2014年12月20日

古鷹青葉を見守る衣笠さんbot #38

更新三十八回目のまとめです。 奇襲に失敗した衣笠を救った古鷹、その活躍。
1
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

タ級の腰に据え付けられた16inch三連装砲の砲口の真っ暗な空虚。それを目にした瞬間、「あ、飲まれる」と他人事のように思った。不思議と恐怖はなかった。頭のどこかでこのままではだめ、避けれなければ、と繰り返していたけれど、足は凍りついたように動かなかった。そして、その時。

2014-12-19 23:22:29
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

ギャリリリリインッ! 私の背後から音高く鎖付きの錨が飛び、タ級の艤装に巻き付いた!それと同時に鎖が引かれ、バランスを崩したタ級の砲撃が私の眼前の海面を叩く!至近弾の断片や海水が猛烈な勢いで私の全身を襲い、我に返った私は背後を振り返った。そこにいたのは。ああ、ああ。やっぱり。

2014-12-19 23:29:56
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

タ級に巻き付けた鎖を右腕で強く引き、その動きを封じているのは誰あろう、古鷹ねーさんだった!小さな体を全力で背後に傾け、戦艦の力に対抗しようとしている! 「衣笠ッ!早く!」 古鷹ねーさんの声に弾かれるように私は走り出し、タ級の至近距離から脱した。けれど、古鷹ねーさんは!?

2014-12-19 23:37:54
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

タ級の左腰側の16inch三連装砲と、古鷹ねーさんの右腕の20.3㎝(3号)連装砲は、お互い鎖で引っ張り合っている状態で相手を狙えない!膠着状態から両者共にそれ以外の武装による攻撃を狙う!古鷹ねーさんの左肩の連装砲とタ級の右腰の三連装砲が旋回し、早撃ち勝負!古鷹ねーさんが早い!

2014-12-19 23:44:52
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

ドウン! 古鷹ねーさんの左肩の連装砲が火を噴いた!……しかし、砲弾は空しくタ級の頭上を飛び越えていく!古鷹ねーさんが焦って狙いを外したのか!?否!左肩の連装砲は水平にしか旋回しないため、タ級の力に対抗するため古鷹ねーさんが体を後傾させているとタ級が射角外に外れてしまっているのだ!

2014-12-19 23:52:53
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

そのことに気付いた瞬間、私は目の前が真っ暗になるような絶望感を覚えた。古鷹ねーさんの改二改装案では、左肩の連装砲はアーム式になっていて射角の自由度が高められていた。私が改装に反対しなければ、古鷹ねーさんは先に砲撃を当てられていた。私が、私のせいで、古鷹ねーさんが!

2014-12-19 23:58:14
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

タ級の右腰の三連装砲が旋回し、無慈悲な咆哮を放つ! ズドドドオン! その瞬間、古鷹ねーさんがタ級の鎖を引く力に合わせて斜め前方に跳んだ!紙一重でタ級の水平射撃をかわし、タ級の懐に潜り込むように駆けだす!そうはさせまいと砲の狙いを引き下げるタ級!再度の砲撃!急停止でこれもかわす!

2014-12-20 00:08:29
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

タ級の至近距離だというのに、奇跡のような動きで古鷹ねーさんが次々と砲撃をかわす!けれど、そんなのいつまでも持つわけがない! 「古鷹ねーさんッ!」 思わず叫んだ声は知らず涙声になっていた。タ級が鎖を引き、古鷹ねーさんの動きが止まる!そこをタ級の三連装砲が狙う!今度は避け切れない!

2014-12-20 00:16:50
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

タ級と古鷹ねーさんの距離が近すぎて私の砲ではタ級だけを狙えない!もうだめだと顔を覆おうとしたその瞬間! 「やああッ!」 古鷹ねーさんがその左足を高く振り上げ、タ級とつながっている鎖を全力で踏みつけた!思いがけず強い力で鎖を引かれつんのめるタ級!その眼前に古鷹ねーさんが踏み込む!

2014-12-20 00:22:12
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

ドドウン! 至近距離から今度こそ古鷹ねーさんがタ級に砲弾を叩きこんだ!バイタルパートに直撃を食らい、海面にくずおれて即座に沈み始める!しかし、艤装に絡みついた鎖が外れず、古鷹ねーさんがもろともに海底に引きずり込まれそうになる。 ガギィン! 古鷹ねーさんが砲撃で鎖を引きちぎる!

2014-12-20 00:31:19
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

本隊に合流すべく古鷹ねーさんが走りだし、私も続く。古鷹ねーさんが私の方を振り返り「また錨なくしちゃった」と小さく笑った。あんな鬼気迫る戦闘の直後で私はまだ生きた心地がしていないというのに古鷹ねーさんはどうして笑えるのだろう。私が畏怖めいた感情を抱いていると前方で砲火がきらめいた。

2014-12-20 00:38:00
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

見れば、敵艦隊の本隊が私たちの交戦していたタ級に合流しないよう青葉たちが足止めの猛撃を加えていた。けれど、皆損耗が激しく火力が足りていない。もう一隻のタ級が私たちの方に接近してくる!頭数の少ない私たちから各個撃破する心づもりか! ズドドドオン! タ級の砲撃を之字運動でかわす!

2014-12-20 00:46:52
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

「古鷹ねーさん!?」 左に転舵した私に対して、古鷹ねーさんは右に転舵、タ級にどんどん近づいていく!もう錨と鎖はないし、今度はさっきのような奇襲はできない。それなのにねーさんはタ級と正面から殴り合うつもりなの!?猛然と射撃を加えてくるタ級に対し、古鷹ねーさんが再び左足を振り上げる!

2014-12-20 00:55:30
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

再びのタ級の懐に潜り込んでの至近距離戦! バシュッ! 古鷹ねーさんがかろうじて一本だけ残った魚雷を海面にではなく斜め上方、タ級の眼前に射出する!タ級に届かず失速し始める魚雷!けれどタ級は怯んだ!大量の炸薬を詰め込んだ弾頭に砲弾を当ててしまえば誘爆による被害はまぬがれないからだ!

2014-12-20 01:04:20
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

タ級の砲撃がやんだ一瞬の隙を突き、古鷹ねーさんが右腕の連装砲を構えた! ドウンドウンドウン! タ級の右側をすり抜けると同時に砲弾を叩きこみ大破に追い込む! 「撤退します!衣笠も早く!」 私が思わず見惚れていると青葉が鋭く声を投げてきた。言われるまでもなく青葉と同じ方向に転舵する。

2014-12-20 01:14:46
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

古鷹ねーさんも全速力で海面を駆けてくる。古鷹ねーさんの活躍で護衛のタ級を一隻撃沈、一隻大破に追い込めたけれど、向こうにはまだ南方棲戦姫が残っている。これ以上の戦闘は流石に無謀なことは私にもわかる。いや、夜戦突入時からそうだったのかもしれない。古鷹ねーさんに無茶をさせたのは私だ。

2014-12-20 01:22:34
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

味方の被害を確認しながら陣形指示を出す青葉のもとへ、古鷹ねーさんが走り寄る。よく見れば、その表情はさっきまでの真剣だけれどどこかに余裕を残したそれではなかった。そのことに私が違和感を感じたのと同時に。 「青葉ッ!危ないッ!」 古鷹ねーさんが、青葉の前に立ちはだかった。

2014-12-20 01:27:02
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

それに気づいた瞬間、視界の全てが白黒に反転し、音が消えた。時間感覚が鈍化する。古鷹ねーさんが右腕の艤装を体の正面に構え、防御姿勢を取る。振り向いた青葉の目が驚愕に見開かれる。南方棲戦姫の巨弾が迫る。体が動かない。撤退を決めた直後の油断を狙い撃ちされたことに気付く。

2014-12-20 01:31:54
古鷹青葉を見守る衣笠さんbot改 @dairokusentai

それらが晴れた時。 そこに古鷹ねーさんの姿は、なかった。

2014-12-20 01:34:32

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?