編集可能

Fair Finance Guide Japan ウェブサイトオープン記念セミナー

2014年12月9日、淡路町ワテラスコモンホールで開催された「Fair Finance Guide Japan ウェブサイトオープン記念セミナー」に関するツイートをまとめました。
NGO 銀行 国際金融 国際経済 金融 金融機関 企業csr 経済
0

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
Fair Finance Guide Japan
ウェブサイトオープン記念セミナー
投融資方針の可視化⇒金融機関の新しいCSR競争へ?
日時:2014年12月9日(火)19:00~21:30(18:30開場)
会場:千代田区淡路町 ワテラスコモンホール
申込みフォーム:https://ssl.form-mailer.jp/fms/3fc9dc36325463
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

「金融CSR」「ソーシャル・ファイナンス」「社会的投資」といったキーワードに注目が集まる中、日本でも多くの金融機関がCSR報告書を発行するようになりました。しかし、どの金融機関が環境や人権に配慮した方針を掲げているのか、一般市民や預金者、投資家等の外部のステークホルダ ーには分かりにくいのが現状です。

そこで、金融機関の投融資方針を「環境」、「人権」、「労働」、「兵器」などテーマごとに比較するウェブサイト「Fair Finance Guide」日本版が立ち上がることとなりました。

本サイトは、金融機関の投融資方針を調査・比較し、その結果をわかりやすく市民/預金者に提供することを通じて、金融機関のCSRに良い競争をもたらすことを目指しています。また、市民や預金者も、本サイトを通じて口座の預け替えメッセージや銀行への応援メッセージを発信することができる、参加型のツールとなっています。

2009年にオランダで生まれたこの「Fair Finance Guide(旧名Bankwizer)」のウェブサイトには、これまでに37万人以上のオランダ市民が訪問し、3万人以上が口座移し替えのメッセージを発信。さらに、1万3千人が銀行に対して方針改善に向けたメッセージや質問を直接送信。その結果、オランダの銀行の投融資方針は、兵器産業、人権、気候変動等のテーマにおいて、120以上もの項目で改善しました。2014年からは、これが世界7か国を巻き込んだグローバルな取り組みへと展開し、日本ではこの12月にウェブサイトがオープンすることになりました。

この日本版ウェブサイトのオープンを受けて、12月9日(火)に記念セミナーを開催いたします。ウェブサイトの詳細や使い方をご紹介するだけでなく、オランダでこの先駆的な取り組みをリードしてきたNGOからのゲストも迎えます。また、本プロジェクトへの助成財団(Sida)の本拠地スウェーデンの大使館から、一等書記官をお迎えしてご挨拶いただきます。
また、CSRの専門家やNGOセクターのキーパーソンをコメンテーターとしてお招きする予定です。懇親の時間も用意しておりますので、ぜひこれを機会に交流を深めていただければと考えています。

金融CSR、ソーシャル・ファイナンス、インパクト・インベストメント等のフィールドに関心をお持ちの方、また人権、環境、貧困等のイシューに関心をお持ちの皆様のご参加をお待ちしています。

【主催】
A SEED JAPAN/「環境・持続社会」研究センター(JACSES)/
アジア太平洋資料センター(PARC) 共催

※Fair Finance Guide日本版の構築、運営、普及等に関わる
3団体の共催となります。

【日時】2014年12月9日(火)
18:30 開場
19:00~20:25 セミナー
20:30~21:30 懇親会

【参加費】一般:1,500円
A SEED JAPAN/JACSES/PARC会員:1,000円
※懇親会費用込です(簡単な軽食とお飲物をご用意いたします)

【会場】ワテラスコモンホール
東京都千代田区神田淡路町二丁目101番・103番・105番

地図: http://www.yasuda-re.co.jp/waterras/access/
東京メトロ 新御茶ノ水駅 徒歩約2分[約160m]
JR御茶ノ水駅 徒歩約3分[約230m]
東京メトロ 淡路町駅 徒歩約2分[約160m]
JR秋葉原駅 徒歩約6分[約440m]
都営新宿線 小川町駅 徒歩約2分[約160m]
東京メトロ 神田駅 徒歩約5分[約350m]

【プログラム(予定)】
司会:土谷和之(A SEED JAPAN)
18:30 開場 19:00 開会
19:00  オープニング・スピーチ
オッレ・ペッテッション氏(在京スウェーデン大使館 一等書記官)
19:05  Fair Finance Guide Internationalとは?
Imad Sab氏(Oxfam Novib)
※逐次通訳:伊庭みか子氏
19:35  Fair Finance Guide Japanの紹介
田辺有輝(JACSES)
19:50  Fair Finance Guide Japanの使い方
~ウェブサイトを活用して新しい「銀行選び」を実践しよう~
田中滋(PARC)
20:00  Fair Finance Guide Japanに対する期待
コメンテーター:
黒田かをり氏(CSOネットワーク)
冨永智恵美氏(生活サポート生協・東京)
澤上篤人氏(さわかみ投信株式会社会長)
ほか
20:25  休憩
20:30  懇親会(60分)
21:30  終了

ecochokin @ecochokin
【祝!Fair Finance Guide Japanのウェブサイト12/8(月)オープン!】日本初、金融機関大手5行の社会性を13のテーマでまるっと格付け。フェアファイナンスガイドジャパンのサイト、ぜひご覧ください!fairfinance.jp

内田聖子(うちだ・せいこ)
アジア太平洋資料センター事務局長
「反TPP活動」でおなじみ。

Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24
オープニングスピーチは、PARC事務局長の内田聖子さんです。なぜこのような団体が出来たのか?それは今の経済がFairではないからだ。これは貿易や経済をフェアニする第一歩。欧米にはその経験が豊富だが、日本はまだまだ不足。 #ffgjp pic.twitter.com/ax5yUVRB8s
拡大
ecochokin @ecochokin
はじまりました!Fair Fainance Guide Japanウェブサイトオープン記念セミナー、まず初めにPARC事務局長の内田様よりオープニングスピーチです。 #FFGI pic.twitter.com/Dd7AEcxM11
拡大
Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24
この団体設立には3つの団体が、1年かけて準備してきた。井魔の経済には、市民の視点が欠けている。ここからいろんなアクションを起こしていければと思う。今日が充実した時間になるように、皆様協力してください。 #ffgjp

オーレ・ペテルション氏
在京スウェーデン大使館一等書記官

  • 2008年 スウェーデン外務省入省
  • 2013年より現職。
    貿易・通商問題担当。
    男女共同参画社会についての造詣も深い。
Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24
在日スウェーデン大使館一等書記官オレ・ペテルソンさんの話。私は経済問題を担当している。スウェーデンは企業CSRに力を入れている。スウェーデンは国民総生産の1%を国際協力に当てるというルールを、’06年から行っている。 #ffgjp pic.twitter.com/gRdcZg1oAb
拡大
Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24
数字だけ見れば、スウェーデンは世界6位の開発大国である。私は政策をビジネス界とともに推進し、これにはCSRがカギを握っている。今夜のプロジェクトは、非常に重要な活動である。企業の透明性信頼性、行動をどうやって変えるのか、これは良い一例になると思う。 #ffgjp
Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24
我が国は、日本その他のFairファイナンスガイドの援助を、資金面から行っている。こんばんは、その成果を確かめるいい機会である。だから、我々はこのプロジェクトに関心を持っている。関係者の働きは賞賛に値するとともに、その成功を祈っている。 #ffgjp

イマッド・サビ氏
オランダのNGO・オックスファムNovibにて金融セクターを担当。アフリカ・中東地域に置ける緊急支援活動の従事経験もある。

ecochokin @ecochokin
続いて在京スウェーデン大使館の一等書記官であるOlle氏から。スウェーデンの開発政策協力について、また今回の取り組みについて激励のお言葉を頂きました。 #FFGI pic.twitter.com/l3iFlDEnQK
拡大
ecochokin @ecochokin
続いて、Oxfam NovibのImad氏からプレゼンテーションです。フェアファイナンスガイドが生まれたオランダで、誕生のエピソードやフェアファイナンスガイドについてら、詳しくご紹介頂いています。 #FFGI
Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24
オックススファム・インターナショナルのサビさん。我々がこの活動をしているのは、金融機関はそれなりの責任を求められるからだ。FFGとは、銀行の行動を評価するシステムだ。これは銀行のランキングをつけるのではない。 #ffgjp pic.twitter.com/wi5ncDwOYp
拡大
けーすけ🍋🍞 @Boxseat_K
ハッシュタグあったんだ。ソーシャルビジネスやNPO業界ってTwitterユーザー少ないんだよな #ffgjp
Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24
我々の目的は、銀行が持っている神秘性を暴露すること。一般人に必要なツールを提供する。一つはランキング、一つは定義づけだ。我々は、13分野でランク付けしている。各分野事に調査・ランク付けをしている。利用者はこれで銀行の方針を見直す。来年3月までに、7カ国でこれを実行 #ffgjp
Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24
ここには対話・学び・発展があるが、銀行との対話という概念も含まれる。どのように銀行と対話するか?調査を開始する時、銀行に事前に通告する。これを受けて銀行は自前で調査し、我々も調査してランキング付けし、それらについて対話していく。 #ffgjp
Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24
最終結果を市民に公開し、市民はその結果を知ることで選択肢が広がる。市民が金融業界の行動を調べるツールだ。銀行は、これをつけて13分野でトップになるための競争を始める。始まったのは’09年、銀行セクターを調査する組織の行動がきっかけだった。 #ffgjp
けーすけ🍋🍞 @Boxseat_K
仕事で社会貢献したい学生が新卒で就職先を現実的に探そうとした時、金融は数少ない有力な選択肢になってくると思う。そういう意味でもソーシャルファイナンスは注目できるかも。 #ffgjp
Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24
最初の主導権をとったのはオックスファムだったが、オランダ国内のNGOや労組もこの運動に関与する。それぞれの組織が集まったことで、他の6カ国でも同じような動きが広がった。オランダの連合は、この12月に5周年を迎える。今は税金逃れをテーマにしている。これは重要なことだ。 #ffgjp
Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24
この5年間、我々は13の事例研究をやった。その結果、多くの成果を得られた。銀行は165の方針変更を実施し、これらの活動には32,000人が参加した。これは我々ではなく、市民サイドからの提案によるものだ。我々は銀行に対し、これだけの要求をするということだ。 #ffgjp
Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24
「今使っている貴行の行動に満足いかなければ、我々は口座を変えますよ」という市民サイドからの宣言である。我々はオランダで市民に情報を公開してきた。つい最近では、オランダの開発大臣にこの話を伝えたところ、大臣が金融機関に公的な社会方針を支持するよう話してくれた。 #ffgjp
Yoshinori Endo(脱原発派) @GJ_j24
国際的な状況から見ると、銀行の活動は国際的になっている。大銀行のランキングを見ると、すべて多国籍化している。銀行の多国籍ネットワークの中で、国境を越えた責任が出てきているからこそ、FFGの活動が重要になっている。多国籍に展開している銀行に対し、我々も多国籍化する必要 #ffgjp
ecochokin @ecochokin
この5年間、オランダでは約32000人の人がフェアファイナンスガイドを見て、銀行を変えるなどの行動を起こしたそうです。フェアファイナンスガイドでは預金者ひとりひとりにもできることがあることを提案してきたとのこと。 #FFGI pic.twitter.com/9KL7wQabc0
残りを読む(37)

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする