まとめの限定公開に「リンク限定」が追加されました。URLを伝えてまとめを共有しよう!

【私用】ガチで刑務所に入ってた哲学者まとめ

とりあえず、有名どころだけ。見つかったら、増やしていく予定。
刑務所 哲学 スティグレール サド 大杉栄
8481view 0コメント
9
こもん @commonko
スティグレール先生の経歴はかなり面白いの:高校を中退、共産党入党、ジャズ喫茶を始めるも資金繰りに困り銀行強盗。逮捕、5年間の禁固刑。友人の勧めで獄中でプラトンを読み漁る。通信教育で学位、出獄後デリダを訪ね、その指導で博士論文を書く。 pic.twitter.com/UZl8Q6Dp6o
 拡大
Alata Hasegawa @rob_art
スティグレール、薬物使用と銀行強盗の前科ありなのか。そこから通信教育で大学でてデリダに師事、現在はポンピドゥーセンターのディレクター。。すげーな。
暁 / あかつき @aquirax_k
スティグレールって本当に銀行強盗して5年間も服役してたのか…。かっこいいな。
くぼた @jinseiowarimaru
スティグレールは高校中退後銀行強盗で入った監獄で実践的エポケーをすることで哲学を学んでいったそうだがそういう生活はあこがれるものもあるわね
ひらやまやすし@蕎麦の手前に @ashigaru99
ベルナール・スティグレールがいいなと思うのは彼自身に銀行強盗経験がありそうした行為に追い込まれるような状況に対し理解しながら、なおかつ如何に行動を起こしていくか考えてるところだ。
リンク ja.wikipedia.org 大杉栄 - Wikipedia
はちとらー @Tora8Hachi
@eutonie 獄中で、となると大杉栄の、獄中に入ったら1つ外国語を覚える一獄一語が有名ですね~。 最近のものだと、佐藤優さんの『獄中記』で、東京拘置所内で旧約聖書を読み直したり、太平記を読み直したり、ドイツ語を復習したりで、もしかしたらいろいろと参考になるかと思われます・・。
すけ @SUKE_IntiRaymi
一獄一語ってすごい言葉だな。一回捕まるごとに一外国語をやるという意味らしい。
リンク ja.wikipedia.org マルキ・ド・サド - Wikipedia
烏[かぜよめない民] @CARAS_1989
-サドは虐待と放蕩の廉で、パリの刑務所と精神病院に入れられた。バスティーユ牢獄に11年、コンシェルジュリーに1ヶ月、ビセートル病院(刑務所でもあった)に3年、要塞に2年、サン・ラザール監獄に1年、そしてシャラントン精神病院に13年入れられた。
ひらめっち★ @hirame0915
Sの語源!!サディスト等と言いますが語源はマルキドサドさん 貴族で小説家 作風は暴力的でかつ個人の欲求を追求するようなものであったそうです。 サドの72年の人生のうちほぼ半生は虐待等により精神病院か刑務所で過ごしたそうで小説のほとんどが獄中で書かれたものだそうです。

コメント

ログインして広告を非表示にする
ログインして広告を非表示にする