10周年のSPコンテンツ!
160
海外文学が翻訳されにくくなる?という話が盛り上がってました
ツイートまとめ 海外文学が消滅する!? 海外文学の翻訳について、厳しい現状を語る頭木弘樹さん(@kafka_kashiragi)のTweetと海外文学を愛する人たちの嘆きです。 ※その後のやりとりも追加でまとめました。 56901 pv 925 116 users 1167
リンク http://owlman.hateblo.jp/ なぜ海外文学は売れないのか? もうすぐ絶滅するという海外文学について - キリキリソテーにうってつけの日 海外文学が読まれない、売れない、翻訳できない 『絶望名人カフカの人生論』の著者、頭木弘樹さん(@kafka_kashiragi)が「海外文学の翻訳が売れないから、翻訳できなくなってきている」というつぶやきが3000RTを超えた。怖ろしい話を聞いた…。海外文学の翻訳は、初版1500部とか、初版印税ナシが普通になってきているという。増刷はなかなかされないだろうから、初版印税ナシだと、実質..
海外文学を愛する書店員が考えていること
ツイートまとめ 海外文学を愛する書店員が考えた「海外文学が売れないのは値段の問題では?」 「海外文学が売れない主因は値段ではないか?」と考える書店員さんが、手に取りやすい値段の「はじめての海外文学」フェアを企画するにいたるまで。 65814 pv 845 185 users 502
書店員から出版社へのお願い
酒井 七海 @onakaitaichan
出版社さまにお願いしたいのは、値段を、どうか、あと、すこし、、、さげて、、、、ください。 書店はそうなると展開しやすくなります。フェアも組めますし、小さい書店も今まで置かなかった本を置けるようになるかもしれません。 話はそれからな気がしております!
翻訳文学を出す出版社、河出書房新社からのお返事
河出文庫 @kawade_bunko
む。(つづく) RT @Kawade_shobo 海外文学を愛する書店員が考えた「海外文学が売れないのは値段の問題では?」 - Togetterまとめ togetter.com/li/750859 @togetter_jpさんから
河出文庫 @kawade_bunko
「はじめての海外文学」フェア、楽しみですし、企画推進者の皆様に心より敬意を表します。ただ、出版社公式アカウントがこのまとめをツイートするからには、「出版社さんへのお願い」にも何らかの返答をすべきだと思うのです。以下、値付けの話を連投いたします。
河出文庫 @kawade_bunko
たとえば、定価2600円が(出版社のコスト管理上)適正価格である本を、「もっと安ければもっと売れる!」という自信のもとに原価率に多少目をつぶり、定価2400円で刊行してみる、ということは、じつはままあります。(で、売れた!となることもあれば、売れなかった…となることもしばしば…)
河出文庫 @kawade_bunko
でもこれが、「定価を2600円から1900円まで下げたら、もっともっと売れる!」と決断できるか?というと、かなり難しい。確かに定価2600円で出すよりも販売部数は伸びるかも知れませんが、差額700円を補うだけの実売まで伸びるのか?そこまでの自信はなかなか持てないのです。
河出文庫 @kawade_bunko
と言いますか、その自信が持てるならば、最初から「原価率上は、定価2600円が適正価格」となるような初版部数には設定せずに、定価1900円が適正となるような初版部数で企画立案します(もちろん原価率の上で、定価・初版部数・頁数・造本設計などは連動します)。
河出文庫 @kawade_bunko
…というのが一般論ですが、「通常のコスト的には合わないけれど、定価をぐぐっと下げて販売しちゃえ!」という試みも一方では行なっておりまして、海外文学ではないですが、たとえばこれはその一例です→ bit.ly/1v8N4bZ
河出文庫 @kawade_bunko
また、「海外文学が売れないのは値段の問題では?」という問いかけに対し、「海外文学」でなく「翻訳書」と考えた方がよいのかな、とも感じます。たとえば『平気でうそをつく人たち』という1996年刊行の翻訳ノンフィクションは、定価2200円で50万部を超えるベストセラーになりました。
河出文庫 @kawade_bunko
海外文学・ノンフィクションにかかわらず翻訳書の売行きが10〜20年前と比べて伸び悩むとすれば、それは読者の視野が内向きになったのか?海外に頼らず国内の著作で事足りるほどに日本文化が成熟したのか?出版社の努力不足か?不景気ゆえか?分かりかねますが、日々模索しております。
酒井 七海 @onakaitaichan
河出さん@kawade_bunko ご返答ありがとうございます!これお返事ほんとにうれしい。本当に仰る通りだと思います。問題を単純にするためにかなりおおざっぱにまとめましたが、解決するのはそう簡単ではないですよね。
酒井 七海 @onakaitaichan
@kawade_bunko 値段を下げればぜんぶ売れるかというと、もちろんそうではないし、売れないものは刷れない。どうしても値段があがるというのはある程度仕方ないことだと思います。それに本当に好きな方は装丁とかこだわってほしいし、高くても買うっていう人もまだまだいると思います。
酒井 七海 @onakaitaichan
@kawade_bunko ただときどき、なんとなく全体的に外文は好きな人が買うもの。ある程度の値段つけてもそこそこは売れるし、、、的空気が蔓延してしまっている気がして、それでは新しい客層を取り入れることはできないんだよなぁと思ってツイートさせていただきました。
酒井 七海 @onakaitaichan
@kawade_bunko なので、、、全部値段を下げろということではないのですよね。河出さんの文藝賞の取り組みもおもしろいと思いますし、何かアピールしていく過程で値段は大切なのではないかと。もちろん版元さんだけじゃなく書店の努力も必要と思います。協力していけたらうれしいです!
河出書房新社ほにゃく課(翻訳課)も参加
河出書房新社 翻訳書 @kawade_honyaku
ほぼ、真夜中の、ほにゃく課ですよ。@kawade_bunko に先を越されてしまった! なのでRTばかりしましたが、大まかには同じ意見なのでRTした次第。 ただ、付随して思うことはございます、ですよ…こちとら、翻訳書籍をこの二十年作ってきたわけで。続く
河出書房新社 翻訳書 @kawade_honyaku
売れない、と言われており業界からはとうなることかと思われた(であろう)世界文学全集。この企画の立ち上げ当時も、いろんなことを言われました。定価の問題は、数多あるハードルの中の、ひとつでした。
河出書房新社 翻訳書 @kawade_honyaku
真夜中のつぶやき…明日に先延ばしますf^_^; 皆様、おやすみなさい。
河出書房新社 翻訳書 @kawade_honyaku
あ、こんな意見も! @Lingualina: 要するに国内でデフレに合わせて安っちい本ばかり作ってるから、海外でオリジネルが作られた本が高く感じられる。
残りを読む(20)

コメント

未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2014年12月7日
値段を下げる方法は制作費を下げる・印税を下げる・紙代その他諸経費を下げるなどもあるんですが、一般的には「部数を増やす」という方法があるようであります。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2014年12月7日
10万部の本と1万部の本の値段があまり変わらないように見えるのは(特に文庫の場合)、「トータルでプラスになる」ようにしているんじゃないかな。売れるからといって安すぎるようにはしないかわりに、売れない本も高すぎないようにする。
言葉使い @tennteke 2014年12月7日
この説明には「出版の契約相手が日本人ではなく外国人であること」が書かれていないから、契約内容が対日本人のそれが通用しない(たとえば日本人作家との原稿料問題とか)とかに光が当たらない。外国人相手に原稿料不払いに相当するようなトラブルはあり得るのか?
まっくろなねこ @blackcat009 2014年12月7日
電子書籍にして、紙代、印刷代、流通費を下げるってことはできないのかなぁ
言葉使い @tennteke 2014年12月7日
blackcat009 それを言い出すと、1992年だっけかCD-ROMソフトが普及したとき「なんで日本の百科事典CD-ROMは安くならないの?」疑問がありまして、結局高いままという現実が…。
まっくろなねこ @blackcat009 2014年12月8日
tennteke せやから、あのときの百科事典って紙とCD-ROMと両方出してますやん。今の電子書籍も値段下げられへん理由は紙媒体に引っ張られてるからでしょ? なもんで、電子書籍「だけ」にしたらええんとちゃうかな、と。
後藤寿庵 @juangotoh 2014年12月8日
紙の書籍だと結局刷り部数で印刷代やら製本代という経費が決まりますよね。おそらく著者や翻訳者への印税もこういう「出版するための経費」として出版時に確定してるわけですが、電子だとたいがい実際に売れた額の何%という支払いになってます。結局いまだ紙の本に比べてどれだけ売れるかの見込みがたってない。印刷部数という単位で見込み収入を測れないという問題があるのではないかと思います。
catspeeder @catspeeder 2014年12月8日
ワシ本読むのはすごく好きなんだけど、なぜか電子書籍だと長い小説読んでると妙に疲れてくるんだよなあ。改行少ないタイプの翻訳っぽい文体だと特に。漫画はそうでもないのに、あれはいったいどういうカラクリなんじゃろ。
もふもふ とろろ @mx_mofmof 2014年12月8日
本当に好きな人は翻訳ではなくオリジナルを読むようになったから、ということはないの?
tatatatarachan @tatatatarachan 2014年12月8日
昔のように夏目漱石や森鴎外ら文学者が海外作品を翻訳するのならまだしも、今はただの英語屋さんが翻訳してるのが不味いんじゃないのかな。それにやはり英語の本は英語で読むのが正しい形だ。日本は英語が出来ない国なのは翻訳大国というある意味、過保護が強いからという側面もあると思う。
Libra@引越し荷解き、終わるのかな……? @Libra02324038 2014年12月8日
「英語の本は英語で読むのが正しい形」というのは間違いなく一理ある(実際、コーランは韻の変化、訳による意味の変質を嫌って翻訳NGだったと思う)。 が、それを突き詰めると古典は旧仮名づかいや漢文で読むべきだし、海外の古典はラテン語、資本論は悪筆で有名なマルクスの原文を読め、になってしまう。 正しい形なんてもんは考えない方がいい。
ナイトフライ @instantremark 2014年12月8日
例えば『百年の孤独』なんかは文庫化されないので、単行本で読みましたよね。昔だったから安かったけど。
Ishida Brain Dam'd @tbs_i 2014年12月8日
ここで「翻案」の復活をさせてみるのはどうだろう。登場人物何人か女性化してハーレム状態にして、アニメ絵の表紙にしたらもう少し売れるのでは。
nekosencho @Neko_Sencho 2014年12月8日
とはいえ、英語を自前で読むのだと、英語屋さんが訳したものよりさらに理解の質が落ちるんじゃないかな、書かれてる内容の方面に自分が詳しいとかでない限り。細かいニュアンスとかいらない技術書とかならともかく、小説など文学の類だと、原書読めってのは酷だと思う
まっくろなねこ @blackcat009 2014年12月8日
翻訳本で興味を持って原書を読んで、それからまた翻訳に戻って翻訳家さんのナイスな翻訳に「ニヤリ」とする、ってのもオツだと思うので、両方読める環境がある方がいいな、と個人的には思う。
まっくろなねこ @blackcat009 2014年12月8日
juangotoh 紙の本なら「何冊売れる」って見込みが立つけど、電子書籍なら見込みが立たないってのはおかしな話かな、と。ま、販売形態が変われば、それまでのノウハウが役に立たんってのはわかりますが、例えば3000部見込みでxx円+出来高売上のx%って契約も構わない気がする。電子書籍のいい形での商習慣が定着すれば変わるんじゃないかなぁ、と勝手に期待。
undo @undosystem 2014年12月8日
ハードカバーやめて文庫とか新書版にするだけでけっこう安くできそうなんですが、何故そうなっていないんでしょうか。買う側にとっても、高いだけでなく本棚も圧迫されて辛いのですが。
四つ葉 @yondakoto 2014年12月8日
NY在住ライターの方が「そもそも日本の本が安すぎるのが問題」と連ツイしていたのをまとめたが迷惑がかかりそうな気がして非公開にしている。
straysheep@腰痛療養中orz @sheepfactry 2014年12月8日
電子書籍にすればコスト下げられると思っている人がいる事も問題じゃ無いかな? 本を作るコストって人件費が殆どを占めてるうと思うんだけど。 良質な翻訳本をと言うなら、翻訳者に投資しないとダメなんだし、それは買い手が負担するべきじゃ無いのかな?
たけ爺 @take_ji 2014年12月8日
翻訳については「オリジナル」よりも「アレンジメント(翻訳)」が加わった方が面白い、という考えもあると思う。「映画・ドラマ」も「原語のみ」より「字幕付」の方が圧倒的だし、ましてや「吹替」の方が面白い作品もある。
まっくろなねこ @blackcat009 2014年12月8日
sheepfactry 印刷、製本などの費用は売値の20-30%ですよ。ここが0になるとは言いませんが、紙と電子書籍が同じ価格でなきゃならん理由はないでしょう。ハードカバーが文庫本になれば7掛けがおおよその相場なので、返品リスクがなくなることとか考えてもそのくらい下げれるんじゃないでしょうかね
katayori @katayori 2014年12月8日
エロマンガ単行本がそんなに部数捌けないから、冊子を大きくして1000円にしてるのと同じようなもんか。
trycatch777 @trycatch777 2014年12月8日
原語で読むのは良いという話もありますが、「名訳」というものもありまして。私はSF小説を原書と訳本と両方を比較しながら読むのとか好きですしねぇ。翻訳家の技とでもいうものを感じられますし。
ホームズ @9426856 2014年12月8日
結論として 「オタク共はラノベ買わずに海外文学を買って御布施しろ」 で良いと思う。(違)
taka @Vietnum 2014年12月8日
ハッキリ言って無理だと思うけど、電書なら100ページ中、50ページまで読んで一定期間中に返却したら、「購入代金の半分(未読分)-版元の手数料」を返金してくれるような仕組みをどこか取り入れてくれんかな。あるいは50ページまでは399円で、それ以降も読みたいときは追加購入ボタンを押せば全ページが読めるとか(上下巻に分けるのと一緒だけど)。そしたら気軽に購入できるし、図書館で借りられるよりも収益上がったりしないかね。あくまでも出版ど素人の意見ですがね……。
taka @Vietnum 2014年12月8日
上下巻のだって、上巻を買ったら下巻の割引券がもらえるとか、3年間パスポート3980円を払えば、好きな作家の新刊が発売直後に2冊まで届くとか。。。普通の売り方してたら誰も注目しないし、せっかくいい本でも埋もれていくだけじゃないかな。
ぼんじゅ〜る・Fカップ @France_syoin 2014年12月8日
本も映画もドラマも「おもしろい」が飽和してるからじゃね?クソみたいな本でも「おもしろい」「感動作」「涙が枯れるかと思いました」みたいなおべんちゃらばっかり言って宣伝しつづけてきた結果「おもしろい」本はつまらないとなってしまって、またそれ以上の宣伝文句も作れないので本当に面白い本でも興味を引けない感じ。
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2014年12月8日
ざっくり見た限りでは、日本の出版社から紙の本で出ているものはキンドルで買うと19%引きになってるみたいですね。バーゲンとかもあるからもっと安く手に入るのかな。
ナスカ-U-KWS-179 @Chiether 2014年12月9日
数値知らんけど。紙とCD-ROMと両方出したら紙の売れ行きのほうが減って、余計に紙単価高くなるんじゃないかな。特に今は当時よりデジタル媒体へのアクセスが容易だし。どうなんだろ。 まあ当時は当時。今は今で再度考え直すべきなのかもしれませんね。
あおまきしゅにん @aomakipaper 2014年12月9日
電子書籍は、印刷が不要でもシステムの維持にはお金がかかると思うので、単純に紙代と印刷代分が安くなるとは言えないんじゃないかな。人件費や広告費のコストも含めたときに紙・印刷がどれくらいの割合占めてるかわかりませんが。
文月カイ @FudukiKay 2014年12月10日
電子書籍化で印刷・流通分のコストが浮くとしても、自社運営ならシステムの維持費が必要なうえに販促のコストも必要だし(出版社の公式情報しかない本がどれくらい売れるのか)、電子書籍書店に出すと半分くらいは書店に払うことになるみたいなんよね
endersgame @endersgame3 2014年12月10日
一番カネがかかるのはコンテンツなんだけどなあ。
佐倉和音🥴 @O_Flow 2014年12月11日
なんとなくだけど売り方とコマーシャルの問題かなぁ。コメントにもあったけど売り文句の軽さが蔓延してて相対的に安っぽく感じる。それを補完するのが書店はの努力だと思うな。ポップとか陳列とか。メロン積みを真似しろとは言えないけど参考になるような。
Tokyo23hour @Tokyo23hour 2014年12月11日
う~ん、別に文句があるわけじゃないんだけど、まとめの方、売り手の都合ばかり書かれていて、買い手はおいてけぼりな気がする。コメにはいくつかあるけど、買い手がどう感じるかとか、どうすれば読みたがる人が増えるかとか、そういう視点がないと、部数が伸びることはないんじゃないかね。
endersgame @endersgame3 2014年12月13日
海外文学なんて中身が定まったものだし(改変したら問題だし)本屋がどう企画した所でベストセラー以外は数出るもんでもないんでね。売れるコンテンツ持ってる所が文化事業として余力でやるという形が一番いいんだど
backyard of 'sintar' @sintar_bkyd 2014年12月13日
そもそも「英語わからんし、わざわざ英語の本なんて読みたくない」って人が多いだけの話じゃないの?
じにお @ginioh 2014年12月14日
出版社のツイートを全く読み取れてないのをわざわざコメントしなくてもいいのではないかとおもいますよ?で最後は草はやしですか
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする