享保・寛政・天保の三大改革のおさらい

田沼時代の評価上昇の反面、偏った過小評価をされがちになっている享保・寛政・天保の三大改革のおさらいツイートのまとめです
49
ut_ken @ut_ken

まず物価問題への対応ですが、これが失敗だった。株仲間が流通を独占しているから物価高が起こると考えて、かつては流通コントロールのために公認した株仲間を解散させたのですけど、このころすでに株仲間は流通のコントロール力をなくしていて、効果がないどころか流通がさらに混乱しただけだった

2014-12-07 22:53:10
ut_ken @ut_ken

また消費を抑えて物価高を解消するために身分統制も兼ねて、享保や寛政の時よりはるかに広範囲で強権的な倹約令・風紀統制をおこなった。これも物価下落には大して意味がなく、育ってる大衆を抑え切れるはずもなく、不満ばかりが高まった

2014-12-07 22:54:54
ut_ken @ut_ken

改鋳貨幣乱発もやめようとしたが、財政などの問題でそれも達成できず。あとは強権的な物価引き下げ命令だけという体たらくだった。

2014-12-07 22:56:35
ut_ken @ut_ken

都市江戸の治安のために下層庶民を減らし、荒廃した農村を復興するために「人返しの法」を実行したがこれもほとんど効果なし。御料所改革という幕府領の年貢増収政策も行ったがこれも、百姓と一部代官の抵抗で失敗。

2014-12-07 23:02:11
ut_ken @ut_ken

また外国の軍事的脅威に対しては、江戸湾が海上封鎖された場合に備えて、印旛沼を江戸への物資輸送水路として開発しようとしたが、これも失敗。

2014-12-07 23:04:22
ut_ken @ut_ken

トドメに、江戸大坂周辺の入り組んだ領主関係を整理し、兵事の治安や有事の際の行動などのためにその周辺の支配を一元化しようとした「上知令」が、探勝となる土地の大名、旗本、民衆すべてが反対して、水野忠邦失脚の直接の引き金になって失敗。

2014-12-07 23:06:48
ut_ken @ut_ken

以上が、天保の改革。

2014-12-07 23:07:05