ルイーズさんによる出版取次というシステムの説明

前半は、書店で大量に平積みされたヘイト本について、書店に意見を述べた体験談。 後半は元書店員のルイーズさんによる配本、出版取次の説明
22
八百雪 @yaoyuki

昨日前々から気になっていた書店に意見してみました。 その書店は、かなりのスペースを平積みで嫌韓本の類いが占めており、今まで見た書店の中では1番酷い偏りかた。 1番気になったのは対抗する書籍が見た所桜井誠の本の隣に置かれた「在日特権の虚構」だけしかない事。

2014-12-12 12:07:38
八百雪 @yaoyuki

担当者を読んでもらい、本が並べられている前にて話しをしました。 平積みされている本の中にはヘイトスピーチの温床になっているような書籍が多くある事。 嫌韓本を置くなということではなく、表紙や帯に過激な文言があるものを、積極的に目に触れるような置き方をしなくてものではないか。

2014-12-12 12:08:44
八百雪 @yaoyuki

書店は沢山の本を扱う事は良い事なので、こういった嫌韓または嫌中本を扱うのなら、対抗する書籍やヘイトスピーチ関連の本も置いて欲しい。 こういったディスプレイの仕方だと御社はこういった言論を全面的に支持しているように見えるがそれでよいのか? などなど。

2014-12-12 12:08:53
八百雪 @yaoyuki

担当者は終始好意的に意見を聞いてくれて、特に対抗する書籍が置かれていない事が問題。という部分に関しては、強く共感してました。 ヘイトスピーチという単語も浸透しているようで、並べられている書籍の内容がヘイトスピーチ、又は差別を助長するものという事も理解して頂けました。

2014-12-12 12:08:57
八百雪 @yaoyuki

こういった書店への意見は、仲間を作らなくてもできるし、生活の延長にあるものなので気がついたらその場で意見を言うのが良いと思います。 とくに並べられているスペースを前に書店の方とお話しするのはお互いにわかりやすいです。 路上での抗議だけでなく、こういった事も大事なので皆様も是非。

2014-12-12 12:09:09
ルイーズ @kazunoko_louise

@yaoyuki 地域密着型の書店、もしくは書店チェーンなのかしら?だとするととても素晴らしい!

2014-12-12 12:25:28
八百雪 @yaoyuki

@kazunoko_louise チェーン店です。「必ず本部にもこの意見を届けます!」とおっしゃってくださいました。

2014-12-12 12:40:07
ルイーズ @kazunoko_louise

@yaoyuki それはいいですよね。感動しました。うちの元職場に爪の垢でも煎じて飲ませたい。笑 あと、取次に電話代してみるのも手だと思うんです。出版や書店業界には取次の影響力が甚大ですから。

2014-12-12 15:24:58
ルイーズ @kazunoko_louise

@yaoyuki フランチャイズチェーンの場合、本部からSVが来て売り場作りを指導します。あと出版取次もです。 フランチャイズオーナー雇われ店長は本部や取次の言うようにしなさいと、店員に指導します。 わたしは書店員の末端でしたが、不本意な売り場作りを強要されるのは辛かったです。

2014-12-12 12:20:39
ルイーズ @kazunoko_louise

@yaoyuki 書店員やめたのは別の理由からですが、まあろくでもない本が増えて面白くなくなってきたのも原因のひとつですね。 要望を出す場合、日販やトーハンなどの出版取次に要望を出すのが手っ取り早いかもしれません。

2014-12-12 12:23:03
八百雪 @yaoyuki

@kazunoko_louise 書店の仕組みは素人にはよくわからないですよね。目に付いたときにその場で意見をするというスタンスで行動しておりますが、同じような事をしている方のツイートを見ていると、対応してくれる書店は結構あるようです。

2014-12-12 17:03:47
ルイーズ @kazunoko_louise

@yaoyuki ‥‥だと思います。わたしも勤めていないとわからなかったです。その対応方法で問題ないと思いますが、参考程度に聞いていただけたら幸いです。 ちなみにわたしが当たり前のように使っている「出版取次」なんですが、簡単にいうと本の問屋さんなんですよ。ごめんなさい、続けます。

2014-12-12 17:38:25
ルイーズ @kazunoko_louise

@yaoyuki 例えば、○○市の××書店にはこの本を何冊出荷(「配本」といいます)する、というのを決めるのはこの出版取次の仕事なんです。 実は、「ベストセラー」「売筋」を作り出すのはこの出版取次の人たちなんです。大型書店に配本数を増やし、台の上に積んで商品展開させます。

2014-12-12 17:47:23
ルイーズ @kazunoko_louise

@yaoyuki 書店に行ったときに、棚に一冊ささってる本と、台の上に重ねて置いてあって、「注目!話題の本」なんてカードがついている本と、どちらが売れるか。 間違いなく後者ですよね。そうやって配本数を増やし、販促物をつけたりしてベストセラーを作るのが出版取次の仕事なんです。

2014-12-12 17:50:17
ルイーズ @kazunoko_louise

@yaoyuki あと書店を見たとき「○○コーナー」みたいなのを見かけると思います。「ダイエットコーナー」など。 あれは書店独自の取組みの場合もありますが、取次の指示によるのも多いんです。 仮に書店で「愛国コーナー」「愛国フェア」とかがあるなら、取次の指示によるものもありえます。

2014-12-12 17:55:08
ルイーズ @kazunoko_louise

@yaoyuki 実は「出版取次」というシステムですが、これは日本独自のシステムなんです。 いつ出来たものかわかりますか?実は先の大戦の時なんです。明確に思想統制を目的に作られた組織なんです。

2014-12-12 17:59:58
ルイーズ @kazunoko_louise

@yaoyuki 単にどこの書店にどれだけ配本するかを決めるだけならともかく、実は書店にノルマも求めてくるんですよ。 この本を何冊以上売ったら報償金が出る、売れなかったら返品の際に一冊につに○円の罰金がかかるという取り決めもしている場合があります。

2014-12-12 18:03:24
ルイーズ @kazunoko_louise

@yaoyuki 取次が売れる仕組みを作って、完売させれば、出版社は本を増産します。 そうすれば「重版決定!」などといって煽ります。出版社は広告に「売れています!」と出しますよね。そうすれば消費者はどんどん興味を持ちますし、台の上にある本を探して買います。

2014-12-12 18:08:59
ルイーズ @kazunoko_louise

@yaoyuki さらに、コーナー展開をしている本にも目がいきますよね。「愛国本」のとなりに「嫌韓本」が置いてあると、おや?と思って手にとって買う人もいるでしょう。そうやって売り伸ばし、ブームを作り上げていくんです。

2014-12-12 18:11:41
ルイーズ @kazunoko_louise

@yaoyuki 全部がそうだとはいいませんが、今のヘイト本や愛国本のブームは、出版社や出版取次、書店チェーンが作り出したではないか?と思います。 店舗のいわゆる雇われ店長や、末端のアルバイトでは対応しきれない部分も大きいんです。

2014-12-12 18:14:48
ルイーズ @kazunoko_louise

@yaoyuki 「何でよその書店で売れてる、あの嫌韓本がおたくの店舗じゃ売れないの?は?コーナー展開してない?今すぐコーナー作りなさい」と指導されることもあります。ましてや売りたくないからといって、積極的にコーナー展開しなかったら、返品時に罰金が課せられるんです。

2014-12-12 18:17:18
ルイーズ @kazunoko_louise

@yaoyuki もちろん、書店での窓口対応も必要だと思いますが、悲しいかな店内の会議で止められちゃうこともあります。 なので、紀伊国屋、ジュンク堂、TSUTAYAブックスなどは本部に苦情をいれた方が効果的だと思います。

2014-12-12 18:21:29
ルイーズ @kazunoko_louise

@yaoyuki あと実は出版取次に関しては「トーハン」「日販」のほぼ独占状態です。業界の動向を決めているのはこの二社だと思います。 出版取次がもつ影響力は甚大なんです。書店はほぼ取次の言いなりなんですよ。 なので、わたしは取次に要望するのが効果的だと考えています。

2014-12-12 18:26:23
ルイーズ @kazunoko_louise

@yaoyuki 長々とごめんなさい。書店にみんなが抗議するのも意義はあると思うのですが、さらにこうしてみてはどうか‥‥と思って、出版取次の話を出してみました。

2014-12-12 18:28:30

コメント

未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2014年12月12日
そんな話は聞いたことないです 「「何でよその書店で売れてる、あの嫌韓本がおたくの店舗じゃ売れないの?は?コーナー展開してない?今すぐコーナー作りなさい」と指導されることもあります。ましてや売りたくないからといって、積極的にコーナー展開しなかったら、返品時に罰金が課せられるんです。」
0
nekosencho @Neko_Sencho 2014年12月13日
一般人が聞いたこともないような話ってどの業界にもあると思うけど、書店関係の方?
0
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2014年12月13日
返品時に罰金が課せられるような業界って、書店関係以外の業界にはあるの? あらゆる業界でそんな話を聞いたことがない。
0
nekosencho @Neko_Sencho 2014年12月13日
いや、書店関連の仕事してて聞いたことがないのと、別の業界の人で聞いたことがないのとでは情報としてけっこう違うでしょ? 単にそれの確認。
0
endersgame @endersgame3 2014年12月13日
取引の力関係において強い側が弱い側に理不尽な要求するのっていくらでもあると思うけどなあ。まさか契約書で罰金規定を結んでるとかいう考えてるかね。そりゃ聞いたことないわ。 そもそも取次は金融機能を持っていて書店に金を貸してるようなものなので、ペナルティを課すのも簡単なんだよね。 そしてちょいちょい裁判になってるけど取次に取って痛い結果にはまずなってないんだよね。
0
言葉使い @tennteke 2014年12月13日
「書籍 返品 罰金」で検索しても、それらしいこと書いているのはこのまとめしか見つからないけど、まさか責任販売性の「返品の際に手数料を徴収することによって」のこと?http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AC%E3%81%AE%E8%BF%94%E5%93%81%E7%8E%87
1
言葉使い @tennteke 2014年12月13日
このまとめ、出版業界の人たちに拡散してもらえないかなぁ。その人達に意見を聞いてみたい。 「「何でよその書店で売れてる、あの嫌韓本がおたくの店舗じゃ売れないの?は?コーナー展開してない?今すぐコーナー作りなさい」と指導されることもあります。ましてや売りたくないからといって、積極的にコーナー展開しなかったら、返品時に罰金が課せられるんです。」
2
さあにん@山本直人 @sarnin 2014年12月13日
コーナーを作ろうみたいな提案は、本屋さん向けの通信物で回ることはありますけど、取次より出版社の営業が行うことの方多いですよ。 罰金ってどういう意味かわからないけど、基本的に本を分配して流通させるのが取次のお仕事。売れた分のお金と、返本を回収して、そこから手数料を引いて出版社に戻すという流れなので(実際は売掛の流れで、お金の行き来は異なりますが)販売ノルマを課すのだったら、最初から買い切りの企画を組むんじゃないかな。
1
でき🌂 @dekijp 2014年12月13日
ontheroadx むしろ欠陥が無いのに返品が可能なのが書籍以外の業界に無いw
0
未知神明(みちがみ・あきら) @ontheroadx 2014年12月13日
言われてみるとそうですね 「むしろ欠陥が無いのに返品が可能なのが書籍以外の業界に無いw」
0
ゆきひこ @yo_keit 2014年12月15日
「積極的にコーナー展開しなかったら、返品時に罰金」はなにかの勘違いでは?ペナルティが生じ得る責任販売制は基本的に書店側の事前発注がセットだと思いますが。また取次が「明確に思想統制を目的に作られた組織」というのも悪質な説明です。
1
くれど@労働調査研究所 @junksai5 2014年12月19日
yo_keit さらりと 嘘を入れているような まとめですね
1
JINMIN_party_Japan @Net_Uyoku_JpJ 2014年12月28日
「返品時に罰金が課せられる」というのは「何冊以上売ったら報償金が出る、売れなかったら返品の際に一冊につに○円の罰金がかかるという取り決めもしている場合」ではないでしょうか?ただ取次が棚を作るとかそこまで取次が暇なのかと思うのだが。
0