ある医師の回想~追いつめられていく過程

連続RTでもよかったんだけど、自分用のメモとして残したかったのもあってまとめました。自分にも覚えのある感覚で、抜け出すのに数年かかった。医師だけでなく、こういう過程を踏んで追いつめられていく人多いんだろうなと思ったので。
メモ
68
コチンダモンガー @Bubuzera5D
患者さんから「医者って楽して儲けていいですよね」って真面目に言われてちょっと辛かった。
コチンダモンガー @Bubuzera5D
バイト医は確かに楽して儲けてるからな。
コチンダモンガー @Bubuzera5D
常勤で血反吐吐きながら働かないとメンタル腐ってくる職業ではある。
コチンダモンガー @Bubuzera5D
「帰宅すること」「休むこと」「休日はちょっと遅めに行くこと」全てに罪悪感を感じてたあのころはメンタル的にはヤバかったけど腐ってはなかった。
コチンダモンガー @Bubuzera5D
何もなくても「職場に泊り込んで帰らないこと」に誇りを感じてたクズだった。
コチンダモンガー @Bubuzera5D
きっかけは午前3時の呼び出しでNsから「先生、まさか家ですか?」って怒られたことが始まりだった。
コチンダモンガー @Bubuzera5D
それ以来家に帰れなくなった。
コチンダモンガー @Bubuzera5D
風呂でもトイレでも携帯を握りしめて、映画館にも行けなかった。院に入ってようやくまともな生活というものを知った。留学でさらにモラトリアムを延長したら、もう戻る体力が無くなってるんだろうな。
コチンダモンガー @Bubuzera5D
朝は毎日6時から回診。夜間休日でも呼ばれたら10分以内に駆けつけられるようにしてたらいつの間にか実力もないのに「頑張ってる」と評価されていた。それを維持しないとならないという強迫観念で働いていた。
コチンダモンガー @Bubuzera5D
@Yamayama51 問題はこの基地外のような生活が「当たり前」のように周囲が認定していた点ですね。

少子化と効率のはざまで、という題の1人の過労死自殺した小児科医の遺書を思い出した。
前もツイートしたことあるけど
こちら→http://www5f.biglobe.ne.jp/~nakahara/isho.htm

コメント

silly walk @sillywalk7 2014年12月5日
某大病院では、Nsが親の死に目に会えない、産休に入れず血を流しながら働かされて流産する、残業代の請求を無視する、嫌ならやめろ代わりはいくらでいると付属の看護学校から新人が毎年供給される、なんて状態が続いていたなあ
silly walk @sillywalk7 2014年12月5日
そんな異常社会では高齢独身のNsが実権を握って主任、師長と上がっていくから悪循環。妊娠したり家族行事を優先する者が理解できずパワハラで次々と追い出す始末。それが制度改正で7:1病床になって急遽、外部採用でNsを増やしたら外部採用組が造反。師長を取り囲んで吊し上げ、そこから組織風土が変わった。
silly walk @sillywalk7 2014年12月5日
そういう外圧が無いと大病院はなかなか変わらないんでしょうね。
まる @marunokomorebi 2014年12月11日
。そんな失礼なこと言う患者さんいるんだ。自分はいつもすげーなって思いながら病院行ってるけど。でも確かに病院って残業代スルーしますよね。自分も病院で働いてたことあるけど、残業代取得するために残業申請しなくちゃいけないくてそれが毎日のことだから面倒臭くて大体の人は申請してませんでした。
まる @marunokomorebi 2014年12月11日
というか申請すると古参どもに陰口叩かれるので出来なかったというのもある…制度改革は行政がやるべきだけど、こういう改革で一番ネックなのは「俺残業代貰ってないし徹夜で働いてるんだよね」という自慢にならない自慢をする人間達の存在です。 まずは自分達の異常性を気づかなければどんな改革案をぶつけても握りつぶされると思う
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする