12/28(日)ベルリオーズ《幻想》@CafeMontage+12/21(日)マーラー5番@21世紀美術館

12月28日(日)20時開演(19時半開場) @カフェ・モンタージュ(京都) (地下鉄「丸太町」徒歩5分) 入場料:2000円(全自由席) 大井浩明(ピアノ) ●エドガー・ヴァレーズ(1883-1965):《オクタンドル(八弁雌雄両性花)》(1924) [ホセ・マヌエル・ロペス=ロペス(1956- )によるピアノ独奏版] [全3楽章] ●エクトル・ベルリオーズ(1803-18続きを読む12月28日(日)20時開演(19時半開場) @カフェ・モンタージュ(京都) (地下鉄「丸太町」徒歩5分) 入場料:2000円(全自由席) 大井浩明(ピアノ) ●エドガー・ヴァレーズ(1883-1965):《オクタンドル(八弁雌雄両性花)》(1924) [ホセ・マヌエル・ロペス=ロペス(1956- )によるピアノ独奏版] [全3楽章] ●エクトル・ベルリオーズ(1803-1869):《幻想交響曲 作品14》(1830)  [フランツ・リスト(1811-1886)によるピアノ独奏版 S.470] [全5楽章]  -第1楽章「夢、情熱」 (Rêveries, Passions)  -第2楽章「舞踏会」 (Un bal)  -第3楽章「野の風景」 (Scène aux champs)  -第4楽章「断頭台への行進」 (Marche au supplice)  -第5楽章「魔女の夜宴の夢」 (Songe d'une nuit du Sabbat) (アンコール) ・ベルリオーズ:序曲《ローマの謝肉祭》(1844) 〔オットー・タウプマン(1859-1929)編〕 大井浩明ブログ http://ooipiano.exblog.jp/23224070/ 【関連公演】 ベーゼンドルファーを弾くvol. 16 鍵盤の響宴 GALA! 10th ANNIVERSARY 12月21日(日)17時開演(16時45分開場) 金沢21世紀美術館 シアター21 ■ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(1685-1750):《音楽の捧げ物》BWV1079より「六声のリチェルカーレ」(1747) ■グスタフ・マーラー(1860-1911):交響曲第5番嬰ハ短調 (1902)   [オットー・ジンガー(1863-1931)によるピアノ独奏版] 第1楽章 葬送行進曲 - 見合ったテンポで、厳粛に、葬列のように 第2楽章 嵐のように荒々しく、最大の激烈さを持って 第3楽章 スケルツォ - 力強く、速すぎずに 第4楽章 アダージェット - 非常に緩やかに [※] 第5楽章 ロンド=フィナーレ - 快速に、楽しげに ■杉山洋一(1969- ):《間奏曲第VIII番「スーパー・アダージェット」》 ~マーラー交響曲第5番第4楽章に基づく (2013) [※] (アンコール) ・ビートルズ:『ゴールデン・スランバー』(武満徹編曲) ・ビートルズ:『レット・イット・ビー=アジア旅行』(三輪眞弘編曲) ・宮尾幹成:《オリヴィエ・メシアンの墓への小品(NHK「のど自慢」のテーマ曲による)》(2014) http://ooipiano.exblog.jp/23223307/
大井浩明 ピアノ 幻想交響曲 オクタンドル ヴァレーズ カフェ・モンタージュ 21世紀美術館 マーラー ベルリオーズ
xupoaku_ou_jscm 1354view 3コメント
このまとめをお気に入りにして応援しよう!
0
ログインして広告を非表示にする
  • リンク Hiroaki OOI Official Blog 12/23(祝)フォーレ:全チェロ作品+12/28(日)ベルリオーズ《幻想》 12/23フォーレ公演・感想集http://togetter.com/li/761909@カフェ・モンタージュ(京都)(地下鉄「丸太町」徒歩5分)〔お問い...
  • 大井浩明@2/19ソラブジ《オープス》 @XupoakuOu 2014-12-25 15:28:39
    あのー、ベルリオーズ《幻想交響曲》第3楽章「野の風景」って、メシアン《トゥーランガリラ交響曲》第9楽章「トゥーランガリラ第3」を連想するんですが如何。
  • PSPのおっちゃん。feat.ロイディ @uncle_of_psp 2014-12-27 13:34:09
    ベルリオーズの幻想交響曲もメシアンのトゥーランガリラも好きだが なるほど、わからん。┐(´д`)┌ RT @XupoakuOu: あのー、ベルリオーズ《幻想交響曲》第3楽章「野の風景」って、メシアン《トゥーランガリラ交響曲》第9楽章「トゥーランガリラ第3」を連想するんですが如何。
  • カフェ・モンタージュ @CafeMontage 2014-12-27 13:22:55
    12/27 カフェモンタージュ、本日はお休みです。明日は年内最後の公演「幻想交響曲」。これを以て「カフェ・モンタージュでの1時間」は第200回目を迎えます。皆様への感謝を込めて、終演後レセプションはお酒の種類が多いめです。お楽しみに! pic.twitter.com/kQEJHVUUXE
     拡大
  • 沼丑 @Miroirs05 2014-12-27 13:27:40
    えっすご。いいなーいきてー
  • 高田伸也 / shinya takada @pankomedia 2014-12-28 01:11:46
    カフェ・モンタージュは、明日28日(日)の「幻想交響曲」で公演200回目を迎えます。まさか今年中に達成するとは思っていませんでしたが、「幻想」でその回を迎えるということは、いろいろな意味でカフェ・モンタージュという劇場を象徴しているようで嬉しく思っています。
  • 高田伸也 / shinya takada @pankomedia 2014-12-28 01:12:02
    趣味の延長としてではなく、生活の延長としての舞台芸術が求められている。感動体験の共有を謳うのではなく、あくまでも個々の体験、それをシンプルで力強い形で実現する、という願いを込めてカフェ・モンタージュは2012年春にオープンしました。
  • 高田伸也 / shinya takada @pankomedia 2014-12-28 01:12:12
    これまでになかったものを体験する場所として、カフェ・モンタージュは果たしてその役割を果たしているのか。まだまだ至らないところはありますが、常にその方向を向いて、ひとつひとつの舞台を作っています。明日の「幻想交響曲」は、まさにこれまでになかった「幻想」の形を体現するものです。
  • 高田伸也 / shinya takada @pankomedia 2014-12-28 01:12:19
    フランツ・リストが、ベルリオーズの「幻想」を超絶技巧のピアノ作品に編曲した。これがどれほどの事件であったか。「幻想交響曲」は1830年に作曲され、センセーションを巻き起こしたにも関わらず、1845年まで楽譜が出版されることはなかった。リストの編曲は1833年、翌年に出版された。
  • 高田伸也 / shinya takada @pankomedia 2014-12-28 01:12:48
    つまり、「幻想交響曲」の楽譜といえば、しばらくはリストによるピアノ独奏版しか存在しなかったことになる。リストはその途方もない吸収力によって、ベルリオーズとパガニーニによる最先端の巨匠芸を飲み込んで一気に吐き出した。それは彼のピアノ演奏の技術のためだけではない。
  • 高田伸也 / shinya takada @pankomedia 2014-12-28 01:13:08
    ベートーヴェンの死後、19世紀前半に吹き荒れていた新たなる芸術の嵐。それを一絡げにしてヨーロッパにぶちまけ、20世紀に至る決定的な原動力を作り出したのは、フランツ・リストであった。その圧倒的な力はどこから来たものなのか。
  • 高田伸也 / shinya takada @pankomedia 2014-12-28 01:13:33
    リストが「幻想」を編曲し、自ら演奏して作曲者をも震撼させたのがまだ22歳のときであった。それは、21世紀の今でいえばどのような力のことなのか。カフェ・モンタージュ、明日の「幻想交響曲」のプログラムを公開いたします。 pic.twitter.com/G7oagF4HrU
     拡大
  • 高田伸也 / shinya takada @pankomedia 2014-12-28 01:13:43
    20世紀前衛の原点たるフランスの作曲家、ヴァレーズの「オクタンドル (八弁雌雄両性花)」のピアノ独奏版を分割し、こともあろうに「幻想」に組み込んでモンタージュしたプログラム。聴く者をさらなる果てしない幻想へと誘う、カフェ・モンタージュの200回記念公演。どうぞご期待ください。
  • 沼丑 @Miroirs05 2014-12-28 01:18:04
    これマジですげえ行きてえ
  • Hiroyuki Ishihara @takagariyama 2014-12-28 06:44:27
    ようし。夜はお酒飲みに京都いこうか!?
  • Hiroyuki Ishihara @takagariyama 2014-12-28 08:09:20
    好きだわ、ピアノ版幻想交響曲。> BERLIOZ/LISZT Symphonie fantastique Op.14bis - F.R.Duchable, 1979 youtu.be/GeWikXMm9Lc
     拡大
  • ゃじーも @ketermusings 2014-12-28 08:47:19
    rt→幻想交響曲よりヴァレーズのオクタンドルの方が気になる人は多いはず
  • 高田伸也 / shinya takada @pankomedia 2014-12-28 09:14:13
    今回初めて知ったこと エドガー・ヴァレーズは母方の祖父によくかわいがってもらった。その祖父の名はクロード・コルトー。クロードはアルフレッド・コルトーの父方の祖父でもある。つまり、エドガー・ヴァレーズとアルフレッド・コルトーは従兄の関係、ということ。生没年も数年以内という同世代。
  • カフェ・モンタージュ @CafeMontage 2014-12-28 17:04:24
    【本日の公演・200回記念】 12月28日(日)20:00開演 「幻想交響曲」 ― 第200回記念 ピアノ:大井浩明 cafe-montage.com/prg/141228.html pic.twitter.com/v5a3Rfi41i
     拡大
  • カフェ・モンタージュ @CafeMontage 2014-12-28 17:05:42
    終楽章のあの部分のために、本日のピアノはスコルダトゥーラ(特殊調弦)でお届けします。オーナー曰く「このようなことは最初で最後(にしたい)」だそうですので、みなさまこの機会をどうぞお見逃しなく(?)お席まだございます!
  • 高田伸也 / shinya takada @pankomedia 2014-12-28 18:49:59
    ヴァレーズは、その初期にはクロード・ドビュッシーらと親交を持ち、後期ロマン派や印象主義の影響を受けた作品を書いていた。しかし、その後初期作品の全てを廃棄、突如1918年から管弦楽曲『アメリカ』の作曲を開始、1920年ついに完成させた。 …… どこかで聞いた話、って、もしかして…
  • 相場ひろ @aibahiro 2014-12-28 20:45:58
    @pankomedia 正確には、第一次大戦勃発当時住んでいたドイツの住まいが火事にあって、置いてあった楽譜が焼けてしまったのでした。もっとも、残存した楽譜もあったようで、それらは自ら破棄しましたが、出世作《ブルターニュ》は最晩年まで手許に置き、死去する少し前に燃やしたとか。
  • 高田伸也 / shinya takada @pankomedia 2014-12-28 18:50:07
    あの事件以来、マーラーやそのほか、あの曲のネタ元をもっと聴こうよ運動、みたいなのがあったとすれば、今年の終わりにヴァレーズを聴くというのはとても正しいかもしれない。ごめんなさい。カフェ・モンタージュ、200回記念の「幻想」+「オクタンドル」 今からでもお時間ある方はどうぞ。
  • Hiroyuki Ishihara @takagariyama 2014-12-28 18:59:56
    一日中大掃除して、さらに娘(1歳)を早風呂いれて・・・京都向かってます!今夜は飲むために電車だぜい。カフェ・モンタージュにて、リスト編曲のピアノで聴く「幻想交響曲」と、ヴァーレーズ!?毎度、興味深いプログラミングだことで!年を締め括るにはいいな!
  • ベーコン・レタス・トマト @michi_lunlun 2014-12-28 19:25:09
    カフェモンタージュ前なう 迷わず来れた

コメント

カテゴリーからまとめを探す

「アニメ」に関連するカテゴリー