70
村井ニボシ @niboshi2000
えーと、「光より遅く」についてだけ書く。推奨参加者数は4人。12ターンで終わる。設定としてプレイヤーたちは、同じ場所を出発して互いにばらばらな方向に向かう旅人である。世界観を共有していれば、旅の手段は徒歩でも宇宙船でも帆船でもいい。つまりターンが進む程プレイヤー同士は離れていく。
村井ニボシ @niboshi2000
プレイヤーは毎ターン、他のプレイヤー1人に通信を送る。実際に短文を紙に書いて渡す。世界観を共有していれば内容は何でもいい。最初はすぐ通信が届くが、同じ相手に2回目に送るときは1ターン後に届く。3回目は2ターン後に届く。
村井ニボシ @niboshi2000
通信の待機ターンが経過し終わるまでは、手紙は別のプレイヤーの元に保管される。保管してるプレイヤーは手紙の内容を見てはいけない。基本的にルールはこれだけ。どんどん遅延する手紙でやり取りをするだけのゲームで、勝ち負けとかはない。
村井ニボシ @niboshi2000
で、12ターン終了時に相手にまだ届いてない手紙が必ず生まれる。その手紙は通常どおり相手に届くが、その手紙は公開せず家に持って帰り、必ずひとりで読むこと、とルールにある。なんだそれは。なんて情緒的なんだ。家に帰るまでが遠足だけど、家に帰ってもゲームなのか。
村井ニボシ @niboshi2000
私はこのゲームが一番面白かった。宇宙船の設定でこのゲームやったんだけど、窓から見える星がどんどん消えていくような、悲しいことしか考えられなかったけど、なんかよかった。
村井ニボシ @niboshi2000
@templa_3 こういうゲームが24個も詰まっているpdfを、有志が翻訳したものらしいので、まだたくさんあります。これですどうぞ→ gamepoems.gizmet.com/pdf/24GamePoem…

コメント

天婦羅★三杯酢 @templa_3 2016年6月27日
こ、こんな昔のまとめが今になって盛んにfavられている。。。やはり「ひとりぼっち惑星」からの連想なのかっ
ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする