0
古道具 LET 'EM IN @Let_Them_In
さてさて。何度も連投している今日この頃ですが何の為かというとスタッフ募集の為でした。深く関わって頂く方を募集する為。その為に自分の考え方を整理している訳です。では実際どういう方に来て頂きたいと思っているか。さっきまでフロにつかりながら色々考えておりました。。。
古道具 LET 'EM IN @Let_Them_In
前提として、深く「物」、特に室内空間で使用する「物」に関わって頂く訳ですからインテリア、デザイン、建築、などに通じている方。そのジャンルの学校を卒業、もしくは、そのジャンルのお仕事の経験のある方。いずれにも該当しない方が全く無しという訳ではありませんが。
古道具 LET 'EM IN @Let_Them_In
でも本当に関心があれば既にやっちゃっているものだと思います。なので、すでに勉強していたり仕事としてやっている方の方が今回はふさわしいかと。今回をきっかけに全くの異ジャンルから、とか、一から勉強しますとかはちょっと難しいかもしれません。
古道具 LET 'EM IN @Let_Them_In
あとはいい意味で欲深い方。もっと知りたい、上達したいという欲、もちろんもっと稼ぎたいという欲。そういう欲が努力する為の動機付けになります。その欲に基づいた努力や行動によって理解したり上達したり稼げるようになる事に喜びを見出せる方。そのサイクルが出来るとわりと強いと思います。
古道具 LET 'EM IN @Let_Them_In
この古道具屋の仕事は多岐に渡ります。写真のセンス、文章のセンス、接客のセンス、仕入れのセンス、ディスプレイのセンス、段取りのセンス、そういった要素も大事です。ここで言うセンス、それは自分の写真や文章などを客観的に見て、自分が上手だ素敵だと思うそれらと比較して判断できる能力の事。
古道具 LET 'EM IN @Let_Them_In
何が足りないのか、自分には何が出来ていて何が出来ていないのか、それらをきちんと判断して勉強し補っていくことが出来るかどうか。とは言え、ものすごく高いレベルを要求している訳でもありませんので、念の為。でもそういうセンスは求められると思って頂きたいです。
古道具 LET 'EM IN @Let_Them_In
扱うモノの範囲が広いですから、好奇心がおう盛な方のほうがいいでしょうね。かつそれをある程度深く知りたいという欲を持てる方。そして重い物も持ちますから身体が丈夫な方。物流がありますので車が運転できる方。そんなところでしょうか。
古道具 LET 'EM IN @Let_Them_In
年齢性別は問いません。あとは基本的に素直な方。たぶん色々怒られます。注意されます。そういう事をちゃんと受け止めて頂きたい。もちろんこちらが100%正しい訳でもないですが先ずは一度きちんと受け止めてそれで反論して頂きたい。それを受け止めるくらいの懐の深さはあるつもりです(たぶん)。
古道具 LET 'EM IN @Let_Them_In
そしてこれは結構大事な事だと思いますが、ここやブログで店主が色々ごたごた言っている事、それらの全てに共感して頂く必要はありません。「何言ってんだか」って思って頂いても構いません。そういう部分がない方が不自然です。「教祖様」みたいになるつもりは全く無いのですから。
古道具 LET 'EM IN @Let_Them_In
基本的には先ずはアシスタント的な立場になると思います。諸々全般的にアシストして頂きながら、徐々に深いところまで関わって頂く。そんなイメージです。「このめんどくさいおっさんと一緒に働けるだろうか…」そんな想定はしっかりしておいた方がいいと思います。
古道具 LET 'EM IN @Let_Them_In
働くという行為は人生において大きなウエイトを占める要素です。相性がいいに越した事はありません。この古道具屋が自分にとって相性のいい職場となりうるか、それは真剣に考えて頂いた方がいいと思います。逆面接は大歓迎です。ちゃんとこちらの事も知って頂きたい、そんな思いで連投していますので。
古道具 LET 'EM IN @Let_Them_In
さてさて今夜も長くなりました。連投失礼致しました。あとは今後のこの古道具屋の展開について。それだけまた今度連投致します。あんまり饒舌なのもどうかと思いますので、この辺で失礼します。

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする