電力>使用済み核燃料 一時保管に「乾式貯蔵」検討 - 毎日新聞 headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141029-… 九州電力の瓜生(うりう)道明社長は29日、原子力規制委員会の臨時会に出席し、原発の使用済み核燃料を一時的に保管する中間貯蔵のあり方について、金属などの容器(キャス…
しーずー @soundmanlive123
NNN青森【2016年3月に延期】三村知事は31日経済産業省に宮沢大臣を訪ね、核燃料サイクルの推進や青森県を高レベル放射性廃棄物の最終処分地にしないという国との約束などを確認rab.co.jp/cgi-bin/rabnew… pic.twitter.com/Zk3ihJ0MBJ
拡大
らいあ @Sucha_Para
経産相が核燃サイクル継続を確約:東奥日報 toonippo.co.jp/news_too/nto20… ... fb.me/26X3HJB7p
らいあ @Sucha_Para
(原発延命 再稼働を問う:2)核燃サイクル、中ぶらりん 再処理工場、完成先延ばし:朝日新聞 t.asahi.com/gb4m fb.me/7gUkznyqv pic.twitter.com/C6XsJuaWK9
拡大
らいあ @Sucha_Para
廃炉の世紀 第1部 先進地欧州:中国新聞(ヒロシマ平和メディアセンター)  <1> 長い道のり(英国) hiroshimapeacemedia.jp/?p=37307 <2> 中間貯蔵(ドイツ) hiroshimapeacemedia.jp/?p=37346
らいあ @Sucha_Para
<3> 処分地選定(ドイツ) hiroshimapeacemedia.jp/?p=37398 <4> 低中レベル廃棄物(ドイツ) hiroshimapeacemedia.jp/?p=37478 <5> 政策転換(ドイツ) hiroshimapeacemedia.jp/?p=37527
らいあ @Sucha_Para
<6> 減原発(フランス) hiroshimapeacemedia.jp/?p=37586 <7> 技術力(フランス) hiroshimapeacemedia.jp/?p=37626 <8> 労働環境(フランス) hiroshimapeacemedia.jp/?p=37633
らいあ @Sucha_Para
「核のゴミ」回収技術開発へ試験始まる:NHKニュース nhk.jp/N4GN5Yfb fb.me/1lFdsAdi5 「核のゴミ」の処分場選びを後押ししようと、将来問題が見つかった場合などに再び回収する技術の開発に向け、初めての本格的な試験が始まる。
らいあ @Sucha_Para
米規制委員長「ネバダ州最終処分場の審査は長期化」:日本経済新聞 s.nikkei.com/1oYAn27 ... fb.me/1M06Ss13O
第13回放射性廃棄物WG開催(2014/11/20)
らいあ @Sucha_Para
最終処分場の技術基準作りを再開 経産省、12月から:日本経済新聞 s.nikkei.com/1uD3zeD ... fb.me/1EY2YwAQr
残りを読む(420)

コメント

ikuchan_IGFC初代会長 @aokikuchan 2015年5月19日
まとめを更新しました。みなさま、サボっててすみませんでした。3月10日第18回地層処分技術WG以降分を追加しました。
ikuchan_IGFC初代会長 @aokikuchan 2015年6月2日
まとめを更新しました。基本方針改定閣議決定以降のトピックスを追加しました。
ikuchan_IGFC初代会長 @aokikuchan 2016年1月26日
6/3~1/25分のまとめを更新しました。主なトピックは、NUMOの全国シンポ、自治体向け説明会(非公開)、技術WG中間とりまとめ→マッピング化へ?、沿岸部海底も対象として検討です。サボっててすみません。
ikuchan_IGFC初代会長 @aokikuchan 2016年4月2日
1/26~のまとめを更新しました。主なトピックは、沿岸海底下等における地層処分の技術的課題に関する研究会がスタート、仏ビュールでの事故です。この間に第2回の海底下研究会も開催されていますが、近々にまとめて追加いたします。サボっててすみません。
ikuchan_IGFC初代会長 @aokikuchan 2016年4月2日
↑今回更新したところは、9ページになります。
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする