2014年12月7日

野間辟易検証プロジェクト

カウンター界隈のイデオローグ野間辟易、こと野間易通氏の主張が果たして本当なのか、検証するための材料を集めました。 どういう結論を下すかは、あなた次第。 (このまとめは、資料倉庫として逐次更新の予定。) 「知識は人を自由にし、無知は人を奴隷にする。」
18
yurodivy(佯狂者) @yurodivy1

【野間辟易検証プロジェクト②】 またまた面白いものを見付けた。 jcspt.jp/publications/n… [政治思想学会会報第24号]P3後半 「ロールズが考える「民衆」は常にアメリカ人とかフランス人というふうに国家単位で区分けされており、ユダヤ人とかクルド人とかムスリム⇒

2014-12-05 12:37:33
yurodivy(佯狂者) @yurodivy1

(承前)ヨーロッパ人とかプロレタリアートとかエコロジストとかいった、国家内部の集団や国境を超えた民衆の存在は全く無視されている(実際、彼は国内の民族的・地域的内紛に触れようとしない)。・・・・ロールズの考える「市 民」が決して私人でも地域社会の住民でも世界市民(コスモポリタン)⇒

2014-12-05 12:39:29
yurodivy(佯狂者) @yurodivy1

(承前)でもなく、ある国家の市民でしかありえないように、彼の言う「民衆」も、ある国を自己統治する統一的人格として考えられた市民団だけを意味する。」(引用終わり)⇒

2014-12-05 12:40:50
yurodivy(佯狂者) @yurodivy1

(承前)asyura2.com/13/cult11/msg/… 「米国の政治哲学者ジョン・ロールズの言うように、正義を『公正さ』という観点から捉えれば、マジョリティーがマイノリティーを抑圧する民族差別は、決して公正ではない。これは論理的に導かれる結論です。」(野間)⇒

2014-12-05 12:44:19
yurodivy(佯狂者) @yurodivy1

(承前)やっぱり、部落民のような国内マイノリティの話ならともかく、非日本国民、ノンシティズンの在日へのヘイトスピーチの是非を、ロールズを基に語るのは無理があるんじゃねーの????【野間辟易検証プロジェクト② 了】

2014-12-05 12:45:15
yurodivy(佯狂者) @yurodivy1

【野間辟易検証プロジェクト③】 “ALIEN” LITIGATION AS POLITY-PARTICIPATION [Daniel Kanstroom] lawdigitalcommons.bc.edu/cgi/viewconten…

2014-12-05 16:16:49
yurodivy(佯狂者) @yurodivy1

【野間辟易検証プロジェクト③】(補足) “ALIEN” LITIGATION AS POLITY-PARTICIPATION [Daniel Kanstroom] lawdigitalcommons.bc.edu/cgi/viewconten… … ー外国人の政治参加に関する訴訟について p414~415参照 ⇒

2014-12-06 10:25:35
yurodivy(佯狂者) @yurodivy1

(承前)John Rawls, in Political Liberalism, posed the basic problem of legitimacy as how “there may exist over time a stable and just society ⇒

2014-12-06 10:26:31
yurodivy(佯狂者) @yurodivy1

(承前)of free and equal citizens profoundly divided by reasonable though incompatible religious, philosophical, and moral doctrines? ⇒

2014-12-06 10:27:33
yurodivy(佯狂者) @yurodivy1

(承前)a constitution (written or unwritten) the essentials of which all citizens, as reasonable and rational, can endorse in the light of ⇒

2014-12-06 10:28:40
yurodivy(佯狂者) @yurodivy1

(承前)Rawls’s most well-known answers were confined to citizens: “Political power is legitimate only when it is exercised in accordance with⇒

2014-12-06 10:28:21
yurodivy(佯狂者) @yurodivy1

(承前)their common human reason.(引用終わり)  ロールズは、”異邦人”の政治参加には否定的な模様。やっぱりロールズの思想は、野間が考えているようなものではないんじゃないか???

2014-12-06 10:35:12
yurodivy(佯狂者) @yurodivy1

【野間辟易検証プロジェクト④】[ヘイトスピーチはマジョリティからマイノリティへのものってホントか??] ・イスラエルにおいて、パレスチナ人は居住地や移動の自由等、様々な権利を制限されている本物のマイノリティである。(マイノリティとは、数的な少数派ではない。) ⇒

2014-12-07 09:35:15
yurodivy(佯狂者) @yurodivy1

(承前)・だが、パレスチナ系団体によるイスラエル批判についても、反ユダヤのヘイトスピーチとレッテル貼りされ、攻撃される事例は非常に多い。 [以下、参考資料] jewishnews.net.au/anti-israel-ha… jfjfp.com/?p=25704

2014-12-07 09:38:01
yurodivy(佯狂者) @yurodivy1

しばらくサボってましたが、また再開します。 【野間辟易検証プロジェクト⑤】 d.hatena.ne.jp/ujikenorio/201… 〇なぜ、ロールズはグローバルな不平等に無関心だったのか 「グローバルな所得分布の妥当性を論じる前に、移民問題に対するロールズの見解に注目してみよう。すでに⇒

2015-06-17 23:00:14
yurodivy(佯狂者) @yurodivy1

(承前)触れたように、移民問題の原因は、各国の平均所得水準に大きな格差が生じていることであり、そしてグローバリゼーションが進展した結果として、その格差の存在が広く知れわたり、加えて移動コストの低価格化が移民を促進することとなった(2の3および2の5参照)。しかしロールズは、⇒

2015-06-17 23:00:37
yurodivy(佯狂者) @yurodivy1

(承前)移民の受け入れは政治的・宗教的迫害を逃れてきた人々に与える亡命者保護のレベルに引き下げるべきだと主張した。」(引用終わり) やはりロールズの”公正”の対象に、外国人、ノンシティズンは含まれないのだろう。

2015-06-17 23:01:55

コメント