FE覚醒 アズール×ルキナ短編「僕の想いを君に」

幾多の戦場を駆け抜ける内に愛情が芽生え、恋人になったアズールとルキナの二人。 どうやら今日は、アズールが何やら大事な話をしようと意気込んでいるようで……? ※この作品でのアズールとルキナは姉弟設定はありません。
0
たんがん@R-18創作垢 @monoeyeforging

「る...ルキナ!!」「...?どうしましたか、アズール?声が裏返ってますよ?」せっかく勇気を振り絞って声をかけたのに、ルキナは僕の気も知らないでのんきなものだ。あぁ、けどこれは僕にも問題はあるかな?せっかく恋人になったのに、相変わらず意識すると顔が赤くなっちゃうのだから。

2012-10-15 17:53:19
たんがん@R-18創作垢 @monoeyeforging

「そ、その...」あぁもう、言葉がつながらない...しっかりしろ、僕!!今日こそは、ルキナに...!!「アズール...その、何かあったのですか?でしたら、遠慮しないで言ってください。私達は仲間でしょう?」どうやらルキナは、口ごもっているのを僕が言いづらいことだと解釈したらしい。

2012-10-15 17:57:41
たんがん@R-18創作垢 @monoeyeforging

それ、間違ってもないんだけど...ね。やっぱり...この子には、直接言わないとわからないみたいだ。「ルキナ...今夜、僕のテントに来てくれない?」あれだけ恥ずかしがっていたにも関わらず、一度口にしてしまえば意外にもあっさりだった。ルキナ...今夜こそ、僕は君と...!!

2012-10-15 18:01:09
たんがん@R-18創作垢 @monoeyeforging

「え?テント...ですか?はい、別に構いませんが...」や...やった!!よかった...!!.........ん?ルキナにとっても大事なことのはずなのに、返事がやたら淡白な気が...「あの、それはよほど聞かれたくない話なのですか?でしたら...私のテントでも構いませんが...」

2012-10-15 18:05:45
たんがん@R-18創作垢 @monoeyeforging

そっち!?ルキナ、君どれだけ鈍感なのさ!?「そ、そうじゃないよ!!いや、聞かれたくないのは確かなんだけど、そうじゃなくて...!!」「ですが、アズールがそれだけ困るようなことですか...まさか、女の子ですか!?」「ち、違うよ!!そんなことあるわけないでしょ!?」は、話が変な方に!

2012-10-15 18:10:24
たんがん@R-18創作垢 @monoeyeforging

「む、慌てるなんて怪しいですよ!!さては本当にそうなんですか!?...アズール、今夜と言わず、今すぐ私のテントに来なさい!!その私という恋人がいながらナンパなんて...その性根、叩きなおしてあげます!!」「ま、待ってルキナ!!僕は本当にそんなこと...!!」「問答無用です!!」

2012-10-15 18:14:06
たんがん@R-18創作垢 @monoeyeforging

~~~アズールは不埒です!!私という恋人がいながら、他の女の子に目移りするなんて!!...ちょうど今ならみんな、屍兵討伐で出かけていますし...私の魅力を、アズールに徹底的に教えてあげます!!私の、テントで...アズール、覚悟していてくださいね♪

2012-10-15 18:24:14
たんがん@R-18創作垢 @monoeyeforging

僕の話なんて聞かず、ルキナは僕をずるずると引きずってテントまで歩いていく。...はぁ。これはもう、説得フルコースかなぁ...けどまぁ、仕方ないか。ルキナはあれでいて世間知らずだから、そういう考えなんか思いつかないんだろうな。僕らはこういう関係が、自然なのかもしれない...

2012-10-15 18:18:15

コメント

コメントがまだありません。感想を最初に伝えてみませんか?